Inspiring

スキーの中心地★東京神田★より
ワンゲルスポーツのスタッフがお届けするBlog。
現在は月曜日と金曜日更新予定です。

ROSSIGNOL その2

2011年05月31日 | 人気です ! !

昨日はこちら、
http://blog.goo.ne.jp/wangel-sports-info/d/20110530
ROSSIGNOL「NEW GS」をご案内いたしましたが、
今日は『DEMO』でいきたいと思います。

この数シーズン人気の『RADICAL DEMO』シリーズです。

      P5310001
左から、
『DEMO アルファ カスケード I-BOX RACING』
『DEMO ベータ カスケード TPX』
『DEMO ガンマ カスケード TPI2』


今季のDEMOシリーズは同形状ですが、
プレートを変えたり、メタル系素材を変えたり抜いたり
することによって、スキーのレベルを変えています。


プレートは、
      P5310003
アルファ:レーシング系のプレートをソフトにしたもの
ベータ:昨年のTPIプレートを少し強化したもの
ガンマ:TPIプレート

となっています。P5310005
左から”アルファ”、”ベータ”
まったく違うプレートです。


P5310006 P5310004
左から”ベータ”、”ガンマ”。
右の画像を見ていただくと、
金属が違うのが見えます。

 

     P5310007_3
こちらにも『カスケードチップテクノロジー』が搭載です。
※DEMO系は様々なシチュエーションを滑るため、
雪面コンタクトや安定性を考え『アーリーライズドテクノロジー』
は搭載されていません。



アルファ:エキスパート向けオールラウンドモデル
ベータ:一般上級者向けオールラウンドモデル
ガンマ:操作性重視のオールラウンドモデル

という位置付けのようです。

レベルや志向によってお好きな機種を選ぶことが出来ます。

ROSSIGNOLに注目してみてください!!



STAFF YUTA


NEW GS。

2011年05月30日 | 人気です ! !

先日お伝えさせていただいたように、
『ROSSIGNOL』
NEWモデルが一部入荷してきています。

そして今日はこちらをご紹介。

P5300003  P5300001
『RADICAL WC GS FIS I-BOX』
(185cm)


新テクノロジーを採用して、
一新された”NEW GS スキー”


その注目すべき新テクノロジーは、
・アーリーライズテクノロジー
・カスケードチップテクノロジー

の2つです。



まず”アーリーライズテクノロジー”とは、
いわゆる「ロッカー」と呼ばれるものに近い機能で、
カタログを抜粋すると、


「ショベル部のキャンバーがセンターに近いところから
立ち上がることで、トップが素早く雪面を捉え次のターン方向へ
スキーを導きます。従来と同じ操作性を維持しつつ、
長めのサイズを使うことが出来ます。」


と、あります。

P5300010  P5300009
左がスキーに圧がかかっていない状態、
右がスキーに圧がかかった状態です。


見づらいのでイラストを・・・、
     P5300011
つまり「ターンの捉えが早く、実際の長さよりも短く感じる」
ということです。



次に”カスケードチップテクノロジー”
これはスキーのトップの構造の厚みを段階的に
変える(薄くしていく)ことによって、重心をセンター寄りに
持っていくという機能で、これにより操作性と
パワー伝達性が向上するようです。


 P5300005 P5300012
画像を見ていただくとトップに段差があるのが見えます。



この数シーズン、復活の兆しを見せてきた
『ROSSIGNOL』
ぜひ、注目してみてください!!

      P5300013


STAFF YUTA


シェラ・ネバダ より。

2011年05月29日 | これ、いかがですか??

   

全国の皆様、
強い雨・風に引き続きご用心下さいませ。

     

皆様こんにちは。
Inspiring をご覧下さり誠にありがとうございます。

        

東京・神田は、ときおり強く降りましたが、
現在までのところ雨量そのものはそれほどでもありません。

 
このお足元の悪い中でも、
本日多くのお客様にご来店を頂き、
また、お電話でのご注文も承りました。
  
皆様誠にありがとうございました。

  

さてさて、
今回ご紹介させて頂きますのは、
 
遠くAMERICA から、
はるばるやって来た今期注目のSKI です。

 

Moment

ブランド名は
「MOMENT」 ( モーメント ) 

   

