あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

解らなくなったら、 調べるしかないです ・・・・

2010-02-28 19:28:59 | 日記
「 剣ポロ 」 「 短冊布 」 「 持ち出し 」 「 台衿 」 「 縫台 」 ・・・ 本を参考に作ろうとしても、 「 ??? 」 訳のわからない言葉が、たくさん出ていて・・・ まあ、習った事が無い事をしてるんですから、解らないのは当然ですけど・・・・

ハングル語の単語も、発音も知らないのに、韓国ドラマに夢中で、日本語訳で観ていたのに、いきなり言葉の通じない韓国に行くようなもので、何の事やら・・どこの部分を言ってるのか、チンプンカンプン・・・パパパのパー・・ って状態で・・・でも 生地は切り刻んじゃったし・・・・  おまけに 廃品回収車まで、近所回ってるんで・・・

本屋さんにいって、画像の本を見つけてきました・・・・

クライ・ムキ 著 の、「 基礎シリーズ ソーイング 」 小学生でも良く判るように、本当に解りやすく丁寧に書かれているんですよね・・・・ 生地の切り方まで、解りやすく書いてあるんですよね・・・切っちゃいましたけど・・ 本当は、先に、こうして調べてからやるのが普通なんでしょうけどね・・・ 『 行動しながら考える 』 性格ですので、私・・・ ( あんまり いい性格とは言えないかもしれませんけど・・・ )


「 な~るほどねえ・・・ 」 って、やっと意味が解りましたけど・・・普通は、逆ですよね・・やり方が・・・ 後先でも、結果が良ければいいんですけど・・・


「 そうか・・こうなってるんだよね・・ 」 って改めて、普段着ている、服をみちゃいました・・・

そう言えば、今日、ファスナーも買ったんですけど・・・ どれか解らなくって・・・自分の穿いてるスラックスパンツの前を捲って・・ 「 ああ、洋服には、こういうファスナー付いてるのか・・ 」 って確認しちゃいましたけど・・・ 女性客の多い、手芸屋さんのお店の中で、自分のスラックスの前部分 弄ってる男・・・変な目で見られなかったでしょうね・・・後で、その事気が付いたんですけど・・・

いつも当然のように着ているスーツのファスナー・・・金属なのかプラスチックなのか、改めて見た事も、・・ 見ようとする意識すらなかったですからねえ~・・・



一緒に 本屋に行った家内、帰り際に一言・・・


「 ・・・貴方、仕事、やってんの?・・・仕立て屋さんにでも商売替えするの?・・・ 」 最近の家内の発言は、刺があります!・・・・ ( いいじゃん! 別に! 日曜日にも仕事しろってのか! ) って、言いたくなりましてけど、 心やさしい、自称 「 静岡のクオン・サンウ 」 の私は、黙って、聞いてるだけにしておきました・・・・


「 私の服も作ってよ! 」 って言い出しても、ゼ~ッタイ 作ってあげないから・・・

コメント

取りあえず、作り始めたんですけど・・・

2010-02-28 17:03:03 | 日記
考えるより、やってみましょうか・・って事で、取りあえず、型紙を取って、・・・ 「 ん~・・ 基本的には Lサイズでと・・・ でも、首回りは XL サイズだから、この辺をずらして・・・ 腕の長さは・・・エッ・・Sサイズでも長いかも・・じゃあ、この辺でやってみると・・・  ん・・・腕、こんなに太くていいのかな・・ パススリーブになっちゃうかも・・ 」 と、まあ、四苦八苦しながら、型紙切り抜いて・・・買ってきた2mの布を広げて・・・ 「 どうせ、縫いしろいるんだし・・ 」 ってかなり大雑把にジョキジョキ切り始めて・・・・

机の下も、切り刻んだ紙や布が散らかって・・・ゴミ箱状態・・・

買ってきた布は、セピア色の 英字新聞柄なんですけど・・・・ なんか 作ってる机の上も、・・古新聞を丸めて積んでるみたいな状況・・・・決して、綺麗とはいえない状況だったんですけど・・・


日曜日なのに、廃品回収業者が、大音響で、回って来てる音が聞こえてきて・・・

「・・・ ご家庭内で、ご不要になりました、古新聞、古雑誌、衣類のボロ・・・回収させて頂きます・・ 」 ・・・ 「 ・・ナ・・ナニ!・・ 」 思わず、自分で コケてしまいました・・・石投げてやろうかな! ・・・
コメント

海賊気分

2010-02-27 19:16:42 | 日記
細かい事は、すごく緻密に計算して取りかかるのに、大きな事は、すご~く単純に考えちゃうのが、私の性格の利点 ( 欠点? ) なんですけど、・・・ 

