あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

ごとう和 著 「 生きるんだ 」

2009-06-29 22:06:06 | 日記
あまり、というか、少女コミックや、レディースコミックの世界は、男にとって 「 禁断の花園 」 みたいな部分があって、さすがの私も、「 悪女聖書(あくじょ バイブル) 」 はなかなか読みごたえあるじゃん・・とか思って、昔、読んでいた事もありましたけど・・「 悪女聖書 」 ってエッチな漫画じゃありませんよ・・「女性自身」っていう週刊誌に連載されていたのを、銀行に行った時に、時間潰しに読んでいただけですよ・・・

「 ゴルゴ30 」とか「 さざえさん 」 位かな・・コミック雑誌で読んでいたのは・・・

私の少年期は ブラウン管テレビが 白黒から、カラーになったって頃で・・・今は「地デジ」ですか?・・( 最近の薄型テレビの操作方法はよく判りません・・・)テレビ漫画が盛んな頃で、「 8マン 」「 宇宙少年ソラン 」「 鉄腕アトム 」「 スーパージェッター 」 とか好きでしたね・・・( ・・知ってる人います?・・・)

それはともかく、私の従妹が、ずっと以前から、漫画家さんのアシスタントやっていたんですけど、彼女の職業内容には あんまり関心持ってはいなかったんですけど、最近、彼女のアシストしている先生が、「 ごとう和 」女史と知って・・・ド、ド、ビックリ!・・

早速、アポ取りして頂いて、先ほどお電話でお話をさせていただいちゃいました・・ お会いしようと思ったんですけど、今、めちゃくちゃ お忙しいとの事・・

趣味として手芸やってる私とは大違いで、まあ、なんていう クリエイティブ なんでしょ!  女性は尊敬している私ですが、創作活動されている最先端の女性は、さすが、凄いですね・・

或る意味で 「 闘う女性 」 のお一人ですね・・・こうした方が、文化を支え、作りだしているんでしょうね・・・

タテイングレース文化の普及に・・・お役に立てるのか・・・大それた事考えてますかね~・・・私は・・・図々しい性格なんです・・・
コメント

初めて・・・・

2009-06-28 14:33:50 | 日記
部屋を掃除していたら、タティングを始めたばかりの練習に作ったモチーフがいろいろ出てきました。

いやあ~、懐かしいねえ・・・6年前の最初に作った作品、画像の左の 「黄色い花」 花弁の不揃いさが何とも言えませんね・・・お絵描きした子供のような、絵本の中のお花のような・・・こんなに不揃いだったなんて、笑っちゃいますけど、絶妙な不揃いさだと思いませんか・・・

右のモチーフは、以前アップした「ブルーチーフ」 の中心のモチーフなんですけど、こんなにも大きさ違うんですよね・・・比べてみると自分でも驚き・・・


蒼いモチーフの1辺の長さは4cmです。 黄色い花の花弁1枚は1cm・・蒼は1つの花弁、5mmでした・・・
コメント

孔雀華  

2009-06-27 21:30:55 | 日記
前回、万華鏡のように見えたものを、全体で見てみると・・・・7つの華モチーフの集まりになっています。

遠くからみると・・・・・細かいところの、「 いかにも初心者 」 風には見えないものですね・・・こういのって・・「 騙し画 」的かもしれませんね・・・

「 騙す (だます・・って読めますよね・・失礼しました・・)」 って作品の場合には、決して悪い意味じゃなくて、「 謎めいて・・ミステリアスで・・浪漫的・・」じゃあありませんか・・ ある意味での 「 詐欺師 」 かもしれませんが、ロバート・レッドフォード & ポール・ニューマン出演の 「 スティング 」 って映画のように、痛快で爽快な、感じしませんか? 昔の映画ですけど、時々、DVDで繰り返し、観ていますけど・・

ロバート・レッドフォードって男優、昔から好きなんで・・ちょっと私に似てるって思ってるんですけどね・・・
( これは・・「騙しちゃった・・」・・かな・・) 

私が似てるのは、織田裕二と、・・加勢大周と、・・風間トオルと・・三浦友和・・(・・・どこからか・・冷たい視線が・・) いい男ってみんな、私に似てるんですよね・・・っていうような、図太い神経、持ってないと、短い人生楽しめませんよ・・( 三浦友和って、私と同世代なんですよね・・・これから自称、友和にしようかな・・・山口百恵ファンだし・・・・)

