Inspiring

スキーの中心地★東京神田★より
ワンゲルスポーツのスタッフがお届けするBlog。
現在は月曜日と金曜日更新予定です。

“こだわらない?! アナタへ…”の巻-2020/2021 ダルベロ-

2020年10月09日 | これ、いかがですか??

朝晩、さすがに涼しく(寒く)なってきましたねぇ。

とは言いつつも、
ワタクシ、まだ半袖・短パンに薄いタオルケットで寝ています。

もうボチボチ、いい加減に、風邪をひいてしまいそうなので、
ちょっと厚みのある毛布1枚にしたいと思います(爆笑)


いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。


「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、
今年は特にバッチリとこの表現に当たはまるように、
9月下旬から暑さがスゥ~っと抜けていったような気がします。

さてさて、涼しく(寒く)なってまいりますと、
どこからともなくお客様が湧いていらっしゃいまして、
平日もそれとなくご来店される方が増えてきたような気が…。

さらに、お越しいただく方の多くがご購入に至るというパターンで、
いよいよ“その時が迫っているのだな”と実感するわけでございます。

Inspiringをご覧いただいてから店舗に来てご相談いただく方も
チラホラいらっしゃるようですので、ここはひとつ、気合いを入れて
オススメの逸品をご案内さし上げましょう!!

今日のタイトルです。

『“こだわらない?! アナタへ…”の巻』

何ともまあ、
「気合いを入れて」なんて言ったくせに適当感漂うタイトル。

サブタイトル-2020/2021 ダルベロ-ということで、
当たり前のようにブーツのご案内でございます。

お決まりショットから。
→イタリアのブーツは良いブーツが多いなぁ。

→先シーズン、スマッシュヒットした【DS100】

けっこう、あっという間に店頭在庫がなくなってしまい、
気づいた時にはメーカー在庫も完売・・・。

オススメしたくてもオススメし切れなかったワタクシたち。
そして、欲しいと望まれたにもかかわらず手にすることが
叶わなかったそこのアナタ。

→もちろん、今シーズンも“存在”しますのでご安心を!!

2020/2021【DS100】
 …カラーチェンジのデザインチェンジなんですが。。。
  透けてる感がなくなったので、それはイコール、剛性感も
  若干アップしていると思うんだよね、個人的には。

スキーヤーレベルにおいて最もその割り合いを多くを占めるであろう
“中上級者”ゾーンをピタリとフォローするナイスな一足。

とにかく、手放しで褒めちぎりたくなる良く出来たブーツだと思う。

ここで少し、必要ないかもしれない説明を。。。

【DS】ってのは【DALBELLO SPORT】の略だよ。

最先端のテクノロジー・新素材・スキーの論理を全て融合した
ハイパフォーマンス・スポーツモデル群のこと。

→まあ、こだわり満載なこと。
※一部モデルにおきましては、搭載されていないテクノロジーもあります。

ただし、テクノロジーもすんごく大事なんですが、
一番大切なのは履いていただく方の足に合っているかどうか、、、

ですよね???

この【DS】と呼ばれるブーツ、しっかりと滑るための肝心カナメな
後ろ周り(内外くるぶし・カカト/アキレス腱周り)のホールド感は
ほど良く仕上げられていて、スッキリとしたフィット感を得ることが
できます。
一方で多くの皆さんが嫌がる指先周りのストレス感は不思議なほど
感じられず(全然合わない足で履いたらダメですけどね)、驚愕の
快適性をスキーヤーに提供してくれます。

“フィット感・ホールド感も申し分なく、脱ぎ履きもしやすくて、
なおかつ軽い”となれば、「これは良く出来ている」と言わざるを
得ません。

形あるものですから、“万人に合う”はずなんてありません。

がしかし、万人とまでは言いませんが、
かなり多くの方のお足に高確率でマッチするのではないかと、
ワタクシ感じております。

ぜひ、ご来店下さい。そして、ぜひとも足を入れてみて下さい!!

ちなみに、、、
一般論ですが、、、

スキーヤーのレベルが上がりますと、必然的に選択されるブーツの
フレックスは硬くなり、フィット感・ホールド感ともにピリッとした
モノが選ばれる傾向にあります、

ので、【DS100】のゾーンでない方は、

【DRS110】のご用意がありますから、
コチラに足を突っ込んでいただければと思う次第でございます。

★在庫サイズ等は→コチラで確認してちょうだい。

いずれにしましても、
ホントにクドくて申し訳ないんですが、
ブーツはちゃんと履いて吟味しないと、
あとで手痛いしっぺ返しを喰らうことになりますよ。

ほんなら、今週末、お待ちしてますんで!!

