大阪が日本一おしゃれ?!(トップスタイリストの話)

2015-05-29 | ♪美ブログ
なんとなくテレビのチャンネルをかえたら

色々な県の特徴を比べる?番組がやっていた


「大阪はヒョウ柄とか・・そういうイメージ。
 神戸が一番おしゃれ」

インタビューを受けた人たちが

そんな感じの事を言っていた。


私ももともと神戸はとてもおしゃれなイメージがありましたが

実は、

大阪のイメージが全く違うことに気づかされたのです


それは昨年の秋、

トップスタイリストのTさんとご縁を頂いた時の話です

 ☆その日の記録はこちらです→☆


トップスタイリストのTさんは

国民的スタートいわれるス○ッ○の担当もされていて

なんと

キ○○クさんのお子さまの七五三の

トータルコーディネートもすべて任されるくらい

信頼されているスタイリストさんです

(キ○○クさんの奥様も第一線で活躍されている頃からの仲だそうです)


そんなTさんですが

私が一番感動したのは

「パーソナルカラーを
日本に持ってきた第一人者」


であったことです


大学生の頃、

大学の他にカラーの専門学校に2つも通っていたくらい

カラーというものにのめり込んだ私ですが

そのカラーを日本に持ってきた人と

直接お会いできることの方が

私には重大なこと
だったわけです


さらに、

そのご本人から

直接、「パーソナルカラー」診断をしていただいた
のです


もう・・嬉し過ぎました


だから

トップスタイリストということも素晴らしいですが

「パーソナルカラーの第一人者」でもあるTさんは

私とっては大先生のようなお方なわけです


さて

そんなトップスタイリストのTさんが

色々な話しを聞かせてくださいましたが、

とても印象的だったのが、


日本で一番おしゃれ、流行が最も早いのは

  大阪です。


 これから(その当時)淡いピンクが流行る予定ですが
 大阪ではすでにそのピンクが広まってきていますね。」


と話されていた事でした


私の勝手なイメージも


大阪に比べると東京のほうが保守的に感じ、

大阪は、

「勢い、勇気、チャレンジャー」な

そんなイメージがあります。(勝手なイメージですみません


おしゃれ・最初のものには勇気が必要ですよね?

まだ誰も身につけていないようなものを

最初につけるのは不安があると思います。


とくに日本では「誰かが身につけてから」が

安心する、

そんな空気みたいなものがあるというか・・


だから

そこは大阪の人たちの

「元気、勇気、勢い」のお陰で突破口になっているのかな・・

そんな気がしたのです

(イメージでほんとすみません



実は

私のWEBショップで

オリジナルつけまつげケースを初めて買ってくださったのも

大阪の人なのです


何万円もするもので

さらに実際に手に取ってみられない状況で

しかも

完全オリジナル商品(個性的な商品)で、

そんな中で購入してくださって、

・・心から感動してしまいました


その印象がとても強くあったので、

大阪の人はどんなものでも目に留めてくださるのかな」



尊敬にも似た気持ちが溢れたのです。


つけまつげサロンのレッスンの時に

つけまつげケースを実際に「見て」から

購入して下さいましたのは東京のお客様でした

(23区のとてもおしゃれな場所に住んでいらっしゃいます)


一番最初につけまつげケースを購入してくださったのが

大阪、

東京

とはっきりしていて

私自身がとても勉強になったことを覚えています





トップスタイリストのTさんと

ご縁を頂いて、

しかも

ご本人に「パーソナルカラー」診断もしていただいて

今振り返っても贅沢な時間であったと

しみじみ思います


頂いた「サマー」のスウォッチ(色見本)、

宝物となりました


お客様との出会い

全ての出会いに

感謝致します。



 P.S 初の一人旅で行った大阪、
  また行きたいなあ
  大阪も関西弁も大好きです

引っ越して2ヶ月。。。(日記/記録として)

