こんな映画見ました~

お歳暮、お節予約などのチラシが溢れだし、
年賀状の売り出しも始まり・・・。
えぇ?、ちょっと待って下さいよ~~。

コンカッション

2017年04月22日 | カ行
『コンカッション』
---CONCUSSION---
2015年(アメリカ)

監督: ピーター・ランデズマン 
出演: ウィル・スミス 、 アレック・ボールドウィン 、 ググ・ンバータ=ロー 、 ポール・ライザー、  アドウェール・アキノエ=アグバエ、 デヴィッド・モース 、 アルバート・ブルックス

 

アメリカの国民的スポーツであるアメリカン・フットボールが、選手の脳に慢性的な深刻なダメージを与える危険なスポーツであることを立証した実在の医師ベネット・オマルの感動の実話をウィル・スミス主演で映画化した社会派ドラマ。
全米を揺るがす衝撃の事実を突き止めてしまったオマル医師が、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)とアメリカ国民を敵に回してでも信念を貫き、様々な圧力に屈することなく真実を訴え続ける苦闘の行方を描く。
共演はアレック・ボールドウィン、ググ・ンバータ=ロー。監督は「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」のピーター・ランデズマン。


ナイジェリア移民の医師、ベネット・オマル(ウィル・スミス )。
法医学の免許を持ち、検死官として働く彼は、“ピッツバーグ・スティーラーズ”の花形選手だったマイク・ウェブスターの解剖を担当する。
その死に不審を抱いた彼は、脳の詳しい検査を実行し、ついにはそれまで知られていなかった新たな疾患“CTE(慢性外傷性脳症)”を発見する。
それは、タックルによる脳への激しいダメージが蓄積することで引き起こされる脳の障害だった。
さっそく論文を発表し警鐘を鳴らすオマルだったが、NFLはこれを即座に否定、様々な形で彼に圧力をかけてくる。
それでも信念を曲げることなく、巨大組織に敢然と立ち向かっていくオマルだったが…。
(allcinemaより)

 

---------------------------------------------------------------------


アメフトを私はTV中継でさえも見たことがありません。
ルールも知らなので、見ても興味がわきません。
ただ、ハリウッド映画で選手はヒーローとして扱われていることを知りました。
なので、マイク・ウェブスターという選手のことも、この映画を見るまでは知りませんでした。
 
予告で、なにやら勇気ある医者をウィル・スミスが演じてるという興味でDVD鑑賞しました。
 
相手とぶつかり合うスポーツでは、身体に色々障害をもたらすのですね。
 
なかなか興味深く鑑賞しました。
 
 
 
 
 
 
    
 

 

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セッション | トップ | 素敵なウソの恋まじない  »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。