なぜ、室内につけまつげケースを『飾る』のか?(fringeインテリアつけまつげケース)

2013-01-30 | 【fringeつけまつげケース】
案外、・・・いや、

とっても不思議ですよね


つけまつげケースを、あえて

『飾る』

なんて・・・・????



なぜ、つけまつげケースに

ここまで愛情を注いでいるかと言いますと、


私の個人的経験からなのです(以下、文が案外まとまっていません




”携帯用”つけまつげケースへの熱い想いは

「飛鳥2」での乗船中での出来事が大きいですが(以前ブログで書きましたが)


”インテリア”つけまつげケースについて、

書いておきたいと思います



『なぜ、室内につけまつげケースを飾るのか?』



私は明るいリビングでメイクをしますが、
つけまつげを「持ち運び用のメイクボックス」にしまっていました。

その当時は、おまけ的に付いている渋いつけまつげケースしかありませんでしたので、
見える場所に置きたくなかったのですね(今は可愛いものがありますよね

ですが、帰ってきてつけまつげを外す時、
いちいちメイクボックスのところに行き、ケースを取り出してつけまつげをしまって、
また引き出しにしまう・・・・

というこの動作が、

毎日となると、結構ストレスに感じられました


(あ、面倒くさがりの私の問題ですが


さらに、

つけまつげケースに、ぴったっと貼り合わせておくケースですと、
つけまつげをケースから外す時に、
いちいちつけまつげに負担がかかりました
(私は華奢なタイプのつけまつげでしたので


そのうち、
ぴたっと貼り付けておくことが嫌になり、
ケースにそのまま放りこむ、というスタイルになってしまいました

ですが、
そのまま放りこんでしまっておきますと、
毛と毛が重なっていたり、見た目にも非常に悪く、
違う意味で、考えてしまいました。


それまでは、
「つけまつげは見せるものではないし、隠しておけばいい」
そんな風に考えていました。

見えない場所にしまうから、隠しておくから、
つけまつげは別に、考えて”しまう”こと、ないだろ・・・と。


ですが、

そのつけまつげをつけた時、

確実に、「テンションが下がった」のが分かりました


さっきまで、ほおりこまれて大切にされていなかった
残念なつけまつげが、

突然、
外に出た時に、

”美のパワー”なんて発揮してはくれない。。。。


・・・・って、つけまつげに言われているような気がしたのです

きっと、私の扱い方が、よっぽど、雑だったのだと思います


ひどく反省しました


たしかに、つけまつげは、

重要な「顔」の中の、さらに『最重要パーツ』である、

【目元】

に使用するものです。


いくら美しくメイクをしても、

残念な扱いを受けていたつけまつげは、

けっこういじけていたり、します (たぶん)


そんな実感をしてしまった私は、

飛鳥2でのショックな経験も加わり、

「携帯用つけまつげケースを本気で考えよう」と

そこから始まりました。


つけまつげが重なり合わないように、じかに触れないようにするには?

つけまつげに負担がかからないように取れて、置けるものは?

そして、

「簡単に置けて、簡単にとれる」

ことが、最重要となりました。


そこでふと、「パール」が出てきました


当時はもちろん、「パールビーズ」で代用していました。

この、

ちょっと変わったつけまつげケースがすごく気に入りました


それからというもの、

メイクボックスにしまうとことなく、

いつもリビングに置いてありました。



というのは、



メイクをする時は、メイクボックスを持ってきますが、
帰宅して、メイクボックスに向かう習慣が基本的になかったので、
けっこうストレスになっていたのです

「つけまつげを外す時は、いつもリビングにいるとき」

だった私は、

リビングにつけまつげケースを置いておくことにしました。


朝、メイクボックスをリビングに持ってきて使用し、

リビングに置いてある「つけまつげ」をつける。

帰宅したら、(手を洗った後)

リビングに真っ先にいき、あれこれやるので、

つけまつげを外すのも「リビング」が最適でした。

このつけまつげの「つける」「はずす」という一連の流れが、

「リビング」でした。


(洗面所は、外すことは理想でもつける場所としては鏡が遠いので却下でした


もちろん、その場所が「洗面所」ならそこに美しく置く。

もちろん、その場所が寝室ならドレッサーの上に置く。


飾るタイプなら、

いちいち引き出しにしまうことも必要ない。


・・・・・という発想から


「インテリアつけまつげケース」にしました



引き出しにしまう、隠すという動作は、

そこに

「つけまつげケースを出して開けて、入れて閉じる」という動作も

加わります。


毎日の事ですから、

より負担が少なく、

”つけまつげにとっても心地よい場所”

を、

使う人とつけまつげが感じられたらな・・・・


と思いました



では、簡単にまとめます。  ←え? これまでの文、いる?


