自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

スターウォーズ EPSⅧ 最後のジェダイ 観てきました

2017年12月16日 15時45分01秒 | 映画
昨日世界同時公開となったスターウォーズEPS.Ⅷ「最後のジェダイ」(原題:THE LAST JEDI」そのまんま)を家内と一緒に早速観てきました。

http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

例によってネタバラシはしませんが、前作より「良い」です。
SWファンの方ならお勧め、必見ですね。
今回はハン・ソロは登場しませんが、年老いたルーク・スカイウォーカーとレイアがマーク・ハミルとキャリー・フィッシャーで登場します。
残念ながらキャリー・フィッシャーはこれが遺作となってしまいました。(合掌)
チューバッカやミレニアム・ファルコン号、スターデストロイヤー、C3PO、R2D2などのお馴染のキャラも登場しますし、新たなキャラクターやメカも沢山登場し、観ていて楽しいです。(なんと!ヨーダも登場)
特撮も相変わらず迫力満点で素晴らしいですが、今回の作品はストーリーと脚本がいいです。
主演のレイ役の若手女優デイジー・リドリーは全作(主演)よりも精悍さが増して、演技も引き締まった感じで成長が見られます。
ジュラシック・パークの1~2作目に出ていた女優ローラ・ダーンやローズ役のベトナム系アメリカ人のケリー・マリー・トラン、帝国軍の将軍役のドーナル・グリーソン等の脇役もいい味を出しています。

メカやキャラクターの衣装などは第二次大戦中の兵器や日本文化(武士の衣装など)の影響が色濃く出ているのもこれまでと同じです。(反乱軍の爆撃機の銃座なんか、まんまスペリー球形銃座です)

ラストシーンはよぉーーく見ておいて下さいね。
THE LAST JEDIの意味するところは???

あと3作は既に制作が決定しているそうなので、まだまだ楽しみです。


【日本正規代理店品】Sphero スター・ウォーズ エピソード7(スター・ウォーズ/フォースの覚醒) BB-8 (ドライブ / ホログラム機能) R001ROW
クリエーター情報なし
Sphero
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Summer of 42

2017年10月06日 21時03分52秒 | 映画
すっかり忘れていた思春期の思い出にくっきりと残る珠玉の名作・・・偶然YouTubeで出くわしました。
今みても切なくて目が霞みます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エイリアン コヴェナント 観てきました

2017年09月16日 17時59分59秒 | 映画
これまで全作を観てきたエイリアンシリーズの最新作「コヴェナント」を観てきました。
http://www.foxmovies-jp.com/alien/

TVの予告編を観て、一作目に繋がる「エピソード ゼロ」だと思って観に行きましたが、ちょっと違っていました。
エピソード マイナス1・・・って感じです。
この次にエピソードゼロが来そうな感じです。
エイリアン誕生の経緯が一部判りますが、その後ろに何があるのかは今回は判りません。
ラストシーンは結構怖いですよ。

当然ストーリーがは書けませんが、ミッション、アンドロイド、本当の目的・・・あたりがキーワードです。

エイリアン好きの方にはお勧め度4、それ以外の方には3ってところでしょうか。

監督がリドリー・スコットに戻っているのが良いです。
やはりエイリアンはこの人が作るべきですね。

<以下、追記>

冒頭の「これまで全作を観てきた」は間違いで、肝心の「プロメテウス」を観ていなかったのです。

プロメテウスが始まりで、その次が今回のコヴェナント、その次が多分「次回作」で、更にその次が1979年の1作目「エイリアン」へ続くようです。

プロメテウスのDVD借りてきて観ます。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ダンケルク(DUNKIRK)」

2017年09月10日 14時05分04秒 | 映画
昨日封切られたばかりの映画「ダンケルク(DUNKIRK)」を観てきました。
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

監督は、あのちょっと難解な映画「インターステラー」のクリストファー・ノーランです。

ネタバラシになるのでストーリーは書けませんが、今までの戦争映画とはちょっと違う映画です。
特に主人公というのが居なくて、ダンケルクからの脱出(負け戦)を歩兵、戦闘機パイロット、民間船の乗員などのリアルな目線で描写していて、独特の緊張感が全編に渡って続く感じです。
観ていてちょっと疲れる映画ですが、見る価値はあると思います。
全体の8割は戦闘シーンですが、空戦シーン(スピットファイヤーとイスパノメッサー+He111が少し)以外は殆ど一方的にやられるばかりで、戦闘というより撤退、脱出です。
空戦シーンは殆どが実写とのことです。