正確には昨シーズンの途中に少量輸入されていまして、
弊社でも モーグルモデルを数本ご販売をさせて頂き、
好評でした。
   
その MOMENT SKI が、
いよいよ日本へ本格上陸ということで、
輸入元さんが特別にサンプルをご用意して下さりました。
    
このブランドの特徴は、
米国 ネバダ州のリノをホームにしているコアなスキーヤーが、
既製のメーカーさんが作っているスキーでは飽き足らず、 
   
自分達が欲しいSKIを作っちゃおぅ、
    
っということで、
設計、材料を厳選、手作業で加工、
そして目の前のシェラネバダにてテストを繰り返し、
   
自分達が欲しかったスキーを作り上げてしまったそうです。
    

     
以下に、
MOMENT SKI さんの紹介文として、
代表の方が記していらっしゃるコメントの
和訳されたものをちょっとだけ抜粋して記載させて頂きますので、
 
よろしければご覧下さい。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

8年前、モーメントスキーが誕生した。
 
モーメントは成長している。
しかし、私達はビジネスマンと呼ばれたくない。
 
私達はスキーヤーだ。
 
現在もシェラ・ネバダで設計、
加工そして製品テストを行なっている。

最高の材質を全て手作業で仕上げる。
スキーはそのように作られるべきだと信じている。
  
現在20種類のハンドメイドスキーをラインナップする
モーメントスキー。
  
あらゆるタイプのライディング向けに仕立てられている。
 
あなたがリノ工場を訪れる機会に恵まれることを望む。
私達がどのようにスキーを作っているのかを、
喜んでお見せしよう。

ビールを飲みながら、スキーについて話そう。
一緒にスキーをするのも悪くない。
 
それが私達がここにいる理由なのだから。
  

MOMENT SKIS  CEO

Casey Hakansson

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

 
    

読んでくださった皆様、ありがとうございしまた。
   
こんな情熱の注ぎ込まれたスキーに
乗ってみたいと思われませんか?
 
このモーメントスキーは
目的に応じていろいろなラインナップがございますが、
  
弊社内スタッフテストにおいて、
  
「Belafonte べラフォンテ」 定価¥89,250
( 135 / 106 / 124 ) ← トップ/センター/テール幅

(上の写真、右から2番目のスキーです。)
 
こいつが、
整地、不整地、悪雪、などなど、あらゆる場面で、
凄~く評価が高かったですょ。 
     

ちなみに、MOGUL モデルは、
昨年のバンクーバーオリンピックにて、
USA の女性選手が使用し、メダルを獲っています。   

  
   
「MOMENT  SKIS」
    
かな~り、イイですょ。 

     

詳細は、スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

G.M. 

 


スキーフォーラム

2011年05月28日 | 人気です ! !

外はあいにくの雨ですが、
今日と明日で開催されている
『スキーフォーラム』
に行ってきました。
http://www.jaspo.org/SKI/NEWS/skiforum/ski_forum0525/index.html
(場所は池袋のサンシャイン)

ニューモデルのスキー用品を
実際に手に取って見ることのできる、
絶好のチャンスです。

やはりウェアのサイズ合わせや、
ブーツのフィッティングが人気のようでした。

午前中に行ってみたのですが、
この時間帯に人気のブースは、

              P5280034_2
こちらのブーツメーカーさんや、

     P5280035
こちらのスキーメーカーさん、
このあたりにお客さんが多かったように感じました・・・。

また、トークショーなどのイベントも開催されており、
ちょうどこちらの、

     P5280037
『女性トップスキーヤーによるトークショー』
が行われていました。
左から、
”水落 育美 選手”、”小野塚 彩那 選手”、”金子 あゆみ 選手”。

午前中に行ったので、
「正直そんなに人はいないかな」と思っていましたが、
そんなことは無く、人の多さで熱気がすごかったです。

本日(28日)は17時まで、
明日(29日)は11時から17時までとなっております。

※明日はもっと混みそうなので、
早めに行かれることをオススメします!!

STAFF YUTA


“決まりですかね?…”の巻

2011年05月27日 | これ、いかがですか??

ダァァァァァ、、、梅雨入りしてしまいました(泣)
例年よりもかなり早い“シーズンイン”だそうでして、ワタクシ、
非常にブルーな気分でございます。

どうか、早く梅雨入りした分、早く明けてくれることを祈る
ばかりでございます。そうしないと、ワタクシ“ドロドロ~”っと
溶けてなくなってしまうかもしれません。

いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。

明日・明後日、皆さんお待ちかねの『スキーフォーラム』
が開催されますね。
http://www.jaspo.org/SKI/NEWS/skiforum/ski_forum0525/index.html

新しいモデルがズラ~っと並ぶわけですが、ひとつ事前に
ご案内がございます。

まず、非常に残念なことではございますが、出展されない
メーカーさんもおありだそうでして…。
(ユーサー様本位ではないですねぇ、ホントに。。。)

さらには、出展されているメーカーさんに関しましても、一部
商品が用意できない可能性があるようでございます。
(土曜日より日曜日の方が、“モノ”が揃っているかも)

いずれにしましても、多くのメーカー・ブランドのNEWモデル
を一気にまとめて見ることができる機会ですので、お時間の
ある方は、ぜひともお足を運んでいただきたいと思います。

そして、スキーフォーラムにお足を運んでいただく前に、
ワタクシから皆さんに、必ず現地でチェックしていただきたい
“モノ”を、本日はご案内さし上げます。

Superiordx先日ご紹介いたしま
したVolkl 《 PLATINUM SW 》と双璧をなす人気ぶりと
言っても過言ではない

FISCHER
《 RC4 SUPERIOR FLOWFLEX 2.0 》


を大プッシュ!!!