2015-05-28 | ♪日記
新しい場所に引っ越してきて

2ヶ月になります


とはいっても

湘南の近所から近所への引っ越しですが


先日、テレビ台も来て

昨日、壁掛け時計も来て、

ようやく「仮住まい」みたいな生活から

少しずつ形になってきました


壁掛け時計なんて

もうずっと悩んで決めたのに

来てみると大きすぎでびっくり

(壁時計なんてだいたい同じ大きさかと・・)←計って買えや


まあ、

ソファーも、先日来た観葉植物も、

最初大きくて焦るのですが

時間が経つと慣れてきて

「このくらいの大きさで丁度良いな」

と思ってくるから不思議です


ということで

たぶん、時計もそのうちなじむと信じています


今月から仕事の準備で集中しているので

しばらくはお家のことは後回しになりますが

ゆっくりゆっくり選んでいきたいと思います





先日から探していたファンデも

「色」がすべてなので

あっけなく決定


もっと時間がかかるかなあ・・と思っていたのですが

似合わない色はすぐにわかるものですね


「美容熱」も本格的に復活してきたようなので

また色々始めたいな・・と思っています


ということで

ずっと放置していた

「バストトップピンク」ですが、

2クール目、

再開したいと思います


仮住まい生活では

毎日お風呂に入れなかったですし

とても寒かったので

バストケアどころの話ではなく

生活していくのがやっとでした


これまで注文していたスティーバが見当たらなく、

調べていると

新しいトレチノイン?に変わったみたいなので

そちらで試してみようと思います


リスクの高いものなので

何かありましたらすぐに使用を中止したいと思います


私は顔にぬる勇気がないため

今回も「バストトップピンク」と

「脇の美白」でいきたいと思います

(見えないところで試してみます


そろそろ頭蓋骨矯正も行かないとな・・・


 P.S 生活リズムを少しずつ取り戻しています

ももかさんに会いに☆ (すべては自分のために起こっているという考え方?)

2015-05-27 | ♪なんちゃってスピリチュアル
先日、

引っ越ししてから初めて

ももかさんにお会いして参りました


占いの仕事をされていらっしゃるので

普通は引っ越しを決める時などに会いたいと思うものかもしれませんが

私は基本、

自分で決めたがりで

占いも、良いことしか信じないタイプ


あくまでも占いは

「元気が出るため」「背中を押してもらうため」



自分で決めています


ももかさんという人柄が大好きなので

会いに行くことが目的なのですね

(占いはいつもついでですみません


なので

あえて引っ越しなど、

全部終わってから行こうと決めていたので

先日ようやく会いに行ったわけです


ももかさんは

物事に「良いも悪いもない」という考えなので

占いでも怖いことを言いません。


すべて自分の為に起こるものであり

必要だから必然的にそうなっている、


そういう物の見方なのです。


以前、ももかさんのブログを読んでいて

すごくスッキリした覚えがあります。

「占いも、方位も、絶対ではない」

という内容のもので、

私がこれまで占いに対して疑問?に思っていたことを

すべてクリアにしてくださいました。


いくら「吉の方位」といわれても

行けないことがあります。



何故か「凶」とされる方位ばかりに行く(行かされる)場合が

あります。


それは

その方位へ行く必然性がある

ということ



・・・だそうです


なので

タイミングが良いときは

自然に吉方位へ行っていたりするもの
らしいです。


そして、

「はたして、吉方位だけ行くことがいいのかどうか?」

とも言っています。


私も感じていた疑問だったので

とても共感できました


良い事、良い物を選ぶだけが

人生のテーマではないと思っているからです。


さらにももかさんは

ある所へ行こうと決めていたら

その方角、日にち、全てにおいて

「凶」
だったそうで

それでもそこに行く必然性を感じ

決行したとか


そういうチャーミングな精神

私が惚れてしまった部分なのです(笑)


私も、もしもそういうことがあったら

「何か起こってみやがれ、このやろう」精神

参りたいと思います(笑)


そう、

自分に起こること

決めたタイミング、

それが一般的に良い悪いあっても

結局、それは自分に必要で起こっている

私は思っているのです。


どんなものにも

色々な面があると思っているので

同じ体験をしても

見る側面が違えば結果も得る物も違う。


結局は

自分次第。


良い見方をするようにすれば

たとえどんな状況であってもそこから得られると思うし。


親しくさせて頂いているももかさんも

信頼しているヒーラーさんも

結局は人柄が好きなだけ(あ、能力も本物ですが


その人がどんな考えを持っているか

能力以上に重要だと思っています。(人間性ですね)


そういう意味で

私は本当に出会う人に恵まれていると

感謝の気持ちでいっぱいになります。


これまでも

出会いだけでなく「離れる」人もいました。


でもそれも「時期」だったと感じます


お互い必要な時期に出会い、

その意味やテーマが終わると

自然に離れさせられたり。


だからまた、

新しい出会いがあったり。


結局、

今の自分に必要な人だけが繋がるのだな

・・そう実感しています


だからこの先も

「離れていく人」も

「出会う人」も

すべて必然だと思って受け入れて参りたいと思います



ももかさんに

「ユミカさんとは(占いとか関係なく)ランチ友達に加えてください

・・そのように言って頂けて、

とても幸せでありました


 P.S これからも「離れる者追わず」「出会いは大切に」の精神で行きます

お化粧は『ファンデ』で決まる?!(ファンデの旅、再び?)