そう言えば、私の大好きな祖母、(すでに他界しましたけど、100歳で神様になりました・・) 95~6歳の頃だったか、半年ほど、一人でアメリカ国籍になっちゃった娘のとこに遊びに行って、帰国した後で、2年続けて、お誕生日に、確か、レーガン大統領だったと思いますが、お祝いのバースデーカードと、写真か何かお祝い頂いたんですけど、頂いた感想が・・「 レーガンさんて、そろそろ終わりじゃないの?・・こんな田舎の私みたいな、婆さんにこんな手紙書くほど、暇になったんだね~ 」 とか、真顔で話してて、・・凄い神経してるなって、感服しました。・・・明治生まれのお姫様は精神的に、びっくりするほど、強かったですよ・・
コメント

孔雀華

2009-06-26 22:06:41 | 日記
かなり初期の作品ですが、まあ、観てやってください。 まだ初心者作品ですが、たまにはいいでしょ・・・・「孔雀華」 作品タイトルですが、なんか「 オリエンタル 」 で 「 エキゾチック 」 な感じしませんか・・・色具合なんかが気に入っています。

いつもは全体をお見せしてから、詳細をお見せしますけど、今回は、まず詳細を見て頂こうかと思いました・・・全体を見ると、大した事ないんですけど、こうやって部分的に見ると、「万華鏡」 を覗いたときみたいに、不思議な気分になりませんか?

ちょっと動かしたら、全く違う模様に見えたら、面白いのにね・・・でも、こうやって見ていると、「 糸が生きている 」 って感じるのはおかしいですかね・・・

私は、どういう訳か、ありとあらゆる物には、すべて 「 生命 」 があるって思っています。 ・・・糸でも、紙でも、布でも、人や動物・植物も・・だから、すべてが愛おしいんですよね・・・
コメント (4)

2009-06-25 21:59:29 | 日記
「 3 」 って言う数字、好きなんですよね・・・

「3つ子の魂100まで」 「 学校教育も3の倍数(小学校6年、中学3年、高校3年で大人になる訳です・・・大人になってない人もいるけどね・・)」 「 石の上にも3年 」 「3」と言う数字って節目みたいな感じしませんか?

3角形のモチーフを6個繋げて、作った6角形、3つ繋げてみました・・・
どうでしょうか?・・・・「安定」してませんか?・・・3角形のモチーフ(もろくて、すぐに壊れそうな、「さざれ石」) が18個繋がると、安心できる塊にみえませんか? ・・・

さて、これで「完成です」 ではありません。 これでやっと「 礎(いしずえ) 」が出来上がったって事です・・・これからが勝負です・・・・
コメント

隠しておけない・・・・

2009-06-24 22:28:53 | 日記
珍しいレース糸を入手しました。
ロスにいるご親戚からプレゼントされたという物を譲って頂いたのですが(US製と言う事になるのでしょうが、MADE IN INDIA との表示、とても質の良い糸です。) 日本には無い、素晴らしい色で、実にいい色なんですよね・・・

びっくりしたのは、大きさです。
画像の上の レッドとアイボリーが、そうなんですけど・・・1玉の大きさが、トイレットペーパー1個位・・・画像の手前のちいちゃい2個は、私が普段使用してるDMCの80番(フランス製)、手前左が、オリンパスのエミーグランデ(日本製)・・・もちろん、糸の太さも違うし、長さも違う訳ですけど、「さすが! アメリカ! 」 国の広さが違えば、ボリュームも、アンビリバブル!!信じられな~い・・・

かぎ針でのレース編みなら、どうって事無いんだろうけど・・・タティングで使いきるとなると、何が出来るっていうより・・・何年かかるんだろう~・・って感じです。( 色違いで6個あるんです・・ )

でも、この「 赤 」 実にいい色合いなんですよね・・「 赤・・緋色・・朱色・・」 いろいろな表現があるけど・・・「 レッド 」 なんですよね・・やっぱり・・見てるだけでドキドキしてくる色なんですよね・・( 俺は闘牛の牛か! )

最近、新しく買ってきた糸を見つけると、「また買ってきたのォ~」 って言われちゃうんで、すぐに机の引出とかに隠しちゃうんですけど・・・どうしよう~・・・

こんなに大きなレースの糸玉、6個も・・・隠しておけません・・・
コメント (2)

ギザギザハート

2009-06-22 23:34:48 | 日記
そう言えば、昔、チェッカーズの藤井フミヤが 「 ・・・・ギザギザハートの子守歌~・・・」 なんて歌詞の歌、歌っていましたよね・・・

新曲の度に、最先端のヘアースタイルで、藤井フミヤとか、近藤雅彦とかの髪型は当時としてはちょっと衝撃的でしたね・・・よく髪型真似してる方でしたよ、私・・あんまり年齢の事考えもしなかったですね・・・

