こんな映画見ました~

桜、桜~♪ 楽しめました!
次は新緑~♪

アンストッパブル

2011年01月14日 | ア行

『アンストッパブル』
---UNSTOPPABLE---
2010年(アメリカ)

監督:トニー・スコット 
出演:デンゼル・ワシントン 、 クリス・パイン 、 ロザリオ・ドーソン 
 
 無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・サスペンス・アクション。ベテラン機関士と新米車掌が、化学物質を大量に積んだまま暴走する列車が引き起こしかねない大惨事の未然防止に命懸けで挑む姿とその運命の行方をスリリングに描く。
 ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操車場。
この日、初めてコンビを組むことになった勤続28年のベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)と、職務経験4ヶ月の新米車掌ウィル(クリス・パイン)。
始めからソリが合わず、それぞれ私生活でも問題を抱える2人は、険悪な雰囲気で旧式機関車1206号に乗り込むことに。
その頃、同州のフラー操車場では、運転士によるブレーキ操作のミスが原因で、最新鋭の貨物列車777号が無人のまま走り出してしまう。
39両の大編成で全長約800メートルを誇るそれは、極めて危険性の高い化学物質とディーゼル燃料を大量に積んでいるため、その先に待ち受ける急カーブで転覆すれば大惨事に発展することは必至だった。
思わぬ事態に騒然となる現場を尻目に、みるみるスピードを上げていく777号。
あらゆる手立てを講じるも敢えなく失敗に終わる中、全ての命運を託されたフランクとウィルは1206号の機関車両を777号の最後尾に連結させ、ブレーキでその暴走を停止させるという無謀な手段に出るのだが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------


昨年秋から4ヶ月振りの映画館での鑑賞となりました。
今日も咳がでるか心配でしたが、何とか咳き込まずに鑑賞でき、楽しめたのでほっとしています。
 
とにかく手に汗握る展開でしたね~。
これは2001年実際に起きた事だったんですよね。
 
電車のパニックものとして、「サブウェイ123 激突」が記憶に新しいですが、スリルが全然違いました。こちらは不注意から起きた大事故だったのですから、単純に感情移入が出来ました。
パニックの最中に交わす会話で、二人のフランクとウィルの生活背景が浮き立てくる演出が心憎いです。
 
デンゼルがいい味出してて素敵でした。
最後の最後に運転席に飛び込んで、列車を止めたのがデンゼルではないというキャストに、デンゼルの年と重さを感じました。
 
とにかく映画館で楽しめる作品です!
  
  
 
 
 

 





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シスタースマイル ドミニクの歌 | トップ | エリザベート2 若き皇后 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-01-15 00:09:00
こんにちは!
今年もよろしくお願いします^^

これは劇場でしょう!片輪走行や脱線機を吹っ飛ばして進む暴走機関車の圧倒的な迫力を肌で感じないとね♪
デンゼルさんも軽々やってるように見えますが、あれかなり危険だし大変だと思います。だってNG出したら機関車戻さなきゃならないですし。
でも最後は美味しいとこ持ってかれましたが(笑)
KLYさんへ! (小米花)
2011-01-15 22:27:09
こちらこそ、今年も宜しくお願い致します!

そうですね、NGを出せないシーンですよねっ。
そう、あのラストですね。
最後に注目されたあの方、事実もそういう人物があったってことなのでしょうかぁ。

とにかく劇場鑑賞が出来て良かったです。

今年も宜しくです。 (オリーブリー)
2011-01-16 18:01:05
これは絶対にスクリーンですよね♪
クリス・パインがデンゼル相手に堂々の演技で、大したものだわ~と思いました!
こんばんは! (アイマック)
2011-01-17 00:01:05

4か月ぶりの劇場ですかー。
ホント手に汗握る映画でしたよね。
日本なら考えられない不注意にも思えるけど、実際あった事故というのが恐いね。
デンゼル、いいですよー。
劇場でみるべき映画ですね。
オリーブリーさんへ! (小米花)
2011-01-17 22:12:32
こりらこそ宜しくお願いします~。

スクリーンで見られて良かったと思いますヨ。
DVDの特典も気になりますが(笑)。

デンゼルもいよいよデニーロのような存在になって来たのかなって思いました。
大御所への道のりですね。
アイマックさんへ! (小米花)
2011-01-17 22:14:39
そうなんですよ、、、。
映画館に行けませんでした。。。

今年は少し頑張って劇場鑑賞したいなって思うのですが・・・。

ハリウッドのチカラ~という映画でしたネ。
夫にもすすめました (風子)
2011-01-26 14:15:33
夫も見に行って、面白かった、暴走列車が怖かったと言ってました。
風子さんへ! (小米花)
2011-01-27 12:59:36
コメントありがとうございます!
この映画、男性陣には絶対好評だと思いますよね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって無人のまま走り出してしまった。積荷...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
映画「アンストッパブル」の感想です。 (MOVIE レビュー)
今年1本目の映画「アンストッパブル」を観ました。 ストーリーは実にシンプルで、運転士の軽はずみなミスから、走る破壊兵器と化した無人機関車を追いかけて停止させるというもの。これが、単純な話なのに面白かったです。この映画は2001年にアメリカ・ペンシルバニア州で...
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
映画レビュー 「アンストッパブル」 (No Movie, No Life)
アンストッパブル  原題:Unstoppable 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 暴走した貨物列車に2人の男が立ち向かう実話がベースのパニックアクション。監督 トニー・スコット、主演デン...
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足...
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
★アンストッパブル(2010)★ (CinemaCollection)
UNSTOPPABL生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。この映画は、<事実>から生まれた。【解説】無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・...
トニー・スコット監督 「アンストッパブル」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年最初のCinemaレビューになりますが… 劇場で観た映画は実はこれが今年2本目 1本目は昨年暮に観た「相棒‐劇場版2‐」の再鑑賞 だって今年最初の公休日(6日)に、私が観たいと思える作品がまだ上映されてなかったし… なにげに「相棒‐劇場版2‐」メチ...
「アンストッパブル」 手に汗握ります (はらやんの映画徒然草)
デンゼル・ワシントンとトニー・スコットの黄金コンビによる新作「アンストッパブル」
アンストッパブル (迷宮映画館)
たっぷり手に汗握らせていただきました!!
アンストッパブル (心のままに映画の風景)
ペンシルヴェニア州フラー操車場。 危険性の高い化学物質を大量に積んだ最新鋭の貨物列車が、運転士のミスで無人のまま走り出してしまう。 その頃、同州にあるミンゴ操車場では、ベテラン機関士フランク(...
アンストッパブル (映画鑑賞★日記・・・)
【UNSTOPPABLE】 2011/01/07公開 アメリカ 99分監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン生きて帰れ ...
アンストッパブル (小部屋日記)
Unstoppable(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン 生きて帰れたら、いいたいことがあるんだ。 通算5回目となるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコラボレーション。 20...
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
失うモノがない男、取り戻したいモノがある男。『アンストッパブル』 (水曜日のシネマ日記)
実際に起こった列車暴走事故をモデルに作られた映画です。
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
「アンストッパブル」Unstoppable (2010 FOX) (事務職員へのこの1冊)
 前作「サブウェイ123 激突」で、やはりデンゼル・ワシントンを使って“地下鉄ハ
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分。FOX映画配給)。...
アンストッパブル (RISING STEEL)
アンストッパブル / UNSTOPPABLE 2010年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン プロダクションデザイン:クリス・...