あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

球体レース

2013-06-30 21:04:40 | 日記
ちょっと 面白いものを・・・ と作り始めたものが 画像のアップしたもの・・・まだ 途中ですけど、まんまるタティングレース・・・になれば良いんですけど・・・ ちょっと難しいかも・・です。  左に比較の為に置いてみたのは ゴルフボール・・ ( 道具は持っていますけど、部屋のインテリアになっている ゴルフクラブセットですので 綺麗なボールです ) ゴルフボールより 一回り小さいので、直径 4cm 位です。  何にするのかは 完成してからのお楽しみ・・・ 簡単そうですけど、簡単じゃない、 面白いものですねえ~  見た目と実際は違うって・・・ 見た目だけで判断してはいけない って事ですからね・・・ 続き作ろうかと思いましたけど・・ちょっと 疲れちゃいましたので・・・・
 そうそう、先日ミニ展示会を開催した 「 マーク イズ 静岡 」 という新しく出来た 施設の中にある 手芸屋さんで タティングレースの教室が 7月7日 ( 日 ) から記載する事が決定しまして、もう既に ご予約頂いているとの事・・・ありがたいお話です・・・ 午後ちょっと 施設に入ってみましたけど・・すっごい混雑・・駐車場に入る車が 午後になっても大渋滞・・ いつもなら 5分程度の距離が 30分もかかってしまいました・・ 4階から6階の駐車場は 満車で屋上駐車場しか空いてませんでしたし、駐車場から出て行く車も大渋滞・・もちろん店内も すっごい混雑なんですよね・・・ 手芸さんは ・・・・  明日 施設の横の 道路というか 大きな橋が 開通するとの事・・渋滞は解消されるんでしょうかねえ・・まあ 楽しみな場所・・ですねえ 

ブログを書きながら、いつものように映画のDVD観てるんですけど、なんと 今夜は「 名探偵コナン 」 実写版 で 工藤新一を 小栗旬が 演じているんですよね・・・ アニメの実写版って がっかりする事が多いですけど、見ごたえあるのは やはり演技力でしょうか・・・
コメント

試作品

2013-06-29 23:53:07 | 日記
試作品は あくまでも試作・・・ 「 ちょっと 可愛いかなぁ~ 」 って思って ( 私の事じゃありません、既に可愛いです )  作り始めたものの・・・途中経過は ・・・ 微妙・・・  こんなのどうしようかなあ~ って 3時間かけて作り始めて何とか 形にはなりかけたものの、 可愛さの基準が 変わりそう・・でも 私の場合、作りながら修正して行くタイプなので、作っているうちちに 可愛さを感じなくなったら、止めるんじゃなくて、「 可愛くしちゃえばいい 」 って別の物に代わってしまう事が多いんですよね・・・・ 今 作っているものも、「 あれ? これって 今まで こういう感じ、観てないよなァ~ 」 って 面白い所に気が付きましたので、 この感じを 更に充実して行けば、 新しい提案的な物が出来そうな感じ・・・ とりあえず 仕上げてみましょう・・と言う事で 画像アップあは 残念ながら、おあずけ・・・ 年末の 展示会でさりげなく 展示しましょうかね・・・ 毎年 来て下さる方が 同じ作品ばかり観るのは 面白くないでしょうから、今回は ちょっと 実験的な事 やってみましょうか・・・と いろいろ試作中 なんですよね・・・ 完成まで 辿りつけるかなぁ~ ・・・・
コメント

プチポワン

2013-06-28 23:46:39 | 日記
どこかにあるはずなんだけど・・・と 迷子になっていた プチポアン刺繍の付いた メジャーが 妙な所から出て来ました。 どこから出てきたかは どうでもいい事ですけど、綺麗な物を普段使いに使う事は 良い事じゃないでしょうか・・・ 道具ですから 飾っておくより使った方が 良いに決まっています・・ ( 博物館に保存するような 貴重な品なら別ですけど・・・ ) この プチポアン刺繍は 私が作ったものを 貼り付けてあるんです・・・ なんて 大それたことは 申しませんけど、自分で作れたら素晴らしいですね・・・ ( とは思っても、多分私はしないと思いますけど・・ )   ピチポアンについては あまり深く知っている訳ではありませんけど、確か18世紀のウィーンで始まった技法で、テント・ステッチで仕上げた刺繍で ハプスブルグ家の女性達が好んだと言われていて、日本では 久家道子さんが 第一人者・・という位の事しか知りませんけど、静岡では 街中の賑やかな通りに面した ショーウィンドウに 久家さんの作品かどうか知りませんけど、久家道子 と書かれた バッグとかが展示されているのは よく見かけます・・・画像の物は 東京の銀座にある 久家道子さんの プチポアンのお店の 二階にある DMC専門店 で 買ったものですけど・・かなり前に手に入れたものですから、もう無いんでしょうねェ・・確か もうひとつ別バージョンの物を買って 家内に上げたと思うんですけど・・「 このメジャー 重たいから・・ 」 って言われたような・・・ 家内は プチポアン刺繍が ついていようと、なかろうと、「 重い 」か 「 軽い 」かが 選択しの基準となる 実用主義者のようで、私のような ロマンチストでは無いみたいです・・・ ( だから 私の良さが解らないんでしょうかね・・・ 実用的じゃないんで・・私は ??? ) 
コメント

