情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネットまで政府の統制下に落ちようとしている~ネット情報のデマ率発見システム

2006-08-27 21:08:54 | メディア(知るための手段のあり方)
朝日新聞(←クリック)によると,【真偽が見極め難いさまざまな情報が乱れ飛ぶインターネット。その中で、ウソや間違いらしい情報を自動的に洗い出し、ネットの利便性を高めるシステムの開発に総務省が乗り出す。ネット上にある関連深い別の情報を探し出し、比較参照することで、情報の「デマ率」などを示す。研究機関と協力し、2010年までの開発を目指す。07年度予算では、まず3億円を要求する。】という。

なぜ,そのようなシステムを開発するのかその理由は,【ネット上の情報は、何人もの目で事前に校閲された出版物などに比べ、誤った内容が少なくない。信頼性を確かめるには、利用者が他の情報と付き合わせるなどの作業を行うしか手がない。】からであり,【総務省が構築を目指すシステムは、この選別をコンピューターで自動的にやらせるものだ。ネット情報のウソや間違いの「発見器」といえる。】のだそうだ…。

そして,【完成すれば、ある情報のデマ率を調べたり、ネットで検索するときに信頼性のある順番に表示したりできるという。「この情報はデマ率95%ですが表示しますか」などという注意表示もできるようになる。】らしい。

しかも,【扱う対象は、株式情報から国際情勢の解説、商品情報などさまざま。「この企業分析は適切か」「レバノン内政のこの記述は自然か」「オークションに出品されているこの外国電化製品の性能表示は本当か」などの疑問に答えられるようにするのが目標。 】

そして,【開発の焦点は、インターネットのなかから信頼できる関連情報を見つけ出せるかどうかだ。そのために、知識を関連づけて書かれた内容の意味を正確に判定する技術や高度な自動翻訳技術などを編み出す必要がある。】と記事は続いている。


しかし,肝心なことは,ネット情報を政府が管理することの危険性だろう。ネットで掲載された情報が政府ラベルで「これは信じていいですよ」「これは嘘ですよ」なんてことになったら,言論の自由はまったく失われる!

靖国参拝合憲で~す→デマ率0%なので,表示します。

靖国参拝違憲だ→デマ率99%…この意見はデマ率高率情報不表示設定により表示されません。


ということになるからだ…。

本当にどうなってんだ,この国は!



※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。
コメント (5)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 世界言語統一できないかなぁ... | トップ | ビラ撒き住職に無罪判決~東... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Big Brother のおじちゃんは (kaetzchen)
2006-08-27 22:35:56
正義の味方よ,オートバイ♪ って所でしょうか。



私も asahi.com でこの記事を読んだ時,ついにここまで来たかと言うより,これを見て誰も抗議行動にまで行かないのかなと思いました。



先日の安倍=統一協会キャンペーンのように,皆んなでまた揺さぶりをかける必要があるのかも知れません。



# 明日創刊予定の日本版オーマイニュースの準備ブログが先月「炎上」したのも,書き手と読み手の意識の剥離があるのかも知れませんね。そういう所へ政府が管理者として手を伸ばして付け込むスキがあるのかも……。
IT版「大本営発表」? (TAC)
2006-08-27 23:21:43
アメリカ産牛肉輸入の経過等を見ても、政府が国民に信頼されていると本気で思っているのでしょうかね。だとしたらかなりオメデタイし、頼りないですね。



逆に、政府保証率が90%なら「信用できない」、政府保証率が10%なら「信用できるかも知れないから、もう少し調べてみよう」なんて運用をしても良いかもしれませんね。



ただ、ご指摘の通り言論統制に悪用しようということであれば注意は必要です。ただ、日本政府程度の技術力で本当にコントロール可能なのか…という気もしますが。それに、当然セキュリティーを破られて改ざんされることもある訳で、そんな事も含めてきちんと考えた上での発言なのでしょうかねえ。



とりあえず、気をつけておく必要はありそうですね。
誰が率を決めるのか、が焦点かと。 (こりゃ、典型的ですね!)
2006-08-28 14:51:30
って、総務庁が?

