自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

休暇1日目 2ケ月振りの釣行

2017年10月29日 07時24分53秒 | 沖釣り日記
昨日から9日間の休暇に入りました。

休暇1日目は、
8月25日にキハダマグロで釣行(1ヒットバラシで撃沈!)して以来、なんだかんだでチャンス無く、なんと2ケ月も我慢した「釣り」に行ってきました。
今回も台風22号の接近で危ぶまれましたが、そんなことはお構いなく「もう我慢できるか」という感じで強行しましたが、何とかギリギリセーフでした。

釣り物は「ワラサ」で、場所はお馴染の剣崎沖、船宿も松輪港のお馴染みの船宿です。

台風を嫌った方が多かったようで土曜日とは思えない空き方で、大型船で片側4名というゆったり釣行です。

6:30出船、天候は曇りで、沖へ出ると北風がかなり強く、白波が立っていますが、北風のお陰で波はそれ程高くなくて1~1.5mという感じです。

港から10分くらいでポイントへ到着、上から35m棚で釣り開始です。
ロッドは10年以上使っているシェイクスピアのアグリショット60-80/2.2m
リールはシマノビーストマスター3000MutekiにPE6号
仕掛けは、80号ビシ、50cm天秤、2.5mm50cmクッション、ハリスはフロロ8号3m、針は伊勢尼13号の1本針にオキアミ付け餌です。

開始早々、1投目で早くもアタリ!
何だか懐かしいような引きで、直ぐに判りましたが、上がってきたのは38cmのマダイでした。
これですっかり気分が良くなってしまい、「今日はなんだか行けそう」・・・。

その20分後くらいにそれほど強くはありませんが、グイグイとした引き。
今度は45cmくらいのイナダでした。

その後は暫くアタリがなく、雨も降ってきたので置き竿に作戦変更。
するとまたもマダイのアタリ。 今度はやや小ぶりで35cm弱です。

置き竿作戦を続けていると、遂に竿先が水面に突き刺さりました!
明らかにワラサです。
少し緩めてあったドラグを滑らせながら一進一退のやりとりの末、無事タモに入ったのは68cm(3kgオーバー)のワラサです。

この後もマダイとソウダカツオを追加して、10時頃でアタリが完全に止まりました。

11時頃、ポイントを移動し、イナダ狙いに切り替え、仕掛けもハリス5号3mに変更しました。
ショゴ(カンパチの幼魚)を期待しましたが、ここでも全くアタリなし。

台風の影響もあり、結局そのまま若干早上がりで12時頃に納竿となりました。

悪天候で釣りにくいコンディションでしたが、チャンスを逃さず、バラシも無く、まぁまぁ良い釣りができたと思います。
船中ワラサは2本、オデコの方も何人かでたようで、私が竿頭だったみたいです。
ここ数年続いた絶不調もようやく終わりの兆しが見えてきたような気がします。

マダイはお刺身とタイ飯で頂き、ワラサはお刺身で頂きました。
余った分は全部サクと切り身にしてマイナス60度の冷凍庫へ直行です。
後日解凍して、お刺身なりで頂きます。







シマノ リール 16 ビーストマスタ- 3000XS
クリエーター情報なし
SHIMANO(シマノ)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

マグロ釣行 結末は・・・

2017年08月26日 08時04分52秒 | 沖釣り日記
念願の相模湾キハダマグロ釣りに行ってきました。

今まで相模湾のキハダマグロ釣り(船はカツオ・マグロ船)は小田原と松輪(三浦半島の先端)の船宿から釣行していましたが、今回は初めて真ん中の平塚の船宿へ行ってみました。
平塚の船宿の中ではマグロ釣りに熱心なところで、この日も平日にも関わらず大型船を3隻も出していました。

私が乗った船は片側4人づつと船首にルアー客が1人の合計9人で、ゆったりとしていました。
私の釣り座は左舷前から2番目です。
海はややウネリはが入っていて、波は1mくらいです。
天候は晴れで気温は30℃を軽く超えていたと思います。

6時に出港し、小1時間で小田原沖の最初のポイントで止まり、7時頃、釣り開始。
棚はカツオが水面から20m、マグロがその10m下という浅さです。
どうも魚の活性が低いようで、ボイルや鳥山は殆ど無く、魚探で反応を探りながらの釣りで、嫌な予感がしました。

私はカツオは全く眼中になく、マグロ狙いに絞っていたので当然30m棚を狙います。
仕掛けはハリス22号4.5m、針はネムリ針です。
オキアミの付けエサで、80号ビシでオキアミコマセを撒きます。
ロッドはダイワのゴウインブルHHH2.3m、リールはシマノビーストマスター9000ZBです。

