年々歳々 ささやかな日常

「年々歳々 花相似たり 歳々年々 人同じからず」
日常の身辺些事を画像とともに

古い年賀状

2011-12-28 | Weblog
今週届いた「アエラ」(2012年の新年号)をパラパラとめくっていたら
「日本を立て直す100人」の中に、見覚えのある名前を見つけて 
写真を見たら、美人のお母様によく似ている 

ず~っと連絡をとっていないママ友だけど、古い年賀状を探して
お子さんの名前と年齢を確認。電話してみました。


なんと二まわり前の辰年!  24年ぶりの電話です。
あちらも覚えていてくれました。
「遊びに行って、カレーをごちそうになったわョ。」etc.

あのとき5才だったやんちゃ坊主くんが、立派な29歳に・・・
「武勇伝には事欠きません。」とお母様は苦笑していらしたけど
あの“やんちゃ”の芽を摘まずに伸ばしてあげた、お母様の度量に敬服。

若者たち、がんばっていますね。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリクリ

2011-12-25 | Weblog
若い人たちは「メリクリ」♪って言うのですね。
マンションのエレベーターで一緒になったご近所さん(小学生の子を持つママさん)が「メリクリ」と娘に声をかけてくれたそうだ。

街にジングルベルの音が響くことも無く、今年のクリスマスはイルミネーションも控えめですね。

「ふんばろう東日本プロジェクト」が冬物家電プロジェクトのサンタさんを求めている(12/26まで)というので、ちょこっと寄付。
家電の支援には賛否両論あるようですが、プロジェクトに携わっていらっしゃる方々は、大変頑張っていらっしゃるので、ささやかながら活動資金の足しにしていただければ嬉しいなと思って…
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

年末ジャンボ最終日

2011-12-23 | Weblog
宝くじ、買ったこと無いのですが…
数寄屋橋の宝くじ売り場の行列が凄まじくて、そこに並んでいる人たちの辛抱強さに感心してしまった。
最終日だったらしいけど、みんな無事に買えたのかな?

有楽町駅前は赤いイルミネーション。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ぐんまちゃん」@ぐんまちゃん家

2011-12-22 | Weblog
銀座にある群馬のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」の前で、かわいくポーズをとってくれました。
“ぐんまちゃん”も頑張っているけど、「ぐんまちゃん家」の赤字が数億円なんですってね。大丈夫かなぁ…
通り過ぎるだけでごめんね~
今日は「いわて銀河プラザ」に行くんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポインセチア

2011-12-22 | Weblog
カルガモ親子のオブジェもクリスマスカラー。
ポインセチアの赤が効いてます。(大宮エキュートにて)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブーケのような赤唐辛子

2011-12-18 | Weblog
近所のスーパーの野菜売り場で、漬物用トウガラシ 148円。

まだ乾燥しきっていない唐辛子をブーケのように束ねてあるのが素敵で、買いました。こんなにたくさんは要らないのだけどね。
吊るしておくと魔除けになりそうでしょ?
つやつやしてきれいなので、娘は本物の唐辛子だとは思わなかったらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄色いじゅうたん @別所沼公園

2011-12-17 | 公園・社寺 散歩
夕刻の別所沼公園 

 
(2011/12/16 さいたま市南区)

枯葉も落葉もいとしいものです。
先日、1年ぶりの忘年会ランチを共にした知人からメールがありました。
「近くの北浦和公園の銀杏並木がきれいです。なんでもない自然に心癒されています。」と。私もそんなふうに思うようになりましたョ。
若い頃は、枯葉はわびしいものでした。

今年は危険物扱いの落葉もあるらしいけど・・・ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プリモプエル」ショップ

2011-12-16 | Weblog
前橋のアーケード商店街の玩具屋さんで、サンタクロースの衣装に身を包んだ等身大のジャンボ「プリモプエル」がニッコリ。
心なしか物憂げなのは、商店街の人通りが、まばらだからかしらね。
往年の賑わい、今何処?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤べこ

2011-12-15 | Weblog
前橋のアーケード商店街に「交流サロン ふくしまや」ができていた。
木馬ほどの大きさの赤べこがいましたョ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父名産の柚子

2011-12-14 | Weblog
もぎたての柚子をいただいたそうです。
葉っぱ付き。
この歳になって初めて知ったこと。
柚子の枝には刺がある。12月13日は「正月事始め」
単なる無知だと呆れられようとも、柚子の刺の痛さは新鮮な驚きでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加