2015-05-26 | ♪美ブログ
もうずっと昔から

「お化粧はファンデで決まる」

と感じていた


あ、

仕上げのうまさとかではなく、


『色』。


これがすべて。



大学時代に

カラーの専門学校に2つ通っていましたが

そこで学んだ時に実感し、

さらに

お化粧品関係の仕事をしていたときも、

2つのメイクスクールに通っていたときも、

本当に、実感した。


テレビに映る女優さんなどは

色よりも仕上がりが大事なのかもしれませんが

日常生活では

絶対に『色』がすべて、

そう私は思っているのです


私が大学生の頃は

ブルーベースのお肌に合うファンデは

ディオール、マックスファクター、エスティーローダー、ランコムなどが

思い出されますが

その当時は

シャネルや資生堂など

ブルーベースのお肌に合うものが

なかなか見つからなかった記憶があります


今は当時と違うので

色のバリエーションやベーストーンごとのお色も

充実されているのではないかと思いますが

現在私が使用しているファンデは

「お粉ファンデ」のオンリーミネラルファンデなので

その他のお化粧品には本当に疎くなりましたね


さて、

オンリーミネラルも

実は最初の頃は色が今ほどなくて、

17/18番の色が出たときは

「やっと出ましたか・・」

と心から嬉しくなったものです


化粧品などはカラーコーディネーターがいるはずなのに

どうして

ブルーベースのお肌に合う色が無いのだろう・・

とても不思議に感じていたので

スッキリしました


ベアミネラルファンデ時代から

お粉ファンデにはまっていましたが

3色からしか選べなかったので

オンリーミネラルが出た時は本当に嬉しかったですね


さて

オンリーミネラルですが

チークの色がピンとくる色がなく

そこで

「ETVOS」のチークを取り寄せていたのですが

このブランドも

うちの近くのお店の

オンリーミネラルの横に並ぶようなりました


今までは気にならなかったのですが

実際、このブランドの『お粉ファンデ』も並んでいると

すごく気になりだしてしまいました


ただね、

たぶん「合うだろう」と思える色は

1色しかないので

この色が合わなければ却下なのでスッキリするのですが


「合うかどうか確かめる」

のは

じっくりやらないといけないので・・


思っている以上に

大変な作業
なのですね


最初のチェックは

大好きな下地や日焼け止めとの相性の問題。


下に塗るものによって

「色の出方」が変わる
ので

まずココが重要なのですね


基本、下地をぬらずそのままお粉を塗る、と

書いてあったりしますが

実際は日焼け止め、塗りたいですしね


そうなると

日焼け止めによっては

「濃く」ついてしまったり

うまく塗れなかったり

全く違うものになってしまうのです


なので

相性の良い日焼け止めを見つけたら

そこからやっと

「色」

のチェックができる
わけです


私がもう長年使用させていただいている日焼け止めは

オンリーミネラルととても相性が良いと感じています。


オンリーミネラルでは

基本ファンデの「合う色」はわかっているので良いのですが

実は

オンリーミネラルの中でも

色々な種類が出てきて、

「こっちのファンデの方が良いのか?」

気になることに


SPFが高いものはどうしても惹かれてしまうのですが

また1から「色」をチェックすると考えると

色々な状況から見ないといけないので

おっくう


色のチェックは

自宅の鏡、蛍光灯の下、できれば日中の外など

様々な状況で見て

「綺麗に見える、色が合っている」

と思えばOKな色となります。


サンプルは

片方の顔の頬の上の部分と

口の横辺りの頬に指でなぞり色を見ますが

・・これって、恥ずかしいですよね


でも

いちいち購入しても、合わなければ無駄になり

ましてやお粉系って

全然減らないので

一度買うとずっと長持ちすることになるので

非常に慎重になってしまいます


似合わない色のファンデは

使いませんからね


色を決めるのにも相当な労力がいるわけですが、

さらに

質感も頭にいれなければなりません。


質感は、合っていないと

「テカっている」

「塗っている」と

仕上がりの雰囲気にとても影響されます


色、質感ともに

「似合う物」が最高にお肌を美しくみせてくれます


と、勉強しました



お粉系で「くずれにくく」するには

日焼け止めなど

下に塗る物がすべてなので

一番最初の「下地との相性チェック」

最初の仕上がりだけでなく

時間が経ったときの「崩れにくさ」

までチェックして終了
となります。


・・ふう。


ファンデを決定するまでには

色々チェックしなければならないものが多いです


私は特に

そばかすやシミが子供のころから多く、

今でも

人の倍、日焼けに気をつけて

やっと人並みレベルとなるわけです


似合わないファンデでは

すぐにシミやそばかすが目立ちますし、

人よりもお肌が強くないため

ファンデの効果が非常にわかるのです。


もしも私が綺麗なお肌だったら

ファンデについてあまり深く考えなかったと思います


シミやそばかす

くすみ?に悩んだ子供時代。


コンプレックスがあると
とことん向きあう
ので

「何が良いか」がわかるようになりますし、

逆に良かったです


そう、
つけまつげも
(笑)