中国の(民主化についての)悪口とか、北朝鮮の(独裁についての)罵詈雑言とか、全く他人事ではなくなってしまいますね?

よくもまあ!

コレで民度が…。

お里が知れるって言うか。
これって (fttv)
2006-09-03 10:29:23
冗談じゃないんですか??
冗談が現実化する (ヤメ蚊)
2006-09-03 11:50:23
現象は,安倍政権下で続発しそうですね…。ホントに腹立たしい!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

裁判員制度批判は「100%デマ」? (高野 善通のブログ雑記帳)
 まずはこちらをご覧ください 総務省がインターネット上に流れるウソ情報を調査するシステムを開発するらしいです。しかし、そのシステムを作るのは国家権力。ですから、国家権力にとって都合の悪いシステムは作...
大停電とインターネットウソ発見器 (5号館のつぶやき)
 今日は年に一度の全学大停電の日です。街は北海道マラソンで盛り上がっていたのですが、大学はひっそりと静まりかえっていたはずです。  夕方、停電が終わる頃に機械やサーバーがきちんと立ち上がるかどうかをチェックするために大学へ行って来ました。 ...
国家がネット情報の真偽判定 言論統制の危険性もあり (とりあえずガスパーチョ)
朝日新聞の8月26日記事「ネット情報「ウソ\発見器」 総務省が開発へ」を見て、私は呆れ返った。総務省がネット情報の真偽を判定して「デマ率」を割り出すプログラムを作り、検索サイトやソ\フトウェア会社に技術提供する計画のようだ。つまり我々に代わって ...
知らないところですすんでいる思想統制? (とくらBlog)
 あれ?いつからChupika Szpinakになったの?と気になるmudaidesuさんところの記事、読みましたか?ワシントンポストに載った、Steven Clemonsって方の文章「日本の思想警察の増長」が、訳してあります。「いつものようにガーっとなんで日本語あさしいけ ...
prestito istante di giorno di paga in linea (prestito istante di giorno di paga in linea)
lavoro domestico del pc di ezine prestito del motociclo del davidson di harley luogo medico di lavoro l'ipoteca di prestito accelerare lavoro di reclamo di assicurazione
ネット情報の真贋を政府が認定? (みやっちBlog)
共産党のビラをポスティングしていた僧侶が逮捕された事件で、東京地裁が無罪の判決を出したとはいうものの、どうやら政府は個人の言論や思想の自由を侵害する方向で物事を進めているみたいです。 知らないところですすんでいる思想統制?(とくらBlog) ネット ...
言うのも野暮だが、言論弾圧 (季節)
これは共謀罪でのブログの盛り上がりを分析しての、参院選を意識した「検閲」言論弾圧の予行演習と言えるだろう。 この点で、美爾依さんしぶとくしなやかに、原則は貫いての行き方は大事な事だ。
NSAの違法盗聴事件:裁判の動向 (人工楽園)
 ちょっともう古い話題に属するかもしれませんが、ひと頃PCを見ていなかったので……米NSAの違法盗聴に関する裁判で違憲判決が出たようです。坂本"教授"龍一氏のサイトで教えられました。  ・US judge rules wiretaps illegal(BBC)  判決の中 ...
本日の記事のデマ率は……? (逍遥録 -衒学城奇譚-)
ネット情報「ウソ発見器」 総務省が開発へ ?  真偽が見極め難いさまざまな情報が乱れ飛ぶインターネット。その中で、ウソや間違いらしい情報を自動的に洗い出し、ネットの利便性を高めるシステムの開発に総務省が乗り出す。ネット上にある関連深い別の ...
キッズgooという闇 (人工樂園)
 今日はこの間から書きたいと思って暖めてきたネタを。  一昨日の「防衛省昇格法案」で「ICCで『人間の安全保障』」というブログのポスト「民主党へ防衛省昇格反対の訴えを!/社会不適合サイトリング」をご紹介しましたけれども、記事を読むと、その末尾でキ ...