本を買ったら、簡単に作れちゃいそうだから・・って 「 あ、この柄いいなあ~ 」 って生地を買って来ちゃって・・ 

「 貴方、自分が、何を作るつもりで、作り方とか、必要な大きさとか、ボタンとか接着芯どのくらいいるかとか、考えて買ってきた訳? 」 って家内にも言われちゃいましたけど・・・ 全然、考えてません・・・ 大体で、 「 2m下さい 」 って買っちゃうんですよね・・・

で、本を観ながら、 「 アッ、 これカッコいいじゃん! これにしよう・・ 」 って、付録の型紙広げてみて・・・????・・・・ ( なに・・これ?・・・ )

「 ネック寸法・・は 首回りだから・・・43.5位かな・・44位かな・・  胸回りは・・胸囲だろ?・・・112位かな・・・手首回りは・・・21位かな・・・ ゆき丈??・・・ゆき丈・・って・・何?・・・あ、首の後ろから、手首までか・・76?・・78?・・・ま、その位かな・・・ っていう事は・・・ この型紙の・・首回りがXLで、 胸回りが、L で、 ゆき丈が、S ??・・・じゃあ、この型紙の ここがこれで、こっちをこの長さで・・・じゃあ、これは何?・・・・ 」  とにかく、広げた紙みて・・ こんなに大きいのか・・・って、自分が着るんだから当たり前ですけど、びっくり・・・ 人形のミニュチュアドレスと、同レベルで考えちゃっています・・・


「 ふ~ん・・・ ま、何とかなるっしょ!・・・ 」 って気楽なもんです・・・
別に、自分のものだしねえ~・・・ って、実に単純・・・

スラックスも作ってみようかなあ・・って、結構 お高い生地も買っちゃったんですけど・・・「 あ、そうだ、ファスナーもいるじゃんね・・・ 」 普段、自分が穿いてるスラックスに何が付いてるのかも忘れちゃってます・・・毎日、トイレにも行くのにねえ~・・


画像は、型紙なんですけど・・・ トレースペーパーっていうので、写し取るらしいんですけど・・・無いじゃん・・そんなの・・・トレースペーパーって、ブーブー紙位にしか思い付かない私ですけど・・・

洋裁もなにも経験ないし、自分の着てるワイシャツも、どのサイズ選ぶのかよくわかんなくて、いつも家内に、 「 どのサイズでいいの? 」 って聞くんですけど、 「 貴方は、既成品だと、サイズあわなから、それじゃ駄目よ! 」 って、買った事ないんですよね・・・

カジュアルウェアも・・ 「 ん~・・・大体 Lでいいや! 」 とか 「 スリムなんだから、Mサイズでいいや! 」 って買って、 ( ・・・・ ピチピチで、セクシー過ぎ・・・ま、今年の流行だと思えばいいや・・・ ) って、・・・ 知り合いの方から、 「 高木さん、太ったね・・・ 」 って、別に太った訳じゃないんですけどね・・・ シャツも、パンツも オリンピックの スケート競技選手みたいのを着てるだけなんですけどね・・・

「 ところで、貴方、ミシン使えたかしら?・・・ 」 家内の鋭い指摘に・・・ 「 ミシンで縫うの? 手でいいしょ・・・ 」  ( だって、おばあちゃん、昔、着物手で縫ってたもん・・・着物も、服も一緒でしょ・・ でも、前に、呉服屋さんで浴衣作って貰った時、ミシン縫いだったよな・・ ) ・・・・・

今は、型紙を広げて・・・ これとこれが、くっつくんだから、こっちを XL サイズで、ここからは、L サイズにして・・・ ここは、S サイズかな・・・ ん? これなんだろ・・・ 

まるで、宝探しの地図を観てる、海賊のような気分です・・・・ 海にロマンを求めてる海賊じゃなくて・・・・ シャツを作る事に、ロマンを感じてる男です・・・・

自分でも、ビックリするくらい、ロマンチストです・・・ ( ただの単純男かも・・・ )

コメント

ファーム ・ ポンカン

2010-02-26 22:12:47 | 日記
先日 頂戴した、ポンカン とっても甘くて美味しいんで、家内に隠れて ひとりでこっそり夜中に 頂いちゃってますけど、ふと思いついて、ポンカンの皮を 剥いた後に細かくちぎって、ちっちゃなポットに入れてみました・・・・ ポンカンを使った 手芸・・なんてね・・・


