自己満足日記

Kurakinのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

宮ケ瀬ダム

2016年07月26日 05時16分29秒 | 公園めぐり
私のテリトリー(車で1~1.5時間程度で行ける範囲)の中にダム&ダム湖が6つあります。
このうち、相模ダム(相模湖)、小河内ダム(奥多摩湖)、城山ダム(津久井湖)、三保ダム(丹沢湖)、二瀬ダム(秩父湖)の5つは行ったことがありますが、最も大きな部類の宮ケ瀬ダム(宮ケ瀬湖)には行ったことがありませんでした。

重力型コンクリートダムでは日本最大級とのことなので、行ってきました。

場所は津久井湖の南西10km程のところで、相模川の支流である中津川の上流に2000年12月に完成した比較的新しいダムです。
これによって出来た宮ケ瀬湖は4.6平方キロという広大なもので、神奈川県の農業・生活用水の大半を賄っています。

ダムの上から観た宮ケ瀬湖の全景(と言っても全体の一部が見えているだけです)です。
水量がかなり減っています。


同じところから反対側の下流方向を見下ろすとこんな景色です。


ダム内部に作られた無料エレベーターか、又はダムの横の斜面に作られた「インクライン」という小型の有料ケーブルカーのような物に乗って、ダムの下に降りることができます。
下の写真はインクラインが動いているところです。

インクラインからはダムを横から見ることになるので、こんな景色です。

35度というスキーのジャンプ台とほぼ同じ傾斜角だそうです。


下に降りて見上げるとこんな感じです。
高さは156mあるそうです。
毎週水曜日には観光放水が見られるそうです。(私が行ったのは土曜日なので見られませんでした。)
本当に真下ですから、凄い迫力です。



ダムの少し下流には大沢滝という落差20mくらいの滝があります。


更に下流方向に歩くと「あいかわ公園」という広大な公園があり、小さな子供連れの家族にはピッタリです。
近辺にはヤギや羊と触れ合える観光牧場なんかもあって、ちょっとした観光エリアになっています。
宮ケ瀬湖には勿論、遊覧船も運航しています。

帰り道に立寄ったお店で鮎の塩焼きを買って食べました。
なんと岩魚の塩焼き1尾をおまけに付けてくれました。
2尾で500円は安かったです。 勿論、美味しかったですよ。


自宅からマイカーでの往復時間も入れて5時間程度のレジャーでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グラマンS-2Aトラッカー 完成

2016年07月24日 04時43分52秒 | プラモデル製作記
「1/72を飛行姿勢で作ろう」の21機目、「ガルグレー&ホワイト ハイビジシリーズ」の13機目となるハセガワ1/72のグラマンS-2Aトラッカー(追跡者・追尾者という意味)が完成しました。
これで今年7個目の完成です。(月イチペース)

前回の日記でほぼ完成していましたが、主翼と尾翼の後縁に付いている静電気放電針を取り付けて、アンテナ線を張りました。
実機のアンテナ線はかなり複雑な張り方をしていますが、一部を省略しました。

実機は1952年に初飛行し、1954年から配備開始になった最後のレシプロ艦上対潜哨戒機です。
それまでのアベンジャーなどと違い、1機で潜水艦の探索と攻撃が行える画期的な機体でした。
また、小型・頑丈・低空低速での安定性の良さが重宝され、数多くの派生型も生まれましたし、15ケ国で長期間色々な用途に使用されました。
カナダでは消防機としても使用されましたし、米海軍でも輸送機や早期警戒機としても使用されています。
アメリカ海軍では1976年に退役しましたが、一部の国では未だに現役で飛んでいるようです。

キットはかなり古く、インストに印刷されたハセガワの住所の郵便番号が3桁になっていますから、少なくとも1998年以前ですが、実際にはもっと古いと思います。
勿論、今では絶版です。

モールドは昔のキットなので動翼部分以外は全て凸です。
パーツ精度については、キャノピーと胴体、主翼と胴体の合わせに若干調整が必要なこと以外は大きな問題はありません。