Superiorexワタクシの極めて個人的なお気に入り
はと申しますと・・・

声を大にして繰り返してしまいますけど、

《 RC4 SUPERIOR FLOWFLEX 2.0 》

でございまッす!!!

「そんなに何がいいの?」といぶかしげなそこのアナタ様に、
簡単ではありますが、『テスター・ワタクシ』

【試乗フィーリング】

をお贈りいたしましょう。

フィッシャーさんが名機“PROGRESSOR”を世に送り出して
から、4シーズンぶりに満を持して打ち出す“デモ・ハイパフォ
ーマンス”カテゴリーのトップ機種です。
面白いことに、完全なNEWモデルであるにもかかわらず、
新しいテクノロジーは全く搭載しておらず、プログレッサーの
看板テクノロジーである《デュアル・ラディウス・システム》で
さえ、このモデルは採用していません。
スペックだけを見れば目新しさはデザインを除いては何もなく、
乗らないかぎりはとても良いスキーだと判断することは難しい
でしょう。


では、何がそんなにイイのでしょうか???

ソフトなフレックスに対するトーションのバランスが絶妙で、
スピードのコントロールとターン弧の調整が思いのまま
できます。
スキーをグリップさせたり、またはグライドさせたりという足元
の操作感が非常に出しやすいモデルで、この感覚はここ数
シーズンのデモ系トップモデルには感じられなかったフィーリ
ングです。
ショートターンでは軽快なレスポンスが織りなす丸い回転弧
を自由自在に操ることが可能で、ロングターンにおいては
雪面コンタクトがピッタリとした感覚で、安心感をもってスピ
ードを上げていくことができます。
シチュエーションに揺さぶられることが少なく、
どんなターン
弧で滑っても破綻するリスクが少なく、スキー自体のリカバリ
ー能力がすこぶる高い
ことに驚かされます。
少ない力で効率良くたわみを引き出すことができるこのスキー
は、ハイシーズンのしっかりと圧雪されたバーンはもちろん
のこと、春先の荒れた不安定な雪面状況においても抜群の
滑走フィーリングを体感することができます。

ターン中のどの局面においてもこのスキーが持つポテンシ
ャルがぼやけることは全くなく
、キッチリとスキーヤーの動きを
察知して的確に反応してくれます。


どうですか?

どうですか??

どうですかぁぁぁぁぁ???

「Volklが嫌ならFISCHERで…」くらいの軽い気持ちでチョイス
しても、ノープロブレム!!!
それほどズバ抜けて良いのですよ、このスキーは!!!!!

“RC4”と名付けられているこのモデルは、レーシング直系の
デモ・モテルです。
RC4 RCやRC4 SCとほぼ同様な構造を用いて、強くシッカリと
作りながらもデモ・モデルとしてのしなやかさを追求して仕上げ
られています。

もう、決まっちゃったんじゃないですか。

《 RC4 SUPERIOR FLOWFLEX 2.0 》

が、来季のアナタの足元を支える武器となります!!!

★フィッシャー旧モデル、“おいしい”のがまだまだあります。
http://wangel.jp/ski_fischer.html

『何てことない作りなのに・・・
             ホント、びっくりしますよ!!』


Staff TETSU


※昨日もチョロっと申し上げましたが、スキーフォーラムに
 先駆けまして、こんなモノが入荷してきましたよ。
 取り急ぎ、お知らせということで!!

Grkk01ロシニョール・ディナスター

Grkk02ラング

それと、明日“レクザム”が入荷してくるかも??しれません。

実際にお手に取っていただきまして、マジマジとご覧いただ
けますので、スキーフォーラムの帰りにでもお立ち寄り下さい。


メーカーセミナー

2011年05月26日 | 人気です ! !

先日、とあるメーカーさん
ディーラー向けセミナーに行ってきました。
     

P5240051  P5240052
それはこちらの
『グループ・ロシニョール』セミナー
内容は、
・ROSSIGNOL
・DYNASTAR
・LANGE

ニューモデル説明会です。

メインは”ロシニョール””ラング”でしたが、
非常にわかりやすく、少し掘り下げた情報も
含めて説明をしていただきました。

      P5240053
ニューモデルのロシニョールはニューテクノロジーが
登場し、さらに性能がアップしています。

競技系では、「アーリーライズドロッカー」、
「カスケードチップ」などが加わりました。


デモ系も昨年モデルからは一新され、
同じく「カスケードチップ」採用、モールドチェンジ、
プレートの変更などと『やる気』を感じさせてくれます。
もちろん、滑ってみるとその”良さ”がわかります!!

P5240054  P5240056
こちらは『ディナスター』と『ラング』、
これだけ並ぶとかなり迫力あります。


今回のセミナーでは”レーシング”と”デモ”の説明だけでしたが、
フリースタイル・フリーライド系のモデルも充実していますので
かなり期待できそうです!!



そしてタイミング良く、ロシニョールとディナスターの
ニューモデルが少しだけ入荷してきています!!