最近の子供達、髪の毛染めてる子、多いけど、そう言えば最近のタレントってほとんど染めちゃってますよね・・真似するの当然だなあって昔の自分を思うと、納得しちゃいますけど、あんまり小さいうちに染めたりすると、脳に悪影響与えて、おバカになるって、最近のお母さん、知ってるのかなあ・・・おバカキャラが売れちゃってる時代だから、気にしないのかなあ・・・困ったものです・・・

・・って、オッサンくさい話はこの位にして(・・ァッ・・私の年齢じゃ、十分、オッサンですね・・ン~・・・) 画像、見て見て・・なんか、ハートの形に見えませんか?
作ろうと思ってるものは、これじゃ無いんですけど、製作過程でいろんな形に見えてくるって、楽しいものです・・

・・エッ?・・・「何を作るの?」 ッて?・・・ウン、チョットね・・頭の中にイメージしてる文様になればいいんだけど・・先は長いです・・・

大分前に書き込んだ、「さざれ石」 をイメージして作り始めたモチーフだって言う事、覚えてます?・・・日本の国歌の歌詞に出てくる 「さざれ石」 ・・・
最近の流行に敏感な方なら、解っちゃうかもしれませんね・・・
コメント (2)

基本は同じ

2009-06-21 21:25:38 | 日記
2009年7月12日発行日のタティングレースの本を見つけて早速購入。 
(まだ6月なのに、7月12日発行って・・・??・・・出版業界の事はよく判りませんが、なんか不思議・・・未来に発行される本が手元にあるなんて・・・タイムマシンに乗って、未来から来たみたいで、ちょっとワクワク・・) しかも、かねてより素晴らしい作品を世に出されているなあと感心している、藤戸禎子先生の本です。

ネックレス中心の本で、 『 天然石とビーズが美しい  タテイングレースの首飾り 』 というタイトルの 日本ヴォーグ社の本ですがどれも素晴らしく、「オッ・・これ、今度作ってみようかなあ~ ・・・( 作るのが目的で、自分で身に付ける為じゃありません・・判ってると思うけど・・・女装趣味はないので・・・)・・アンティーク風で、落ち着いてて、上品じゃんかあ・・」 とか思って、思わず購入してしまいました。

たまたま覗いた本屋に1冊だけ置いてあって、他の店で見たことなかったしね・・見つけた時、手に入れないと、後からいくら探しても手に入らない事って、多いんですよね・・・(・・特に今は、タイムマシンが届けてくれた「未来の本」ですから・・・)

繰り返し読んで(見てですけど・・)気が付いた事は、いろいろタイプや雰囲気が違う作品なんですけど、「 基本となるベースのパターン 」 は同じなんですよね・・って言うか、同じパターンでいろいろ作品を掲載したのかもしれませんけど・・基本が同じでも、初心者向けからかなりの上級者向けの、複雑系まであって、面白いんです。

もちろん、私が気に入ったのは、上級者向けですが、私みたいな上級者でなくても、気に入った作品は、下手でも作っていくって事が大事だと思っています。
「 良い作品を模倣する事で上達する 」 って言うでしょ・・( 誰が言ってるのか知らないけど、私は勝手にそう言ってますです・・)

完成した作品の写真だと判らなかったけど、編み図を見比べてみると、一目瞭然、画像、見難いかもしれませんけど・・・( 実はわざと、見難く撮影したんです・・・「・・著作権法に基付き・・・」なんていう注意書きがちょっと怖くなっちゃったんで・・悪用する気全然無いのに・・)

「 基本のベースになるもの 」 が同じでも、それがしっかりとした物、素晴らしい物であるならば、一部分を変化させるだけで、無制限に近い作品が出来るという当たり前の事なんですが、・・・なんか、ふと見上げた夜空に無数の輝く星空に気が付いた時みたいに、ちょっと感動しました。

・・・・さすが、「 未来からの贈り物 」 です。
コメント

双子

2009-06-20 00:12:05 | 日記
前にアップした、6角形のモチーフをくっつけて、双子にしてみました。

同じように一生懸命作ったのに、微妙に違うんですよね・・・不思議だと思いませんか?