撮影にお金が掛かったせいなのか、俳優陣は殆ど無名の方ばかりで、軽めの演技ですが、特に不満は感じる程ではありません。

又、所詮は映画なので、えぇ??って思うような辻褄合わせ的なシーンもありますが、それは仕方ないでしょうね。

今年はこの後も観たい映画が色々と続きます。
来週からは「エイリアン(コヴェナント)」、10月13日からは「猿の惑星(聖戦記)」、12月15日からは「スターウォーズ Eps.8」、その他にも観たいものが何本かあるので大変です。
プラモデル、釣り、映画、旅行・・・道楽ネタが尽きません。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 観てきました

2017年07月12日 05時50分35秒 | 映画
先日家内と一緒にシニア割引(1人1,100円)で観てきました。
前作(4作目)が今一だったのであまり期待せずに観に行ったのですが、期待以上の作品でした。
5つ星で3つ半か4つくらいでしょう。

ネタばらしになるといけないのでストーリーは書けませんが、今まで語られなかった過去が今回は結構語られています。 中には意外な過去も・・・。
映像の迫力は間違いなく過去最高です。
凄く大物のミュージシャンもちょい役で登場します。
但し、せっかくの夏休み映画ですが、ストーリーの複雑さ、過去作との繋がり、少し残虐なシーンがあることなどから小さな子供さんにはちょっとお勧めできないかな・・・。
岸和田のだんじりをモチーフにしたかのようなシーンもあります。
それから、絶対に最後まで席を立たないで下さい。
エンドロールが終わってもそのまま。
http://www.disney.co.jp/movie/pirates.html


パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (吹替版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ ローグ・ワン観てきました

2017年01月03日 17時04分12秒 | 映画
暫く映画館に足を運んでいませんでしたが、せっかくのお正月ですし、昨年、夫婦共々還暦を迎えたお蔭で何時でもシニア割引料金(1800円→1100円)になることもあって、家内と一緒に映画を観に行きました。

映画はなかなか好評のスターウォーズ「ローグ・ワン」です。
3Dで観ました。
内容は既にあちこちで出ていますが、Eps3と4の間です。
Eps4で反乱軍が活用するデススターの設計図が如何にして手に入れられたか・・・というストーリーです。
ラストシーン(ハッピーエンドではなく、むしろ悲劇です)はちゃんとEps4に繋がっています。
既にEps3でジェダイの騎士は表部隊を去っているので、今回はジェダイは出てきません。
従ってフォースを駆使した戦いもライトセーバーを使ったチャンバラもありません。
(ただし、ダースベイダーは登場しますし、ちょっとだけライトセーバーやフォースを使います)
非常に人間臭い、普通の娯楽作品に仕上がっています。

今回新たに登場するドロイドの「K-2SO」が非常に人間臭い役どころを演じています。

もうひとつ必ず注目して欲しいのは、新作に出られるはずのないキャストが2名、Eps4当時のままのお姿で出てくる場面です。 ちょっとしたサプライズですね。
CG? 他人の空似? 両方の合わせ技??

総合評価は5点満点で4点くらいでしょうか。
SW映画の好きな方には間違いなくお勧めです。


スター・ウォーズ K-2SO 1/12スケール プラモデル
クリエーター情報なし
バンダイ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ Eps.VII 観てきました

2015年12月19日 17時01分21秒 | 映画
12月18日から公開されたスターウォーズEps.VII「フォースの覚醒」を観てきました。
私が観たのは3Dの字幕版です。

過去6作品を観ていない方にはかなり判り辛い、と言うか殆ど意味の判らない映画だと思います。
ネタばらしになるといけないのでストーリーには触れられませんが、映画の流れはEps.IVとよく似ています。
懐かしい登場人物やキャラクター、マシンも沢山出てきますよ。
ハリソン・フォード(ハン・ソロ)とキャリー・フィッシャー(レイア)の熟年演技が光っています。
主役はハン・ソロとレイという若い女性です。