そちらの詳細はまた後日改めてご紹介させていただきます。



STAFF YUTA


“申し訳ございません。”の巻

2011年05月25日 | お知らせでございます。

いつもInspiringをご覧いただきまして、

誠にありがとうございます。

大変恐縮ではございますが、


本日、5/25(水)

ワンゲルスポーツは

定休日でございます。


皆さまの、またのご来店・お電話を、

スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


“ようやく…”の巻

2011年05月24日 | 人気です ! !

午前中はシトシトッと雨降り模様。午後からは雨は上がり、
カラッとまではいきませんが、なかなか過ごしやすいお天気
となりました。

何と言いましょうか、カラダにやさしい感じの気候でござい
ますが、6月上旬には関東も梅雨入りではないかと予想
されております今日この頃、「このまま夏になってしまえば
いいのに・・・」などと、あまり宜しくない考えを持っております。
(雨が降らなければ降らないで、夏に水不足になったりしま
すので、そこはやはり、それなりに降ってもらわないと困る
んですが…)

いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。

昨日は実質継続の“超絶お買い得旧モデルスキー”のご案内
をさし上げましたが、

本日は遅ればせながら、

2011/2012 NEWモデルスキー、珠玉の逸品をご紹介!!!

地道に実績を積み重ねてきた結果、ようやく認知度も上がり、
その高い能力に対して妥当な評価が下されました!

来季の大目玉!!

Psw01Volkl【Japan Selection】より、
その名も・・・

《 PLATINUM SW with r MOTION 12.0 D

(※写真は少々加工をし過ぎまして、、、
                      ちょっと見にくいですかね?)


販売店を対象とするディーラー試乗会でも非常に高い評価を
受けておりまして、もちろんワタクシどものスタッフ試乗会に
おいても、押し並べて高評価連発でございました。

とまあ、ここまでは例年どおりの流れでございまして、、、

Volklスキーはここ近年とても良いスキーを作っていることは
間違いないのでございますが、なぜか試乗会での“評判”と
実際の“売れ行き”が異なってまいりました。

しかしながら、、、

2011/2012 は、確実に↑ ↑ ↑です!!!!!

ここで簡単に《 PLATINUM SW 》の魅力をご紹介しましょう。

サイドカット・芯材構成等、基本スペックはショートラディウス
を得意とする“SD SPEEDWALL”と同様ですが、ミドル~
ロングターンにも柔軟に対応できるよう、フレックス・トーション
をアレンジした【Japan Selection】の中心となるオールラウンド
モデルです。
雪面に張り付くようなしっかりとしたグリップ感を持つ反面、
エッジを噛ませる・外すといったコントロール性にも長けており、
雪面状況に影響されない高い汎用性を持っています。
回転性能が高い上にキレ味も抜群で、なおかつズラすことも
自由自在なこのスキーは、不整地・コブでの操作感も抜群の
極みです。
このスキー1本で、いわゆる基礎スキーで滑るであろうシチュ
エーション全てをカバーすることができます。
165cmではショート~ミドルターンを、170cmではミドルターン
をメインに、バランス良くオールラウンドな性能を発揮してくれ
ます。


悪いところが見当たりません!!!

「何にしたらいいものやら・・・」と、すでに頭を抱えてお悩み中
のそこのアナタ様。

これ《 PLATINUM SW 》で、間違いないですよ!!!

★「Newモデルは予算オーバー」というアナタ様は、
 旧モデルを探してみましょう!!

http://wangel.jp/ski.html

『乗ってビックリ!!持ってビックリ!!
          アレっ!?このスキー、軽くない?』

Staff TETSU


※明日、5/25(水)は

         “定休日”でございます。


“どちらでも…”の巻

2011年05月23日 | お知らせでございます。

お天気が変です。。。
昨日は途中までうだるような暑さ。そこからドーンと気温が
落ち込みまして、半袖ではちょっと耐えることができないほど
の寒さ。(ワタクシ、背中を丸めながら、半袖で帰りました)

台風が来ています。九州は梅雨入りしたそうです。

何か、もうバラバラな感じがしませんか?

いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。

いろいろなことが落ち着かない状態ではございますが、
皆さんにお伝えさせていただく“情報”だけはそのようなことが
ないように気を引き締めてまいりたいと存じます。

では、早速スタートいたしましょう。

今週末《スキーフォーラム》がございますねぇ。

2011/2012NEWモデルを“生”で見ることができる絶好の
チャンスとなりますので、お時間がございましたら、ぜひとも
お足を運んでいただければと存じます。

でですねぇ・・・

まあ当然のことながら、皆さんの意識は“新しいモノ”にまっし
ぐらなワケでございましてぇ、、、。

別に特に問題があるというワケではないのですが、、、。

黙っておりますと、のちのち大変なことになってしまいますの
で、今この場をお借りいたしまして、【大切なお知らせ】
ご連絡申し上げます。

すぐに終わってしまいますので、見逃さないようにお願いし
ます。

それでは…

ヨーイ、ドォ~~~ン!!!










↓ 
  


 







ハイッ、終了!!!


どうですか?見えましたか?