計算違い

2013-06-27 23:42:58 | 日記
初めにちゃんと計算して ビーズを糸に通しておいたのに、まだ半分くらいしか出来ていないのに 全然足りなくなってしまいました・・・ ピコにビーズを一粒入れる所に 3粒づつ入れてしまいましたから 足りなくなるのは当たり前・・・ 多めに入れておいたのに・・・ 足りなければ 追加すればいいんですけど、有ると思っていたら・・・ ないじゃないですか!   でも 無かったら 買ってくれば良いだけの事・・  静岡市内の 手芸屋さんを 回ってみても・・あれれ、無いじゃんか!   挙句の果てに・・・ 「 もう 廃番になってるんじゃないですか? 」 との 店員さんの冷たい回答・・・ ( いや 冷たいと言うより、緊張した様子・・・ 私の キュートな視線に よろめいたかな? ) 無いものを あれこれ言ってもしょうが無いですから 他の店に・・  でも 他の店にもありません・・ 最終的には みつけましたけど 私の手元に届くには数日かかりそう・・・
コメント

花結び

2013-06-26 23:23:00 | 日記
私がタティングレースに のめり込む前に 興味を持ってやっていた物は いろいろあるんですけど、マクラメ だったり ミサンガだったり、紐や 糸に関するものが多く、しかも 「 結ぶ 」 という事が どういうわけか根底にあった様に思います。 画像のものは いわゆる 「 花結び 」 と言われるもので、観れば 「 ああ、これか・・ 」 ってどこかで見かけた事がある方は 多いんじゃないでしょうか・・・ 中国結び も 良く知られていますけど・・ 「 几帳結び 」 「 釈迦結び 」 「 吉祥結び 」 「 琵琶結び 」 「 鳥の尾結び 」 「 双葉結び 」 ・・・ 結び方の名前だけでも、魅力的な感じ しませんかね・・ ( こうした 名前の付け方って 昔から なんとなく魅かれるんですよね・・ ) それぞれに 名前の由来があり、長い時代の歴史の重みのある 完成された 結び方の 素晴らしい技・・「 花結び 」 は貴族の衣装や調度品の装飾として使われ、日本独自の発達を遂げたもので、平安時代、上流女子の教養の一つとして広まり、足利時代には 茶人 や 香人の心得として、必ず習得しなければならないものとして知られていますよね・・茶道の 茶入れ袋に結ばれている 「 仕覆(しふく)結び 」 は茶道の作法ですよね・・・ 「 花結び 」 の技法は、高貴な身分の階級の秘伝とされてきた部分が多くて、一般的に その正しい技法が広まる事が無く、また 最近では 見かける事すら少なくなってしまい、ある意味では 消えゆく日本の伝統技法・・になりつつあるのかもしれません・・・・  高貴な階級で親しまれ、難しい技法はなかなか 正しく習得する事が難しく、一般的に広まる事が少なかった 素晴らしい 技法・・・・ どことなく タティングレース と 共通する魅力・・感じませんかね・・・ 魅力を感じつつも、深く係わりあいの持つ機会の無かった私ですけど、共通する 「 結び 」 の タティングレースに 今のような係わり方が 出来ているのは ある意味で 幸せな事かもしれません・・・
コメント

準備

2013-06-25 23:55:30 | 日記
明日 教室がありますけど、間に合えば 新しい作品にしましょうかと、制作開始・・・とっても 忙しくて シャトルを持つのもままならなかったので、なかなか 新しい サンプルが完成しません・・・ 他にも しあげなくちゃならないものが多い上、 月末はいろいろ仕事も立て込んで・・・ ・・と愚痴ってる訳じゃありませんけど・・・ ああああ・・・突然に 眼が痛い! ・・・ この甘酸っぱい香りは・・何? ・・・そう言えば、瞼の上に塗るアロマ の液体が ・・・ たまりませんねえ~ この痛さ・・ 涙で流してしまいましょう・・失恋した事 有りませんから ( 記憶によると・・ですけど ) 良く解りませんけど・・・ 私に恋して 成就せず 泣いたレディ―達も、こんな風に 痛かったんでしょうねェ~ ・・・ん? ・・そんな事より・・眼が痛い・・眠い・・・ 声が出ない・・・お腹すいた・・・・ 取りあえず・・・明日の準備をしなくっちゃ・・・
コメント

イヤァ~  懐かしい!

