癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

朝食抜き効果

2015年06月04日 | 糖尿病関連

 25年以上にわたって何の症状もなく、血糖コントロール『良』の状態で、薬の世話にもならず付き合ってきた糖尿病だが、加齢とともに徐々に高くなってきたHba1cの数値が、3月上旬の特定健診で過去最高の7.2%になっていた。ちょっとヤバイ数値である。
 また、体脂肪は低いのに、なぜか数年間ずっと中性脂肪や内臓脂肪が高かった。糖尿病の場合、中性脂肪と悪玉コレステロールが高いと合併症を併発する可能性が高いので、これも気になっていた。

 そこで、妻が見つけてきた『長生きしたかったら朝食を抜きなさい』やその実践者のブログを参考に、今までまったく意識していなかった食事療法の一環として、妻と一緒に、試しに4月上旬から、朝食をブラックコーヒーとバナナ1本かリンゴ半分だけにしたり、まったく抜いたりしてみた。

 2ヶ月経過して、ほぼ習慣化し、バナナ1本でもまったく食べなくても、空腹感を感じることもなかった。もちろん、山に登るときも、ジョギングするときもそうしてきた。それでも、スタミナ的に全く影響はなかったし、俗にいうハンガーノック(シャリバテ)ということもなかった。

<2ヶ月経過の結果>
① 体重が1~2kg減り、60kg台で維持できている。169cmで60kg前後の体重はやせ過ぎの感がないわけでもないが、山に登ったり走ったりするには非常に調子が良い。体脂肪も12%前後で、いわゆるアスリート体型に近い状態である。

② 家にあるタニタの体組成計で、数年間高目だった内臓脂肪の数値が下がってきて、たまに標準値内に収まるようになってきた。

③ 食べない時間が長いためか、胃袋が小さくなったようで、満腹感が早く来るようになり、食べ過ぎることもなくなった。

★一昨日の7ヶ月ぶりの掛り付け糖尿病専門医の検診結果

④ Hba1cの数値が6.8%に下がっていた。
 
⑤ 食後2時間血糖値も、正常値よりわずか高いだけだった。

⑥ 数年間350mg/dl前後だった中性脂肪が、132mg/dlと正常値内に収まっていた。

※医師から「まったく心配ないですよ」といわれてうれしかった。

 今のところ、良いことづくめである。どうやら、年齢的なこともあるのだろうが、朝食抜きは自分には合っているようだ。これからもずっと続けて行こうと思っている。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自分の糖尿病を考える

2015年04月15日 | 糖尿病関連

昨日五稜郭病院の敷地内で目にしたサンシュユ(ヤマグミ)の花

 今日は朝から雨で、外に出ることもできない。大腸癌検診でひと安心したところで、自分の糖尿病のことを考えてみたい。

 これまでも何度か触れてきたが、自分が登山やジョギングやクロスカントリースキー(スキーマラソン)に40代後半から取り組み始めたきっかけは、その頃、診断された糖尿病である。

 糖尿病治療の基本は「食事療法」と「運動療法」である。しかし、根が卑しくて、「食べたいし、飲みたい」タイプである。食事を制限することは人生の楽しみの大半を奪われてしまうほど悲しい。そこで、当時、「そうであれば、摂取カロリーを上回るカロリー消費をすればよいだろう。そうすれば基礎代謝量も上がるだろう。」との思いから、カロリー消費量の多い登山やジョギングやクロスカントリースキーへ向かうことになった。

 それ以来、20数年が経過しているが、まだ薬の世話などにはなっていない。退職を機に年に2~3度ほど糖尿病専門の高橋清仁クリニックでの検診を受けるようにしている。その間、食べたいだけ食べて呑みたいだけ飲むといった状態が続いている。ただ気を付けてきたことは体重が63kgを超えないようにするくらいだ。超えたときには、少し食事量を減らしたり、ハードな運動をするようにしている。

 その結果、ここ10年以上、空腹時血糖値は正常値を少しオーバーする「110~130mg/dl」で、1~2ヶ月間の血糖の状態を表すHba1c(ヘモグロビン・エイワンシー)は「6.2~6.8%」で、コントロール指標の『良』の範囲を維持してきた。いつも「合格」の印を押してもらい、何も頑張っていないのに、「この調子で頑張りましょう」と言われて安心してきた。

 しかし、加齢とともに、Hba1c数値が微妙に少しずつ上がってきて、ここ2年間は限りなく6.8%に近づいている。3月上旬の総合保健センターの特定健診では7.2%になっていた。前回の病院の検診で、看護師さんに「この数値は体温の1の位と同じと考えれば良いですよ。7℃を超えたらやばいでしょう。8℃超えたら大変ですよね」と言われたことがある。その「やばい状態」になりつつある。

 糖尿病の恐ろしさは、合併症である。すぐ下の弟が、6年前に糖尿病による心筋梗塞で亡くなっている。母は糖尿病ではなかったようだが、心筋梗塞に罹り、最後は肺塞栓症で亡くなっている。どうも、家系的に血管系が心配である。今のところ、悪玉コレステロール値は心配ないが、これだけ体を動かしているのに、体脂肪は低いが、なぜか中性脂肪と内臓脂肪が高いのが気になっている。

 とりあえず、副作用が心配な薬やインシュリン注射などの世話にはなりたくない。そうならない段階でコントロールすれば、合併症の心配はないようだ。そのためにも、今後は、少し食事制限に心がけようと思っている。

 いろいろ調べたら、楽な方法は、血糖値を急に上げる炭水化物を制限することが、一つのコツのようである。あとは、バランス良く食べることが大切である。

 たまたま、今回の大腸検査による2日間の食事制限と、試しに先週から朝食を果物と豆乳とコーヒーだけにしているお陰で体重が61kgを切り、内臓脂肪も少し減っている。今月一杯は、この体重を維持する食事に心がけて、今月末には半年ぶりの検診を受けてみようと思っているが、果たして…?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加