田中大ブログ

久留米高専教員の日々の雑感です。なお、このブログに記載されている内容のすべては一個人の意見であり、学校とは無関係です。

iPhone

2019年05月20日 | 学校風景
学生のiPhone所持率はどのくらいなのでしょうか?

というのも、我が家では子供の中学卒業を機にスマホを持たせるようにしましたが、スマホ本体はかなりマイナー(マイナーとはいえ、多分工学系ならばそこそこ知っている人も多いようなメーカー)なものをネットで購入し、それにMVNOの格安simを入れて、音声通話なしのデータ通信+SMSのみのプランにしています。
子供が言うには、クラスの学生の大半がiPhoneで、Androidのスマホを持っているのはクラスでも何人かしかおらず、さらに音声通話なしというのは自分だけということでした。

キャリアで契約すると、4人家族ではかなり高額になりますし、学生間の連絡はlineが中心なので音声通話なしでも特に不自由はないだろうとの判断なのですが、特に娘は現在のプランにかなり不満を持っているようで、「大人になったらiPhoneを買って、ギガももっと増やす」と言っています。

ま、大人になって自由にお金を使えるようになれば買えるでしょうし、大人になってからの楽しみがあってそれはそれでいいんだろうと思います。

それにしても、iPhoneを持つというのは、機種代値引きとかもこれまではあったかもしれませんが、それでも月々の料金はそれなりにするでしょうし、結構通信費にお金をかけているんだな、と思います。

うちは家族4人ともスマホを持っていますが、4人で通信費が2500円ほど、これにガラケー2台で月に3500円、家の固定電話とネット接続に4000円位で、通信費は月に1万円位でしょうか。
これでも多いような気がしますが、これ以上はなかなか安くなりませんね。

ネットやスマホが出てくるまでを考えると、信じられないくらい便利になりましたが、反面、やはり通信費というのは高くなっていますね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 授業再開 | トップ | チャドクガ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。