見えなかった人のために、超スローモーションで今一度
再生してみましょう。


本日のターゲットは、、、《 K2 》でございます。

A.M.P.【 ALL MOUNTAIN PERFORMANCE 】シリーズ。

その中でも、整地をメインに他メーカーでいうところのデモ
モデルに相当する

《 CHARGER 》
     
http://k2skis.com/skis/all-mountain

に関する【大切なお知らせ】がございます。

まずはコチラをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Chager03コチラ、2010/2011モデル
いわゆる“旧モデル”ということになります。

Chager04_2コチラが“旧モデル”に搭載されている
専用ビンディング【MX14.0】でございます。

※ここで、《 CHARGER 》に関しまして、復習しておきま
 しょう!!


『スキートップ部分だけをわずかにロッカーさせています。
これにより、しっかりとしたエッジグリップを確保しつつも
ターンの切り換えから始動時には引っかかりの少ない
スムーズな操作性を得ることができます。
カテゴリーは基礎スキーではなく、オールマウンテンという
位置づけですが、実際の滑走フィーリングはキレのある
グリップ感がしっかりと感じれらるデモテイスト溢れる一台
です。
74mmというセンター幅からは想像もできないほどのショー
トターンへの適応能力の高さは、コブの中でも十分に発揮
されます。
整地から不整地まで対応するオールマウンテンモデルとい
うテイストは残しつつ、カービングの要素を強く前面に押し
出すことができるテクニカルな能力が魅力的です。』


とまあ、こんな感じでございます。

ホントに、良いスキーなんですよねぇ。。。

Chager01コチラ、2011/2012モデル
いわゆる“ニューモデル”ということになります。

Chager02コチラがニューモデルに搭載される
専用ビンディング【MX14.0】でございます。

2011旧モデル⇔2012ニューモデルを比較してみる!!!

グリーンとブラックを基調としたデザインにはあまり
 変化は見られない。

スキーの形状(トップ/センター/テール)は全く同一。

芯材構成・基本構造等も全て継続。

搭載ビンディングもデザインチェンジのみ。

目立つ変更点は、トップシートのデザインのみに留まりま
して、実質は2011モデルを継続していると言えるのでご
ざいます。


何が申し上げたいかと言えば、、、

もう、お分かりですよね?

コチラでご確認ください!!!

http://wangel.jp/ski_k2.html

160/167/174cm、しっかりとご用意させていただきました。
(旧モデルですから限りはございます。)

お値段は、店頭もしくはお電話にてお尋ねください。

狙っていた“あのスキー”がすでに驚愕プライスになってい
たりします。

今週末、《スキーフォーラム》に行かれたその足で、ご来店
下さいませ!!

『おそらく、今週末は大丈夫だと思いますが
           ・・・お約束はできません。。。』


Staff TETSU


絆は、8700 mへまでも。

2011年05月22日 | コラムです。

    

朝はポカポカでしたが、
夕方からお天気が急にくずれ、
十度ぐらい気温がいっきに急降下、
本日の東京・神田です。

 

皆様こんにちは。
Inspiring をご覧下さり誠にありがとうございます。

  
要人がみえているために厳戒態勢の東京・千代田区。

522_025  522_024

  
522_023

↑ 何気なくチャリを停めて交差点にいらっしゃるこの方の
お腰には、黒く光る GUN がホルダーにおさまっていて、
ちょっとびっくり。。。

   
その他、路地裏いたるところに非常通行止め用の
とんがった柵が準備され、たくさんのポリスマンさん達が
ものものしく警戒に当たっていらっしゃいました。
   

私が今まで見た中でも、最高レベルの警戒体制かと。
  
こういったさまざまなお力添えの下で、
外交交渉などが無事に行なわれるのですね。
         
治安維持にご尽力下さっていらっしゃる皆様、
たいへんご苦労様 & ありがとうございます。

   

     

さてさて掲題についてですけれども、

私、
登山に関してほとんど知識はございませんが、
ここのところあるガイドさんのBlogに釘付け、
そして、感動と勇気をいただいておりまして、
 
ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、
  
もしよろしければ、
ご存知ない方にご案内できればと思い、
本日ご紹介させていただきます。
      
そのガイドさんは、
弊社へもご来店下さったことがございまして、
とてもすばらしいお人柄の方です。
   
現在、一般公募をしたご参加者様を、
世界の頂上へとご案内される重責を担われていらっしゃるのですが、
    
ご自身の本来のお仕事以外に発生する
想像を絶する様々な困難にも
力強く立ち向かわれていらっしゃいます。
  
よろしければ、↓ ご覧になられて見てください。
  
http://blog.goo.ne.jp/kenken8848/e/ca7c5f1a61a64b88f028930cfc3c8c8c

上記をクリックして頂くと5月19日の記事になりまして、
 
そちらをご覧になられた後に、
そのBlog の左上にあるBlog タイトルをクリックなさられると、
最新の記事がご覧になれますので、
    
 
ご存じない方におかれましては、
時系列的におわかりになられやすいかと思います。
    

よろしければどうぞ。

    

   

   

先般、エベレスト山にて
お亡くなりになられました尾崎様のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。
     
そして、
友のために本当に命をかけて難業を成し遂げた皆様に、
心より敬意を表します。
  
 
G.M.


