こんな映画見ました~

今年も宜しく願い致します。

幻影師アイゼンハイム

2008年11月18日 | カ行
『幻影師アイゼンハイム 』
---THE ILLUSIONIST---
2006年(アメリカ)

監督:ニール・バーガー
出演:演: エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ 、ジェシカ・ビール


19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。
イリュージョンが見せ物として隆盛を誇る中、天才と評され絶大な人気を集める幻影師、アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。
ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルドが観覧に訪れる。
ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に招いたアイゼンハイムは、彼女が幼なじみのソフィ(ジェシカ・ビール)と気づき動揺する。
かつて2人は互いに愛し合いながらも、階級の壁の前に引き離されてしまったのだった。
そんなアイゼンハイムは王宮に招かれた際、皇太子の前で挑発的な態度に出る。
これに逆上した皇太子は、自らに仕える警部ウール(ポール・ジアマッティ)にアイゼンハイムの追い落としを命じるのだったが…。


---------------------------------------------------------------------



エドワード・ノートン、ジェシカ・ビールの共演、楽しめました♪
「幻影師」という言葉、よくぞ見つけて(作って?)くれましたっ。
最近の邦題としては、日本語に当たる言葉を見つけてくれただけでも、ちょっと嬉しいかな。

ILLUSIONは「幻影」なんですよね。
最近は大仕掛けのステージマジックなどもイルージョンって言われてますので、私は手品師の話かと思ってました。

話の展開は目新しい感じではなかったかもしれませんが、俳優が良かったので大満足でした。

エドワード・ノートンは相変わらずクールで頭の切れる役でピッタリでした。
ジェシカ・ビールのコスチュームものもなかなか素敵でした。
可愛いというより、賢い感じの女性が役として似合うと思ってますので、この役は良かったです。

あんなハッピーエンドが待っているとは、最後の最後まで分かりませんでしたよ・・・。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィクサー | トップ | ライセンス・トゥ・ウェディング »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごめんなさい(^^;;) (メル)
2008-11-21 18:01:16
コメントも残そうと思ってたのに、TBだけになってました~(^^;;)
イリュージョン、確かに幻影ですもんね~♪
幻影なんて言葉、すでに忘れかけてる日本語ですが
ほんと良くぞ見つけてくれたって感じですよね^^

これ、ほんとに面白かったです!
すっかり騙されちゃったし(主人はそうだと思った~・・と言ってましたが(^^ゞ)その騙され方も
気持ち良く騙されたって感じ。

>エドワード・ノートンは相変わらずクールで頭の切れる役でピッタリでした。

ほんとにそうでしたよね~。
あの目の中になにか鋭さを秘めてる彼に、ピッタリの
役だったなぁ、って思いました。
反対に彼がただの(?)優しい役とかやると
なにかほんとはあるんじゃないか・・と
勘ぐってしまうんですけどね(^^;;)

ジェシカ・ビールも良かったですよね~♪
今回は令嬢でしたが、それらしく見えたし
当時のコスチュームも似合ってましたね。
やっぱり彼女好き!って思いました^^
メルさんへ! (小米花)
2008-11-22 14:50:32
いつもコメントありがとうございます。
私も、TBのみ送ることが次第に多くなってきています。
TBだけでも意思表示だと思っておりますので~!

私も最後の最後まで騙されてましたよ(汗)。
ノートンに絵顔が少なかったので、これはハッピーエンドになるとは思わなかったのです・・・。

そうか~、ハッピーエンドを予想して見られてた方もあるのですねっ。

ジェシカ・ビール、良かったです。
私も好きな女優だと、改めて確信した映画でした。
Unknown (アイマック)
2008-11-23 22:01:21
こんばんは!
確かに幻影師はこの内容にマッチしてるよね。
奇術師じゃまた印象かわってくるし・・・

エドワード・ノートン、さすがの演技でしたね。
ジェシカ・ビール、アクティブ派だと思ったら意外に令嬢が似合っててびっくり。
オチはなんとなくわかってしまったんだけど、オーストリアの雰囲気とか当時のように再現されてたし、撮影も凝ってましたね!
こんにちは♪ (ミチ)
2008-11-24 17:31:13
私も日本語タイトルがいいな~って思いましたよ。
ちょっと前に「プレステージ」っていうイリュージョンの映画もありましたが、こちらはまた壮大な(?)ラブストーリーでした。
エドワードはやっぱり魅せてくれますよね~。
悩ましい表情がピカイチです♪
アイマックさんへ! (小米花)
2008-11-24 21:15:11
最近の邦画は、美しい日本を引き出してくれてないんですよね~。
なので、この題はとても良かったナって思いました。