作り方も、結び目数も、ピコの大きさも、作り方も一緒なのに・・作っている間の精神状態が違うんですよね・・・・

初めはかなり緊張して作ってるのに、二人目は、慣れたせいか、別に手を抜いてる訳じゃないのに、気持ち的に、いい言い方をすれば、ゆとりが出来、悪い言い方だと、ちょっと手抜きしてる感じ・・・

二人目に対して、気が緩んでる感じがします・・・・

この辺りは、子供を育てるのとちょっと違う感じですね・・・我が家の長女の時は、無我夢中で訳が解らない事が多かったですが、二人目の息子の時は、ゆとりが、冷静な眼で判断出来て、子供の気持ちが解る気がする・・・女性と男性の違いかな・・女性は、未だによく解りません・・・娘に限らず・・・フゥ・・・・
コメント

泰山木の花の下に・・・

2009-06-18 22:53:40 | 日記
今日、仕事で某会社を訪問。 社長と話を終えて、雑談でタティングの話を始め、普及に役立てばと、持ち歩いていた作品をお見せし、社長曰く、「ほんとに作ったの、こんな細かいのを・・・云々、」 タテイングの知識も無い方なので、ちょっとお話しさせて頂いて、帰り際、奥様とご挨拶をしている時に、玄関先に 「泰山木(たいさんぼく)」(この時期に咲く、木蓮科のいい匂いのする白い大輪の花です。) が一輪活けてあり、ふと見ると、一輪差しの下のレース・・・「 すごい! これタテイングじゃないですか! 」思わず叫んじゃいました・・・・

画像の物ですけど、かなりしっかり作ってあって、見事な出来栄え・・・
「母が、海外に遊びに行った時に買って来た物みたいで、古いんですよ・・」 と奥様・・まるで、粗末な古いものをちょっと恥ずかしそうにおっしゃる・・・

「・・・奥様、すごいですよ、これ、・・・・でも、こっち裏側ですよ・・・表側はこっち側です・・」 なんて、思わず余分な事言っちゃいました・・

「・・アハハハ・・・あらそうなんですか・・・古い物で、奥にも一杯あるんで、汚れると、いつもゴシゴシ洗っちゃって、・・」

・・・・ゴシゴシ洗って使う・・(絶句!)・・・そうなんですよね・・・知らない方には、昔から生活している家にある古い物で、大した価値だと思っていない・・・・育った環境が、良すぎて、いつも身の回りにあるから、普通なんですよね・・・厭味じゃなくて・・

でも、これが本来のあり方なんでしょうね・・・作った物は、日常の生活の中で生かしてこそ、価値が有るもので、私みたいに額に入れて眺めてる物じゃないのかもしれない、って思いました・・・・・

美しい泰山木の花の美しさよりも、この敷物に美しさを感じてしまう私は、ごく平凡な庶民ですから・・・
コメント

てぬぐい

2009-06-17 23:34:02 | 日記
「 てぬぐい 」 って結構好きなんですよね・・・・柄が 「粋」 じゃありませんか・・・・

画像は最近入手した 新柄 6種類 「花火」「団扇」「京野菜」「紫陽花」「竹」「和傘」・・・・「アレッ!?」 って思った方、いますか?

実はこの手ぬぐい、ペットボトルドリンク飲料の 「京都 福寿園 伊右衛門」に付いている おまけなんです。

去年のシリーズも全種類持っていて、カードケースや、袋、のれん、テーブルクロス、タペストリー、とかに作り替えて部屋のあっちこっちに、生活用品としてあります。

おまけって、いいですよね・・・全然気にしないでザックザック、切ったり縫ったりしていろんな物に作り替えちゃっても、お手軽で・・・

1枚、2,000円とか、3,000円とかするてぬぐいは、もったいなくて、コレクションとして、持ってるだけですけど、おまけだと、日用品として惜しげが無いというか・・・おまけでも、図柄、オシャレでしょ?

売りきれない内に、たくさんお茶飲まないと・・・・今年もまた「水肥り」しそうです・・・・いつもですね・・・肥ってるのは・・・・あああ・・・
コメント

初めの一歩・・・・

2009-06-17 00:25:28 | 日記
どんな事にも、初めてはある訳で、私がタテイングを見よう見真似で始めた頃の作品を 「清水の舞台から飛び降りた」 つもりで、アップしちゃいます。

(清水・・・きよみず・・って読んでね・・・・しみず・・じゃありませんよ・・・静岡の人って、この地名、どうしても、しみず・・って読みたくなっちゃうんですよね・・・・清水次郎長・・ちびまるこちゃん・・清水エスパルス・・・有名な地名ですから・・・京都じゃないんで・・・ここ・・)

「・・まあ、なんて不細工なんでしょ!・・・超初心者じゃあありませんか・・・」 6年も前のですからねえ~・・・


ピコは、不揃いだし、目数違ってるし、こんなに簡単なモチーフなのに、丸くなってないし、繋ぎ方も見苦しいし・・・ひどいもんです・・・


でも・・・自分で自分の過去の作品を見ると、・・やっぱ、当時を思い出して、捨てられ無いですね・・下手でも、私にとって「思い出」 が込められているんでね~・・・こんな簡単なモチーフでも、四苦八苦して太い指一生懸命動かしていましたから・・・

