グループZAZA

「君が代」不起立処分大阪府・市人事委員会不服申立ならびに裁判提訴当該15名によるブログです。

教科書の会が、大阪府藤井寺市での教科書汚職事件について 藤井寺市長及び市教委に対する要望書を提出!

2023-02-07 20:12:28 | 教科書

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会のIさんからのお知らせです。教科書にまつわる汚職事件など絶対にあってはならないはずです。

 

大阪府藤井寺市での教科書汚職事件について

藤井寺市長及び市教委に対する要望書を提出しました。

 

************************************

 

 

藤井寺市市長 岡田 一樹様

藤井寺市教育委員会教育長 濱崎 徹様                      2023年 2月 6日

 

緊急の要望と質問

                   子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

                                   ざざまる会

                  

 

 昨年11月3日の報道「大阪府警が、藤井寺市の元中学校長・西留を教科書選定収賄疑いで書類送検、『大日本図書』の社員2人を贈賄容疑で書類送検」によって私たちもこの事件を知り、教科書採択と公教育にかかわる重大な事象ととらえ、質問・抗議を行ってきました。報道によれば、当時教科書選定委員であった西留元校長が、大日本図書に調査員の名前や調査員作成資料を漏洩させ、その見返りに現金を受け取ったりゴルフ・会食接待を受けたりしていました。2022年11月2日、大阪府警は西留元校長を加重収賄の容疑で書類送検し、年明けの1月25日には大阪地裁が西留元校長を有罪とする判決を出しました。前代未聞の教科書採択汚職と言わざるをえません。

 この事態を受けて、12月20日、藤井寺市議会は全会一致で「市教科書採択に係わる第三者委員会」の設置を決定し、今年度内に報告書をまとめるとしています。委員会は非公開とされ、会議録を公表するとしていますが、実際には簡単なメモしか公表されず、審議の内容は市民に知らされないままです。

 他方で、藤井寺市教委は、1月10日に「臨時教育委員会」を開催し、「中学校の数学と保健の教科書採択のやり直し」を決めました。1 月中に選定委員会(6 名)を開き、2 月末までには市教委が新しい教科書を採択するという内容です。市議会の設置した第三者委員会の報告書を待たず、教科書汚職事件の全貌解明にはほど遠い中での決定ではありますが、採用期間中での採択やり直しは、全国で初めてのことであり、画期的なことです。

 そんな中、1月25日には、大日本図書株式会社特別調査委員会が「調査報告書」を公表しました。その中では、2011 年以来(「報告書」では 2016 年以降が調査対象)、大日本図書営業局統括局長と西留元校長との極めて深い癒着関係(頻繁に行われたゴルフや会食の接待、その見返りとして採択関連資料・調査員名の提供など)が赤裸々に書かれており、予想を遙かに超えるひどい実態でした。

 しかし、教科書汚職事件の深刻な広がりはそれにとどまりませんでした。2名の教育委員や調査員の教員が、西留元校長を介して大日本図書から飲食接待を受けていたことが明らかとなりました。

 

以下「調査報告書」が指摘する2名の教育委員の汚職を挙げます。―――――――――――

 

< 2019 年小学校採択に際して>

・7 月 11 日、採択期間中に大日本図書と教育委員Dが面会 

・大日本図書が、理科と生活の内容解説資料などを別の 1 名の教育委員Eの自宅に郵送し電話で説明。

 

< 2020 年中学校採択について>

・西留元校長は 7 月 7 日の選定委員会終了後、2 名の教育委員に「選定委員会の結果通りに採択されるように」「連絡した」。

・西留元校長は、教育委員Eに電話し、7 月 15 日に教科書採択に向けた教育委員勉強会を開催することを聞き、それまでに大日本図書と教育委員Dとの会食を設定。また、西留元校長が仲介し教育委員Eと大日本図書の面会(教育委員の自宅で)を実現させた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 この 2 名の教育委員は、大日本図書によるヒアリングを、「公判」への影響を理由に拒否してきました。しかもこの 2 名の教育委員は、現在も教育委員にとどまっています(Dは 2008 年 6 月から現在、Eは 2014 年から現在)。市教委は、教科書採択のやり直しを決めましたが、この 2 名の教育委員の責任が不問にされたままです。この 2 名の教育委員が参加する中で、採択のやり直しが行われるなどあってはならず、今後の「採択のやり直し」のための会議は、この2名を除いた形でおこなうべきです。