甘酸っぱい、春の香りが、しばらくの間、部屋に香って、とっても良い匂い・・・


「 香りを楽しむ 」 っていうのも結構好きで、部屋に強すぎない程度の ポプリを置いたりしてるんですけど・・・ 最近ちょっと 匂いが弱くなっちゃいましたけど、この前までは、ローズポプリだったんですよね・・・

好きなのは、ラベンダーなんですけど、 ラベンダーポプリは、買い置きが無くなると、北海道の富良野にある、「 ファーム冨田 」 から送ってもらいます・・・
ファーム冨田は、 ラベンダー畑の農場と言うか、見渡す限りラベンダーの花畑のとても綺麗なところなんですよね・・・


花の香りが多かったんですけど、このしばらくは、柑橘系のフレッシュな 「 ポンカンの香り 」 に包まれています・・・   ちょっと 農場にいる気分が味わえますので・・ 私の部屋は、今は 「 ファーム・ポンカン 」 って訳です・・・
コメント

タティング日和

2010-02-26 20:19:15 | 日記
今日は、久々の雨、しかもかなり降っていて、・・・・ ものは考えようで、こうして雨が降るたびに、春に近づいて行くんだって思うと、そんなに嫌な気分にはなりません。

スーツで傘を差して歩いていると、足元が軽くなって、思わず ミュージカル 「 ハリウッド・レヴュー 」 の ジーン・ケリーのように、雨の中で 「 雨に唄えば 」の曲を思い出しながら、タップダンス、踊りだしちゃいそうです・・・( タップダンスが、踊れたら・・ですけど・・ )

私が踊り出したら、救急車とか呼ばれちゃて大騒ぎになりそうですけど・・・


こんな どしゃぶりの雨の日は、タティング日和なんですけどね・・・


月末も最終日で、雨の中、駿河湾沿いを車で飛ばして、天女が舞い降りた伝説のある 三保 ( みほ ) の近くの学校で、お仕事したあと、駿府城のあったお堀近くに舞い戻り、その足で、かぐや姫伝説の残る 富士山方面へ、向かった後、再び、戻って、日本武尊命 ( やまとたける の みこと ) が草を薙(な)ぎって、追ってから逃げたと言われている 草薙神社の近くにお仕事に出かけて、辺りがまっ暗くなった頃に 帰って来ました。

海から、街中へ、それから山奥に行って、また街中に戻ったって感じでしょうか・・・

でも、羽衣の天女と、かぐや姫と、日本武尊命 の所縁の場所を回ったって考えると、なんか ウキウキしちゃいます・・・


仕事が無ければ タティングも一気にはかどるんですけど、そう言う訳にもいかないので、ちょこっとだけ・・・って言っても、ちょっと一服代わりに、5~6分、・・・ コーヒー飲んだ気分で、7~8分、 って小刻みな時間の合間なんですけど、少しだけ出来上がりました・・・・ これも、いつ出来上がる事やら・・・

でも、何となく、不思議な形でしょ?  

基本通りの リングとチェーンの連続ですから、基本さえ慣れれば、どなたでも出来ちゃうと思うんですけどね・・・ 一緒に挑戦しませんか? ・・・ って、でも、何が出来るのか解らないで作るのもねェ~・・  それが 面白いんでしょ!


私が企画した 「 ミステリアス・タティング の探検の旅 」 に、ご一緒しませんか?

どこの旅行会社でもやっていないはずですよ・・・・ 空想の旅ですから・・・
コメント

頭をすっきりさせましょう!

2010-02-25 22:42:09 | 日記
今日は夕方から、恒例の集まりがあって、今回は、親睦を兼ねた ボーリング&食事会 ( と言う程の料理じゃないんで、飲み会・・ですかね ) たまにはこうした懇親を中心とした集まりも、人と人との心を繋ぐ 大切な時間なんですよね・・・

「 男は外で遊んでばっかりいる・・ 」 って大変な勘違いされている奥方は多いんですけど、立場の違う方々が、雑談するっていうのは、無駄話じゃなくて、本当はもっと大切な意味を持っているんですよね・・・

人と人との心をつなぐ物は、あみものだけじゃなくて、いろんな形が有るんだと思っています。

Lおいちゃん や、先日、美味しいデコポンを届けて下さった、方ともご一緒で、楽しい時間を過ごさせていただきました・・・・

Lおいちゃん、 相変わらず、元気な方で、私のブログも時々、読むのは大変だという事で、観て下さっているようで、応援、ありがたいです・・・



そう言えば、先日、デコポンを届けて下さった方、わざわざ ご夫婦でおいで下さったんですけど、控え目な奥様に、ちょっとビックリしちゃいました。

お帰りになる時、奥様、車の後部座席の左側に自然とお座りになられたんですよね・・・

奥様が車の末席に座られるなんて・・・内心、ちょっとビックリしました・・・
自然とその席にお座りになったので、無意識にかもしれませんけど、ご主人を尊敬されているんだなあって感心しました。 ( 美味しい物 頂いたんで、褒めてるわけじゃありません・・ )

