気持ちの動く方向へ?(考えるのをやめてみる)

2018-04-25 | 大切な想い♪
このブログでも記録するのですが

たまに「海の中でプカプカ浮いている」状態のような気分になる。


それも波のある浅瀬の方ではなく

深い深い、静かに思える海。


船の上に乗っていて

方向性が出るのを待っているような感覚。


私はいつも『流れに任せる』事を基本にしていますが

これは

状況だけではなく「感情」もそう。


自分の感情・気持ちの方向性が出るのを待つ。


焦らず、流れに身を委ねたまま、

自分の感情の行方を待つ。



**********



ここ数年間は特に流れに任せているのですが

感情面もわりとはっきりわかりやすい感覚でした。


自分がどうしたいのか。


でも今はとにかく〈もや〉みたいなものがかかっていて

自分の感情がはっきりしない。


ずっとぼやけた感覚なのだ。


あ、

今書いていて少しわかった気がする。


今は考えることをしたくない


そっか、

今は何も考えたくないのだ。


はっきり答えを出したくないというか

自分の想いがまだわからないのだ。


こんな感覚は何年も経験していなかったような?


時の流れに任せていると

その早さに自分の感情がついていけず

自分が何を思い

どうしたいのかわからなくなってくるのかもしれない。


でも、とりあえず

自分の感情の方向性が出るまで

無理をしないで流れに任せていきたいと思います


感情が『無』ならそれもまたよし。


あれ?


なんか昔、このブログでも

自分が『無』になったみたいなことを書いたような覚えがある


そっか、

無いようで何度もあったのかもしれない


書いているうちになんか思い出してきました(笑)


気持ちが下がっている、上がっている、とかじゃなくて

本当に何も考えられない、考えたくないという感情。


今はただただ何も考えずボーっとしていたい。


ということで、


しばらくは頭の中を

『ボーっとさせる』

という方向で参りたいと思います


 P.S ただたんに美容熱にエネルギーを奪われているだけかも

   (それだな

この世の最期で『後悔』するものとは?(ある統計?)

2017-11-29 | 大切な想い♪
以前、

死を目前にした人々が人生を振り返って

「後悔したことは?」

という問いの答えをまとめたという本を知りました。


詳しく読んではいないのですが

その問いの第一位が


『挑戦しなかったこと』


というものでした。



多くの人が、死ぬ間際に

「あれやっておけばよかった」

「これもやってみたかった」

「やってみなきゃわからなかった」




後悔しているという。


今思えば

どうしてあの時、今よりもっと若いとき、

失敗を恐れずチャレンジしなかったのだろう・・・


私もよく思ったりします。


10代20代を振替っても

確かに「やらなかったこと」をすごくもったいなかったなと

今でも強く思ったりします。


その年齢でやらなければいつやるの?

というものほど

絶対いつか後悔するのかもしれない、と。


勉強もそうかもしれないし

恋だってそう。


年齢関係ないチャレンジももちろん。


やりたいことは年齢関係なく

「今」

と思ったらやればよいと思うのですが、

ただ、

失敗することも思うと

若ければ若いほど痛みはすくないんじゃないかと、

今でも思う


結局、その不安から

自分を生ぬるいルートへ進めてしまったりするのですが。


でも

タイミングやその時にした選択は

どれも間違っているとも思えないんですね。


振返ると「何もやってこなかった」ように思うだけで

本当は

いつもいつも選択の連続だったのだと気づく。



ただ、「不安なもの」「怖いもの」「失敗が大きいもの」

という

そういうものは避けてきたし

人生振返ったときに浮き彫りになるのが

この「恐れに勝てなかったもの」ということなのかもしれない。



********



死を目前にした人達の多くは

「やらなかったこと」を後悔するという。


やってしまった後悔より

やらなかったことへの後悔。


やめるのはいつでも一瞬でできるけど

「やる」ことは『今』しかできない。



挑戦。チャレンジ。


自分を超えることをする勇気。

失敗を乗り越えるだけの強さ。


お金で買えないもの。

物で満たされないもの。


結局は「経験」だけが

人生の財産になるのかもしれない。



そう思うと、私はまだ何もやっていない気がしてくる。



20代にチャレンジしたいことはいっぱいあったけど

2つの道のうち、別の方を選んだ。

でももちろん後悔していないし

これで良かったと思うし

こうなることは決まっていたと思う。


でもやっぱり

チャレンジしていない別の方も

いくつになってもその思いは消えることはない。



そう、消えないものなのかもしれない。



やりたかったことは

きっと一生消えることなく残るのかもしれない。


だったら「やってみる」しかないのだと思う。



それが人生の最期まで残るのかもしれない。



 P.S いつやるの?『今でしょ』は結構深い。。。

自分にとって『幸せ』『成功』って?!

