夏の雨

最近は野鳥観察の投稿が主。
田園風景、自然大好き。
マイペースでバードウォッチングを楽しんでいます。

冬の砂浜で休むシロチドリ2

2019年01月13日 08時46分48秒 | チドリ目 チドリ科

 前回の続き、同じ様な画像ですが...

ひっそりと休んでいるシロチドリ達。時々カラスや人が近付くとチョコチョコ移動します。

歩いている人間にはおそらく見えていないでしょうが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 12月から初夏までが夏羽(繁殖羽)とのこと。個体差はありますが、右の個体は目の上あたりに赤褐色の色が出ているのが分かります。

思ったより早くに夏羽になるのですね。

 

 

  北半球の温帯および南アメリカ西海岸で繁殖し、北方のものは南に渡って越冬する。
日本では北海道から南西諸島まで留鳥として繁殖するが、北日本では夏鳥として冬季は暖地に渡っていくものが多い。


TL15~17.5㎝
WS42~45㎝

 

 

コメント

冬の砂浜で休むシロチドリ

2019年01月11日 10時42分33秒 | チドリ目 チドリ科

 

1月の冷たい風の吹く広い砂浜で、遠くに動いたものがあったので双眼鏡で見てみるとシロチドリの小群でした。

ばらばらと移動しているところ。(画像は1羽ですが)

 

 波打ち際の近くや干潟などでは時々見るシロチドリ。餌を獲っていない時はやはり警戒心が強いです。

(遠くからの撮影でトリミングしていますが、それでも小さく見にくい) 

1羽ハマシギも交じっていました。

 

 

 自分が子供の頃にもこういう風に海岸にチドリがいたのかな~、なんて

そのころは何も考えずに遊んだり走ったりしていたから気付かなかったのかも・・・。

 

皆で窪みに入って休んでいますね。

 

 

 

 こういう場所でひっそり休んでいるのですね。

 

 

  北半球の温帯および南アメリカ西海岸で繁殖し、北方のものは南に渡って越冬する。
日本では北海道から南西諸島まで留鳥として繁殖するが、北日本では夏鳥として冬季は暖地に渡っていくものが多い。


TL15~17.5㎝
WS42~45㎝

 

 

コメント

シロチドリ

2018年11月10日 12時08分38秒 | チドリ目 チドリ科

干潟でカニを食べるシロチドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奥はメダイチドリです。

 

 

 

 

 

 

  北半球の温帯および南アメリカ西海岸で繁殖し、北方のものは南に渡って越冬する。
日本では北海道から南西諸島まで留鳥として繁殖するが、北日本では夏鳥として冬季は暖地に渡っていくものが多い。


TL15~17.5㎝
WS42~45㎝

 

 

 

コメント

メダイチドリ

2018年11月01日 11時04分56秒 | チドリ目 チドリ科

 

小型のシギ、胸のあたりは、初めて見る色合い。

 胸の帯がかすかにつながっているシロチドリもいると図鑑で読んでいたのでシロチドリかなとも思いましたが。

 

 

 

 

シロチドリなら背と頭の褐色は、白帯で分かれるはず。

 

 

左の個体、分かれていないですね。右の個体も分かれていない。

 

 

右の個体も似たような色でしたが、いくらか大きい。

嘴の形も長さも違うようにも思えますが、こちらもメダイチドリみたいです。

 

10月21日に投降したメダイチドリhttps://blog.goo.ne.jp/tikitiki0470/d/20181021とは、羽色など印象ががらりと変わっていて本当に識別が難しいです

 

 

 

パミール・チベット・カムチャッカ・チュコト半島で繁殖し、アフリカ東部・インド・東南アジア・オーストラリア・ニュージーランドで越冬する。

日本では、北海道から南西諸島まで旅鳥として春と秋に通過していく。関東以西では一部越冬する個体もいる。

 

TL19~21㎝

WS45~58㎝

 

 

 

コメント

メダイチドリ

2018年10月21日 08時42分52秒 | チドリ目 チドリ科

10月の爽やかな秋晴れの日海岸ではメダイチドリが数羽見られました。

海岸でまだ見られる旅鳥のシギチもそろそろ渡って行くのでしょうね。

 

ピントが今一ですが。

 

 

 

 

小さなカニを食べていました。

 

右はシロチドリ、貝殻の多い所も保護色になって分かりにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パミール・チベット・カムチャッカ・チュコト半島で繁殖し、アフリカ東部・インド・東南アジア・オーストラリア・ニュージーランドで越冬する。

日本では、北海道から南西諸島まで旅鳥として春と秋に通過していく。関東以西では一部越冬する個体もいる。

 

TL19~21㎝

WS45~58㎝

 

 

 

 

 

コメント