『ブランドにこだわっちゃダメっ!!』

Staff TETSU


“違いの分かるアナタへ…”の巻-2020/2021 エラン-

2020年10月02日 | これ、いかがですか??

暑く短い夏が日本を通り過ぎ、今はもうすっかり秋、、、。

(何かチグハグな天候続きでワケがわかりませんが…)

秋の次は、、、もちろん冬ですよねぇ。

“三寒四温”などという言葉がありますが、
今までとは異なり、やや“温”の割り合いが多いような気が
しますが、富士山にも薄っすらと雪が乗っかっりましたし、
確実に冬が近づいてきたなという感じです。


いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。


先日の週末なんですが、
久方ぶりに多くのお客様とお会いすることができ、
何だか意味もなくワクワクしてしまいました。

来るシーズンまでは、まだ少々時間がありますが、
お気に入りの道具を枕元??に置いていただき、
ジリジリとした気持ちでお待ちいただければと思います(笑)

さてさて、NEWモデルなんですが、
ちょいちょい入荷してきておりまして、油断しておりますと
あっという間に追い抜かれてしまいますので、今日もキッチリと
お届けさし上げましょう。

本日のタイトルです。

『“違いの分かるアナタへ…”の巻』

サブタイトルどおり、
-2020/2021 エラン-に関するご案内ですが、
まずは一極集中で“ワタクシのおすすめ”をご紹介します!!

→お約束のブランドロゴ。

今回は、

エランデモ・カテゴリーから、
最新のテクノロジーを満載した、

完全NEW LINE-UPのスキーをお届けさし上げましょう!!

その名も、
【SCX Fusion X】

Size:168cm / Radius:15.1m
(Top幅:113mm/Center幅:67mm/Tail幅:100mm)

すでにシリーズに存在していた、
ショートターン系の【SLX】そしてロングターン系の【GSX】
まさに中間に位置するオールラウンドど真ん中のサイドカーブ
設定した、気持ちの良いターンをグイグイ描くことができる
ナイスなスキーです。

ゲレンデコース内において、ミドルターンをメインにショート~
ロングターンまで、万遍なく過不足なく対応することが可能で、
具体的には、SAJ1級をお持ちでこれからテクニカルプライズに
チャレンジしてみようかなぁというレベルにおられる方にとっては
ベストチョイスな一台になると思います。

ひとそれぞれお好みのブランドはあると思いますが、
どうか固執せずに少しだけ視野を広くもって見渡してみませんか?

《elan》というブランド、
それこそ好きな方はご指名いただくこともしばしば

一方で、ご案内さしあげましても「???」ということも。

若干の違い(サイズ・回転半径)はあれど、
性格づけやレベル設定などをよくよくつぶさに見ていけば、

VOLKL【RACETIGER SX DEMO】
FISCHER【RC4 THE CURV DTX】
OGASAKA【KS-SA+】

このあたりのスキーを“気になるモノ”のターゲットとして
思い描いている方にとっては、

→この【SCX Fusion X】は、

ズバッとハマるはずなんですよねぇ。

積み上げたものぶっ壊して、乗ってもらいたいなぁ!!

硬い雪はもちろんのこと、柔い雪にもしっかりと対応。
キレ過ぎることもなく、ほど良いエッジホールド感が自由度の
高い操作性を約束してくれます。
アルペンレースシーンで培ったしっかりとした作りをベースとして、
デモ用としての使い勝手の良さを明確にスキーヤーに与えてくれる
非常に良く出来た一台です。

どうですかぁ、欲しくなってきたでしょ??

ブランドイメージ、取っ払っちゃって下さいね。

“違いの分かるアナタ”であれば、今回のメッセージ、
受け取っていただけるはずです。

→「スキーは楽しくないと!!」

※《elan》その他弊社取扱いモデルも→コチラできちんとチェック!!

『アナタが真のスキーヤーであるならば…』

Staff TETSU


“オリジナルのOriginal??”の巻-2020/2021 ヘッド-

2020年09月04日 | これ、いかがですか??