マーキングはキット付属のデカールのうち米海軍の第21対潜攻撃飛行隊のものを選びました。
垂直尾翼のマーキンが派手でいかにもハイビジらしいです。
1972年頃にエセックス級空母に搭載されていたものだと思われます。

飛行姿勢にしたことと、排気管やエアインテークを開口したこと以外は素組みです。

一番上の写真でプロペラが回っているのは「風力」です。(笑)









キネティック 1/48 グラマン S-2A[S2F-1/CS2F-1]トラッカー【K48039】
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

相模湾 マグロコマセ釣り解禁間近

2016年07月23日 07時10分28秒 | 沖釣り日記
8月1日(月)、いよいよ相模湾のマグロコマセ釣り(餌釣り)の解禁です。

私が船釣りを始めた25年くらい前の相模湾ではイナダ釣りの外道で2kgくらいのメジマグロが稀に釣れる程度で、本格的なマグロ釣りなんてありませんでしたし、本ガツオすら珍しかったです。
2000年頃から本カツオ釣りが本格化し、10年程前からマグロ釣りが始まりました。
これも地球温暖化の影響かも知れませんから喜んでばかりは居られないのだと思いますが、遠征しなくても近場でマグロ釣りができることだけは釣り好きにとっては嬉しい事です。
最近は6月半ばころから、シイラと一緒にルアー釣りが始まり、8月1日に餌釣りが解禁になるというパターンが続いています。

私にとっての相模湾マグロ釣りは正確な記録はありませんが2010年頃から始まったと思います。
最初はカツオばかりでしたが、2012年に小田原沖で28kgのキハダマグロを仕留めたことから病み付きになってしまいました。
毎年8~9月で少なくとも2回は行くようになりました。
カツオには目もくれず、最初から20kg以上のキハダ狙いです。
ちょうど三宅島や銭洲のカンパチ泳がせ釣りを始めた2~3年後で、ワラサ釣りも含めて最近は夏から秋にかけての青物大物釣りが私の釣りのメインになっています。



今年も8月~9月上旬の大潮前後を狙って最低2回は釣行する計画です。
30kgオーバーをゲットしたいですね。
相模湾で30kgオーバーのキハダをゲットできたら、次は大島の本マグロに挑戦です。

シマノ リール 14 ビーストマスター 9000
クリエーター情報なし
SHIMANO(シマノ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グラマンS2トラッカー製作記 完成までもうちょっと

2016年07月18日 18時23分37秒 | プラモデル製作記
「1/72を飛行姿勢で作ろう」の21機目、「ガルグレー&ホワイト ハイビジシリーズ」の13機目となるハセガワ1/72のグラマンS2-Aトラッカーが完成間近です。

デカール貼りは中古キットのご臨終寸前のデカールとの苦闘でしたが、何とか無事乗り切りました。
水平尾翼を取り付けて、墨入れをして、エンジンナセルの排気汚れを書いて、全体に半艶クリアを吹いて、もう一息です。
あとはアンテナ線を貼って、放電ヒゲを付ければ本当の完成です。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グラマンS2トラッカー 製作記

2016年07月17日 07時54分48秒 | プラモデル製作記
「1/72を飛行姿勢で作ろう」の21~23機目、「ガルグレー&ホワイト ハイビジシリーズ」の13~15機目の3機同時製作を進めてきましたが、3機の難易度(手間掛り度)にかなり差があるので、この後の同時製作は却って非効率と判断し、この後は3機バラバラに進めることにします。

一番難易度の低いハセガワ1/72のグラマンS2-Aトラッカーを進めます。

十の字まで進んでいましたので、基本塗装に取り掛かります。
主翼や尾翼の前縁、機首の防眩塗装の黒部分を吹くと同時にパネルラインのシャドウ細吹きも済ませます。


先に吹いた黒部分をマスキングしてから、下面のホワイトと上面のガルグレーを吹きました。
黒部分のマスキングを剥がすと、こんな感じです。


デカール貼りを開始しました。
中古キットなので、デカールが黄ばんでいますし、非常に脆くなっていますので、慎重に進めます。
それでも破れたりしますので、部分的に筆でタッチアップです。


今日の午後はサークルの例会です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加