 と同時に教育委員会として、このような2名の教育委員をやり直しのための会議に参加させてしまったことの責任をまぬがれることはできません。なぜそのようなことになったのかも含め、すみやかに真相調査を進め、疑惑が明らかになったら、ただちに罷免すべきと考えます。

 要望内容と質問内容については、大変お忙しいとは思いますが、2月17日(金)までに回答をお願いいたします。

 

 

                 要望内容

■藤井寺市教育委員会に対して

(1)1月6日の臨時教育委員会議では、「2月末までに採択やり直し」を決定しました。しかし、その場には汚職が疑われる2名の教育委員が参加していました。採択やり直しは、少なくともこの2名の教育委員が全く関与しない形で進めなければ公正性は保障されません。今後は2名の教育委員を除いて、速やかに採択のやり直しを進めてください。

 

(2)教科書汚職事件について徹底した全貌解明と市民への丁寧な説明を求めます。特に、大日本図書の「調査報告書」では、2名の教育委員と調査員も会社からの飲食接待等を受けていたことが明らかとなりました。どのような接待を受け、どのような情報を流していたのか、その実態について徹底した調査を行い、責任ある見解を出してください。

 

(3)1月6日の臨時教育委員会の会議録では、発言した教育委員の名前が記載されていません。これでは、不正が疑われる教育委員の発言・会議への関わり方が、傍聴者以外の市民には明確になりません。1月6日の議事録を、発言者名を明記して再度作成し直して公表してください。今後は、発言者が明記された議事録を作成してください。

また今後、選定委員会の議事録を作成するとしていますが、その際も発言者名を明記してください。

 教育委員も選定委員も市民の負託を受けて選ばれ、会議への出席には公費が支払われています。発言は公表されることを前提に責任をもっておこなうべきと考えます。

 

■藤井寺市長に対して

(1)「第三者委員会」でこの2名の教育委員の問題を調査解明するよう要請してください。

 

(2)「第三者委員会」において教育委員の汚職が明らかとなれば、速やかに議会での罷免手続きをとってください。

質問内容

■ 大日本図書の「調査報告書」で指摘された以下の点について藤井寺市教育委員会として「見解」を明らかにしてください。

 

(1)報道によれば、「調査報告書」で指摘を受けた教育委員と調査員は「接待を受けた」と申し出ていません。2名の教育委員と調査員への聞き取り調査などはおこなったのかどうか。2名の教育委員と調査員に関する指摘は事実であるかどうか明らかにしてください。現時点で把握している事実関係を全て明らかにしてください。

 

(2)「調査報告書」で指摘を受けた教育委員と調査員は、どのような情報(教科書採択に関わる)を大日本図書側に流したのか、その内容の全てを明らかにしてください。

 

(3)「調査報告書」P18には、教育長の教科書採択方針に関する発言について西留元校長と教育部長が会食したことが指摘されています。教科書採択の公正性の観点から不適切であると考えるかどうか、明らかにしてください。

 

(4)「調査報告書」P23では、西留元校長がG氏を理科の調査員に選任するように教育委員会に助言し、了承されたと指摘しています。このような調査員の選び方について教科書採択の公正性の観点から不適切であると考えるかどうか、明らかにしてください。

 

(5)「調査報告書」P28では、2020 年 7 月 7 日、西留元校長(当時選定委員)が選定委員会のまさに審議中に、大日本図書社員に自分が大日本図書を評価する発言をしたことや、他の選定委員の第日本図書の評価、検討結果などを伝え、食事の接待を求めていたことが指摘されています。これは教科書採択の公正性の観点から不適切であると考えるかどうか、明らかにしてください。

 

(6)「調査報告書」では、「関係者」として市教委側の人物として、西留元校長、2名の教育委員、3名の調査員を対象としています。教科書採択を巡って大日本図書と教育委員会、校長、教員等の採択関係者との接触はこの6名だけなのかどうか、明らかにしてください。

 