8時頃に船首のルアー客に最初のヒットがありましたが、リールに巻いていたラインの量が足りなかったようで、ファーストランで全部出されてしまいラインブレークでした。

その後も頻繁にポイントを変えながら、大船団の中に入ったり、少し離れたりしながらの釣りですが、なかなかアタリがありません。
10頃になってようやくカツオがポツポツとアタリだし、船中5~6本上がりましたがサイズは2~3kgクライスで本カツオとしては小振りです。

10時頃になって、左舷ミヨシ(つまり私の隣)のお客さんにアタリ。
ファーストランで300m出されて、ラインブレーク。
10号のPEが切れたので、根ずれかも知れません。

そして・・・
その30分くらい後、遂に私のロッドが突き刺さりました。
フルロックから半回転戻しにしてあったドラグはファーストランで100m程でました。
5年前を思い出すような強烈な引きです!
ファーストランが収まったところで巻きに掛かりました。
やりとりしながら少しづつ巻いて、残り8mくらいまで来て、タモがスタンバイしたところで、悲劇が・・・。
痛恨のフックアウト!!!
ファーストランの距離、引きの強さから推定して10kg台だったと思います。
(目標だった30kgに及ばないことは確実)

残り8mでマグロが船の陰に気付いて驚き、最後のひと暴れをした瞬間に外れてしまったのだと思います。
この最後のひと暴れは予測していたのですが、もう少し寄せてからと思った矢先にやられてしまいました。
元々針掛りが浅かったのかも知れませんが、私のミスです。

その後はアタリなく、13時納竿となりました。
船中、マグロはゼロ、2~3kgカツオが6~7本というところです。
他船も似たような状況で、全般に「外れ」の日でした。

今回の教訓・・・「詰めが甘い」!です。

完全坊主という結果でしたが、釣行できたこととマグロの引きを楽しめたことだけで「良し」とします。
これで「釣行禁断症状」は収まりましたが、今度は「釣りたい症候群」が出てきそうです。(笑)

今年はマグロにもう一度行けるかどうか・・・微妙です。
マグロが終ったら次はワラサ・ブリです。

最後に今回の釣行の写真を・・・。

出港前の綺麗な朝焼けです。


朝日です。


小田原沖から見た富士山です。


帰港中
ウミネコ?が船の間近の水面スレスレを飛んでいます。


江の島が見えます。
その右に延びているのは三浦半島です。


西に目を向けると伊豆半島が見えます。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

マグロ釣行決定

2017年08月20日 09時37分11秒 | 沖釣り日記
行きたくてなかなかチャンスが無かったマグロ釣りですが、ようやく25日に行けそうです。

マグロ・・・と言っても大島のクロマグロではなく、お手軽な相模湾のキハダマグロです。

天気予報では晴れの猛暑日です。 台風が発生しないことを祈るばかりです。
潮は大潮の最終日です。

5年前の2012年の8月21日に小田原沖で28kgのキハダを仕留めたことがあるので、今回の目標は30kgオーバーです。
カツオやキメジではなく、大物キハダに狙いを絞って、坊主覚悟の一か八かのギャンブル釣りです。

ロッドはダイワのゴウインブルHHH220、リールはシマノビーストマスター9000ZBで行きます。
仕掛けはハリス20~30号、長さ3~4.5mを用意します。
ファーストランが収まったら、サメに食われないようゴリ巻きする作戦なので、太目のハリスです。

さて・・・どうなりますことやら・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マグロ行きたい!!

2017年08月12日 06時58分36秒 | 沖釣り日記
8月1日から相模湾でマグロ餌釣り乗合が始まりました。
主だった船宿のHPを毎日チェックしていますが、日によって凸凹はあるものの、全体的には好調のようで、
20kgオーバーがかなり上がっています。

・・・で、私も当然「行くぞ!」って感じで準備は万端なんですが、行けなぁ~~~イ!!