映画館でお金を払って観る価値はあると思います。

ラストシーンは確実にEps.VIIIへ繋がりますね。 
ヒントは「歴史は繰り返す」、「えぇ、またそうなるのぉ」・・・です。
最高指導者スノークの正体は? マズ・カナタという老エイリアンは今後どう係ってくるのか?
次作が楽しみです。


スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)
クリエーター情報なし
WALT DISNEY RECORDS
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ジュラシックワールド」を観てきました

2015年08月22日 18時20分13秒 | 映画
マイケル・クライトン原作、スピルバーグ製作のジュラシックシリーズの第4作目「ジュラシックワールド」を観てきました。

ネタばらしをする訳にはいかないので、ストーリーをお話しすることはできませんが、一言でいうと1作目に回帰した映画で、大幅にパワーアップしています。

当然CGは進化して、よりリアリティが増していますし、3D化されて迫力も倍増しています。
ほぼ全編で恐竜が暴れまわり、サービス満点です。

リアルに動き回る恐竜を堪能したい方には文句なくお勧めの映画です。
ストーリーや脚本、演技を堪能したい方はやめておいた方が良いでしょう。
私は恐竜大好きなので「○」です。

そういう映画です。

ジュラシック・ワールド (竹書房文庫)
クリエーター情報なし
竹書房
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「インターステラー」を観てきました

2014年12月21日 06時18分41秒 | 映画
今日は家内の誕生日と言うことで、夫婦50割・・・夫婦ともに50歳以上は一人1000円で映画が観られる割引制度を利用して、映画「インターステラー」を観てきました。
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

近未来の地球、人類は住めなくなりつつある地球を脱出して移住する先の新たな星を探しています・・・・という「アルマゲドン」のような単純なお話かと思いきや、全然違ってました。

この映画を観る前に、アインシュタインの「相対性理論」を少しだけでも知っておいた方が良いと思います。
私はたまたま以前に雑誌「ニュートン」で読んでカジっていたので理解できました。
その上で一生懸命観ていないと、途中で意味が判らなくなる可能性があります。
途中でうたた寝やよそ事を考えるのは禁止です。(笑)

こういう映画は絶対にネタバラシをしてはいけないと思いますので、これ以上は書けませんが、なかなか見応えのある、佳作です。
お勧めします。
お勧め度は5点満点の4~4.5くらいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「フューリー」観てきました

2014年12月07日 08時59分21秒 | 映画
アカデミー賞の有力候補との呼び声高い映画「フューリー」を観てきました。

私個人の感想を手短に言えば、「何ともコメントのしようが無い、どうコメントして良いか判らない映画」です。
きっと賛否両論いろいろ出ると思います。

先ず、反戦映画であることは間違いないのですが、ナチス=悪、連合国軍=善という単純明快な色分けはこの映画でも健在で、ハリウッドが作る反戦映画の限界を感じます。
「戦争ってこんなに人間性のない、悲惨な物なんだ」と一生懸命言っている一方で、「でも世界に悪者がいる以上、仕方ないよね」とも言っているようで、米国の迷い、苦悩を象徴しているようにも見えます。
但し、従来のハリウッド映画と比べれば、「よくここまで表現したなぁ」と思う部分も多々あって、頑張った映画だとは思います。(プライベートライアンと同様、人によっては「そこまで描写しなくてもいいのに・・・」と、不快に思うようなシーンもあります。)

メインテーマが「反戦」だとすると、サブテーマは「男の絆」だと思いますが、これがかなり無理していて、押しつけがましい感じがします。
あまりネタばらしをするといけないので、詳しくは書けませんが、クライマックスのフューリー1台で300人を相手に戦うに至るプロセスは、「えぇ・・・」って感じで、全然説得力がありません。

この映画の見せ場のひとつである、シャーマンとティガーの戦闘シーンは迫力とスピード感があり、コンパクトにまとまっていて良かったと思います。

ミリタリー物、特に戦車がお好きな方にはお勧めです。
それ以外の方には特にはお勧めはしません。

因みに、某私鉄沿線の有名シネコンで土曜日の真昼間で、観客は10数名程でガラガラでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加