2013-06-24 23:01:09 | 日記
いろいろ古いものを 保存しておくのが好きな私 ( と言っても 整理してないですけど・・ ) ・・本棚の奥を何気なく弄っていたら 自動車のパンフレットが いっぱい出て来ました・・・ 画像のアップしたもの・・・ 私が 大学を卒業して働き始めていた頃 乗り回していた車・・・ フェアレディZ ・・ なんと、この車で 営業やってたんですよね・・ 今にして思えば やっぱ変わり者でしたかねえ~ ・・・( もちろん 朝から晩まで働いて自分の働いた金で 買いましたから 親は何にもいいませんでしたけど・・・ もちろん新車ですから・・・お高かったですけど・・・ 老後資金なんて考えていませんでしたからねェ~ ) ・・・ 2人乗りで、当時は まだ バックミラーが ドア部分じゃ無くて、フェンダーに付いていたんですよね・・・・ 信じられます?・・・ エアコンも パワーウィンドウも、標準装備じゃ無くて オープションだったんですよね・・・ 「 エッ! お前の車 エアコン付き?  窓 自動で動くの? すっげ~ 」 なんて時代・・・ 今の時代、贅沢に慣れちゃってますねェ~ ・・・ ( 当時、こんなスポーツカーで 営業してるのも 贅沢だったかも・・・ ) まだ スーパーカーブームになるちょっと前位でしたけど。 虎ノ介のパパさん ( 私より 5つくらい年上ですけど・・ 当時、ロータス ヨーロッパ や ポルシェ や ミニクーパー ( 当時 静岡には1台くらいしか走って無かったですねェ ) BMW とか 次々と 高級外車乗り換えてましやから、私の車なんで 地味でしたけど・・・ まあ 景気のいい時代でしたねェ~・・・・ 

今じゃ信じられないかもしれませんけど、可愛い私が この車で走り回ってると、さりげなく チンピラヤクザさんに目を付けられて 脅かされたり、絡まれたりしたものでしたね・・・ 口じゃ負けませんから 脅かされても 絡まれても 論理的な論法を巻くしたてて 言い負かしていましてましたから、その筋の上の方に、お仲間にならないかと、お誘い受けた事もあるんですよね・・・当時、まだ 場末には 任侠映画に出て来るような 場所、本当に有りましたし、同業者で 事故の示談に行ったら 軟禁されたみたいな話、よく聞きましたし、私も 危ない目に有った事も ございますので・・・・でもまあ、本来 おボッチャマ君ですから・・そんな事気にしないで、「 ちょっと 軽井沢まで行ってくるから・・ 」 とか 「 ちょっと岡山か広島 行ってくるから いつ帰るか わかんないけど・・・ 」 とか 平気で言っちゃて遊んでましたからねえ・・・  そうそう、倉敷 の アイビースクエア ってホテルが好きで 何度も行きましたねェ~ 大抵 美術館巡りが好きで、遠い所も 近場でも、・・沼津の ベルナール・ビュッフェ 美術館とか、箱根の 彫刻の森 とか 穂高の 碌山美術館とか 好きで良く行ったものです・・そうそう あの頃は 油絵も良く描いていましたねえ~ ・・・あんまり上手じゃありませんでしたけど・・ 美術品とか 絵画とか 若い時に いろいろ観ておくのも良いんじゃないでしょうか・・・ 海外には滅多に行きませんけど ( 仕事柄 どこにいても連絡が取れる状況でないと 安心できませんでしたので・・・ ) 日本にも 素晴らしい所は 一杯ありますからねえ~  世界文化遺産に認定された 富士山も 三保の松林も・・羽衣の松も・・・ なんせ 高校 三保の松原のとこにありましたから・・・ 毎日のように 世界遺産に認定された 風景観てましたねえ~ ・・・優雅なものです・・・
コメント

1日コース

2013-06-23 23:36:32 | 日記
今日は 朝から 夕方まで 1日中 タティング教室・・・フゥ・・・ お昼の休み時間 1時間挟んで するんですけど、お昼の休憩時間になっても、 「 区切りの良い所まで・・・ 」 と 制作を続けて居られる方もいて、・・・ また 飛び入りの 見学者の方もいて、教室の様子を観て頂いたり・・ ( 最近 まず見学をしてから 受講を決める方 増えて来ましたねェ~ )  休憩時間に ちょっと 自分の作品を 作りましょうかと、早めに部屋に戻ったら・・・あらま 受講生の皆さま、早々と みなさん ご自分の作品制作に夢中・・・ みなさんがされているのに 私が自分のを作る訳にも行きませんので、ご指導をさせて頂き・・・・ ゆっくり休憩時間撮らないので、午後には疲れも出て来て・・ ちょっと失礼・・と 冷たいコーヒーを一気飲みして 頭をすっきりさせてから 続けました・・・ 私 ほとんど 立ちっぱなしで 部屋を回りながら ご指導させて頂くので、座ってる時間が無くて、体力的に 座らないと 疲れちゃうんです・・・ ( 繊細で 華奢な身体をして居りますので・・・ と言う割には 柔道体型と言われる事もありますけど・・ なぜかしら・・・ )  でも まあ みなさん 一生懸命に取り組んです姿は 嬉しいものです・・・・ 見学者の方が 「 私、シャトルを買ったものの、動かし方が全然わからなくて、・・みなさんみたいに スムーズに シャトル 動かせないし・・・ 」 と 仰るので、すかさず 「 そりゃ、講師が イイ男で 教え方が上手だから みなさん上手になるんですよ 」 ってお答えしたら、受講生のみなさん 同時に 一斉に 笑い声になるんですけど・・ 不思議です・・・・ 

帰宅して 作っている作品制作に 取り掛かりましたけど、作るの大変です・・・時間が無いので・・・ 画像にアップした所までしか 出来ません・・・・
コメント (2)

ビーズタティング

2013-06-22 23:06:02 | 日記
久しぶりに ビーズを入れて・・・ と 作り始めた物は ちょこっと左隅にアップしておきました・・・ 受講して頂いている生徒の方々には 「 あ・・ あれね・・ 」 と ピンとくるかもしれません・・・ 以前 作った教室もあれば、今 制作中の 教室もありますから・・・ もちろん 私が以前制作したものは ありますし、生徒の皆さんは 綺麗に洗った手で 一杯触りまくっていますからねえ~ ( ・・手は洗ってますよね・・・ ) 今回は それの 応用編と言うか ちょっと雰囲気を変えて制作開始です・・・今日の 浜松での 教室でも 作ってる方は 何人かいましたから・・ ( そうなんですよね、生徒さんによって 違う物をつくっているので、 ちょっと大変なんですけど、前回 お休みの方は 前回やったもの、完成されてる方は 別物の、新しく入って下さった方は、次の技法について・・と 様々なんですよね・・ 一回 お休みしたら 続きが解らなくなっちゃったら つまらないでしょ・・・

相変わらず、帰宅痔はのんびり帰ってきましたから 暗くなってからですけど・・・ もうじき 日付が変わりそう・・・ 明日は 静岡での 1日コースですけど・・・一応 課題は準備してあるものの、間に合えば別の新作を・・と思いましたけど・・間に合いそうにないですねェ~ ・・ といいうよりも まだ やる事があるんでしたっけ・・・ フゥ・・ 痩せそう・・ ( だったらいいんだけど・・・ 帰りに立ち寄った 道の駅で買って来た おせんべい の 美味しい事・・・手が止まりません・・ )
コメント

恋する オンディ―ヌ

2013-06-21 23:19:38 | 日記
久しぶりに コサージュを制作 良く見かけるコサージュと 似ていますので、 勝手に画像アップするな 迷惑だ削除しろ とまた コメントの書き込みがあるかもしれませんけど、似てますけど、違いますので 画像アップしても 文句言われるものではありません。 今回は 一連のシリーズで 某糸を使っての しかも 淡いピンクとレモンイエロー がテーマで 制作・・ いろいろな モチーフをちょっと制作しているうちの一つです・・・ 私的には 有る事は知っていましたけど 使うのは初めての 糸で、ん~ ちょっと 微妙・・・ でもまあ 糸自体の性格を指先で覚えれば 他のものと変りありませんけどもね・・・ いろいろなタイプ、性格の糸があって 面白いものです・・・ 恋するドン・ ファン のようなかつての私には・・・ってほど プレイボーイじゃありませんけど・・・ (・・・ドン・ファン ってご存知ですよね・・ 17世紀のスペインの伝説の男、 ドン・ファン・テノ―リオ の事で、プレイボーイの代名詞として使われる人物で、 フランス語では ドン・ジュアン、 イタリア語では、ドン・ジョヴァン二、と言われ、 日本語では ドン・タティンガーTAKAGI とは いいませんけど・・ まあ 似たようなものです ) ですから、 モーツアルト作曲の 「 ドン・ジョヴァン二 」 は 彼の事なんですよね・・  

それはさておき、淡い春の光を受けたピンクの水面から 誕生する 水の妖精 「 オンディーヌ 」 ( フランスのジャン・ジロドゥ の戯曲 「 オンディ―ヌ 」 の事です・・・ ドイツの 作家 フリードリッヒ・フーケ の 「 ウンディーネ ( オンディーヌ ) 」の方じゃありません・・・ ) をイメージして ピンクの水しぶきの中から 誕生する 恋する命 ・・ とでも いいましょうか・・・・ まあ~ な~んて キザな台詞がすらすらと 出て来るんでしょう・・・ オンデイーヌを 受け止める ハンスのような気分です・・・ あ・・ ハンスは 最後はオンディ―ヌの心を 裏切るんでしたね・・・ 私とハンスは 顔が良い以外は 全然 似ていませんねえ~ 
コメント (4)

天女の衣

2013-06-20 22:08:01 | 日記
今日は仲間の集まりに参加、・・( 毎日、忙しいですねェ~ ) 7月が新年度になるこの集まりでは、6月が年度の終わりと言う事で、先週辺りに みんなで 旅行に行くんですけど、今年は 韓国と言う事で、私は 欠席・・・ で、お土産と言う事で 奥様にどうぞと、 画像にアップしたものを頂きました・・・ 保湿フェイスパック・・というのでしょうか・・色々な種類が入ってるみたいですけど、かたつむりのエキスでもは入ってるのでしょうか、そんなパッケージ・・・ 右側のは アロマなんとかという 瞼の上に塗るものだそうです・・・ フェイスパック等は 使った事ありませんけど、お肌がつやつやと 綺麗になるそうで、私には 必要ありませんから、( これ以上 綺麗になる必要もありませんので・・ ) 必要としてる家内に あげました・・ 綺麗になるんですかね~・・・ 瞼の上に塗るのは なんでも 香りで気分も変わるということで、一本 セージ の香りがするという物を 試しに点けてみましたけど・・・ 良く解りません・・・ 香りするのかなあ~ あんまり点けると 液体が目に入っても嫌なので、チョットしか つけませんけど・・・ ん~ ・・・ わかんない! ( って おバカキャラの モデル少女じゃありませんけど・・・ 全然 わかりませ~ん ) きっと 綺麗な人には 解らないんでしょうね・・・

家内は このブランド知ってましたけど・・なにか 使ってるんでしょうか・・・ まあいいですけど・・・ 綺麗になるんなら・・・ 

韓国の手芸って良く解りませんけど、ポシャギ 位でしょうか 知ってるのは・・・でも 民族衣装とか 綺麗ですから きっと素晴らしい手芸があるんでしょうねェ~ ・・ 中国ともチョと違う 東洋風なデザインとか・・・ 韓国映画とか観ていると 天女の姿とか 琉球風のものとチョット違いますからね・・・  中国の天女ともチョット違うし・・・でも 基本的には 中国の 古典舞踊の 東楽舞の衣装と似ていますから 玄宗皇帝の時代辺り、楊貴妃が踊っていた時代に 広まったんでしょうかね・・・ あまり中国芸術には詳しくありませんけど・・・ そうそう、最近 流行し始めているんでしょうか、フェミニンなスカートで 後ろが長くて 前が短くなっているオーガンジのような素材の ヒラヒラ風のようになびくスカート・・・ 綺麗に優雅に歩けばとっても綺麗な動きなんでしょうけど・・・見かけた方達・・・ スカートと 上の服装と全然 ミスマッチだし、ノッシ ノッシ という歩き方なので、折角の デザインが・・・・  バサッ! バサッ! って感じで 裾が邪魔そうで・・・

まあ 男の私がどうこういう問題じゃありませんけど・・・ 天女の衣をまとっても きっと この方たち ノッシ ノッシ って歩いちゃうんでしょうねェ~ ・・・・ 見かけても 観ないふりしていましょう・・・・
コメント

ファーム富田

2013-06-19 22:52:01 | 日記
久しぶりに ちょこっと制作・・・連日の教室は ちょと疲れ気味・・・ 今日のクラスは もう長いので、みなさん上級者レベルなので、同じ作品テーマなのに、いろいろ工夫を凝らして、それぞれの個性が良く表れていますので、私的にも 予想外の 色の組み合わせとかがあって なかなか 面白いです・・・ 年末の展示会に向けての作品も なかなか他では観る事が出来ないような作品も・・・ 完成が楽しみですねえ~ ・・・ 

制作中の物を載せてある 小皿は いや~ 懐かしいですねェ~ 北海道の 富良野にある 「 ファーム富田 」 で手に入れたもの・・・見渡す限り 信じられない位に広がる ラベンダー畑・・・ もう7~8年位になるでしょうかね・・・ そう言えば 私の部屋には ポプリも一杯あるんでしたっけ・・・ 段ボール箱に一杯・・・確か 或る手芸屋さんで 珍しく ポプリが入ったとの情報を得て、届いた箱ごと全部買っちゃったんですけど、そのまま 出していないんですよね・・・ また なにか作りましょうか・・・・
コメント (2)

ど疲れさま

2013-06-18 23:21:59 | 日記
今日は、三島での 教室の夜間コース・・・ お仕事を終えられた皆さまが 沢山 お集まりいただいて、タティングレースに夢中・・・ 無駄話も・・・無い訳じゃないけど、結構 真剣に シャトルを動かしてくださています・・・ 私のテーマにしてる課題が 難しいですからねェ~  別に意地悪してる訳じゃ無くて、初心者だからといって、簡単な事ばかりやっていては 上達するのに 時間がかかりますからねえ。  難しくっても、ポイントや 裏技 バンバン お教えしてしまいますから、苦労しても 苦労しただけの成果は上がるはずです。 私のレッスンの特徴は、「 講師の席が無い 」 んです。  もちろん ホワイトボードの前には テーブルとイスが 講師様に置いてありますけど、ほとんど荷物置き場状態で、ホワイトボードにいろいろ書いたり、( 口で説明して解り難いのは 図にするのが一番理解しやすいですから・・・ ) 2時間の時間内 部屋の中をぐるぐる歩き回っていますから・・・ もちろん ただ動き回ってるんじゃないですよ・・ 大勢いても 出来る限り、マンツーマン方式ですから、終わった後は 疲れ方がすごいんですよね・・・ 2時間 室内を ウォーキングしてるみたいな・・ スポーツタティングみたいな感じ・・・ ですから、今日の様に 遠い場所だと、帰ってくるのが 一苦労・・・ どうしても 10時前に戻らなければならない用事がある時には、新東名高速道路を 解き放った矢のように 車が壊れそうなのにもおかまいなしに ぶっ飛ばして帰ってくれば 9時45分には 事務所に戻れますけど、神経ピリピリで1時間休みなしで走りっぱなし・・・ でも 今日のように 施設の母を迎えに行く必要もなく ( 夜間レッスンの時は お泊りさせてますから・・ ) オムツ交換の心配もない時には、国道を 気分は法定速度で車を走らせ、道の駅や 車を停める事の可能な場所があれば、休憩しながら帰ってくるので、日付け変わる前に 帰宅となる訳です・・ この時間帯の 道の駅って 知らない方が多いかもしれませんけど、すごいんですよ・・ 大型トラックばかりじゃなく、普通車も一杯停まっていて、駐車スペースを探すのも大変な位混んでいて、しかもドライバーのほとんどが 車の中で爆睡中・・・私もなんとか場所をキープして、シートを倒せば 即、爆睡! ・・15分程度で疲れは多少和らぐものなんですよね・・ 画像の物は 生徒さんのお一人が、「 これ、どうぞ 」 ってビニール袋に入った物を 机の上に置いて下さったので 御礼だけ伝え、今 開けたら オニオンスープの 素がが入っていました・・北海道にご旅行に行かれたお土産でした・・・ 今 飲んだら 朝まで 眠らなくなっちゃいそうですので、そのまま・・・ 「 お疲れ 」 どころか 「 ど疲れ 」 ですから、ちょっと 休憩して、・・・タティングでもしましょうか・・・ って、明日は 清水で 教室があるんでした・・・ 
コメント

エバー ・ アフター

2013-06-16 22:55:46 | 日記
今日は 豊橋の教室まで トコトコ車を走らせること 3時間 ( 片道です ) ・・ ほとんど 周りの景色の見えない バイパスを抜け、太平洋側の 海岸線に・・・ 空は 真っ青、真っ白い雲、 海の色もとっても綺麗で 多くのサーファーが サーフィンを楽しんでいるのを 横目に観ながら、なんと フェラーリと並んで しばし走行・・ 渋滞してましたから 並んで走れた次第です・・・2000万円以上するフェラ―リ・・・ 私の車は 多分 あの車の ネジ1本より安いんじゃないかと思いますけど、渋滞すれば 並んで走れる訳です・・・ 2時間のレッスンを終えての帰り路は、どんよりとした天気で、道路は大渋滞で全く動かず、休憩する予定の 道の駅は 駐車場、ほぼ満車・・ たまたま 夏ミカンの皮クラフト の実演をやっていて ( なんでやってたのか解りませんけど、夏ミカンの剥いた皮で 花とかを作ってあるんですけど、すごい! なんでも TVでも取りあげられたそうなんですけど、あまりにも疲れていて 写真撮るもの忘れちゃいました ) ちらりと眺めてから 帰途に・・ レッスンは 一生懸命 ご指導させて頂きますので、終わった後は ボロボロに疲れてしまうんですよね・・・ でもまあ なんとか今日中には 帰宅して、気分転換に DVDでも・・・ と 画像にアップした作品、 「 エバー・アフター 」

 ・・・ 陛下と呼ばれる貴婦人の所に、グリム兄弟が招待され、兄弟が収集した童話 「 シンデレラ物語 」 が間違っていると伝えられ、貴婦人が 1枚の美しい女性の肖像画を見せ、重厚な箱の中から取り出した ガラスの靴・・・語り始める 本当の 実在したシンデレラ ( ダニエル ) の物語・・・・ ドリュー・バリモア演じる ダニエル と ダグレイ・スコット演じる フランス王子 ヘンリー ・・ 二人の間に 重要な役割を演じる レオナルド・ダ・ヴィンチ ・・・魔法使いもかぼちゃの馬車 も出て来ませんが、力強く生きる一人の女性 ダニエル ( シンデレラ ) の物語・・・ 貴婦人を演じていたのは なんと、ジャンヌ・モロ― ・・・ そして 初めて気が付いたんですけど・・ ジャンヌ・モロ― 演じる 貴婦人は シンデレラの孫 に当たる人物なのですが、身に付けているドレスの襟元・・・ 確かに タティングレース がふんだんに 使われているんですよね・・・ ほんのワンシーンだけですけど・・ ちょっと感動・・・ 王子の花嫁を決めるための 仮面舞踏会 に 出る事が出来ない様にシンデレラは継母に 家に閉じ込められますが、ダビンチによって 救い出され、 孔雀の衣装の 意地悪な姉の前に レオナルド・ダ・ダビンチの 作った 大きな天使の羽根の付いた ドレスをまとって現れる シンデレラ・・・ 継母に 使用人の癖にと 大勢の人の観てるまえで 羽根を引きちぎられて ボロボロのドレスのまま 雨の中をずぶぬれになって 城を出て行くシンデレラ・・・ 騙されたと嘆く ヘンリー王子の前に 真実の愛を解く ダビンチが 置いて行った シンデレラの脱ぎ棄ててて行った ガラスの靴・・・ 継母によって 奴隷として 売られたシンデレラを 助けに行く ヘンリー王子・・・ シャルル・ぺロー の シンデレラ もそれはそれで好きですけど、真実かどうか そこは知りませんけど、この エバー・アフター も何度観ても 感動する物語です・・・ 映画に使われている ガラスの靴は フェラガモ特製の靴だそうです・・・・

私は シンデレラの 物語は 実在した 楊貴妃の 人生が シルクロードを伝わって ヨーロッパに伝えられ、シャルル・ぺローが シンデレラ として 物語を作った・・ という説を信じているんですけどね・・・ 日本にも 楊貴妃の物語が 伝えらられ、 「 まつむし くつむし 」 という 東北地方に語り部によって伝承される シンデレラ物語の良く似たお話が残っていますからねェ~ ・・ 日本では 継母に 虐められている 娘が 村の祭りに 亡き母が本当に困った時に開けうようにと渡された小箱を開けると 美しい着物が出て来て、それを着て祭りに参加し、そこで村一番の長者の息子に 一目ぼれされ、身分違いに逃げ帰るものの、穿いていた雪靴を片方 落としてしまい、長者の息子は その雪靴をたよりに 娘を探しだし、嫁にする・・・ といった物語なんですよね・・・・ 日本は ぞうりの文化で、靴の文化は雪国に雪靴としてしかない為に 東北の雪国にこうした物語が残っている・・・ と言う事の様です・・・ ご承知のように 楊貴妃は 平民の娘、継母によって育てられ、後に 玄宗皇帝に見染められ 妃となった女性ですよね・・中国には ていそくという 極端に足の小さい女性を美しいとする歴史がありますし・・・・
コメント