今日は昨日洗濯機が壊れたので新しいのを買いに行かなくちゃならないし、明日は墓参りにいかなくちゃならないし、来週は例会があるし・・・・。

なんとか8月中に1回は行けるよう、チャンスを狙ってます。
来週の土曜日がひょっとしたら行けるかも・・・・。

マグロさん、逃げないで待っててくださぁ~~い・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

明日の釣行は断念

2017年06月12日 08時06分10秒 | 沖釣り日記
明日は仕事が休みなので、、今が旬のイサキ釣りを楽しもうと思い、準備万端整えていましたが・・・。
昨日、87歳になる実の母親が転倒し、入院は免れたもののかなりのダメージを負ったので、大事を取って釣行は断念しました。
明日は母親の様子見と自宅待機です。
何事もなければプラモデルでも作ってます。

明日は絶好のコンディションなのでとっても残念ですが、仕方ありません。😭
次のチャンスを作りましょう。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年の初釣行は、厳しい結果に・・・

2017年05月24日 07時33分08秒 | 沖釣り日記
昨日、今年の初釣行に行ってまいりました。

昨年の10月中旬以来、何と7ケ月振りの釣行です。(これじゃ上達する訳ないですよ(笑))

三浦松輪港のお馴染の船宿から、乗っ込みマダイ狙いです。
ポイントは三崎と富津を結んだ直線上の真ん中辺り、ちょうど東京湾の入り口のところです。
中潮、晴天、南風、波は1mくいらいでまずまずのコンディション。

結果は、タイトルの通り「本命坊主」という厳しいものでした。
船中10名くらいで本命坊主は私だけだったかも知れません・・・(´;ω;`)
タナも釣り方も仕掛けも他の釣り人と変わりませんので原因が良く判りませんが、私の腕の悪さということでしょうね。😢
強いて言えば、ロッドがマダイ専用ではないということ???

結局、40cm(1.2kg)のクロダイと35cmのマサバのみ。


ちょっと凹んでますが、また次回頑張ります。
(次回は6月、イサキでしょうか・・・)

【データ】

タナは水面から15~20mという浅さです。
ロッド:シマノシーマイティ2.7m
リール:シマノプレミオ3000 PE4号
仕掛け:80号ビシ、中型片テンビン、2.5mm50cmクッション、ハリス4号8mの1本針
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

釣行中止 今シーズン開幕延期

2017年04月11日 06時26分12秒 | 沖釣り日記
今日は平日の休みと大潮が重なり、船宿の釣果情報もまずまずなので、今年の初釣行(今シーズン開幕)を予定して仕掛けやロッドなど準備万端整えていましたが・・・。

ところが・・

西から低気圧が発達誌ながら接近中で、関東でも朝から雨、この季節とは思えない異常な寒さ、昼前から時化模様ということで、残念ながら中止となりました。

もうひとつの中止理由は静岡向けのプラモデルの製作が捗っていなくて、このままでは間に合わないかも・・・っていうのもあります。

従って、次のチャンスはプラモデル製作の進捗と天候次第という事で、GW明けの平日か、又は静岡終了後ってことになります。

シマノ リール 12 プレイズ 1000
クリエーター情報なし
SHIMANO(シマノ)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

船釣りシーズン開幕

2017年03月29日 05時40分18秒 | 沖釣り日記
寒さに弱いため、遅ればせながら今年の船釣りシーズン開幕🎣が4月11日火曜日に決定しました。(・・・とは言っても天気次第、海次第ですが)
この日は平日で大潮で、仕事が休みという条件が揃いました。

行き先は直前の釣果を見て決めますが、剣崎沖の乗っ込みマダイか、相模湾(茅ヶ崎)の五目釣りのどちらかになると思います。
どちらに転んでも良いように仕掛けなどの準備をしなければいけません。
5月の静岡を目前にして、俄然忙しくなりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年2度目の丸坊主

2016年10月15日 18時37分46秒 | 沖釣り日記
船宿のHPを見ていると、今年の東京湾のワラサは型が良く、アベレージ4~5kg!
これは行くしかない!ってんで、急遽思い立って行ってきました。

しかし!結果は丸坊主でしたぁ!!!

今年5回目の釣行で2度目の丸坊主・・・坊主率4割!! 最低ですね・・・。

しかもワラサで丸坊主とは、これは滅多に無い貴重な体験です。(自慢している場合じゃない・・・)

船中15~6人で、そのうち半分以上が丸坊主ですから、まぁ仕方ないですかね。

今年は何とかあと1回は行きたいのですが、
軍資金も底を着いてきましたし、プラモデルサークルの作品展も控えているので、もしかするとこれが今年の釣り納めかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めて尽くしの釣行

2016年09月24日 09時54分43秒 | 沖釣り日記
1ケ月振りの釣行は「初めて」尽くしの釣りです。

場所は南房総市の千倉港(房総半島の先端近くの太平洋側)です。
釣り仲間5人での仕立てです。
相模湾、駿河湾、伊豆七島周辺しか行ったことがない私にとっての「初めての外房」です。

