うたかた花詩の「思季色を綴る覚書き」

  長野県の四季の様子を思いつくままに雑多に綴る自由ノートです。

ホトケノザ

2019-11-09 | みんなの花図鑑

普通種の花ですが、こちらではあまり馴染みのない花です。ぽつんと1株だけ咲いていました。

(撮影日 2019/10/28)

コメント

イソギク

2019-11-09 | みんなの花図鑑

元は海岸性の植物でよく栽培されている花だそうです。海岸近くにある花を調べると、葉の表面に照りがあったり、葉が厚かったり、毛が多かったりという特徴を持つものがありますが、写真のイソギクもそのような特徴が見られます。

(撮影日 2019/10/28)

コメント

エゾムラサキツツジ

2019-11-06 | みんなの花図鑑

植栽のエゾムラサキツツジですが、2~3輪返り咲いていました。野にあるヤマツツジなどの返り咲きもたまに見る事があります。

(撮影日 2019/10/28)

コメント

アベリア

2019-11-06 | みんなの花図鑑

スイカズラ科のツクバネウツギの仲間です。生垣や植え込みなどに使われているのを見る事があります。野にあるタニウツギなどと比較すると小さい花ですが、鐘形の花の形とピンクの花色はどこか可愛らしく感じます。

(撮影日 2019/10/28)

コメント

ボタンヅル

2019-11-03 | みんなの花図鑑

返り咲きというよりは、花期の延長上の晩花という感じがしました。思わぬ時期に咲いている花との出会いは少し驚きます。

(撮影日 2019/10/23)

コメント

カタバミ

2019-11-02 | みんなの花図鑑

カタバミの花は結構長い間咲いているように感じます。雌しべが雄しべよりも長いものと短いものがあるそうです。

(撮影日 2019/10/23)

コメント

サワアザミ

2019-11-01 | みんなの花図鑑

下向きに咲く頭花は大きく全体的にがっしりとしたサワアザミです。総苞の基部に大きな苞葉を4~6枚つけます。

(撮影日 2019/10/23)

コメント (2)

ヒレハリソウ

2019-11-01 | みんなの花図鑑

花が落ちた後の針金のような雌しべが面白いヒレハリソウです。雌しべがピンと飛び出ている姿は、生物が毒針を出しているようにも見えますね。

(撮影日 2019/10/23)

コメント

トネアザミ

2019-10-31 | みんなの花図鑑

葉の形状が全縁~浅く裂けるナンブアザミとは違い、葉が深裂するトネアザミです。花の形はナンブアザミとトネアザミであまり違いはありません。頭花が下を向かずに上を向いて咲くとキタカタアザミとなるそうです。

(撮影日 2018/10/20)

コメント

ゲンノショウコ

2019-10-31 | みんなの花図鑑

こちらのゲンノショウコの花色は白がほとんどですが、1枚目の写真のように薄いピンク色の花もたまに見る事が出来ます。濃いピンク色の花はありませんが、薄いピンク色の花には個体によって色の濃淡があるようです。

コメント

返り咲き(キレンゲツツジ、クレマチス)

2019-10-27 | みんなの花図鑑

もう終わったと思っていた2種の花が返り咲きをしていました。庭にあるキレンゲツツジは咲いたのですが、同じツツジの仲間の白ツツジが返り咲きしていないなかったのは、少し不思議な感じがします。

☟キレンゲツツジ

☟クレマチス

(撮影日 2019/10/20)

コメント

バラとカエル

2019-10-21 | みんなの花図鑑

ピンクのバラの花弁の間にニホンアマガエルが休んでいました。なんだか面白い組み合わせです。

(撮影日 2019/10/9)

コメント

ミゾソバと各種花

2019-10-20 | みんなの花図鑑

☟ミゾソバとナガミノツルキケマン

☟ミゾソバとコメナモミ

☟ミゾソバとウナギツカミ

☟ミゾソバとイヌタデ

(撮影日 2019/10/6)

コメント

ウナギツカミ

2019-10-20 | みんなの花図鑑

近年では、秋に咲くアキノウナギツカミと春に咲くウナギツカミは同一の説が有力との事なので、ここでの種名はウナギツカミに統一しました。赤みが強いウナギツカミの花(1~2枚目)と、ミゾソバのような花色(3~4枚目)のウナギツカミです。

(撮影日 2019/10/6)

コメント

庭の花4種

2019-10-19 | みんなの花図鑑

☟ルリタマアザミ

☟ムラサキツユクサ

☟ノウゼンカズラ
蕾の付き方から今年最後のノウゼンカズラの花のようです。

☟イヌサフラン

(撮影日 2019/10/6)

コメント