8月という、いわゆる夏が終わり9月になったわけですが、
まだまだ暑い日が続いておりますので、熱中症などにはくれぐれもご注意いただければと思います。

また、沖縄や九州の方では猛烈な台風が接近しており、甚大な被害が出る可能性が高まっております。

どうか被害があまり大きくならないことをお祈りするばかりです。  

 


いつもInspiringご覧いただき、誠にありがとうございます。

 
いろんなことがボチボチな感じなんですが、
Inspiringをあんまりボチボチな雰囲気でやっておりますと、
ご案内すべきモノがどんどん詰まってきて苦しくなりますから、
イける時にグイグイぶっこんどきましょう!!

今日のタイトルだね。


『“オリジナルのOriginal??”の巻』


「オリジナルのOriginalって、全く意味が分からない」

だって、オリジナルってのはオリジナルなワケで、
オリジナルのオリジナルなんてあるはずないでしょ???

まあいいや、面倒だから深く考えるのやめとこぉ。

-2020/2021 ヘッド-ということで、

“おりじなる”ってのがあるみたいなんで、そのオリジナル
Pick Upしてみようと思う。

→まあ、決まりだからね、ブランドロゴ。

上級・エキスパートスキーヤーのために展開されているシリーズ、

【SUPERSHAPE】(直訳すると“究極の形状?!”)てのは知ってますよね?

ハイパフォーマンス・カービングスキーの“軍団”なんですが、
初めて“スーパーシェイプ”というモデル名が付いたスキーが
世に出てきたのはいつでしょうか??


ワタクシの記憶が正しければ、
2005/2006シーズン、
1機種のみ登場した【DEMO i SUPERSHAPE CP13】てのが、
“最初のスーパーシェイプ”であったような気がします。

加えて、
「シリーズとしてラインナップされたのはいつ?」となれば、

それはその次の
2006/2007シーズン、
【i SUPERSHAPE】シリーズとして4機種くらいがラインナップ
されたと記憶しています。

(間違ってたらゴメンなさいよ)

前置きとして、画像①・②は年式が違えど、同様なサイドカットを
採用したデモ・ショートターン系オールラウンドモデルという
位置づけなんですが、、、。


さてさて、
2020/2021シーズン、
【SUPERSHAPE】シリーズが大きく生まれ変わったワケなんですが、
問題はこの画像③のモデルをどう捉えるかということなのです。

【SUPERSHAPE E-ORIGINAL】

おっ?!

“オリジナル”じゃないですか!!

その性格づけは画像①・②のモデルと同じような感じで、
どちらかと言えばショート~ミドルターンをメインに
シャープかつキレのあるターンフィーリングを楽しむために
存在しています。

ALL NEWになった【SUPERSHAPE】シリーズは全5機種展開
されるんですが、いちおうヘッドさんの売りとしては、
→モデル名にも付いている“E”だそうでして、
これは《EMC(=ENERGY MANAGEMENT CIRCUIT)》といいまして、
世界初の電子スキーダンピングシステムらしいです。

「スキーにかかる負の振動を低減し、どのような条件でもスムーズ
 なスキーイングと優れたエッジグリップを実現する夢のエネルギー
 管理回路」ということです。

まあ、素晴らしいの一言に尽きるNEWテクノロジーなんでしょうけど、
皆さんにとっては、それよりも何よりも“実際の乗り味”の方が気に
なりますよね??

実際のターンフィーリングは、
ワタクシ試乗してきましたので、
《コチラを参考にしていただけますと幸いでございます。

ちなみに、
サラッと触れさせていただきますが、
同じ構造体でややセンター幅を広げることで、
ショートターン系のテイストを持ちながらも【E-ORIGINAL】よりも
さらにオールラウンドに使うことができる
【E-MAGNUM】も、これまたオススメしたい。

とにかく、いずれにしましても、
①や②を現在も乗っている方は、今すぐNEWにチェンジです!!