私の家内なんかは、私が運転する車に乗る時、普通、当然のように、私の助手席に座りますもんね・・( もっとも私の車は後部座席が荷物置き場になっちゃってるんで、助手席しか空いて居ないんですけどね・・ )

部屋にも、上座、下座、客座があるように、乗用車にも、上座、下座があるのはご存知ですよね・・・

タクシーとか、運転手付きの車に乗る場合は、運転手のすぐ後ろが、上座、助手席が一番下座になるんですけど、車のオーナーが運転している場合には、助手席が、一番の上座、運転手の後ろが、2番目、運転手から一番遠くが、下座 なんですよね・・・


部屋の座る位置とかも、もちろん、上座、下座があるように、車に乗るにも、こうしたマナーは、ちゃんとあるんですよね・・・

営業の仕事をされている方だと、こうした、礼儀は、多分、ちゃんと学んでいるとはおもうんですけど・・・



人には上下は無いですが、相手を思いやり、その場その場での、位置関係は、人間関係にとって、とても大切な事だと思うんですよね・・・相手がそれを理解していようと、いまいと、どう対応するかって言う事がね・・・

食事にも、それぞれマナーがあるように、自分が、座る位置、とかちゃんとわきまえていないとね・・・


以前、娘が通っていた女学校の教科書で、マナーの本をみて、ちょっとビックリした事がありましたけど、お辞儀をするにも、上体を傾ける角度とか、手の位置とか、礼儀作法にはそれぞれ意味があるんですよね・・・

そのマナーの本・・・日本間の位置関係はもちろん、襖の開け方、閉め方、座敷での相手との距離、座布団の前後ろの区別、バナナの正しい食べ方まで書いてありましたね・・・
ナイフとフォーク、どう使ってバナナを剥いてどう食べるのか・・ 手で持って皮剥いちゃ、お下品ですよ・・・ ( ナイフとフォークでどうやってバナナの皮を剥くか、良く判りません・・・ 私は、バナナは手づかみで皮剥いて食べちゃいます・・・ 野性的な男ですから・・・ )

茶道・華道・・・武道でも、・・相撲の所作にも、それぞれ意味があるって、理解しておく事って、大切ですよね・・・・ 少なくとも、私はそう思っています・・・

ちょっと 美酒が入ってましたので、ちょこっとタティングして・・・ブログ書いて、・・頭がスッキリしましたんで・・・・・さて、・・仕事しましょうかね・・・ って・・後 15分しかないじゃん!   

私の仕事関係、午前0時で、データー送信不通になっちゃうんですよね・・・ 月末で忙しいって・・・明日しか無いじゃん!  ・・・ 超、ヤバイ!!・・・・
コメント

大切な事

2010-02-25 14:38:18 | 日記
画像にアップした映画、ご存知でしょうか・・・ロシア文豪 イワン・ツルゲーネフの自伝的作品 「 はつ恋 」 を日本で翻訳映画化した作品なんですけど、画像のパンフレットの女性、 仁科明子さんなんですよね・・・

NHKのテレビドラマ 「 白鳥の歌なんか聞こえない 」 で芸能界にデビューした 歌舞伎俳優の岩井半四郎さんの次女で、この映画が、映画初出演だったんですよね・・今は 仁科亜季子さんって、書くんだったかな・・・・元、松方弘樹さんの奥様でしたよね・確か・・

相手役は、井上純一ですけど・・今どうしてるのかは、知りません・・・

ドラマの 「 白鳥の歌なんか聞こえない 」 は、確か、原作に、「 赤ずきんちゃん気おつけて 」 「 僕の大好きな青髭 」 「 さよなら怪傑黒頭巾 」 の薫君シリーズをまとめたような話だったと思いますけど、ドラマもさることながら、この 「 はつ恋 」 の仁科明子さん・・・その美しさに、ビックリした記憶があります・・・


3月4日 だったと思いますけど、浜松で、仁科亜希子さんがゲスト講演されるイベントが開催されるんですよね・・・・ 行ってみたかったんですけど、予定が合わなくて、諦めちゃいました・・・・とても興味ある内容なんですけどね・・・