まつげが減ってしまったからこそ、

真剣につけまつげを勉強・研究しましたね


コンプレックスだらけなので

これからも

色々なことをマニアックレベル

勉強していきたと思います


 P.S さて、ファンデどうするかな・・


後日・・

結局、色が合うファンデは2つでした

 色が合わなければ問題外なので

つけまつげレッスンをどう伝えていくか、が問題?

2015-05-24 | ☆アレンジつけまつげfringe
先日、

本当に久しぶりにSちゃんとお茶をしてきました


色々話していて

仕事の話の流れから


「つけまつげのアレンジレッスンって
 たぶん、『私にはできないかな』って思っちゃうんじゃないかな?」

ってSちゃんが言った。


そっか・・

・・・そうかもしれない


不器用な私が考えた、
私ができるくらい簡単で
アナログなやり方
ということも

・・伝わりにくいと思う


でも

つけまつげサロンの特徴を表すならば


『カールが自由自在&自分に似合うように合わせる』

ことが一番大事で

これをまず伝えたくなってしまう。


そうしないと

一般的なつけまつげと「何がちがうか」

はっきりわからない気がするから


ページを見て頂いたときの

一瞬で

『何を伝えたいか』

を考えたとき、


これも大事

あれも大事

とどれも言いたいことになってしまう


でも言いたいことを伝えても

見てくださった方が


「あ、私にはできないかも」


という印象を与えてしまったら

内容も何も、意味がなくなってしまう


そこが考えられていなかった


自分では

「不器用な私が」という思いで書いていても、

ページを見て下さった相手は

私が不器用だなんて知るはずもない。


私がお化粧品売場が苦手なように

美容系のサロン独特の

「怖さ」

を感じさせているのかも・・しれないと


考えていたようで

抜け落ちていた部分だったかもしれない



私がもし

つけまつげ初心者で

何もかもわからなかったら

「つけまつげを操れるわけがない」

とたぶん思う・・気がする


そんな不安な中で

お化粧ばっちりなイメージの

美容系サロン独特の空気をイメージしたら

私も

行かないな



うん絶対。



これまで来て下さっているお客様は

ほとんどの方が

このブログか

つけまつげ研究ブログを

読んで来て下さっているので

「私がこんな感じである」

ということを理解されていらっしゃる


でもSちゃんが言うように、

お友達に紹介してくれる時などに

いちいちブログを読んでとか言わないですから

「つけまつげレッスン」と聞いただけで

その印象が決まってしまう


何事もそうですが

やっぱり

「何を伝えるか、どう伝えるか」



一番難しく、一番大事

であると気づかされます。



そうだった・・


2011年の

手作りつけまつげのサロンをスタートした頃、

初めて来てくださったお客様に

「来るのにすごい勇気、いりましたでしょ?
 ・・本当にありがとうございます」



その勇気にとても感謝したことを覚えています


そうなんですよね、

とても勇気がいるとわかっているのに

それをどうしたらよいか

どう改善していったら

まだわからないでいるのですね


つけまつげサロン自体、

あまりないですから、

余計に不安ですよね



不安を解消し、

「簡単なやり方」であることをお伝えする。


その中で

「一般的なつけまつげとの違い」

をわかりやすく説明する。


一瞬で。




・・これが課題なのかな、

と感じています


こう書くと本当に難しいですけど



だからこそ、

これまで勇気を出して来て下さったお客様に

いつもいつも本当に感謝しています。


そして、

つけまつげを似合うように操り

最高の自分になれますことを

祈っています



これからも

すべて勉強だと思って頑張って参りたいと思います


そして

ゆっくり自分の理想のサロンの形にして参ります。


いつの日か、

「だいぶ改善されましたね」

とブログを読んで下さっている方に

思っていただけますように



 P.S 今後は「ブログやネットを見ない層」へ
 どう伝えていくかも課題です・・


つけまつげレッスンサイトはこちらです→☆

つけまつげ研究ブログはこちらです→☆