つけまつげは「外す場所」から考える 
      ↓
毎日、きちんとしまうのはストレスに感じる 
      ↓
見える場所に置くのが便利な人もいる 
      ↓
じゃあ、飾っても美しいもの
      ↓
さらに、つけまつげも、よろこんでいる (気がする 笑)

      

こんな感じです



最近は、

「いかに、つけまつげを高貴にもてなすか」(笑)

だけを考えています


大切に扱った分、応えてくれると、信じて

(下心、丸出しだろ



書いていて、

「私って、いちいち面倒くさい女だよな」

と思いつつ、


「あれ?なぜ、つけまつげケース飾ろうと思ったのだっけ??」

とならないよう、

記録しておきました


ここまでお読みいただきまして、どうもありがとうございました

 なんだか、うまくまとまっていませんね すみません




つけまつげケース専門ショップ【fringe shop】

この記事をはてなブックマークに追加

fringeつけまつげケース&美調整つけまつげ、『途中経過』です。。。。。。

2013-01-29 | ☆アレンジつけまつげfringe
ふうっ。。。。。


一歩一歩ですが

現在の状況です (記録しておきたいと思います)




【インテリアつけまつげケース】


◎ガラスアート (湘南 ガラスアーティスト jonasさんの作品)

男性の目線から、「可愛いと思うもの」に仕上げて頂きました
 そういえば、先日、テレビをつけましたら、偶然、
 (日曜日の朝の番組に)jonasさんが出ていてびっくりしました
  湘南特集?だったとか・・・・ 

  サンプルが出来上がりまして、只今商品準備段階です。


◎ステンドグラス (湘南 ステンドグラス 有賀さんの作品)

  只今、サンプルをお願いしている最中です。「南国カラー」でお願いしています。



【携帯用つけまつげケース】


◎南国画アート  (Hawaiian art designer MIYUKIさんの作品)

  商品ができあがり、準備しています。


◎切り絵アート  (切り絵アーティスト Wild Booさんの作品)

 只今、デザインなどお願いしている最中です。南国モチーフでお願いしています。


◎ステンドグラス (湘南 ステンドガラス 有賀さんの作品)

 只今、サンプルをお願いしています。「南国カラー」でお願いしています。


◎七宝焼 (保留中)


 う~ん・・・・・・

 七宝焼きですが、
 サンプルをお願いしておりましたが、
 やはりサイズのこともあり、数量のこともあり、
 技法によっては、
 「想い描く」ものができず

 ある技法によっては、「理想のもの」ができても
 ロット数や価格の問題があり
 ・・・・ちょっと保留中です。


 
【アレンジツィーザー】(東京の精密ピンセットメーカー=特注品

 商品出来上がりました 本当に、嬉しいです。。。。
 
 難しい注文や面倒な相談にも親身に相談に乗って下さいました。
 ツィーザーも作品として大切にしていきます



【美調整つけまつげ】(外国のメーカーさま)

 サンプルができあがり、送っていただく予定です。

 見た目、やっぱり普通のつけまつげなので、

 ・・・私にもわからん(笑)  ←おい、しっかりしろ




すべて、fringe商品として、お願いしているものです。

「つけまつげケース???」と

どのようなものになるかわからない状況の中で、

快くご協力いただいておりますこと、

心から感謝しております。


私がやるべきことは、それぞれの作品を

「つけまつげケース」

として、仕上げていく作業です。



fringeのオリジナル「パールのつけまつげベッド」と

アーティストの作品が

うまく調和するように、

そのことだけを考えております。




掌にのる小さな世界に、

大きな美のアートを込めて、

fringe

・・・頑張ります





どうぞよろしくお願い致します





つけまつげケース専門ショップ【fringe shop】

この記事をはてなブックマークに追加

fringeつけまつげケースの『カラー』は【南国イメージ】を表現☆

2013-01-26 | 【fringeつけまつげケース】
fringeカラーは「白(アイボリー)」と「ピンク」なのですが・・・・・


つけまつげケースは、

やっぱり、色々な色を展開していかないと・・・・

とどこかで思っていた(・・・無理に増やすつもりもないが)


でも、

fringeとして、「青」「緑」「黄」を

どのように扱っていけばよいか、

ずっと悩んでいた。(やっぱり、やめておこうかな、みたいな



色は私の専門の一つなので、

とても重要・・・・というか

とくに

こだわりがある部分なのだ。



昨日、打ち合わせで「サンプル」が

オレンジとグリーン系という、

全く頭にない色だったのだ


もちろん、嫌いな色ではない。

さらに、「サンプル」がこの色しかなかっただけで、

希望すれば理想の色になる。


ただ、

ちょっと視野を広げてみて、

このカラー達を

fringeとして、どのように展開していくべきなのか・・・・・

と、考えてみた。



そこで、突然、ひらめいた



fringeのイメージである「貝、パール、海、南国」から、


『南国イメージを表現しよう






実は、今回の作家さまのものは、

複数の色があるから「美しい」ものなのだ。


「青」も「緑」も「黄色」も

どれも美しい。


この美しい色を「イメージカラーではないから」という理由で

展開しないには、もったいない、と。



そこで、


「赤」「青」「黄」「緑」「白」を

ただの1色ではなく、

いくつかの同系色を組み合せて(グラデーションのイメージ)