「 子宮頚ガン 」 に関してのイベントで、仁科亜希子さんもこの病気でご苦労され、その体験を基に講演されるという事らしいんですよね・・・

このガンは、唯一、ワクチン接種によって防ぐ事が出来るガンだという事なんですけど、その事があまり知られていないようで、女性が予防接種を受けていれば、感染性のこのガンを未然に防ぐ事が出来るらしいんですけど、私も、詳しくは知らなくて、・・・ ですから、ぜひ、このイベントに参加して 勉強してこようかと思っていたんですけど・・・

相変わらず、お綺麗な 仁科亜希子さんにも お会いしてみたかったですしね・・・

女優さんというのは、もちろん男優さんもそうでしょうけど、やはり、著名人の方のお話される事 ( 先日の 舞の海秀平さんの講演もそうでしたが・・ ) って、しっかり聞いちゃいますよね・・・

以前、聞いた 由美かおるさんの講演も面白かったですけど・・・

でも、こうした、「 子宮頚ガン 」 のような重要なテーマに、著名な方が協力して下さっているという事は、とてもありがたい事だとおもうんですよね・・・・まして、ご自分の体験と言う事となると、 「 真実 」 ですからね・・・

男性の私は、絶対にかかるガンではありませんけど、 「 乳ガン 」 と同じくらい女性にとっては、深刻な病気で、しかも、それが事前のワクチン接種で防ぐ事が出来るとするならば、一考すべき事だと思うんですよね・・・・

男の私が叫んでも、なんの効果も有りませんけど、仁科さんのような方が、声を出して下さるという事は、とても大切な行動だと思うんですよね・・・ 違った意味で、フォンになりますよね・・・・

コメント

上を向いて歩こう

2010-02-25 00:55:27 | 日記
ふと気が付くと、もう2月も終わり・・・・ なんて日が過ぎるのが早いんでしょうか・・おまけに月末が、土曜日、日曜日になってて、やばい・・・ 仕事が予定通り進みません・・・ 今月は、30日と31日が、遊びに行っちゃって帰ってこないんで、苦労しますよね・・・


でも、陽がめっきり長くなって、日中も、とても穏やかな陽気・・・ 道路沿いの菜の花が黄色の花を満開にして、咲き誇って、花だけ見ていると、もう、春が来てるみたいな感じです。

静岡が、暖かいのかもしれませんけど、半袖姿の人もうろついちゃってるんですよね・・ちょっとビックリしましたけど、昨日は私も、営業運転中の自動車内は、クーラーかけてましたもんね・・・ 

陽気が良いと、何となく、心もウキウキしてきちゃう単純な私ですが、こうしたウキウキ感は、とっても大切な事だと思うんですよね・・・


「 上を向いて歩こう 」 って歌の歌詞は、ちょと意味が違いますけど、下を向いて歩くより 上を向いて歩いて行く方が、次につながっていくみたいで、気持ちいいですもんね・・・

「 上を向いて歩こう 」 って、確か、作詞した 永六輔さんが、中村メイコさんに振られちゃって 詩が浮かんだとか言ってましたよね・・ちょっぴり ロマンチックですよね・・

「 見上げてごらん、夜の星を 」 って歌の方が、どちらかと言うと、好きなんですけどね・・・

歌っていた、坂本 九 さん、かなり好きでしたね、私・・・いまでもときどき 坂本九さんのCDとか かけて聴いてますけど、すごく歌、上手ですよね・・・ 歌手なんだから当たり前・・って思う方もいらっしゃるかもしれませんけど、・・・ あんまり上手じゃないのに 歌手だって言って歌ってる お子達、多いですもんね・・

坂本九さん、歌も素晴らしく、笑顔もとびっきりの笑顔で、観てるだけで、心が暖かくなる方でしたね・・・

飛行機事故での ご逝去・・・衝撃でしたね・・・ 奥様で女優の 柏木由紀子さんの 悲痛な顔はいまでも忘れません・・・でも、いまでも一生懸命な彼女の姿は、心強いですよね・・ 素晴らしいご夫婦だと思います・・・


タティングは、画像にアップしたように、少しづつですけど、進めています・・・リング作って、チェーンでつないで・・・ 基本通りでしょ・・・リングの大きさ、3mm なんでちっちゃいですけどね・・・・ ちっちゃいのが好きなんです・・・

声と態度はでかいですけどね・・・・図々しくないと生きていけません! 
コメント

おまけ です・・

2010-02-24 16:39:29 | 日記
新作ドレスなんですけど、 「 綺麗ね 」 ってお褒めの言葉何人かに頂いちゃいまして、苦労した分、ちょっと嬉しかったので、また おまけでアップしちゃいました・・・

