うたかた花詩の「思季色を綴る覚書き」

  長野県の四季の様子を思いつくままに雑多に綴る自由ノートです。

木崎湖

2019-10-07 | 風景

小熊山から見下ろした木崎湖です。また紅葉が深まった時期に写真を撮るのも良いかもしれませんね。こちらでは木々が紅葉し始めていて、平地でも紅や黄に染まった葉をちらほらと見かけるようになりました。

☟南側の大町市街地方面です。

☟湖面を滑るように進む船。

(撮影日 2019/9/30)

コメント

ひつじ雲

2019-10-06 | 風景

ひつじ雲が奥からこちら側に向かって放射状に伸びていました。なかなか面白い形の雲でした。

(撮影日 2019/9/30)

コメント

大王わさび農場

2019-09-21 | 風景

長野県安曇野にある大王わさび農場にちょっと寄ってみました。わさび田には遮光のための黒いシートが被せられており、上からわさび田の様子を見ることは出来ませんでしたが、手が掛けられて育てられている感じがします。

(撮影日 2019/9/12)

コメント

2019-09-08 | 風景

光の加減が目を引いたので撮ってみました。ふと空を見上げて雲を観察してみると、面白い発見があるかもしれませんね。

(撮影日 2019/9/1)

コメント

枝垂れ桜と薪置き場

2019-05-16 | 風景

良さげな雰囲気だったので、パシャリと1枚。枝垂れ桜の縦の流れと薪の丸い断面の組み合わせはあまり見ないので、珍しく感じたのかもしれません。

(撮影日 2019/5/6)

コメント

大出の吊り橋

2019-05-07 | 風景

長野県白馬村にある大出の吊り橋です。桜の名所でもあり、野平の一本桜と並んで白馬三山と桜の花が一緒に撮れるスポットです。ゴールデンウィークと桜の見ごろがちょうど重なったこともあって、吊り橋、桜、白馬三山、朝焼けの場面を撮りに来る方も結構いました。

☟枝垂れ桜と白馬岳。平地部分にはまだ日の光は当たっていません。

 ☟吊り橋の手前に見える桜に日の光が当たり始めました。
この当たり始めを狙って、日の光の移動と共に自分も移動しながら桜の花を撮る方もいらっしゃいます。

☟枝垂れ桜の頭のほうにも、ようやく日の光が当たり始めました。

(撮影日 2019/4/29)

コメント

日暈(ひがさ)と環水平アークと一本桜

2019-04-29 | 風景

長野県白馬村の野平地区にある一本桜の様子を見て来ました。満開にはまだ早く、3~4分咲きといったところでしょうか。ちょこちょこ写真を撮っていたら珍しい自然現象と出会いました。太陽の周りの円状の虹は「ハロ」とも呼ばれる「日暈(ひがさ、にちうん)」、下に見える虹は「環水平アーク」と呼ぶそうです。
この日
は長野県とその周辺の県でこのような自然現象が見られたみたいで、見る場所によっては環水平アークの虹が、くっきりはっきり色濃く見えた所もあったようです。

☟カーブミラー越しの桜(野平の一本桜)

☟カーブミラー越しの桜(野平公民館近くの桜)

(撮影日 2019/4/28)

コメント

見事な快晴

2019-03-16 | 風景

雲一つない気持ちの良い快晴の日です。同じ快晴の日でも空の青さが微妙に違うことがあるのですが、この日は深い青の見事な晴れっぷりでした。大町公園からは写真のように大町市街を一望できます。

大町公園の側、大町山岳博物館付属園では3月15日にニホンライチョウのメス1羽が一般公開されました。公開時間は11時~15時の予定となっています。大町山岳博物館付属園の他にも、いしかわ動物園富山市ファミリーパーク上野動物園那須どうぶつ王国でニホンライチョウが一般公開されているそうです。


☟右から五竜岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳。爺ヶ岳の左側のなだらかな山々は右から岩小屋沢岳、鳴沢岳、赤沢岳。赤沢岳の手前にかぶるようにある一番左の山は蓮華岳になります。