釣り物は「ハタ」で、イワシ又はアジの泳がせ釣りです。
カンパチのムロアジ泳がせ釣りは何度もやっていますが、今回の釣り物・釣り方は「初体験」です。

普段は市販の仕掛けを購入して使いますが、ハタの泳がせ釣り仕掛け(ヒラメの泳がせ釣りと同じような仕掛けですが、ハリス・針共に太くて丈夫なものでなければなりません)は市販されていないので、前日に釣具屋さんで材料を調達して手造りしました。
幹糸はフロロ12号の1m、ハリスはフロロ10号の1m、針は伊勢尼13号、捨て糸はナイロン8号50cmです。
オモリは80号想定です。
釣具屋さんへ行ったついでに、餌釣りが不発だった時のために冷凍イワシを予備餌として購入しました。

当日は夜中の0時半に自宅を出発し、首都高→アクアライン→館山自動車道のルートで途中トイレ休憩とコンビニ買い物を挟んで、3時半に千倉港に到着しました。
途中の海ほたるからの景色です。 流石の不夜城東京も真夜中では暗いですね。
(写真をクリックすると大きくなります。)



コンビニで調達した朝食を摂り、支度をして、船に乗り込み4時半出船です。
釣り座はじゃんけんで勝った人から決めていく、いつものやり方です。
私は2番手で左舷のミヨシです。(オオドモは排気ガスの匂いとスクリューが近いので嫌いです。)

海はゆるやかなウネリ(台風の後遺症??)があるものの、風も波も無く「凪」です。
天候は曇りですが、雨予報なのでカッパ着用です。
写真は船から見た房総半島です。
山間のモヤが幻想的です。


出港して15分くらいで、先ずは餌釣りのポイントです。
本日の餌はどうやら小アジのようです。
開始早々、入れ食いの大忙しです。
棚なんか関係なしに水面から10mの間でどこでも食ってきて、ラインを持ってサビキを落とせば良いという感じでリール要らずです。(笑)
あっという間に各自20~30尾の小アジ(12~15cmくらい)を確保し、泳がせのポイントへ移動です。


ロッドはシェークスピアのアグリショット60-80/225、リールはシマノビーストマスター3000ムテキにPE6号です。
泳がせ釣りなので、一応大物にも備えたつもりです。(笑)
凸凹の岩礁で、水深は35~60mで目まぐるしく変化します。

根掛かりリスクと闘いながら底から2~5mを探りますが、台風明けの底荒れのせいか潮が濁っている上、あまり動かず、開始1時間半くらいは餌の暴れは多少あるものの全くアタリがありません。
何度かポイントを変えますが船長も苦戦です。

そのうち9時頃から「雨」予報の筈が、逆に晴れてきて、全員カッパ脱ぎ捨て半袖Tシャツ状態になっちゃいました。


最初のヒットは私でした。
ガツンというアタリと同時に根掛かり!
強引に引っこ抜くと、捨て糸が切れてオモリなしの状態になってしまい、バタバタ引いたり、フワッと浮いたりという不思議な感触です。
それでも魚は付いていたので、巻き上げると上がってきたのは35cmのアカハタです。

その後、船中ポツリポツリとアタリ始めて、本命のマハタがヒットし始めました。
私にも2回目のヒットがありましたが残念ながらスッポ抜け。
残り1時間半くらいのところで、3回目のヒット。
元気の良い引きを楽しんだあと上がってきたのは1.7kgの良型マハタでした。

ラストは残り30分でミヨシ右舷の人にヒット。
上がってきたのは2kg弱のヒラメでした。
そのまま11時半納竿となりました。

船中5人の釣果は、
マハタ4、アカハタ1、ヒラメ1、小あじ沢山でした。
残念ながら1名のみオデコが出てしまいました。

下の写真は私の釣果です。
初めて尽くしの釣りでしたが、何とか本命ゲットできました。
大物外道は来ませんでしたが、まぁまぁ満足です。
帰り道も渋滞無く、スイスイで15時半に帰宅できました。
小アジは南蛮漬けと刺身で頂きました。
小さいながらも旨かったです。
ハタとアカハタは冊にして、冷蔵庫で寝かせています。
今夜、刺身と一人鍋(こういう時に限って家族全員お出掛けで、独りで留守番です)で頂き、残りはマイナス60度の冷凍です。




シマノ リール ビーストマスター 3000
クリエーター情報なし
SHIMANO(シマノ)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加