今、作ってこんなになったら、すぐにハサミで、バチン!バチン! 切り刻んで作り直してしまいますよ・・・でも・・今じゃ、作ろうと思っても、こんなに下手に作れないから、やっぱり貴重な作品のひとつです・・・

これが、私の 「初めの一歩」 でしたからねえ~・・・・
コメント

JJ Boys

2009-06-15 21:45:15 | 日記
一昨日、「 メンズ ノンノ 」 の記事を投稿した時、ちょっとお話した、「 JJ 」 の別冊、男バージョンの 「 JJ  Boys 」 気になってる方もいるんじゃないかなあ~ って思ったんで、ちょっと画像でお見せしておきます。 ・・・女性の方も興味、ありませんか? JJ ファンなら・・・

この別冊が発行されたのは、「メンズ ノンノ」 の創刊号に対抗するかのように、全く同じ時期だったんですよね・・・

現在のこの手の月刊誌なら当たり前ですけど、中身は、広範囲に渡っていて、ファッションから、料理関係、生き方の話題とか、自動車関連・・等々・・・・

それに対して、「 メンズ ノンノ 」は基本的には ファッション関連のみ・・

読者の対象がちょっと違うだけですけど、編集のコンセプトは、全く違っていて、
時代を先取りし過ぎていたんじゃないのかなあ・・・

今だったら、「 JJ  Bpys 」 の方がいいと思いますけど、コンセプトの捉え方、って難しい問題です・・・


この 「 あみものOTOKO 」 も、コンセプト、お判り頂いてます?・・・・・ いろんな事が関連しあってますけど、物事ってすべて、いろんな事が複雑に絡み合って、成り立っているものですしね・・・

手芸もただ作ってる訳じゃないし、そこにはそれぞれの方の、「想い」 や 「愛情」 や、いろいろな事が関連しあって、出来てるんですよ・・って事を、判って欲しいなあ~ って思っています。
コメント

3 X 6 = 6

2009-06-14 22:34:16 | 日記
3角形のモチーフを6個繋いでみました。  なんと、6角形のモチーフになりました。  ・・・・・あったり前ジャン!・・・

でも、なんか、感動しません? 6角形って、不安定なようで安定してて、完全にシンメトリーだし・・( シンメトリー = 左右対称  ちょっとカッコイイ言い方でしょ・・って、英語が苦手な奴って、すぐカッコつけたがるんですよね・・)

一つのモチーフが、実は6個のモチーフから出来てるなんて、ドキドキしない?

小さいものが、手と手をつないで、大きなものになるって・・・大勢が力を合わせたら何か出来るんだよ! って 感じしませんか! ・・・
コメント (2)

貴重な一枚・・

2009-06-14 00:26:33 | 日記
「 メンズ ノンノ 創刊号 」 を捲っていくと、かなり後ろの方に、画像のページ・・・右の上のちっちゃい写真のモデル・・誰だか判りますか?

小さくて分かりにくいかも知れませんけど、なんと 無名時代の「織田裕二」 なんですよね、これが・・・当時、まだ10代ですよね・・・オーデションで選ばれる前には、無名の少年で、こんなとこに写ってるんですよね・・・

この当時の メンズ ノンノ は結構素人の少年をモデルに使っていて、モデルの一般公募もよくしていたんですよね・・・・

私も、応募しようかと思ってたんですけど・・・風間トオルとの、5cmの差が気になって、止めましたけど、応募してたら、ひょっとして私が 織田裕二って芸名になっていたかも・・・って思うと、残念です・・( って思ってるのは、俺だけだ・・)

その後、織田裕二、「 メンズ ノンノ 」 の表紙のカバーボーイになってるのもあって、面白いものでしょ・・・

まだ高校生だった、加瀬大周 が本名で、髪型のモデルで、カット前、カット後・・みたいなヘアーモデルで載ってたりするんですよね・・・

ファッション雑誌とかは、小物の使い方とか、デザインとか、すごい参考になるんですよ・・・男のモデルばっかり見てた訳じゃありません・・・有名になって、後から、「・・・あれ?・・こいつ、織田裕二じゃん・・」 とか 「・・・ん?・・これ、加瀬大周 って奴じゃねえの?・・・芸名じゃないなあ・・・なるほど、高校生か・・」 って感じで、ず~と後で気がつくんですよね・・・

コメント