うたかた花詩の「思季色を綴る覚書き」

  長野県の四季の様子を思いつくままに雑多に綴る自由ノートです。

ニホンライチョウ

2019-11-10 | 動物

大町山岳博物館付属園のニホンライチョウです。羽毛が白地に茶色のまだら模様となっていました。これから冬になるにつれて、茶色い部分が少なくなり、真っ白な保護色となって行きます。

(撮影日 2019/10/28)

コメント

ニホンライチョウ

2019-05-31 | 動物

大町山岳博物館付属園のニホンライチョウの雌です。もうすっかり夏羽に変わっていますね。

(撮影日 2019/5/23)

コメント

ニホンライチョウ

2019-04-24 | 動物

4月13日に撮影した長野県大町市山岳博物館付属園のニホンライチョウです。黒くなってきてる~(笑)。 順調に冬羽から夏羽に変わってきているようです。気温が暖かくなって、もこもこライチョウも見納めでしょうか。

☟3月24日撮影

☟3月17日撮影

コメント

おねむなニホンライチョウ

2019-03-31 | 動物

また、大町山岳博物館付属園に行ってライチョウを見て来ました。ちょうど休憩時間に入ったようで、片脚を上げて眠っています。以前に撮ったものと比較してみると、頭の羽が黒くなり、夏羽に変わってきています。こうやって換羽の変化を観察するのも良いかもしれません。

(撮影日 2019/3/24)


☟3月17日に撮ったニホンライチョウです。

コメント

ニホンライチョウ

2019-03-17 | 動物

大町市の大町山岳博物館付属園で、3月15日に一般公開されたニホンライチョウのメスです。真っ白な冬羽に覆われていますが、背中の一部の羽に黒い縁取りの羽があります。もこもこの脚も面白いですね。
乗鞍岳
から採卵した卵が孵り、産まれた雛が親になってその子供が一般公開されています。

(撮影日 2019/3/17)

 

コメント (2)

タヌキ発見

2019-02-12 | 動物

尾っぽの周辺の毛が抜けているので病気でしょうか? 病気だとしたらヒゼンダニというダニが寄生して起こる、疥癬症(かいせんしょう)というものかもしれませんね。

(撮影日 2019/2/11)

コメント

ニホンザル

2018-11-13 | 動物

ふわっふわした柔らかそうな冬毛に覆われているニホンザルのオスとメスです。冬へ向けての準備はもう整っているようですね。

(撮影日 2018/11/3)

コメント

牛の視線を受ける

2018-06-22 | 動物

この子だけこちらに興味を持ったようで、とことこと近づいて来ました。他の牛は暑かったのか草の上に寝そべっていたままでした。

(撮影日 2018/6/3)

コメント

伊豆旅行(番外) 困ります!

2018-03-23 | 動物

☟あーっ!?困ります! そんなことをされては私の食べる餌が無くなってしまいます!
見た感じこのタイワンリスは常習犯です(笑)
(熱川バナナワニ園にて)

☟あーっ!?困ります! そんなことをされては起き上がれなくなってしまいます!
ぶつかった(威嚇?)瞬間は見ていませんが、結構鈍い音がしていました。
(iZooにて)


これで伊豆旅行の記事は終了です。お付き合い頂きありがとうございました。

コメント

伊豆旅行⑤ 熱川バナナワニ園(1) ワニなど

2018-03-21 | 動物

            ぐでーっとしているワニはなんだか愛嬌があります。
バナナワニ園には園の目玉であるレッサーパンダやアマゾンマナティもいるそうですが、目に留まったワニや熱帯植物を撮るのに夢中になりすぎて、頭からすっかり抜け落ちていました(苦笑)

☟施設の周りではヒヨドリが柑橘類を啄いでいました。

(撮影日 2018/3/15)

コメント

伊豆旅行③ iZoo

2018-03-20 | 動物

iZooは日本最大の爬虫類、両生類の動物園だそうです。色々な模様、姿形のものがいて、見ているだけでも面白かったです。爬虫類もなかなか良いものですね(笑)

☟ゾウガメ牧場にいたゾウガメ達です。

 

☟同じ飼育エリアにいたトカゲとカメです。

 

☟顔が見えて被写体になりそうだったトカゲ達を撮ってみました。
1枚目は体にあるトゲトゲが凛々しいヨロイトカゲです。

 

 

☟アミメニシキヘビです。

☟捨てられてしまう事で有名なミシシッピアカミミガメです。

(撮影日 2018/3/14)

コメント