③・④ともに、サイズのチョイスはズバリ163cmでイイと思う。
なぜならば、《EMC》が搭載されたことで、短いサイズでもかなり
安定感がアップとしていると感じられたからダ。
(170cmにすると若干持ち味が薄らぐかなぁ)


余談になるけど、
「オレはこのグレードじゃ物足りないんだ」という方は、
オールラウンド・トップエキスパートモデルである
【WORLDCUP REBELS E-RACE PRO】
に乗ればいいんじゃないかと思う。

最後に。

で、結局のところ、“オリジナルのOriginal”はどっちなんですかね?
これはぜひともヘッドさんにお答えいただきたい(笑)

『“普通”な乗り味に魅力を感じますな。』

Staff TETSU


“やっぱりALL NEWはイイ!!”の巻-2020/2021 K2-

2020年08月14日 | これ、いかがですか??

暑い。
とにかく暑い。。。
いろんなモノが溶けてしまいそうだ。

皆さん、屋外はもとより、屋内におきましても水分補給を
しっかりして下さいね。

(でも、冷たいビールなんてのはホドホドに)


いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。


「こんなクソ暑いのにスキーの話されてもなぁ」なんて言わずに、
“ビールのお供”にぜひともInspiringを添えていただければと思う
しだいでございます。

それでは、
今回こそはスッキリ爽やかに喉ごし良く??進めてまいりたいと
決意も新たに、本日のタイトルです。

『“やっぱりALL NEWはイイ!!”の巻』

ということでございまして、サブタイトルどおり
→こちらからのご案内でございます。

今季、あるカテゴリーがALL NEWになったことはご存知ですよね?

《ハイパフォーマンス・カービング》
またの名を《オンピステ・カービング》とでも表現すれば良いのか…。

まあ、掻い摘んで言ってしまえば、スキー場内のゲレンデ滑走において
エッジグリップの効いたシャープで鋭いターン弧を描くことを主目的に
ラインナップされているモデル群のことを指し示します。

でもって、2020/2021シーズン、K2よりデビューするのが、
→このシリーズということになるわけですが、

この【DISRUPTION(ディスラプション)】てのは、どんな意味なのか?

ちょっとだけ調べてみますと、“破壊”とか“崩壊”って書いてある(驚)

イメージ悪くないですかねぇ。。。
とてもネガティブな言葉で、ALL NEWなスキーには似つかわしくないと思うのは
ワタクシだけなのでしょうか。


ポジティブに捉えてみますと、
“古き良きモノであったとしても、それを一度破壊してさらなる高みを
目指してみたらどうだろうか”といったような雰囲気ではないかと。

まあ少なくとも、
ALL NEWであることには間違いないですし、すこぶる良いモノである
ということも間違いございませんので、ここに自信をもってオススメ
させていただきます!!

→あのですねぇ、モロモロK2最新のテクノロジーを満載している
ワケなんですが、ご説明さし上げた方が宜しいですか?

個人的には「あまり必要ないのかなぁ」と思っておりまして、
もっと皆さんにとって大切なのは、

“どんな乗り味なのか”ということに他なりませんよね?

ということで、
メインどころとなるコチラの2機種をピックアップ。

【DISRUPTION STi】
ショートターン系のオールラウンドモデル

先シーズンまでの
【TURBO CHARGER】をイメージしていただくと
性格づけは分かりやすいと思いますが、その乗り味は別物。

【TURBO CHARGER】は角づけ感がありながらも少しズレやすく、
操作感に丸みが感じられる中でややマイルドな印象が前面に出てくる
感覚があるタイプです。

【DISRUPTION STi】はしっかりとした角が感じられ、スキーがトップ
部分からきれいにたわみながらスキー全体が雪面をしっかりキャッチ
する感覚が明確に現れます。

どちらが良い・悪いという話ではございません。

なぜならば、“ALL NEW”で別物のスキーなんですから。

ショートターンテイストのオールラウンドモデルを好まれる方で、
動かしやすくズレを上手く使いながら技術の幅を広げて、コブや
不整地もしっかりと攻略していきたいという望まれるようであれば、
何も迷うことなく【TURBO CHARGER】をチョイスすべきです。

一方で、

グルーミングバーンでの強めのエッジグリップから生み出される
シャープでキレのあるターンフィーリングを第一優先として
カービングスキーとしての醍醐味を色濃く味わいたいという方は
【DISRUPTION STi】に乗れば、高い満足感を得ることができます。

上記の新旧2機種が対象とするスキーヤーズ・レベルは“上級”です。


続いてご紹介する新旧2機種がターゲットゾーン“中上級”となります
ので、ご自身がおられるレベルを冷静にご判断いただきまして、
今回の4機種よりお好みのモノを選んでいただければと思います。

