野草散策でみつけたワンピース

散歩や旅行等イベントで見掛けた野草。彼等の生き様で気付きと戯言

もう少しだわ。この辺のカワズザクラは

2023-02-04 19:41:14 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く
少し暖かくなったので先日の河津桜(カワズザクラ)の様子を見に行ってきた…まだだなぁ、寒さでダメージを受けた様な花も(上段の写真)
しかし、沢山の蕾が膨らんでいて気温と日光さえ真面に当たればきっと一斉に咲く様な雰囲気。
下段は梅の花…右は、なんという梅か分からないないが例年沢山の花をつける紅梅の類?。梅じゃないのかな?
右側は白梅(ハクバイ)だな。良い出会い無いのが残念だが、その内投稿が間に合わない程色んなものが次からへと。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カワウとコウバイ

2023-01-29 16:33:21 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く
この季節中々、良いトピックに出会えない!付近を気ままに散歩がれら仕方ないか…少しくらい健康維持に役立っているかも。
梅の花はあちこちで見かける様になってきた、気のせいか紅梅の方がはやい?
河鵜(カワウ)が両翼を広げて乾かしていた!彼等の気にする距離をきづかって撮れば良いものを撮影で近づく方がいて警戒されて羽を閉じてしまった。
居なくなった訳ではないのいいかぁ(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カワズザクラを求めて近隣の散策

2023-01-17 21:25:41 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く
カワズザクラの状況を確かめに散歩…近隣の公園のこの池の傍のものはまだ咲いていない。
池には薄い氷が張り、枯れた草の色が水面に映り一味違った雰囲気。モズを此処でよく見かけるんだがまだ出会っていない。
そんな散策で出会った主なものを以降に:
咲き始めていた河津桜(カワズザクラ)。出会った年配の女性が「毎日来るけどずーっとこの状態なんです」と。
此処の桜が見頃になると近隣の少人数の学生が先生を囲んで花見をする光景を目にしたものだが…コロナ下…今年は見られるだろうか。
見かけてもドライフラワー状態のものに出会う背高泡立草(セイタカアワダチソウ)だが…この方はまだ色が残っている。
巴鴨(トモエガモ)。カルガモに脅かされながらも一回り小さいこの鳥も…周りを気にせず思いっきり水浴びする姿は頼もしい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新年早々では野草の収穫はないが…タチツボスミレに出会った

2023-01-07 20:38:25 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く
今年も宜しくお願いいたします。
元旦に散策したかったが朝酒で始まり翌日からは箱根駅伝で保留?と言うより酒が入っているので断念。4日以降から買い物と過食気味のダイエットで近くを散歩初めた。
しかしなから良い収穫はない、トピックは立壺菫(タチツボスミレ)に出会った位。月並みなものしかないが出会った主なものを以降に:
近隣の山茶花(サザンカ)。地面近くに枝を伸ばしているので盆栽の様
これも山茶花(サザンカ)だと思うが、もう終段。背景の紅葉とマッチしていた
咲き始めの鬼瓢箪木(オニヒョウタンボク)
近隣の民家で見かけ赤紫の彼岸花?…ダイヤモンドリリーと言うそうだ。初めて見た!
梅の紅白が揃って咲き始めた!これから少し暖かくなるようだから開花進むかもしれないね
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

師走にはいってトモエガモに出会えたぁ

2022-12-18 21:16:55 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く
近隣の公園のもの、数日前に撮影仲間のSさんに会い巴鴨(トモエガモをいるとの情報。藪に入っていてこの時には出会えず、晴れ間も出ていたので散歩がてら再確認へ。
大きなカメラ据え付けている方に訪ねて場所を確認、中々分からなかったが枝の上にいるメスをじっと待つ雄が下にいた。出てきてランデブーして頂けると良いなと待ったが
機会が来ず。年末にラッキーな出会いだった。
帰り道、別の池に行くと。しきりに潜水を繰り返す水鳥が。
左←の写真(クリックすると大きくなります)…金黒羽白(キンクロハジロ)かな。まだまだ例年より鳥にであえないが、寒波も来てこれからかも。
以降は出会った野草等を少し、ホワイトバランスを少し調整して紫が少し強めになってます
紅葉背景の小紫(コムラサキ)

野原薊(ノハラアザミ)
薄(ススキ)
鶯神楽(ウグイスカグラ) 檀(マユミ)
この方には驚いた!もう終わっている筈だが寒気のな中、孤軍で咲いていた高砂百合(タカサゴユリ)
今年はこれが最後の投稿になるかも、皆様良い御年を
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする