都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 同潤会上野下アパートの正面にあり、噺家長屋と呼ばれた長屋建物。

通称 噺家長屋がある木造家屋群
所在地:台東区東上野5-1
構造・階数:木2
Photo 1994.6.22

 写真に写っている一連の木造家屋の内、奥の方に見える四軒長屋部分を指して、噺家長屋と称していたらしい。一連の木造家屋群をまとめてそう呼んでいたのかと、最近まで思っていたが、どうもそうではないらしい。四軒長屋部分は数年前に取り壊され、現在はコインパーキングになっている。林家彦六(八代目林家正蔵)が住んでいたことでも知られた木造家屋だったそうだ。手前の家も既に無く、木造家屋が連続する風景は完全に失われてしまった。最近の様子は歯抜け状態で、なんとも寂しい景色。こうなるともう街並みとは言えない感じ。

Photo 2006.8.26
Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 台東区  #古い建物 台東区  #街並み 台東区


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 森田電機店 淡路町交差点そば »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。