自己満足日記

Kurakinのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

サンダーバード1号 製作開始

2017年04月25日 04時41分40秒 | プラモデル製作記
長男スコットが操縦する現場指揮機の1号です。
3号と同じく、アオシマ1/350の発射基地とのセットです。



発射基地の壁面に2号のコンテナドッグと同じようなガラス張りのコントロールルームがあります。(箱絵の該当部分です。)

ところがキットではご覧の通り、この部分が情けないモールドだけなので、丸々切り取ってプラ板などで自作し、電飾することにします。



同じく壁面の鉄骨も手抜きのモールドだけなので、ここも削り飛ばして2号のコンテナドッグで余った鉄骨パーツを流用することにします。



1号本体を仮組みしました。
パーツの合いはほぼ完璧です。
2号、3号と比べると凄く小さいです。
3号の1/3くらいです。


他のパーツもランナーから切り離して整形し、サフを吹きました。



青島文化教材社 サンダーバード No.7 ペネロープ号 1/32スケール プラモデル
クリエーター情報なし
青島文化教材社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンダーバード3号 完成写真

2017年04月24日 05時35分33秒 | プラモデル完成写真
ちゃんとした完成写真を撮り直しました。






コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

サンダーバード2号 製作記 その9 完成

2017年04月23日 12時37分27秒 | プラモデル完成写真
アオシマ1/350 サンダーバード2号&コンテナドッグです。
残っていたコンテナ4番と5番ができあがり、完成しました。

本当は装備品9個の製作が残っていますが、コンテナドッグの2号本体の下でコンテナを開けて装備品を出し入れする訳ではないと思う(そういうシーンは観た記憶が無い)ので、ジオラマとしては、これで一先ず完成ということにします。

静岡まで残り時間が少なくなってきたので、この後、1号&発射基地の製作に取り掛かります。

装備品は後日ゆっくりと作ることにします。

コンテナの並び順が箱絵と逆になっているのはご愛嬌ということで・・・。
固定していないので、後程直しておきます。(笑)










青島文化教材社 サンダーバード No.4 サンダーバード秘密基地 全長約400mm ノンスケール プラモデル
クリエーター情報なし
青島文化教材社
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

花吹雪から新緑へ

2017年04月18日 05時46分07秒 | 季節の日記
今年の桜はあっと言う間に終わってしまいました。
花吹雪



そして季節は新緑へと遷り変ります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サンダーバード2号 製作記 その8

2017年04月17日 04時48分57秒 | プラモデル製作記
サンダーバード2号のコンテナドッグが完成しました。

キットのコンテナドッグは2面の壁だけで天井がありませんが、実際には天井に照明がズラリと並んでいて、
これを付けずに終わらせる訳にはいかないと思い、電飾付きの天井を自作します。

照明にはテープ式の白色LEDを使います。
LEDが17mm間隔で18個並んでいる物を4セット使います。
ドッグの奥行から考えて、18個のうち12個分の長さを使うことにします。
(3個が1セットになっていて、3個毎に切れるようになっています。)
2mm厚の透明アクリル板に17mm間隔で直径12mmの円形のマスキングテープを12個、4列に貼っていきます。
この状態で透け止めのブラックサフェーサーを2度吹きし、その上からニュートラルグレーを3回くらい重ね吹きします。
マスキングテープを剥がすと写真の通りになります。

この丸窓に合わせてLEDを張ったプラ板を5mmの角棒を挟んで取り付けます。

照明部分をアップにするとこんな感じです。
黄色く見えるのがLEDの発光部分です。


この天井を取り付け、ハンダで配線を結束すると完成です。
早速テスト点灯してみました。
全部、無事に点灯しました。
先ずは箱絵とほぼ同じアングルで撮ってみました。


天井のライトが箱絵とほぼ同じ雰囲気になりました。
壁面のコントロールルームとその両サイドのLEDもちゃんと光っています。

2号本体のコックピットの照明も点灯しています。


これで電飾には自信が付きました。





これでもまだ完成ではありません。
コンテナ2個と9種類の装備品の製作が残っています。
次の週末には完成するでしょう。


青島文化教材社 サンダーバード No.6 サンダーバード1号&発射基地 1/350スケール プラモデル
クリエーター情報なし
青島文化教材社
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加