OAKLEY です。

2011年05月21日 | 人気です ! !

もうすでに夏に突入してしまったんではないかと
錯覚するぐらい暑く、日差しも強い東京です。

まだ湿度がないので過ごしやすいですが、
早くもこの夏が恐ろしいです・・・。


さてそんな今日ですが、
以前のコチラ
http://blog.goo.ne.jp/wangel-sports-info/d/20110514

http://blog.goo.ne.jp/wangel-sports-info/d/20110516

このように来季のカタログをご紹介させていただいてましたが、
この続きをご紹介です。


そうです、今日は
『 O A K L E Y 』 です。


まずはこのシリーズ、

Cci20110521_00000  Cci20110521_00001  Cci20110521_00002_2
”シグネチャーモデル”
「サイモン・デュモン」、「タナーホール」、
「セス・モリソン」、など有名ライダーのモデルが
来季も多く出ます。



次はコチラ、

Cci20110521_00006  Cci20110521_00008
”CROWBAR” 
豊富なカラーバリエーションで、
毎年人気のモデルです。
シンプルな定番色から目立ちそうなカラーまで
選び甲斐がありそうです。



そしてニューモデルも出ます。

      Cci20110521_00007
『AIR BRAKE』(エアブレーキ)
上の図を見ると分かるように、
流行りの”レンズ交換が簡単”なゴーグルです。


ラインナップは、
      Cci20110521_00004

予定では”交換レンズ”と”専用ケース”が付くようです。


どのモデルもさすが”OAKLEY”と感じさせます。

今季も早々と完売してしまったOAKLEYですので、
お考えの方はお早めにご検討下さい。



STAFF YUTA


“ご確認ください!!”の巻

2011年05月20日 | これ、いかがですか??

昨日・今日とガッツリ“夏日”でございます。
しかしながら、比較的湿気も少なくサッパリとしておりまして、
過ごしやすい印象でございます。

明日、土曜日もお天気は良さそうですね!!
高速道路もそれなりに混む予想が出ておりますゆえ、お出
かけなさる方は、道中お気をつけ下さいませ。

残念ながら、明後日の日曜日はちょっと天候が崩れるよう
でして、何かご用事のある方は、土曜日のうちに済ませて
おいた方がよさそうでございます。

いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さてさて、本日はリアルスキーヤーの皆さまに、ぜひとも
確認していただきたいことがございまして、筆!?をとったしだ
いでございます。

シーズンもひと段落いたしまして、店頭で、ご郵送で、チューン
ナップをご希望されるスキーのお預かりが増え
まいりました。

チューンナップは随時お受付させていただいておりますので、
ご都合のよろしい時にいつでもお預けいただければ大丈夫
なのですが、実はこの時期に『発覚』することが多いのは、
“ビンディング”にまつわる不具合なのでございます。

特にコブやパーク・ハーフパイプ、そしてパウダーを楽しんで
おられる方
は、今すぐにお手元にスキーを持ってきていただ
いて、

ブレーキ周りをご確認ください!!

気づかずにご使用いただいている方が非常に多く、チューン
ナップでスキーをお預かりした時にワタクシどもが発見して
お知らせするパターンが後を絶ちません。

ブレーキストッパーとも言います。また、流れ止めとも言わ
れ、ビンディングにおけるとても重要なパーツのひとつでござ
います。

スキーが何らかの衝撃でお客様の足元から離れて(解放して)、
この“流れ止め”が正常に作用しなかった場合、スキーが他の
スキーヤーやスノーボーダーに接触して怪我をさせてしまうこと
もあるのです。


目で見て曲がっていると判別がつくようでしたら、それは相当
曲がっています。ちょっとの曲がりがブレーキの正常な動作を
妨げてしまうこともあるのです。

換えておきましょう!!

ちょっとでも曲がっているようであれば、

換えておきましょう!!!!!


ワンゲルスポーツでは、“ブレーキ”を在庫しております。

非常にご要望の多いサロモン【Z・S】タイプ/【STH】タイプ
それと近年フリースタイル・フリーライド部門で急激にシェアを
伸ばしているマーカー【ROYAL FAMILY】タイプは、細いモノ
から太いモノまで、しっかりとご用意させていただいております。
(上記以外のブレーキに関しましては、お問い合わせください。)

★弊社ホームページ・各ビンディングメーカーのページに
 ブレーキのご案内がございます!!

http://wangel.jp/binding.html

Bk01ブレーキアームだけが曲がっているように
見えても、実際にはビンディング本体に接合する部分にも
不具合が出ている場合もございます。


ブレーキ自体が脱落して、なくなってしまった事例もございます。
(ブレーキがなくても、とりあえずビンディングはブーツをホールド
してしまいます。これはとても厄介なことであり、危険なことで
ございます。)