後ろ姿なんですけど、どうですかね・・・ このシリーズの苦労する部分が、スカート部分の腰の所なんですけど、生地を引き寄せながら、留めて腰のサイズにして膨らみ具合を調整するんですけど、裾の長さと同じなので、その分、生地に厚みが出てしまって、すごく厄介なんです・・・

ですので、今回の作品は、その辺りもちょっと他のドレスと変えて、あまり厚くならないようにしてあるんですけど・・・・ 苦労したところは わからないようにするのが、粋なのかもしれませんけど、他のと、どこが違うのか、明確にした方が、観ていて楽しいかな・・って思ったりもします。

生地自体にも、関心を持って下さる方が多くて、前にも書きましたけど、違う生地を重ねる事で、別の雰囲気って出るものですよね・・・

これは、実際にやってみると、意外と面白いものです・・・

前の部分を開けてあるために、スカートの広がり方が大きくて、その広がり方が、僭越ないい方をすれば、優雅なラインになってるんじゃないかなあ・・って勝手に思っています。

実物のドレスとか作る訳じゃ無いので、女性の方ですと、いろいろ言いたい事もあるのかもしれませんけど、 その辺は、男の考えとでもして置いて下さい・・・

年末の紅白歌合戦の歌手の方の衣装が、急に変わったり、歌舞伎とかでも、着物の一部を引き抜く事で別の印象の着物に変わったりする、早変わりって、けっこう楽しいでしょ・・

ああいう事が、簡単に出来たら面白いかなって思うんですよね・・・

でも、実際のドレスだと、いろいろ大変な事なんだろうなとも思います・・・ 年末に参加した ファッションショーで、女性のドレス運んでいて思いましたけど、 「 なんて重いんだろ 」 の一言でしたね・・・ 生地が多い分、重くて、女性も動くの大変だろうなあって思ったものです・・・

美しく振舞うのは、大変な事なのかもしれません・・・・ 
コメント

ちょっと疲れた時に、・・・・

2010-02-23 19:32:46 | 日記
今日は 研修会があって、 「 犯罪被害者支援の現状 」 について講演を聞いてきました。

ある日突然、何の前触れもなく、理不尽にも、健康的な身体を傷つけられたり、最愛の家族の生命を奪われる衝撃は、犯罪の被害者やご家族の方に想像を絶するダメージを与えてしまいます。
そうした方たちに、周囲の私達は、どいういう態度で接してあげる事が良いのか、とても重要でデリケートな問題だと思います。

日頃は、犯罪を犯してしまった方の更生に、サポート体制の保護司ですが、そうした犯罪の被害者の方々の事も、考えておく必要が重要だと言う事なんですよね・・・・
被害者の方々に、どのような支援が出来るのか・・・口で言うのは簡単ですが、行動するのは大変な事なんですよね・・・


保険という仕事柄、突然、お客さんが怪我をしたり、させてしまったり、時には、生命を失うような事故に巻きこまれた被害者や、ご家族と接する事は、多いですが、改めて、こうした研修を受けると、その重要性を感じます・・・


精神的に、けっこう、疲れてしまって・・・・ 夕方、とっても美味しい、デコポンをたくさん頂戴しました・・・・  疲れた心に、ほっと安らぎを・・・ありがとうございます。

いい事はあるものです・・・  陽も伸びてきて、梅の花も咲き、私の大好きな、白木蓮の花も膨らみはじめました・・・


こんな時は、新しい事を始めるのに、良い機会ですね・・・

さてさて、次に作るのは・・何にしましょうかね・・・・と言いつつ、次の作品制作に入っちゃっているんですけどね・・・・

今度の作品は、 「 シンプル 」 「 基本に忠実に 」 なんですよね・・・

タティングも、複雑な事はしないで、初心者でも出来るような基本通りに作ってみようかと・・・ リングとチェーンの繰り返し・・・


もうじき、白木蓮の花が咲くんですよね・・・・ この花は私にとっては、有る意味で、 私の 「 青春の樹 」 なんですよね・・・

「 ・・・まるで 白鳥が群れをなして飛んでいるようだ ・・・ 」 ( 確かこんな表現だったかと思いますけど・・・ )  「 白鳥の歌なんか聞こえない 」 という庄司薫著の 薫君シリーズ4部作に、自分の青春を描いた私にとって、 この花にはそんな思いがあるんですよね・・・・

咲いている期間が短いけれど、春を告げる花・・・   春というのは 新しい事への始まり・・・  桜は、まさに春! ・・・ 白木蓮は 春のまえぶれ・・・ そんな事考えながら この花を観ているのは 私くらいでしょうか・・・・



コメント

新作ドレス Ⅲ

2010-02-23 00:34:27 | 日記
スカート部分を外すと、以前にもアップした タイトドレスになる訳ですけど、外したスカートがどれだけ大きいかは、画像を観て頂ければ、解るんじゃないでしょうか・・・

スカートの部分の模様が、こんな風に写したら よく解るんじゃないかなあ と思ってアップしてみましたけど、 解りますかね・・・・


なんか、孔雀が羽を広げたような、そんな印象を受けるのは、私だけでしょうかね・・・

前にも、投稿しましたけど、以前、私の家では、白孔雀を3つがい飼っていて・・ ( 当時は、孔雀以外にも、日本キジ 約100羽、高麗キジ 約100羽、ホロホロチョウ 30~40羽、 キンケイ・ギンケイ等も飼っていたんですよね・・ ) その当時の 白孔雀をちょっと思いだしたりしちゃいました。


孔雀というのは、キジとかと違って、穏やかな性格で、だからこそ、優雅だと言われるんでしょうね・・・ 白孔雀は、いわゆる、突然変異ですから、珍しくて、あまり見かけませんけど、身体が普通の孔雀に比べると、弱くて、すぐに天国の鳥になってしまうんですよね・・ でも、そうした可能性もある事から、 美しいのかもしれません・・・


組み合わせる事で、いろいろ楽しめるというのは、ドレスでも同じことなのかもしれないですよね・・・

コメント

新作ドレス Ⅱ

2010-02-23 00:23:03 | 日記
今回のドレスの前は、こんな風になっています。

前から観ると Aラインのドレス風ですけど、中は、以前にアップした、タイトドレスと組合わせてあるんです。

「 ジパンシーライン 」 と言うのでしょうか、前部分が、動きやすいデザインになっています。

もう、お分かりかと思いますけど、スカートの部分は、腰のベルトを外す事が出来るようになっています。 スカート部分を外す事で、全くイメージの異なるドレスとして楽しむ事が出来るという訳です。

外すとどんな感じになるのか、後でアップして見ましょうかね・・・
コメント

新作ドレス

2010-02-22 15:55:55 | 日記
新作のドレスが出来上がりました。 これから少しづつどんな物なのかご紹介していこうかと思います。

まずは、横からの姿が、雰囲気わかるんじゃないかなぁと思って、アップしてみました。

これまで作った物とは、大分雰囲気が違うんですけど・・・ 生地は、シルクサテンの上に、わざとオーガンジーを重ねて、ツヤツヤした光沢を抑えて、ふんわりとした柔らかな感じになるようにしてみました。

これまでのように、模様が付いた生地ではない為に、タティングで模様を付けてみました。
ちょこちょこと時々画像をアップしていたものなんですけど、黒糸に丸小ビーズを入れて作ったビーズタティングで、花と蝶をモチーフに、雰囲気的には唐草模様なんですけど、出ていますかね・・雰囲気・・・


簡単そうに見えて、実はすごく厄介な作業だったんですけど、少しずつ違うのは、 手づくりの良さと考えて頂きましょうか・・・

要所要所に、クリスタルオーロラのスワロを散りばめてありますので、光加減で、キラキラと光るようになっています。

スカート部分は パニエを使わなくても、ふんわりと膨らむように、工夫してありますので、画像にアップした形に自然となっているという感じでしょうか・・・


まあ、一応、イメージしていた通りには出来ましたので、自分では、気に入っては居ますけどね・・・


画像だと大きく見えるのかも知れませんけど、全体の高さは、トルソーの首部分まで含めて、20cmですので、模様とか、実物は、けっこう細かいんですよね・・・

ちょっと大変だったのは、糸の色を出したくなかったので、透明糸を使っていた為に、良く見えないんですよね・・縫い目が・・・全部、手縫いですから・・実際は縫い目が、クネクネ曲がってるかもしれませんけど、幸いな事に、縫い目も見えません・・・

コメント

エプロンの似合う 男

2010-02-21 16:48:43 | 日記
予約注文しておいた 「 男のエプロンの本 」 嶋崎隆一郎著 が届きました。

エプロンって、何となく女性専用だと思ってましたけど、いやあ、この本読んでて考え変わっちゃいました。

「・・・・結果的に、装飾を極力省いた、機能性だけを追求したデザイン・・・ (中略)・・男性が着用しても全く違和感がなく、男っぽく仕立てるためには、使用する素材はできるだけ厚手でしっかりした風合いの生地を選んで・・・ 」

つまりは・・・ 溶接工や鍛冶職人など、火を使う仕事の方のもの・・・大工さんの道具入れ的なもの・・・防災用・・・酒屋さん用・・・コックさん用・・・ギャルソン用・・・ソムリエ用・・キャンプ用・・・などなど・・・