ジェシカ・ビールはマニッシュな感じもするので、
令嬢役は難しいかとも思いましたが、
お嬢さまにしてはアクティブなところが
適役だったのかもしれないです。

私はオチは分からなかったですよぉ・・・。
ミチさんへ! (小米花)
2008-11-24 21:25:27
日本語が綺麗に使われてると嬉しいですね~。

そうそう「プレステージ」と重なって考えてました。
でも、違うものでしたね。

あの「悩ましい表情」で、すっかり騙されてしまいましたよ。
最後はあの皇太子をガツンといわせる大仕事で
終るのかと思っていましたら、あのラスト!
騙されたぁと思いましたが、ほっとしました!
こんばんは (なな)
2008-12-06 23:21:20
めっきり寒くなってきましたね。
お元気ですか~。
この作品大好きで・・・DVD買おうかと思ってます。
TBさせてくださいね。
「幻影師アイゼンハイム」は,原作であるミルハウザーの短編の日本語訳の題をそのまま持ってきてますが
確かにぴったりですね。
>話の展開は目新しい感じではなかったかもしれませんが、俳優が良かったので大満足でした。
そうそう,そのとおりでした。エドワード・ノートンの魅力を堪能できました。
ところで,小米花さんのブログを拙ブログにリンクっせていただきたいのですが,よろしいでしょうか?
ななさんへ! (小米花)
2008-12-07 23:03:25
今晩は~。
紅葉、紅葉って思っていたら、
もう冬になってました(笑)。

ノートンが素敵でしたね♪
私もお気に入りの俳優さんです。
でも、DVD買うとこまではいかないかしら。(^_^;)

ブログリンク、もちろん~宜しくお願い致します。
こちらからもさせてくださいね!
こんにちは (ミカ)
2009-01-24 10:12:18
私も最後の最後まで、ハッピーエンドとは知りませんでした
まさか、まさかとだまされてしまいましたが
ハッピーエンドなので、心地いいだまされ方でした^^
ミカさんへ! (小米花)
2009-01-24 14:25:29
ウール警部と一緒にあんぐり口開けてしまいましたよ。
いつも、何か裏を探りがちに見ているのに(笑)、
この映画では、まんまとひっかかりました~。

でも、心地よかったですね!!
ハッピーで終って、良かったです

コメントを投稿

17 トラックバック

幻影師アイゼンハイム (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステ...
「幻影師 アイゼンハイム」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。天才と評され絶大な人気を集める幻影師、 アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・ シーウェル)が観覧に訪れる。ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に招...
公開中「幻影師アイゼンハイム」 あとでじわっとくるタイプのお薦めムービー (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
この映画、去年にアメリカ版のDVDでみて気に入っていた作品。 2007-12-05に、「The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの」としてアップしてたもの。 インディペンデント系で2006年に制作されており、それが日本でも無事公開されたことはこ...
幻影師アイゼンハイム (小部屋日記)
The Illusionist(2006/アメリカ=チェコ)【劇場公開】 監督・脚本: ニール・バーカー 出演:エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル/エドワード・マーサン/ジェイク・ウッド すべてを欺いても手に入れたいもの、 ...
映画 『幻影師アイゼンハイム』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆19世紀末のウィーンを舞台に、見事なイリュージョンで人々を魅了した天才幻影師と、皇太子との結婚を控えた公爵令嬢の禁断の愛を描いたラブストーリー。ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編を新鋭監督ニール・バーカーが映画化...
幻影師アイゼンハイム(映画館) (ひるめし。)
すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。
映画 【幻影師アイゼンハイム】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「幻影師アイゼンハイム」 ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編を新鋭監督ニール・バーカーが映画化。 おはなし:19世紀末のウィーンではアイゼンハイム(エドワード・ノートン)という幻影師が絶大な人気を誇っていた。ある日、彼は...
幻影師 アイゼンハイム (シャーロットの涙)
目に見えるものだけが全てではない。
幻影師アイゼンハイム (虎猫の気まぐれシネマ日記)
すべてを欺いても,手に入れたいもの・・・・それは君。一度でいいから,だれかに言われてみたいなぁ,こんな物騒な殺し文句。[E:lovely] あらすじ: 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼の評判を聞きつ...
幻影師アイゼンハイム (Sato's Collection)
見ました。 監督はニール・バーガー。第78回アカデミー賞を受賞した『クラッシュ』の製作チームが作成したそうですが・・・(『クラッシュ』は以前紹介しましたのでそちらもあわせてご覧ください(^_^)) 出演はエドワード・ノートン, ポール・ジアマッティ, ジェシカ・...
幻影師アイゼンハイム (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観...
「幻影師アイゼンハイム」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
種も仕掛けも (MESCALINE DRIVE)
エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。 「幻影師ア...
幻影師アイゼンハイム (Blossom)
幻影師アイゼンハイム THE ILLUSIONIST 監督 ニール・バーガー 出演 エドワード・ノートン ポール・ジアマッティ     ジェシカ・ビー...
「幻影師アイゼンハイム」 ミステリーとしてはどうか? (はらやんの映画徒然草)
昨年公開されたエドワート・ノートン主演の作品。 舞台となっているのは19世紀末の
【映画】幻影師アイゼンハイム…警部さん惜しくも髭男爵ならず (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/} で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は…嫁さんと娘に付き合ってデパートとスーパーその他諸々でお買い物(近所にできた行ったこと無かったお店5件をハシ...
「幻影師アイゼンハイム」(The Illusionist) (シネマ・ワンダーランド)
ピューリッツアー賞作家スティーヴン・ミルハウザー原作の小説を「クラッシュ」や「サイドウェイ」のアカデミー賞製作スタッフらがつくったミステリー・サスペンス「幻影師アイゼンハイム」(2006年、米、ニール・バーガー監督、110分)。本作は一度はあきらめた初...