                                                                         以上

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ在宅勤務不払い裁判結審!原告からの報告

2023-02-07 18:28:49 | 裁判

コロナ在宅勤務不払い裁判原告の松田幹雄さんからの報告とお礼です。

昨日の証人尋問は、大阪地裁808号法廷満席の傍聴支援の中で証言を終えることができました。判決は5月17日(水)13:15大阪地裁809号法廷です。

以下、報告です。

2023.2.6コロナ在宅勤務不払い裁判証人尋問報告 | 教職員なかまユニオン (nakama-kyoiku.com)

2023.2.6コロナ在宅勤務不払い裁判証人尋問報告

コロナ感染症防止対策の観点から何も検討せず、

出勤を命じた大阪市・大阪市教委の不当性浮き彫り

 2月6日(月)、大阪地裁808号室での証人尋問は、14:15から16:30、満席の傍聴支援の中で行われました。校長、教頭、原告(松田)が証言しました。

校長・教頭の証言は、大阪市・大阪市教委の「自分たちの姿を隠し、すべて学校管理職に押し付ける裁判戦術」に沿うものでしたが、原告代理人の反対尋問によって、証言の矛盾を明らかにし、大阪市・大阪市教委(求められていた新型コロナウイルス感染症防止策の検討を全く行わず、感染拡大を強いる措置を押し付けた大阪市・大阪市教委)にこそ問題があることを浮き彫りにすることができました。

◆校長証言…校長は、原告の自宅での承認研修を認めようとしていたが、教育委員会にダメだと言われて、出勤するように言った。PCR検査の要望については記憶にない、松井市長の判断を求めてほしいという「お願い」については受け取って市教委に伝えたが、どう判断されたか聞いていない。無症状でも感染させるリスクがあることは当時は知らなかった。学級編成が月中行事予定表通り3月18日に終わっていたかどうかは知らない。新任研修報告書は管理職が書くべき書類。2020年3月中に新任研修報告書の内容について、教頭等と話したことはない。など

◆教頭証言…(陳述書・主尋問)3月18日朝の原告からの勤怠にかかわる質問に対して、自分(教頭)が原告の年休の残日数を調べて明日から欠勤になることが分かったので、それを伝えたが、原告は「とにかく自分は行かない」と言った。⇒(反対尋問)3月18日時点の原告の要望は、「何らかの対応をしてほしい」というものだった。(主尋問・陳述書)3月22日に原告が資料を取りに来たのは、「初任者研修報告書を作成するため」(原告の電話)⇒(原告証言)3月19日の夜教頭に電話したときに話したのは、「不登校生のかかわりの経過をまとめる自宅での承認研修のために資料を取りに行きたい」ということ。(反対尋問)2020年3月18日以降転任する前の3月31日まで、また、転任後の4月1日以降も、校長と新任研修報告書について話たことはない。

◆原告証言…新型コロナウイルス感染症対策政府専門家委員会が、欧州から帰国した者について二週間の自宅等での待機と公共交通機関不使用を提言した状況の中で、それに該当する原告(当時大阪市立学校の職員で該当するものは一人だけ)が出勤して、もし誰かを感染させるようなことがあれば責任を免れることはできない。当然、出勤しなくていい扱いになるだろうと思っていたのに出勤を指示された。新型コロナウイルス感染症対策の観点から対策本部長・松井市長の判断を求めてほしいと要請したが無視された。2020年3月25日から3月31日の春休み期間、出勤しなければできない初任者研修担当業務も不登校生支援業務もなかった。

※裁判長から、「原告はいつの時点で3月18日からの年休残日数が1日と4時間しかないことを知ったのか」という質問があり、原告は、スイス・ジュネーブへの海外旅行届を出す前に把握していたことを証言⇒被告側主張(3月18日に教頭から伝えられて知ったという主張)が虚偽だという証拠となる証言となった。

判決は5月17日(水)13:15大阪地裁809号法廷

 裁判長が、この証人尋問をもって結審することを告げ、判決日時・場所を5月17日(水)13:15大阪地裁809号法廷と決定してこの日の法廷は終わりました。

 5月17日(水)13:30からは同じ809号法廷で合理的配慮無視の奥野さん「君が代」処分撤回裁判の判決もあります。どちらも同じ裁判体(横田裁判長)による判決です。ご注目ください。報告集会等については追って連絡します。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ在宅勤務不払い裁判証人尋問法廷のご案内ー傍聴支援よろしく!!