【南国カラー】

を表現すること。



赤・・・「海から見える朝焼け」=赤紫~ピンクで表現

青・・・「波しぶきと海」=青~エメラルドグリーン

黄・・・「南国の日中の日差し」=オレンジ~イエロー

緑・・・「美しい海の浅瀬」=エメラルドグリーン~ライトグリーン

白・・・「波しぶきと海の泡ぶく」=透明の白~ホワイト



という風に、

色の組み合わせで【南国イメージ】を表現し、

「色の物語」をつくろうと



これで、

スッキリしました



fringeカラーではなく、

「色の中に物語をつくり、fringeを表現する」

という発想に変えました



fringeのカラー展開は、(すべての商品が複数色の組み合わせではありませんが)

すべての色に「意味」があり「物語」があります



もちろん、表記はわかりやすくシンプルに

「赤」「青」「黄」「緑」「白」

と記します




ただ・・・・その色の中に、


「南国物語」  (なんだそりゃ)


をみていただけたら、すごく嬉しいです 




色、一つでも・・・・・


ふうっ。


頭、疲れました



   今日、特注品の【アレンジツィーザー】が届きました

     
      ゆっくり・・・頑張ります。。。。 (いや、ペースあげろや




つけまつげケース専門ショップ【fringe shop】

この記事をはてなブックマークに追加

美調整つけまつげ【アレンジセット】のポーチです☆(ピンクへ込めた思い 笑)

2013-01-25 | 【fringeつけまつげケース】
fringe美調整つけまつげ【アレンジセット】のポーチ、届きました




このポーチには、


◎アレンジツィーザー (しつこいようですが(笑)、特注品)←嬉しくてたまらない
 
◎携帯用つけまつげケース(専用プチ袋つき)

◎美調整つけまつげ


が入るようになっています


横幅15cmです。(ツィーザーは11cm)です。



このポーチはあくまでも「おまけ」的なものです


つけまつげの美調整はたぶん外ではやらず、

ご自宅でやると思いますので、

ちょこっと入れるものがあると便利かな・・・と思いました



大きさのイメージですが、

ついてくる携帯用つけまつげケースと比べてみますね


こんな感じです ↓






色は、本当は「アイボリー」系が理想でしたが、

このくらいの大きさになりますと「汚れ」が目立つ恐れがありまして・・・・


fringeのカラーのもう一つの「ピンク」にしました


エンジの方が大人っぽいかなあ・・・・

と迷いましたが、

いや、ピンクにしました   ←なんだそりゃ 




以前、カラーを専門にしていたころ、

年齢を重ねれば重ねるほど

『ピンク』

という色は女性にとって「鍵」となる重要な色と

はっきりわかったからです



色は、

思っている以上に、”とても”影響しています



というわけで、


すんません。

「サプリ的」感覚で、ピンクにしちゃいました


ピンクがお好きでない方でも、

おうちで使うものですから、

「サプリ」的に、おいてやってくださいね




では、これから仕事の打ち合わせに行って参ります





つけまつげケース専門ショップ【fringe shop】


この記事をはてなブックマークに追加

『直感』で、決める?! (つけまつげケース”メイン”のラインの名前変更??)

2013-01-24 | 【fringeつけまつげケース】
『直感』に従い・・・・すぎだろ、とたまに、思う



実は、

つけまつげケースの”メイン”のライン

『エッセンス』ですが、

”ある素材”をメインに考えていたら浮かんだ名前なのです。


ですが・・・・

この”ある素材”、

なかなかデザインが思い浮かばず

ピンとこないままでいました



すると、

昨日、

本当に突然

また別の違うものが浮かび、

「こっちを、新しい”メイン”スタイルに・・・・どうかな?」

と、なんとなく、思ったのだ。


でも、まだどうなるかは・・・・わからないのだけど



でも、

この”新しいスタイル”が浮かんだら、

また突然


メインのラインの名前が

【アラカルト】

と、浮かんできた



・・・・たしかに、

こっちの方が、しっくり、くる。 気がする。



アラカルトを調べたら、

「自由に選べる、1品料理」みたいなことが書いてあった。


料理ではないが、

なんとなく、ピンときて、しっくりきたのだ ←やっぱり、単純



最初の”ある素材”でイメージすると、

たしかに「エッセンス」と浮かぶ。


だからきっと、”ある素材”でのデザインが完成したら

「エッセンス」ラインとしていくのかもしれない。(いや、わからないが




私はこの『直感』みたいなものを (いや、”なんちゃって”かもしれないが

非常に大事に考えているのです。


たまに、「あれ?違ったな」と思うこともありますが


とりあえず、

【アラカルト】の方が、新しいイメージのものにピンとくるので、

こちらに変更したいと思います



どうぞよろしくお願い致します

    ・・・・商品は、まだ全然並んでおりませんが。。。。


つけまつげケース専門ショップ【fringe shop】

この記事をはてなブックマークに追加