☟爺ヶ岳(左)、鹿島槍ヶ岳(右)
市街の中に見える樹木の集まりは、若一王子神社(にゃくいちおうじじんじゃ)になります。

☟北葛岳(左)、蓮華岳(右)
市街の中に見える樹木の集まりは、竈神社(かまどじんじゃ)になります。

☟爺ヶ岳(左)、鹿島槍ヶ岳(中央)、五竜岳(右)

☟飛行機雲と北葛岳と蓮華岳。

☟違う場所から見た爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。

☟違う場所から見た北葛岳と蓮華岳。

☟木崎湖の近くにある小熊山の間から覗く、冠雪した爺ヶ岳。

(撮影日 2019/3/9)

コメント (2)

飛行機雲

2019-03-16 | 風景

タイミング的に交差はしませんでしたが、通り過ぎて行った2種の飛行機雲を1枚に収めることが出来ました。

(撮影日 2019/3/9)

コメント

モルゲンロートと水鏡

2019-03-15 | 風景

白馬三山のモルゲンロートと青木湖の水鏡です。青木湖の水量が減っていたため水際まで歩いてゆき、白馬三山がうまく写り込む個所を探しての撮影でした。景色や角度などを考えると、もう少し冬真っただ中の時期のほうが良い写真になるような気がしました。

(撮影日 2019/3/9)

コメント (2)

光と影の間

2019-01-14 | 風景

今の季節は日が山に隠れてゆくと、雪上のキャンバスに光と影の部分が出来ます。遠くから見ていると、その境目がはっきりと認識でき、時間と共に影の部分が増していきます。

(撮影日 2019/1/4)

コメント (2)

構造物3種

2018-12-25 | 風景

山を這うように作られている二連の構造物が白馬村八方にある「白馬ジャンプ台」、右下に見える曲線を描ている構造物が「藤森酒店」の屋根、中央下に見えるパイプ付き直方体の構造物が「白馬小谷生コンの生コン工場」になります。こうして遠景で見るとまだ雪の量は少ないですね。年末年始の降雪に期待といったところでしょうか。

(撮影日 2018/12/24)

コメント

姫川第二ダムとリゾートビューふるさと

2018-12-24 | 風景

姫川第二ダムの近くにある橋梁、第一姫川橋梁を通過する緑色の「リゾートビューふるさと」です。土日祝日にしか運行しない臨時快速列車で、ディーゼルエンジンとリチウムイオン蓄電池を組み合わせたハイブリットシステムを搭載しているそうです。あまり上手く撮れなかったので、また次の機会に挑戦してみようと思います。

(撮影日 2018/12/24)

コメント

Sukekiyo upside down foot point

2018-12-24 | 風景

今日はフジテレビ系列で、平成最後の『犬神家の一族』のドラマが放送されるということで青木湖へ。市川崑監督、石坂浩二さん主演の映画『犬神家の一族』のロケ地にもなりました。スケキヨの二本脚が湖面から突き出ているインパクトあるシーンは、強く印象に残っている方も多いと思います。映画で使われた場面はもう少し北よりになるでしょうか。

☟湖の東側、湖畔にある桜の木です。

(撮影日 2018/12/24)

コメント

青木湖

2018-12-17 | 風景

中央右に見える白馬三山からなだらかな小蓮華山、その右側にある丸い稜線の白馬乗鞍岳、さらにその右側にある稜線が落ち込んでいるように見えるフスブリ山までの連なりが見て取れます。少し波が立っていたので完全な水鏡とは言えない状態でしたが、湖面の写り込みは綺麗でした。このアングルからモルゲンロートを狙っても良いかもしれませんね。

青木湖がある同じ大町市であれば、鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳、武田菱の雪形がはっきり出ている状態での五竜岳のモルゲンロートもお勧めです。

(撮影日 2018/12/16)

コメント