【DISRUPTION SC】
サイドカット的には、超オールラウンドど真ん中という印象。

先シーズンまでの
【CHARGER】と比較した場合、非常に近しい
関係性にあると思われそうですが、こちらもあくまでも別物。

【CHARGER】には軽量かつしっかりとしたフレックス感を得ること
ができる剛性感があり、対応スピード域も同等クラスの中では上位に
位置しています。

【DISRUPTION SC】にはCHARGER同様必要十分な強さがありながらも、
構造体からくるしなやかさが付け加えられたことにより、ターンの質は
スキッディングよりもカービングを得意とします。

これまた、新旧優劣の問題ではなく、“異なるモノ”としてのそれぞれの
良いところがございます。

足元を中心としたトップそしてテール部分の動きが、雪面をしっかりと
捉えてはいるが引っ掛かりの少ない滑らかでシャープなターン弧を実現
しています。カービング技術を洗練して上級者への足掛かりを得たいと
望んでいる方は【CHARGER】を手に取ってみるといいかもしれません。

一方で、

メタル入りの【STi】ほどの反力は大きくありませんが、スキーのきれい
なたわみ感が作り出す雪面へのエッジコンタクト感とグリップ感は秀逸
です。この感覚を自身の中に積極的に取り入れ技術の向上を図りたいと
望まれる中上級者がチョイスすべきはズバリ【DISRUPTION SC】です。

どうでしょう?

イメージ、湧いてきましたか?

新・旧問わず、オススメなのです!!

ALL NEWが出てきたからといって、
OLD MODELが悪いということではないのですよ。

繰り返しになりますが、あくまでも“別物”と捉えていただきまして、
ご自身のご志向に合う方をチョイスしていただければいいのです。

※“新・旧 ”試乗フィーリングコメントはココで確認できる!!

(しまったぁ、、、今日も長い)

『ちょっと“…らしくないイイ感じ”デス。』

Staff TETSU


続々入荷!でも油断は・・・。

2020年08月07日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

NEWモデルが続々と入荷中です!
魅力的な商品がズラリ勢揃い!

ここからはプチ情報ですが・・・
全世界的に製造数が少なくとっても「品薄」です!
購入をご検討されている方は是非お早目にどうぞ!

もちろん上記モデル以外にも沢山ご用意しております!
店内は厳選された商品ばかりですヨ!
どれもオススメばかりです!!

詳しくは → → → コチラへ!

STAFF masa

例のマスクも好評ですョ・・・。


楽しいスキーには「視界の確保」ゴーグルは大切です!

2020年01月06日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

ようやくスキー場に幸(雪)が集まってまいりましたね!!

楽しいスキーには視界の確保が必要!

「ゴーグル」の出番です。

残りあとわずかですが・・・
お得な「旧モデル」がございます!!

 

どうぞお急ぎ下さい!!(在庫ある限りですので・・・)

高性能ゴーグルを多数揃えております。
弊社ホームページの ON LINE コーナーからもお買い求め頂けます。 
在庫があるものは、すぐに出荷が可能でございますので、
よろしければぜひご利用下さいませ。

詳しくは弊社ホームページ ゴーグル コーナー( ←クリック) へどうぞ。

~ STAFF masa ~


BLASTRACK SKIS 「お・ま・け」付 キャンペーン、7月末まで !!

2019年07月12日 | これ、いかがですか??



皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

気温の低い日が続ている東京・神田ですが、
この後しばらくの間は、寒暖の差が激しいようですので、
皆様どうかご体調を崩されませぬよう、ご用心下さいませ。

さてさて本日のご案内はコチラ↓です。

今年も絶好調な人気で、
早くにサイズ切れが予想されるスキーブランド、
「BLASTRACK」(ブラストラック=made in Japan) 社が
早期ご注文キャンペーンを行っていらっしゃいます。

それはコチラ↓
 → 

7月末までにBLASTRACK SKISをご注文下さったお客様へ、
↑のニットキャップ(どちらかご希望のカラー)がプレゼントされる
キャンペーンです。
(11月頃にメーカーさんから郵送される予定です。)

BLASTRACK SKISのご購入をお決めになられていらっしゃる方は、
どうぞこの機会をお見逃しなく。

 