言われてみれば、もっともなんですけど、・・・確かに本の中でエプロンしてる男性、大工さんとか、ギャルソンとか、コックさんとか、職業によって、形、機能、様々ですけど、みんな味があって、カッコイイですもんね・・・

本にはもちろん、作り方もちゃんと掲載されちゃっています・・・

単に、エプロンって言っても、こう考えると、面白い物です。 装飾用ではなく、機能的な仕事用のエプロン・・・


以前、学校とかのPTAの仕事で、作業するために綺麗な超ブランド物のエプロンされてる奥様方もおいでになりましたけど・・・( ・・・汚れちゃうじゃん ・・もったいない・・・汚れたら、シミ抜きの為に、クリーニングに出すんだろうなあ~・・ ) とか思ったりした事もありましたっけ・・・

エプロンの機能無視の、ドレスの一部ですもんね・・・1枚数万円もするエプロンして、数百円の汚れた段ボール運ぶんですかね・・・ なんか、ちょっと違う気もしますよね・・・

そうした意味で考えると、この 「 男のエプロンの本 」 観てると、気持ち良くなります・・・  どうしよう・・・ また、作りたくなっちゃいます・・・・
コメント

特集記事

2010-02-20 22:34:34 | 日記
映画の本で 「 スクリーン 」 という本、学生時代は、毎号読んだものですが、この数年・・( 数十年になるかも・・ ) ほとんど観る事がなかったんです。

映画は、しょっちゅう観に行きますし、好きですから、映画から離れていた訳ではないんですけど・・・

偶然、本屋さんで、「 スクリーン 」をぺラッと捲って、買って来ました。

ジョニー・デップが、カバーボーイだったんですけど・・・そう言えば、私、以前、「 ジョニー・デップに似てる 」 って何人かの男性に言われた事があるんですよね・・・


「 スクリーンが選ぶ、ベスト男優 」 で、7回連続の第1位人気だそうで、ブラッド・ピットや、レオナルド・デイカプリオ、トム・クルーズより上位ですから、悪い気はしませんけど・・( 他の男優さん・・全然知りません・・というか・・ ) ジョニー・デップという男優さんも言われた時は、全然知らなくて、・・・・

当時、 「 パイレーツ・オブ・カリビアン 」の映画を上映している時で、この映画は観ていましたけど、主役の、海賊が、ジョニー・デップだとは 知りもしなかったんですよね・・・

どこが似てるかって、言われても、全然わからなくて・・・ 自分じゃ、気分は、デイカプリオなんですけどね・・・

それはともかく、久しぶりに、この本を観て、気になるのは、今は、やはり、服とかアクセサリーとか、女優さんのドレスとか・・・
今回、アカデミー賞の予想特集で、男優さんの正装には、すごく関心がありましたね・・・「 洋服 」 って言うだけあって、外人さんが着てると、カッコイイですしね・・

「 こんな風に、アスコットタイ使ってるのか・・ 」 とか、「 やっぱりここの部分はシルクじゃなきゃなあ・・」 とか、 「 このベスト、衿が変わってて、イイ感じじゃん・・」 とか、映画よりも、そちらの方が気になっちゃいますよね・・・


「 映画の中の素敵なジェントルマン  特選 紳士図鑑 」 という特集もあって、 「 王道紳士 」 「 名探偵紳士 」 「 セクシー系紳士 」 「 乙男(オトメン)系紳士 」 「 大人系紳士 」 「 王子系紳士 」 「 情熱系紳士 」 「 ロマンチック紳士 」 「 不器用系紳士 」 「 怪盗紳士 」 「 執事系紳士 」 「 伊達男紳士 」 「 肉体派紳士 」 「 耽美系紳士 」 「 吸血鬼紳士 」 とまあ、面白い区分けをしています・・・ みんなタキシード系の服装の着こなし方で、区分けしてあるんですよね・・・


私的には・・・ 「 アッ! これイイ! ・・でも、こういう感じの服、観た事無いなあ・・ じゃあ、作っちゃおうかな・・・ 」 ・・・ 最近は、こうした記事を観ながら、 「 作っちゃおうかな 」 って思ってしまう自分が、ちょっと怖いです・・・

「 こんなの、無理だよ、作れない・・ 」 って思わなくなってしまって、 「 作ろうと思えば、これ、作れるんじゃないなかなあ~ 」 って思うようになっちゃったんですよね・・・ ( だって、誰かが作った服なんだし、・・・ )  

でも、着て行くとこ あんまり無いですしね・・・・ 人形の服にでも、作りましょうかね・・・  チョイヤバ! ・・・ ですかね・・・
コメント (2)