2016-06-13 | 大切な想い♪
先日、大変お世話になっているももかさんと

ランチをしながら色々お話しました


その中で、

「成功や幸せって、その人にとっての基準が大事で、
世間一般的なイメージのものがあてはまるわけではない」

と。

当たり前のようで

わかっているようで

でも実はちゃんと考えていなかったりする


私もここ数年でようやく深く考えるようにはなってきたものの

それでも「成功」とするイメージは

仕事できちんと成果が出て

大きなお金を稼いでるイメージ


ももかさんが、

「私の仕事もね、『有名になる』ことが成功とされているイメージでね。
でも、私は有名になりたくないの。
だって、お買い物している時に気付かれるの嫌だもの

と。

確かにビジネスでも顔出して有名になることが

「成功」とされているイメージもあると思う。

それが「人気」や「お金」にも繋がるものだからかな?

(また逆に、会社の成長とともに社長が有名になるというか)


ももかさんは世間一般に「成功」とされている沢山の人達から

信頼され慕われているけど

ももかさん自身は確かに顔出ししないし控えめなのです。


ももかさんのお仕事は「どれだけ多くの人から慕われ、人を助ける」かで、

そこに『有名』かそうでないかは一切関係ないのだ。


今は「知る人ぞ知る」という範囲の中でも

これだけ有名人や著名人が集まるのだから

これが世間一般に顔出しして有名になったら

増えすぎて仕事にならない気も・・します


顔が売れて有名になったから「実力」があるとも限らないし

知る人ぞ知る、と言われている中に『本物』が多いということも

実感している。


*************


私にとって何が「成功」で何が「幸せ」なのか。


ここ数年で私にとって一番大事なものは

『人』がすべて。『人』が最も大事。

とはっきりわかっている。


もちろんお金も沢山稼ぎたいけど

それはあくまでも

「大切な人達と楽しみたい」から。


『人』がいなければ

沢山お金があっても意味がないと感じたのだ。


昔から別荘が欲しいと思っていたのは

「大好きな人達とゆっくりのんびり楽しみたい」

と思ったからで

そこに『人』がいなければ

別荘を持つ意味さえなくなってしまう。


私一人だけならそんなものいらない。


でもお金を稼ぐ上で「目標」がないとやる気が起こらないから

自分で別荘」というニンジンは常に持つことにしている


仕事の「成功」は

もちろんお金を稼がないと始まらないけど

でもそれ以上に

「商品のファンになってくれる」ことが

私の最大の成功、幸せ。


一人でも「ここの商品が好き」と言ってもらえること。


もちろんその人数が多ければ多いほど嬉しいけど

大勢の人が「60%の好き」より

たった一人でも「90%好き」が

私は幸せなのだ。


こんな甘い考えだからいけないんだけど


マニアックな商品だからこそ

この「ツボ」をわかってもらえたら本当に嬉しいし

作った意味があると思えるのです


まあ、やっぱり経営には向かないのかも

だめだこりゃ


*************


私にとっての「幸せ」は

大好きな人や大切な人がいること


心から安心できて信頼できて

一緒にいるだけで幸せを感じられる人達に出会えたこと。


本当に幸せだあ・・と思う


こちらからの片思いだけでもいいのだけど(笑)

相手からも大切にしていただける場合は

もうこの世の全ての運を使い果たしたような

思い残すものさえないという気分になります


このように書いていても

別に沢山の人でなくていいのです


むしろすごく沢山の友人がいるわけではないからこそ

有り難さも人の何倍もなのかな?



雨の日に、しみじみ想ってみましたが

「自分にとって」の『成功』と『幸せ』を

これからも意識していきたいと思います


 P.S 明日は中学の友人達とランチデートです

 (仕事しろや

大切なもの☆  (素敵な贈り物♪)

2014-05-09 | 大切な想い♪



昨日、お仕事でも大変お世話になっている

ハワイアンアートデザイナーのMERIAさんから

素敵な亀さんを頂きました


これ、クローバーをしょっていて

すごくかわいいんです


MERIAさんて

ほんとうに繊細で色々なことに気がつき

見習うことだらけです


温かな気持ちが溢れた幸せな一日となりました


MERIAさん

いつも本当にどうもありがとう。




昨日は

以前定期的に会っていたSちゃんから久しぶりにメールを頂き

近況など色々聞きました


ちょこちょこ会っていると

色々な変化に気づきにくいですが

久しぶりに会うと

「あれから色々あったな・・・」

と気づけるから、それもまた楽しいものです


お友達の状況も

自分の状況も

いろいろと変わっていく中で


それでも

繋がっていて、何事もなかったように再会して。


こういうことが

本当に幸せだなあ・・・・

と、しみじみ感謝したくなります。


人生って

別れや出会いの繰り返しと感じる中で


いつまでも心にある大切な人がいるということは

本当に幸せなことであると感じます。



出会う人って

その時の自分にとってご縁のある人だと思うので

これからも一つ一つ大切にしていきたいと思います



今日はしみじみ・・・感じてみました




  P.S   人との関係も、すべて、流れに任せています






亀さん、歩いています


しみじみ、思う。 過去、今、そしてこれから。。。 (人生のテーマ、変更?!)