スタッフY


SWANS(山本光学)ゴーグル

2019年07月05日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

梅雨で雨模様の東京・神田です。

SWANS(スワンズ)ゴーグル新モデルのご紹介です。


ブラック/グレイ

オレンジ

ブラック/ネイビー

ホワイトペイント

RIDGELINE (リッジライン)シリーズに新型レンズを搭載した
RL-C/MDH-SC-MIT

色の濃さが変化する「調光レンズ」

剥がれないミラーレンズ「MIT」の組み合わせです。

もちろん曇りにくい換気システムとプレミアムアンチフォグ(レンズ内側加工)も搭載。



詳しくは弊社ホームページ SWANS (←クリック) コーナーへどうぞ。

ご予約受付中ですので通信販売もぜひご利用下さいませ。

ご不明な点がおありでしたら、
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

TEL  03-3293-0491

STAFF masa


NEWモデルウェア受付中です!

2019年06月07日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。
東京・大阪とウェアイベントも無事終了しました。

NEWモデル
スノーウエアーのオーダーについて!


各ウエアーメーカーさんの受注締切日をお知らせ致します。
※期日内であれば特別なサイズもご用意可能です!

※各メーカーさんの期日は以下をご覧下さい!
PHENIX7/17(水曜日)

DESCENTE7/12(金曜日)
ON-YO-NE7/15(祝月曜日)
Goldwin7/15(祝月曜日)(※数に限りあり!)
FABLICEその都度、要在庫確認(※お早目に!)

大特価にてご予約注文承り中です!!

ご注文の際は各締切日にお気をつけ下さい。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ワンゲルスポーツ → 03-3293-0491

STAFF masa


'20 NEW MARKER から、100mm幅のBRAKE登場!!

2019年04月26日 | これ、いかがですか??



皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

明日から黄金週に入られる方も多くいらっしゃいますね。
まだまだ滑走可能なスキー場さんも多いですから、
どうぞ春スキーをいっぱい楽しまれて下さい。


さてさて本日のご案内は、
来期'19-'20MARKER BINDINGSの
FREERIDE&FREESTYLEカテゴリーの代表的モデルである
GRIFFON 13 ID やSQUIRE 11 IDなどに、今までなかった100mm幅のBRAKE仕様が登場します。
(その他にJESTER 16 IDも)


←GRIFFON→



←SQUIREは3色展開ですが、


 
100mm標準装備は、カラー(WH/ホワイト)または(BK/ブラック)のみです。

ちなみに、SQUIREホワイトのブレーキアームは、
↑写真の色ではなく、アーム先端はホワイトカラーになる予定です。
(近日中に本製品が弊社に入荷予定ですので、わかり次第あらためてご案内致しますね)

今までは、90mmブレーキの次に広いものは110mmでしたが、
その中間幅の100mm幅ブレーキが出ることで、
FREERIDE&FREESYLEスキーで人気の
95mm近辺の幅のスキーに、よりスッキリとおさまりが良く、
選びやすくなりますね。

BRAKE単体のパーツ販売も予定されていますので、
MARKER社の中で、DUKE/BARON/TOUR/なども互換性があるはずですので、
それらのモデルにも装着が可能になるものと思われます。


以上、ご参考までに。


どうぞ良い休日を!!


弊社は、このゴールデンウィーク中も、
毎日通常通り営業をさせて頂いておりますので、
よろしければぜひご利用くださいませ。
 
 
スタッフY




神田カレーグランプリ2018!

2018年08月24日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

カレーの街でもある神田!


今年も開催されます。

開催に伴い各店舗さんがイベント中です!
是非、ワンゲルスポーツにお立ち寄りの際にいかがですか?

↑公式ガイドブックも店内にて配布中ですよ!

詳しくは→公式ホームページコチラをどうぞ!

STAFF masa


引き続きTUNE UP好評受付中です!!

2018年08月17日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

スキーのお手入れ「TUNE UP」好評受付中です!

お申込みは簡単です!

ご来店(そのまま板をお持ち下さい!)

または

お電話(下記の電話番号までお電話下さい!)

にてお気軽にどうぞ!
ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

ワンゲルスポーツ → 03-3293-0491

STAFF masa



数量限定!サマースキー特別販売!