Bk02ブレーキだけの損傷で済めばよいのですが、
ビンディング本体もダメージを受けている場合がございます。
ブレーキアームは相当硬い素材でできておりますので、それが
曲がるということは、本体にもそれなりの衝撃が加わっている
と考えるのが普通でございます。

Bk03さらに申し上げれば、ビンディング本体が
ダメージを受けているようであれば、スキー自体(取付穴等)も
どこかに損傷があるかもしれないのです。


楽しく安全なスキーをしていただくためにも、ご自身のスキー
のビンディングをご覧いただきまして、「何か曲がってるんじゃ
ないかなぁ」とご不安を感じられるようであれば、変えておい
た方が宜しいかと存じます。


何かがあってからでは取り返しがつきません。。。

たかがブレーキ、されどブレーキなのでございます。


「ちょっとの曲がりなんて、『手でエイッ、ヤッ』て直せるし・・・」と
言っちゃってるそこのアナタ、、、


アウトでぇぇぇぇぇす!! 


チューンナップお預かりがてら、検品させていただくこともでき
ますので、お気軽にお持ちくださいませ!!

★Tune-Upの詳細はコチラをご参照ください!!
http://wangel.jp/etc_tuneup.html

『“ゆとり”あるこの時期に、ご対処いただければと…』

Staff TETSU


特殊技術 「バキューム」

2011年05月19日 | 人気です ! !

   

綺麗に花ひらくバラやつつじが、
ほのかな香りとともに心を和ませくれる季節ですね。

   

皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

  
とっても・とっても気持ちの良いお天気、
本日の東京・神田です。

   

さてさて、
ここのところ多くのウェブサイトでご案内されていますので、
ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、
  
来週末の5月28日、29日に東京・池袋にて、
 
一般のお客様へ向けての
  2011-2012 SKI 製品  NEW MODEL発表会

「SKI FORUM 2011」が開催されます。

http://www.jaspo.org/SKI/NEWS/skiforum/SKI%20FORUM_2011/index.html
   

この発表会は、
たくさんのメーカーさんや出展企業さんの
ご協力により開催されるもので、
   
NEW MODEL 製品をいち早く、
そして、より詳しくご覧になって頂ける
とっても楽しいイベントです。

     

ただ、
場所が東京なのでお越しになることが
難しい方には大変心苦しいですが。。。
 
申し訳ございません。

    

ですが、
もし会場に行かれることが可能な方へは、
ちょっと耳寄りな情報のご案内です。
 
もちろん、
各メーカーさんのNEW MODELには
毎年それぞれ話題にあふれる新製品がたくさん登場
するわけですが、
  
メディア関係からのお話を総合しますと、
  
実体験してみると、とりわけ驚きを感じる

NEW BOOTS が登場するらしいですょ !!
 
   
そのキーワードは → 『 VACUUM  FIT 』 

       

ご存知の方も多いかと思いますが、
航空機の機体に素材を提供している
あの 「FISCHER」社が誇る
VACUUM テクノロジーを、
ブーツに応用したものです。   

  
     
このブーツは、
我々ディーラーにも製品情報としては発表されていたのですが、
サンプルがなく今まで誰も体験することが出来ませんでした。
 
しかし遂に先日、
重量 200kg の特殊な機械とともにサンプルが日本に届き、
 
FISCHER 契約の一部の選手、
そしてメディア関係の方々が体験し、
   
その体験した方々のほとんどは、
凄~く驚きを感じる好評価だったそうで、
  
このたび、
前述の「SKI FORUM 2011」 会場にて
 
一般のお客様にも
その驚き?の体験をして頂けるそうです。
    
東京会場へ行かれることが可能で、
ご興味おありの方は是非 FISCHER ブースも
行かれてみてください。
     
ただし、
作業に時間を要するため、
人数は限られるようですので、
ご承知おきのほどを。

   
   

G.M.


“なかなかシャレオツ”の巻

2011年05月17日 | これ、いかがですか??

不安定な空模様に加え、湿度もそれなりに高く、ワタクシに
とりましてはとても憂鬱な気分の一日でございました。

そんなワタクシの憂鬱な気分とは裏腹に、来るシーズンに
思いを馳せ、早くもと言いますか、徐々に2011/2012New
モデルに関するお問い合わせが多くなってまいりました。

只今、6月よりスタートさせていただく予定のNEWモデル
ご予約・ご販売の準備を急ピッチで進めさせていただいて
おりますので、価格等の詳細に関しましては、もうしばらく
お待ちいただければと存じます。

いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。

本日は、スキー・ブーツなどの新着情報ではございませんが
この季節にピッタリな逸品が入荷してまいりましたので、
ご案内さし上げます。

これから先、季節はまもなく梅雨となります。
その先は夏ということになるわけですが、とかく日本の夏は
“カラッ”とはしておらず、やはりジトォォォォォっとした感じで
ございます。

そこで・・・

Bp01こんなモノをご用意させていただきました。

VAUDE(ファウデ)【Wizard Air 24+4】

Bp02まあ、見ていただいたとおり、バックパック
なんですが、チョットこだわりの部分がございますので、ぜひ
ぜひご注目下さいませ!!

