年々歳々 ささやかな日常

「年々歳々 花相似たり 歳々年々 人同じからず」
日常の身辺些事を画像とともに

隠密

2006-11-30 | 老人ホーム・介護
2006年11月30日(木)

街は、クリスマスの装いになってきて

母の部屋も、少しクリスマス風に。
実家の玄関に飾っていたことを、母も覚えていました。

昨日は、空き巣に荒らされた実家の掃除に行っていました。
老人ホームの母には内緒の隠密行動です。
一人では気味が悪いので、妹の都合に合わせて追いかけて行きましたが、せっせと働いたのは妹です。 

で、母に不審に思われないように、今日はいつもどおり母のところへ。老人ホームもクリスマスムードになってきて


七夕の星が、クリスマスツリーに変身していました。

帰り際に「はるえちゃん  はるえちゃんじゃないの 
「背格好も年恰好も、ウチの“はるえちゃん”にそっくりだから・・・」 と呼び止められました。“はるえちゃん”になってあげたいけど、“はるえちゃん”がどなたかわかりませんので・・・ごめんなさいね。ここでは、いろんな人のそっくりさんになってしまいます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

到来物

2006-11-27 | Weblog
2006年11月27日(月)
義妹から “お手製おやつ”が到来。


クリスマスのラッピングに、スノーマンのプーさん。


これはアーモンドたっぷりの焼き菓子です。

作り手の気合が感じられるおいしさです。
義姉も義妹も、手間をかけることを厭わないのがスゴイ 

今年も健康診断を一日延ばしにしている私。
ダイエットも一日延ばしになりそうだな。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

五葉松(ごようまつ)

2006-11-26 | 花・植物
2006年11月26日(日)

「ミニ盆栽十二ヵ月」の11月は「五葉松」が届きました。


盆栽らしい盆栽  という感じがします。
置き場所は『屋外の屋根のない日当たり』
我が家では無理ですな 
『夜露にあたるようにするのが理想的』
夜露  ですか。そりゃ贅沢ですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空き巣

2006-11-25 | Weblog
2006年11月25日(土)
やられた~
実家が空き巣に入られてしまった。 

何も盗まれていないので「窃盗未遂」というのだそうだ。
泥棒に入っても何もありませんよ~ということを
どうやって示しておいたらいいのだろう? 

たんす預金でもあると思ったのかしらね~
なにもあんなにあちこち散らかさなくてもいいのに・・・
腹いせに放火されたりしなくてよかったけど。
「鉢合わせしなくてよかったですよ。」(by 婦警さん)

今日は穏やかに晴れたので

落ち葉掃きをしようと思って実家に行ったのに・・・
とんだ一日になってしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全社協の若者と

2006-11-24 | Weblog
2006年11月24日(金)

「やっぱり人と人はつながっていなくちゃいけませんよね~」
全国社会福祉協議会の研修生だという若者が、自転車  をこぎながら言いました。

あなたの仕事のことはよくわからないけど、 と応援したくなるような若者でした。社協のお弁当配達先の利用者さんは、みんな若者をうれしそうに歓迎している眼差だったものね~。

福祉を学ぶという選択をしたこと自体、尊敬します。
どうぞ初心を忘れずに・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生活簡素化運動

2006-11-21 | Weblog
2006年11月21日(火)

埼玉県戸田市の駅前花壇の中にそびえる三角柱の看板。


「生活簡素化運動を推進しましょう」

120度移動して見ると

「花輪を自粛・辞退する運動を推進しましょう」

さらに120度移動。木の陰になって見にくいのですが

「香典返しを自粛・辞退する運動を推進しましょう」
先日の義父の葬儀で、これを実行したそうです。
あの田舎で 
香典の一部を教育委員会に寄付。
地元の新聞記事に載っていました。
(義兄にお相伴して行った夫も、ちゃっかり写真に納まって)

虚礼廃止運動みたいなものかしら?
まだあまり一般的ではないようで、お香典を下さった職場の上司には、新聞記事のコピーを添えて、「かくかくシカジカ・・・」と説明が必要だったようですけど。

地方によって、習慣・しきたり・価値観etc.が違うのがやっかいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連名

2006-11-20 | Weblog
2006年11月20日(月)
寒い  の一日。

「久しぶりに連名だね。」(私)
「いや、俺は毎年連名で出していたけど。」(夫)
ありゃ?そうだったっけ?

喪中はがきの印刷を終えました。(宛名はまだですけど)
親が亡くなった喪中はがきは、連名でないと変に思われるでしょうね。だから連名。
いつもの年賀状は、個人名で下さる方が多いので、私も。目上の方に出す場合は、チョッピリ気が引けましたけど・・・

ずっ~と見張っていないといけないようなプリンター。
5回に1回は紙詰まりを起こすようなプリンター。
時間はかかりましたが、終わりました。 
いいんです。私、暇なんですから・・・
印刷代の節約になったと思えば。

印刷屋さんのサンプルを見ていて、発見。
“郵政喪中はがき”
菊・ゆり・胡蝶蘭・ききょう・蓮・・・
いろいろあるのですね~
これを使えば、私製はがき代がかからなくて済んだのね。

喪中はがきに貼る切手を買いに行った郵便局で尋ねてみると
「あれは、喪中はがき用として作ったわけではないのです。」
「暗いイメージなので、喪中はがきに使われることが多くなって・・・」
と嘆いておられました。
寒中見舞いには、あれを使えばいいかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さざんか梅雨

2006-11-19 | Weblog
2006年11月19日(日)

「週末は“山茶花梅雨”になるでしょう。」
気象予報士さんが言っていたとおり、冷たい雨になりました。

山茶花には、白もピンクもあるということを、つい最近知ったばかり。
見つけましたよ。ピンクの山茶花  まだちらほらですが。


(2006年11月17日 戸田公園駅近く)

東京国際女子マラソンをテレビで見ましたが、雨の中で寒そうでしたね~
リポーターが  「(沿道に)きれいな椿の花が咲いています。」
椿と山茶花、パッと見てどうやって区別するのかな~?
たしか椿は合弁花で、山茶花が離弁花でしたけど・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿の声

2006-11-18 | Weblog
2006年11月17日(金)

急に秋が深まって
コンクリートに囲まれた街路樹も、色付きました。

(JR埼京線の戸田公園駅前です)

野辺送りの山の中で聞いた鹿の声が
今でも頭の中でリフレイン・・・

「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の
 声聞く時ぞ秋は悲しき」
詩歌の世界が急に身近に感じられました。

「奥山に・・・」が好きだと言っていた人
「奥山に・・・」が得意札だと言っていた人
「鹿の声」は求愛ではないと言い張った人
みんなみんな、どこでどうしているのかな?

老人ホームからの帰り道、そんなことを考えながら歩いていると
『ここはどこ?』『私はだ~れ?』と
我に返るまでに時間がかかったりします。

認知症の方たちと私との間は、そんなに遠くないみたいだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかっちゃいるけど

2006-11-17 | Weblog
2006年11月16日(木)

11月の第3木曜日。
ボージョレ・ヌーヴォー解禁日。
日本はいいカモになっているらしいけど・・・



まあ、いいさ。
今年はハーフボトルにしてみました。
セブンイレブン限定品らしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加