2018年07月30日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

今回は弊社にて試乗用として使用していました
サマースキー(ブラシタイプのゲレンデ)用(中古品)
OGASAKA AGシリーズを特別にお譲りします。


AG-MX サイズ:165cm (PIS*LAB(ピスラボ)ゲレンデではご使用できません。)



↑AG-HX サイズ:165cm(現在、貴重は絶版モデル)
※AG-MXの元となったメタル無しの軽量ソフトバージョン (※PIS*LAB(ピスラボ)ゲレンデではご使用できません。)


  

↑ブラシタイプのゲレンデで、スピード抜群のポリアミドストラクチャー!
※そのため、PIS*LAB(ピスラボ)ゲレンデには非対応です。


↑付属のビンディングはTYROLIA製のレンタル金具(解放値12までのクラス)

※エッジ部分はチューンナップ済みです。
※キズ等、詳しい情報はお気軽にお問い合わせ下さい。

※数量限定につき無くなり次第終了となります。


※購入後のおススメは是非、丸沼高原サマーゲレンデ さんにてお楽しみ下さい!

STAFF masa


“あなたはどっち派?”の巻-2018/2019 注目モデル①-

2018年05月28日 | これ、いかがですか??

5月もまもなく終了。

この時期、街は比較的静かです。

長いシーズンを終えられた方もひと休みといった感じでしょうか。

だがしかし、リアルスキーヤーの皆さんは休み知らず。
来季に向けてゴソゴソ動き始めている方もいらっしゃいます。

本日のタイトル。

『“あなたはどっち派?”の巻』

メインタイトルはサブタイトルとそんなに関係ないようなあるような。。。

2018/2019シーズン、
各メーカーさんの主力となるモデル群はやはり《DEMO》カテゴリー
ということになるかと思いますが、Newモデルは軒並みフルモデルチェンジ、
もしくはバージョンUP・ブラッシュUPされてラインナップされます。

すなわちそれは、何を表しているかといいますと、

ほぼほぼ“100パーセント継続モデル”は存在しないということなのです。

ここ数シーズン、微々たるマイナーチェンジまたはデザインチェンジに
とどまっていたことが原因なのか、皆さんかなり我慢して買い控えていた
傾向が強かったように感じられます。

もう我慢しなくていいですよ!!

買い替えのチャンス到来!!!

来るシーズンは“おNEW”でゲレンデを縦横無尽に攻めまくりましょう!!!!!

と申し上げましても、

「いやいや、先立つモノがなければ新しいのはちょっとね。」という方が
いらっしゃるのも現実。

という意味での“あなたはどっち派?”なんですが、
あなたにとっての頃合いのいいレベルで頃合いのいい価格のスキーが
あると思うんですよねぇ。。。

(選択肢はそんなに多くないかもしれないけれど)

「新しいのじゃなくていいの、10年ぶりだから。」とか、
「ホントのNewモデルは大蔵大臣が許してくれないんだよ。」とか、

それぞれ事情はおありでしょうから、無理に“おNew”をおすすめする
つもりはありませんが、、、

ご参考までにコチラをご覧ください。欲しくなっちゃうんだろうなぁ。

見ない方が良かったんじゃないすか。

来季注目モデルの一つ、
フォルクル【RACETIGER SX DEMO】

ジャパン・セレクションは“プラチナム”から“レースタイガー デモ”へ。
レースカテゴリーの名称をデモシリーズにも使用することが許可?!
されたのか…。

もっと簡単にいえば、実績を評価されて“昇格”したってことかな。

いずれにしても、このフルモデルチェンジは見逃せないぞ。

『あぁ、気になってしょうがない。』

Staff TETSU


お買い得商品がズラリ!

2018年03月23日 | これ、いかがですか??

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

お買い得商品がズラリ!
ゴーグルのお知らせです。



注目は"良く見える"「高視認性レンズ」搭載モデル
・SWANS「ウルトラ」
・SMITH「クロマポップ」
・OAKLEY「プリズム」


※お得情報
・OAKLEY スペアレンズ大特価!(在庫品に限る)
・SABRE(スペアレンズ付き) 大特価販売


おかげさまで好評につき
売り切れ製品も多くなってまいりました!


弊社ホームページはコチラ←クリック

ご注文・お問い合わせはお気軽にお電話にて!
ワンゲルスポーツ→03-3293-0491

ゴーグル担当STAFF