Inspiring

スキーの中心地★東京神田★より
ワンゲルスポーツのスタッフがお届けするBlog。
現在は月曜日と金曜日更新予定です。

FT BOOTS ORIGINAL SHELL ご愛用の皆様へ。

2021年02月22日 | 人気です ! !

 
皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

少し気温が上がっていますが、
祝日のある今週、お山はまた冷え込む予報ですので、
スキーに行かれる方は良いSNOWコンディションを
お楽しみくださいませ。

さてさて本日のご案内でございますが、

FT BOOTS のORIGINAL SHELL 型(DROP KICK や CLASSICなど)を
ご愛用の方に、少しだけマニアックな交換パーツのご案内でございます。

それはコチラ↓



BOOTSのFLEX(前への硬さ)をコントロールするパーツ
「FLEX TONGUE=フレックス タン」です。

BOOTS名称DROP KICKやCLASSICシリーズでは、
いくつかのモデルを除き、前への硬さ数値が
FLEX 「6」という硬さのものが装着されている
モデルが多いです。

 


で、ご自分のBOOTSのFLEXがいくつなのか?を確認なさるには、
お持ちのFT BOOTSのTONGUEの↓内側をみて頂くとわかります。


↑の時計の針のような矢印が刺しているのが、
FLEX 数値で、↑の画像は FLEX 6 の製品です。

FLEX 数値は、「4」、 「6」、「8」、「10」、「12」
などがあり、数字が増えるほど硬くなり、
10以上はかなり硬いです。

3月以降、気温がやや上がってきて、
良い感じで本格的にコブを楽しめる時期になると、
お持ちのBOOTSのFLEXが、寒冷期に比べると
気温等の関係で柔らかく感じる方がいらっしゃいます。

そのような方々からリクエストを頂くのが、
BOOTSを少し硬くする交換パーツのこのFLEX TONGUEです。

↓は FLEX 8で、

 

FLEX 6 よりも硬くなります。


現在弊社では、このFLEX TONGUE 8 (カラーはBLACK) を
ご用意致しておりますので、
ご必要な方はよろしければご利用下さいませ。

サイズがSとMの2種類で、

(S)→22.5~25.5
(M)→26.5~27.5

左右1ペアのご販売となっており、
形状に左右がございます。
慣れていらっしゃらない方には
ほんのちょっとだけ難しいかも知れませんが、
ご自分で交換なさる方は左右(L/R)にもご注意くださいませ。
 

お求めは弊社店頭、あるいはお電話または
弊社オンラインショップにてどうぞ。


詳しくは 弊社ホームページ FT BOOTS コーナーへ。


おわかりになられないことがございましたら、
お電話にてどうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。


TEL 03-3293-0491
ワンゲルスポーツ
スタッフ一同

この記事についてブログを書く
« 目まぐるしく変わる雪質に・・・ | トップ | SKI場で気持ち良~く。 »