2023-02-05 20:19:53 | 教科書

グループZAZAの一員である松田幹雄さんが起こしたもうひとつの裁判

コロナ在宅勤務不払い裁判

明日は証人尋問です!!

法廷は、途中からでも何時でも(静かに)入れますので、

遅刻・早退ありで、可能な時間で応援をお願いします。

 2/6(月)午後2:15〜5:00 大阪地裁808号法廷

 ・校長       主尋問30分+反対尋問30分

 ・教頭       主尋問10分+反対尋問10分

 ・原告(松田さん) 主尋問30分+反対尋問30分

傍聴支援をよろしくお願いします!!

※ 今回は、終了後の報告集会は、行いません。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2・11集会 競争・強制でなく、 命と人権を守る教育を!

2023-02-02 15:40:58 | 2.11集会

2.11「建国記念の日」反対!改憲・大軍拡NO

「日の丸・君が代」強制反対!

競争・強制でなく、

      命と人権を守る教育を!

202321113:30 開会(13:00 開場)

  港区民センター 最寄り駅 JR・地下鉄「弁天町駅」 裏面地図参照

◆参加費:500(学生・障害のある方無料) 手話通訳あり。 保育が必要な方はご連絡ください。

 

講演

酒井 隆史さん

  天皇制テロリズムと「略奪」資本主義(仮題)

これまで天皇制をイデオロギー的、または文化論的な視点から批判する言説は多々ありました。しかし、今回の講演では天皇制の暴力の構図についてお話しようと思います。人々が暴力への恐怖を直裁に表現できないのは、それを抑圧してしまうマチズモとも深く関係しているのではないか。天皇制への自発的隷従と見なされているものがはたしてそうなのか。日本において天皇制は強力なタブーであり、暴力に囲まれていることについてお話しする予定です。

さらに、天皇制テロリズムに、「略奪」資本主義とも いえるネオリベラリズム(新自由主義)“全面的官僚制 の問題を絡めると、見えてくる現代日本社会の有様 について話を進めていきます。

また、時間があれば大阪の様相についてもお話したいと思っています。

 

酒井隆史さん―

  1965 年生まれ。大阪公立大学教授。 専門は社会思想、都市史。著書に、『通 天閣 新・日本資本主義発達史』(青土 )、『暴力の哲学』『完全版 自由論 在性の系譜学』(河出 文庫)など。訳書 に、デヴィッド・グレーバー『ブルシッ ト・ジョブ クソどうでもいい 仕事の理 論』(共訳、岩波書店)、『負債論 貨幣と 暴力の 5000 年』(共訳、以文社)、マ イク・デイヴィス『スラムの惑星 都市 貧困のグローバル化』(共訳、明石書店) など。 最新刊は『ブルシット・ジョブ の謎 クソどうでもいい仕事はなぜ増え るか』(講談社現代 新書)

 

◆各地のたたかい報告

大阪、東京、愛知、福岡、など

◆連帯アピール

・表現の不自由展

・連帯労組関西生コン支部

・朝鮮学校を守る取り組み

・教科書改悪を許さないたたかい

・学力テスト反対の取り組み

・軍隊慰安婦問題の取り組み

・夜間中学を守る取り組み

・沖縄・琉球弧への自衛隊配備を許さないたたかい

・夢洲カジノを止める会

 

主催:「日の丸・君が代」強制反対大阪ネット

543-0038 大阪市中央区内淡路町 1-3-11 シティコープ上町 402 共同オフィス SORA 気付

Mail:yamadaK@nike.eonet.ne.jp(山田)

 

アベを引き継ぎ、「戦争する国」をすすめる岸田政権

この 1 年間、全世界に大きな被害をもたらしている のが、コロナ感染の拡大・継続とウクライナ戦争です。 その背景にあるのは新自由主義であり、欧米列強や日・ 中などの権力者・資本の利益追求が問題の解決を困難 にしています。格差・貧困はより拡大し、最も犠牲にな るのは発展途上・新興国をはじめとした弱い立場の民 衆、女性、子どもたちです。にもかかわらず、米・中・ 露・朝鮮民主主義共和国等は相互に軍備拡大と挑発を繰り返してい ます。

「国葬」や内閣改造での政権浮揚に失敗し、統一教会 や「政治とカネ」等の問題(これらはアベの負の遺産で あるとともに、現政権自身が同一基盤の上に立ってい ることを示している)で支持率 30%台に落ち込んでい る岸田政権も、軍事的緊張を煽り、利用することで延命 を図っています。「安保3文書」の年内改定と軍事費 5 年で 43 兆円(GNP2%へ接近)、敵基地攻撃能力等は、 米軍とともに対中国への戦闘能力の大幅アップを狙っ たものです。

 

国葬反対や沖縄の闘い等の市民・労働者の共同闘争こそが必要

 

この大軍拡に「国民全体の負担が必要」(国力として の防衛力を総合的に考える有識者会議報告)とし、戦争 で大儲けを企む大企業に「聞く耳」を持つ岸田政権と生 活苦にあえぐ市民との矛盾は拡大せざるを得ません。 また沖縄・南西諸島へのミサイル配備や日米共同演習に対して、「再び戦場にするな」と反基地闘争が継続さ れています。そして国葬反対に示された市民・労働者の 力で、これらの闘いをつなぎ野党を巻き込む共同の闘 いの再構築を勝ち取らなければなりません。

 

国家主義・新自由主義の教育に対決を

 

教育においても「戦争する国を」支える国家主義や 新自由主義の推進のもとで、「グローバル人材」育成の ための競争教育や公教育破壊の中で子どもたちがます ます追い込まれています。

さらに大阪では、2013 年から国旗・国歌条例によ 67 名の処分に典型的な教職員支配が進められてい ます。

維新による行政のスリム化による保健所・公立病院 の人員削減・統廃合は、コロナ禍での全国一の死亡者数 という結果をも招いています。その一方でカジノ推進 や改憲を後押しする政策を許してはなりません。

東京での根津さんの停職処分取消しの逆転勝訴等に 続き、大阪でも今年、梅原さんの再任用拒否は違法との 勝訴判決が確定しました。上からの命令には従わせる 教育支配体制に楔 を打ち込む闘いを 今後も継続しま す。ともに闘いま しょう。集会への ご参加を!

 

zoomURL:https://iil.la/xf02 8l1

JR 環状線、地下鉄「弁天町駅」西 250m

 

***講演会の ZOOM(ズーム)によるオンライン配信も行います***

希望される方は、2月8日(水)までに、右のQRコードから集会へのオンライン(ZOOM)参加申し込みのGoogleフォームに記入して送信してください。ご連絡頂いた方には、別途、参加費(500 )振込みの方法と当日の参加リンクをお知らせいたします。

後日ユーチューブによる見逃し配信(限定公開)も行う予定です。

 

78022ADD-5568-44C0-95C0-F654598CCACA.png

https://iil.la/xf028l1

****集会への賛同(個人 500 円、団体 1000 )を募っています****(ビラ裏面参照)

【スタッフに直接申し込む場合】下の用紙に必要事項を記入し、賛同金をお渡しください。 前回の中止になった 2022 211 集会の賛同者は、今回もそのまま掲載させて頂きます。

【郵便振替で申し込む場合】振替用紙の通信欄に下記の内容を記入し、賛同金をお振込みください。 口座番号:00950-0-302981 加入者名:「日の丸・君が代」強制反対大阪ネット

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「障害者への合理的配慮無視の君が代不起立処分の取り消し!」裁判の傍聴支援のお願い

2023-01-30 10:42:35 | 「君が代」裁判

直前の案内で失礼します。

本日、1月30日(月)

奥野泰孝さん(元・府立支援学校教員)原告の、

「障害者への合理的配慮無視の君が代不起立処分の取り消し!」裁判の口頭弁論法廷があります。

 

ご都合がつくようでしたら、支援傍聴活動をお願いします。

 

※ 奥野原告の本人尋問と、高等部責任管理職のK准校長(当時)への証人尋問です。

・午後1:20~3:20予定 大阪地裁809号法廷

・(終了後)午後4:00~5:00予定 報告集会 弁護士会館1205号室

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする