都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1981/2007) No.7 千代田区神田淡路町1-2付近

簡単に分かりそうだが、最初はさっぱり分からなかった場所。

Photo 1981(ノーマル時)、Photo 2007.1.28(マウスオン

 「宛名印刷機 アベアドレス」という看板が大きく掲げてあるので、ちょっと探せば見つかるだろうとタカをくくったのだが、これが大間違い。
 実は、私はこの建物を今まで全く見たことがなく、写真で見るのも初めてだった。それでも都心の建物やお店なら、ネットで検索すればすぐに見つかると思った。ところが、現在の千代田区内にアベアドレスは無かった。住宅地図を眺めてもなさそう。

 予想が外れて、いきなり手掛かりを失い、途方に暮れてしまう。仕方がないので、画像を拡大して、手掛かりを懸命に探してみると、電柱に取り付けられた看板に「かんだ やぶそば →この先」とあるのを発見。となると、やはり藪蕎麦の近くで、片側2車線以上の交通量の多い通りで、角が鈍角ないしは面が取られている交差点、ということになる。しかしこれだけでは場所特定の決め手にはならない。

「かんだ やぶそば」の電柱広告と3階建て看板建築

 参ったなぁ、迷宮入りかと思い、がっかりしつつ、ふと左端の3階建て看板建築を見た時、あれ、どこかで見たことあるなぁ、変だなーと、ぼんやりした記憶が・・・。でもこんな看板建築を神田界隈で見たことは無いし、写真集かなんかで見たのかなぁ?、おかしいなぁ・・・、というわけで必死に思い出してみる。

 しばらく脳内を検索して出てきた答えは、小金井の江戸東京たてもの園で見た、という記憶だった。3階の窓の両側に付く、楕円形の飾りが記憶の片隅に埋め込まれていて、神経衰弱ゲームよろしく、図像が重なったというわけ。移築後の様子しか見ておらず、元の場所では見ていなかったので、最初は全然わからなかった。どうりでなかなか思い出せなかったわけだ。

花市生花店(江戸東京たてもの園移築後の様子)
旧所在地:千代田区神田淡路町1-2
建設年:1927(昭和2)
Photo 2002.1.14

 早速、江戸東京たてもの園のHPなどで旧所在地を確認して、淡路町の現場へ行ってみる。さてはて、現地には昔の面影は全くなかった。3棟の建物は1つの大きな建物に置き換わっていた。鈍角の角地部分はカーブした壁面になっていた。アベアドレスも当然ない。
 ただ、電柱はまだ立っていた。電線の張り方は変わったが、やぶそばの看板も健在。もちろん電柱も看板も新しいものに交換されたりしたのだろうが、やぶそば看板の案内矢印は全然変わっていなかった。
 手前の交通量の多い通りは、外堀通りだった。車がたくさん止まって写っているのは、淡路町の交差点で引っかかっていたから。このへんの状況は現在も変わっていなかった。

 スライドからまだ見ぬ場所を探し出す作業は、推理ゲームのようで楽しい。始めるとやみつきになる。

 ところで、最近になって、広尾にある都立中央図書館で、古い住宅地図を閲覧したところ、確かに神田淡路町1丁目に「アベアドレス」が掲載されていた。隣の出桁造りは、志のだ寿司の建物(反対側に移転して仕舞屋?)だった。古い住宅地図を見れば、比較的簡単に場所が分かったのかもしれないが、敢えて写真と記憶を頼りに探すのも一つの楽しみ方。

ぼくの近代建築コレクションアベアドレス/神田淡路町1丁目
#東京新旧写真比較 千代田区  #失われた建物 千代田区 
#古い建物 千代田区 


コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )


« 東上野・噺家長屋 中野四十五番街 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Minera)
2007-04-27 14:45:14
よくぞ左端の建物でひもとくことができましたね!
古い住宅地図より、このように一手、一手進めていくのは本当に楽しそうです。
私も昔の写真から、一体ここはどこなのかと考えるのが大好きです。
都電の昔の写真なんか結構楽しいですね。
淡路町付近にはこのような建物が多かったですね。
私の自宅の谷中、根津の最近、古い長屋がよく壊されてもったいないなあと思っております。
森田電機店は一応住宅ですが、マッチ箱のような簡単な家のような感じです。
でも、いつも雨戸が閉まっているのです。
いつの時代になっても森田電機店は謎だらけです~。
 
 
 
ゲーム (asabata)
2007-04-28 23:16:36
この界隈の昔の様子を良くご存知の方などには、すぐに判ってしまうのでしょうから、本当に自己満足的なひとり遊びなんですけどね。
古い街並みを写した写真集などを見るときの、一つの楽しみ方なのかなぁとは思います。
谷中も根津も、バブルの頃と変わらないか、それ以上のペースで古い建物が無くなっていきますね。
Blog拝見いたしました。茶道などをするときには部屋だけでなく、建物全体が和風な方が、やはりしっくり来るのでしょうね。
 
 
 
Unknown (御光堂(pulin))
2012-03-18 15:19:24
こんにちは。

自分もかつてこの建物の写真を撮ったことがあって、場所が分からなくなってしまって、周囲の様子などから調べてようやく判明したことがありました。

先にこちらのサイトにたどり着いていたら一発で分ったわけです。
 
 
 
Unknown (asabata)
2012-03-22 15:57:34
御光堂(pulin)様
この写真の一角はかなり変わってしまっていて、忘れてしまったり知らないと、場所が全く分かりませんね。電柱の「やぶそば」看板から同じように見当を付けておられるのを拝見し、とても共感しました。
他にもいろいろ建物写真などをお撮りになって居られる御様子、じっくり拝見させて頂こうと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
[建築][フィルムカメラ]二階建てビルか看板建築か? (御光堂世界~Pulinの日記)
角地に建つ二階建てビルとも看板建築とも見える古い建物。 写真(フィルム)整理中につきとりあえずメモとして載せる。 (追記) この場所がどこなのか? 建物の看板にある会社はすでに存在していないようでよく分からないので、電柱の看板に「かんだ やぶそば」とある...