2014-03-12 | 大切な想い♪
東日本大震災以降

「人生」について考えることがとても増えました。


今でもあの日の感情がはっきりよみがえります。


「生きている」ということは

当たり前のことではないのだ、と。


分かっていたようで

でも実感なんてなかった。



今では、



『今』が1番大事で

『今』を大事にしよう、と。


明日なんて何があるかわからないから

『今』

を大切に生きよう


そうはっきり思うようになりました。

本当に心から思います。


一つ一つ楽しもう。

どんなに小さなことでも。



そういえば、

不思議なものを読んだことがあります。



『今』を大事に生きていると

実は

過去も未来もない・・・・・?


以前読んだ本に


「人生は、過去も未来もない。

 ただ、『今』がずっとつながっているだけ


とあり、

当時はあまり実感がなかったものの、

今では「そうかも・・・」という気がしています。


ただ、『今』という瞬間の羅列。。。。。





人それぞれ人生の目標とか

幸せとか

違うと思います


私って、なんだろうな 

そう考えた時、

最近特に思うことがあります。


『人』


です



実は

これまでほとんど意識していませんでした


もうすでに

素敵な人達と出会っていることもあり

「量より質だ」

という私は、意識して友達を増やすこともないかな・・・

くらいの気持ちがありました。


だから

『人』よりも


自分の出来ないこと・苦手なものを克服すること

そういう

『チャレンジ』 (またの名をドM精神)



人生の目標としてきました。



これはたぶん

学生時代から変わっていません。



この世に生まれてきて

「出来ないと思ったものをいくつ克服できたか」



神様に報告する気分でいました。


それが私の「今世のテーマ」という気がしていたから


あ、

私の出来ないもののレベルって

びっくりするくらいのレベルで


たとえば

この「パソコンで文字を打つ」

なんてのも

昔では

「スムーズに打てるなんてありえない」

と本気で思っていたし

それが今では(打つ速度は遅いものの

ブログが書けるくらいにまでなったことは

私にとってはいちいち感動なんですね←ほんとこういうレベルです


このようなレベルの苦手克服も

すべてが私にとって

神様への報告レベルなわけです(笑)


もう、

赤ちゃんが、立った、歩いた、とか

そういう感じ


小学生の頃から

勉強のできなさにひどいコンプレックスを抱いてから

「何かを克服する」

という快感にとりつかれてしまったのかも、しれない


これが

私の人生での目標みたいな感じになってしまった。



ところが



最近ね、

『人』

なのだと、深く深く感じるようになった。


ものすごい心の変化?が起こっているのです。


苦手を克服すること

仕事で結果を出すこと

自分で稼ぎ、自立すること


その前に

『人』

が大きくあるのですね。


すべては『人』なのだと。


当たり前すぎて

意識すらしなかったこと。


でも

これからは『人』ということに

意識していきたい、

そう強く思うようになった。


この世に生まれてきて

出会うべく人にどれだけ出会うことが出来たか



私にとって重要なテーマだったのだと



そう、

「人生のテーマ」が入れ替わるという

大きな転機



「苦手克服人生」というテーマから

「出会うべく人にどれだけで会えるか」

という人生のテーマに変更。


出会う人は

すべてご縁のある人だという。


それは一見

負の出会いに見えるものでさえも、だそう。


人は人で磨かれるといいますし

人ってとにかくすごいらしいのです


印象的なのが

家にこもって元気なかった人が

「人混み」に出て

元気が出るというもの。


人が人に影響する

最もわかりやすい例だそう。


もちろん

マイナス思考は

負を引きつけるといいますが


でも、長い期間、人と接していないと

体調(精神バランスも)崩したりするそうです。

(まあ一人の時間も大事なので、バランス、ということでしょう


どっちにしても

「人間の影響は強い」

ということのようです。



話を戻しまして・・・



縁がある人にしか出会えない。

でも

縁がある人でも

今世、間に合わない人もいるかもしれない

(いや、出会う仕組みはよくわからんが


私は「出会い」については

よく考えるほうだと思っていますが

「人生のテーマ」として

最重要と考えるよりはむしろ

当たり前のように存在しすぎていて

逆に意識していなかったのかな・・・・

という気がしてきます


自分でもあまりよくわからないのですが

とにかく

これからの人生のテーマが『人』

であることは、はっきりしました


過去

つい最近まで → 「チャレンジ」が重要


そして

こらから  →「人」が重要



人から学び

人に幸せを感じる『今』を大切にしたいと思います



  P.S ちょっと色々節目でもあるので「人生のテーマ」の見直しをおこないました