Bp03見た感じは、そりゃあもちろんごくごく普通
のバックパックなんですが、クローズアップしてポイントを取り
上げてみますと、細かい部分に強く“こだわり”が感じられます。

Bp04背面部を側面より見てみますと・・・何か
“隙間”が見えませんか?
この部分にひとつ目の大きな機能が備わっているのです!!

《 Aeroflex 》
ハイキングやトレッキング用の軽量モデルのためにベンチ
レーション機能を持つスプリングワイヤーのフレームを採用
したメッシュパネルが、パック全体の形状を安定させます。
荷物の荷重をパネル全体で受け止め分散してくれますので、
ベンチレーション機能が損なわれることがなく、暑い季節でも
常に背中には風が通り、快適な背負い心地を実現してくれ
ます。

Bp05次は、背面部を正面から見てみましょう。
良ぉ~く目を凝らしてご覧下さい。写真中央やや下にペロッ
とベルトみたいのが出ているのがお分かりいただけると思い
ます。白い線の上に“XL”だったり“L”だったり“M”だったりと
プリントされておりますが、けっしてバックパックのサイズを
表しているわけではありません。

《 F.L.A.S.H. 》
ショルダーベルトの長さを調整するためのシステムで、ベルト
のように出ているベルクロテープがパックの内部でショルダー
ベルトとつながっています。このベルクロテープを引っ張れば
ショルダーベルトは短くなり、ショルダーベルト自体を引っ張り
出すことで長くなります。体型や使用目的に合わせて長さを
調整できますので、こちらもまた快適なフィット感でご使用いた
だくための大きなポイントとなっています。

Bp06_2そしてさらに注目すべき点はコチラでござい
ます。パック側面の写真側から逆の側面まで、ファスナーが
グル~っと付いておりまして、これを開放していきますと、
標準
容量の24リットルに4リットルプラスして総容量28リットル
となり
ます。モデル名についている“+4”という数字はボリュームが
4リットル拡張できるということを表しています。
ちょっと荷物が増えてしまった時にはとても助かりますね。

Bp07そしてそして、最後となりますが、いったい
何なんでしょう?よくよく見てみますと、バックパックの“お尻”
からピラァ~っと出ているような気がします。

Bp08このオレンジ色のモノ・・・実はバックパック
に付属している“レインカバー”なのでござます。突然の天候
の崩れにも安心!! 何と気が利いているではありませんか(嬉)

この他にも、細かい機能が盛りだくさんのバックパックなんで
すが、背負うモノとして最もありがたいと感じられることがござ
います。

24リットル(28リットル)のバックパックとしては、もの凄く重量
が軽いのです!!

その重量は・・・

ナント!! わずか“ 1kg ”!!!!!

いやぁ、ホント、助かります。


まだお持ちでない方、おひとついかがですか?

手軽に楽しむハイキングから軽登山まで、パッキングのしやすさ
と快適な背負い心地のバランスの良さが魅力的です。
様々な体型にアジャストすることができる調整機能を装備する、
タウンユースでも気軽に使用することができるオシャレな逸品です!!


★“VAUDE”のBack Packは、こんなにいっぱい種類がありますよ!!
http://www.miyakosports.co.jp/outdoor/vaude/backpacks_top.html

『ドイツのメーカーさんが作るモノは、
        さすがにしっかりしてますな。フムフム。』


※明日、5/18(水)は定休日でございます。

Staff TETSU


来季の・・・。その2

2011年05月16日 | 人気です ! !

先日のコチラのネタ、
http://blog.goo.ne.jp/wangel-sports-info/d/20110514

来季のSWANSカタログでしたが、
本日は”その2”といたしまして
もうひとつの人気ブランド
『 S M I T H 』
のゴーグルのカタログ画像をご紹介です。

まずはこちら、     

     Smith1_7
『I/O』
『I/O S』
広い視界と、レンズ交換の簡単な
リムレスフレームの人気モデル。

『I/O S』は少し小ぶりなフレームです。


次はこちら、     

     Smith2_4
『PHENOM』
『PHASE』(フェーズ)
デザインの良さとフィット感の良さ、
大きすぎず小さすぎずのフレームが人気のモデル。
『PHASE』はPHENOMのデザイン違いで、

少しやわらかめのデザインになってます。


最後はこちら、
     Smith3
『PROPHECY』『STANCE』
少し大きめのフレームが好みの方には
『PROCHECY』がオススメです。
スペアレンズが付いている、
平面レンズの『STANCE』も根強いファンがいる
人気モデルです。



どのモデルもSMITHらしいデザインになっています。
同じような色やパターンになっていないので
好みによって選択肢が増えるのがいいですね。



シンプルなものと派手めのものを
1つずつ持つのもおすすめです!!



※旧モデルも少しありますので是非ご覧下さい。
http://wangel.jp/etc_goggle.html#smith



STAFF YUTA