新しい教室の為に ・・・・

2013-06-15 23:38:53 | 日記
明日は 豊橋での教室・・・まあ こちらの方は 準備出来てますから、朝から 西へドライブすれば 午後からのレッスンには間に合う訳ですけど、急遽、新しい教室のご依頼を頂いて、そのサンプルモチーフを 作り始めたものの、今日中には 出来そうにありません・・・ とは 言う物の、明日 レッスンが終わったら、急いで帰って・・と言っても 夕方になっちゃいますけど・・ 間に合えば 打ち合わせに行くので、その時に 持って行ければいいんですけど・・・また 夜なべ仕事でしょうか・・・自分の作品制作の時間が なかなか 取れなくなっちゃいました・・・・ 今までとは ちょっと 形態の違う形での 教室なので、どうなるかは 未知数ですけど、タティングレースを知って頂くために いい機会ですから・・・  テレビや 書籍で タティングレースの事を知る機会は 増えて来ていても、本を観ただけじゃ 解らないでしょうし・・実際に 大勢の生徒さん達と接してみれば 解る事ですけど、人によって 癖とか 指使いとか まして性格が違う訳ですから、同じように指を動かしていても、違いがある訳で、その方に合わせて ちょっとしたアドバイスをするだけで、とっても いい作品が作れるようになる訳ですから、現場での活動が 大切だと 私は思っているんですけどね・・・ でも、今度の教室も、日曜日しか 時間が空いていませんので、 日曜日が お休み無くなっちゃいますねえ~ ・・ と言っても 休みたいと思ってるんじゃなくて、今までも 日曜日、結構忙しくて、ライオンズクラブの奉仕活動 とか 街頭での募金の呼びかけ活動とかしていましたけど、そうした活動をする時間が 取れなくなってきているんですよね・・・・ タティングレースの教室も ボランティアみたいな感じですけど・・ 血液が不足している状況で 街頭で献血の呼びかけをしたり、様々な支援の為する募金活動も、また いろいろな悲しい状況下にいる青少年達に対しての支援活動も、とっても大切なんですよね・・・ 虐待や 育児放棄、貧困といった 悲しい状況下で 犯罪を犯してしまった子供達・・・ 一般の方は どこかよその世界の事のように 感じているかもしれませんけど・・ 保護司という立場で、刑務所や 少年院で 出会った少年達・・・ 一般の方が思っている 不良少年ばっかりでは無いんですよね・・・以前、塀の中で見付けた 或る少年の書いた 詩 が いつまでも 私の心に 深く突き刺さっていて 思い出すたびに 涙が浮かんでしまいます・・・ 今のこの 「 自由 」 な時代、塀の中では 犯した罪を償うために 管理された中で 更生に頑張っている 10代の少年・・・ 親との面会も月に1度だけ・・しかも わずか 2時間・・・ そんな状況の少年の 詩 です・・・ 「 たった2時間の 面会時間 来てはくれない 母が 恋しい 」・・・ どんな罪を犯してしまったのか 解りません・・でも 虐待や 育児拒否 で 空腹の為に 食べ物を盗む事も・・ 犯罪には 違いありません・・ 今のこの時代に、生命の危機にさらされている 子供がいるなんて・・・・

たまたま 今、私には タティングレースという場が ある訳ですけど、私の教室に集まって下さる方、ご自分が 技術を習得するための お手伝いはもちろんですが、「 手芸 」 という 「 作りだす喜び 」 を体験して頂いて、それを ご家族や 多くのお知り合いの方々と 共有し、もしかしたら、周辺の方、地域の方々にも その 喜びが伝わっていくかもしれない・・・ そうした中で ご自分の地域の方々に関心を持って頂く事が 大きな意味で 不幸な状況下にいる 次の時代を担う 青少年の健全育成・・あるいは 尊い命を 救ってあげる事が出来るのかもしれない・・・ 私の古くからの知人に 鈴木潔さんという シンガーソングライターとして 児童虐待防止・健全育成に 地道な活動をされている素晴らしい方がいます・・彼は 歌を通じて 様々な場で 直接的に メッセージを 伝えています・・・ 私は 弾き語りで歌う事も コンサートを開く事も出来ませんけど、・・・ 私に出来る事は こうした 「 手芸 」 という行為には 実は とても素晴らしく、大切な事があるんだと 言う事を、そして タティングレース という 素晴らしい手芸があるんだと 言う事を、 そして 「 作りだす喜び 」 を一人でも多くの方に 感じて頂きたい・・・ という 形でメッセージを 伝える事なんです・・・・

私のような 男が 手芸をしている事を いまだに 嫌悪感持っておられる方も 居ますし こうしたブログを書いていると 「 自分だけ特別扱いされてると思うな 」 とか 「 こんな文章は迷惑だから 削除しろ 」 とか 言われますけど、ご理解いただくには 時間がかかる事だと思いますけど・・・・
コメント