あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

世界糖尿病デー

2018-11-11 20:46:05 | 日記
11月14日 は 「 世界糖尿病 デー 」なんですよね・・ これに合わせて、 「 第54階 全国糖尿病週間 」 が 明日、2018年11月12日から11月18日 全国でいろいろな企画があるようで、 11月14日 全国各地で シンボルカラーである 「 蒼い光 」 がいろいろなところで ともされるようです・・ 糖尿病でなくても、ご自分の予防についてとか、ご家族の健康を考える 良い機会じゃないでしょうか・・ 私は 糖尿病という訳ではありませんけど、逞しい腹筋を 肥えてる と誤解されてる方が多いようで、たまに ご心配頂きますが、そんな気配はありませんので、ご安心ください・・ 運動をする機会は 忙しくてなくなってしまいましたけど・・・ ま 明日は 愛知県内を 午前中、一宮、午後には 岐阜、夜は 南大高 と 大きな 重いスーツケースを 引っ張りながら 歩き回りますので・・・かなりの 運動量になりますけどね・・・ 時間差で移動ですので、昼飯は 食べてる時間・・ありませんけど・・・ 食べ物に関しての 興味があまりない方ですので・・忙しさで空腹感なくても 平気なんですよね・・ 健康的というより・・・不健康・・ですかね・・・
コメント

日本ホビーショー

2018-11-01 22:47:14 | 日記
2019年 東京のビッグサイトで開催される 「 第43回 日本ホビーショー 2019 」 の 出展者説明会に行ってきました。 説明会は 開場に入りきらないのて、時間を変えて 2回に開催で、私は 早い方に参加hしましたけど、会場には スーツ姿の男性が多く、ちょっとびっくりで・・企業参加者の 担当者でしょうか・・ 何かのセミナーを受けるような雰囲気で、先日の 静岡での クリスマスフェスタ の出展者説明会とは大違い・・( 

今回の テーマは 「 オンリーワン 」 ・・・・今までの 日本ホビーショーと かなり雰囲気が違う感じになりそうですねえ~・・・この形がいいのか、悪いのか やってみなきゃわかりませんけど・・今までの 東館平面から、今回は 西菅1階と 4階 の会場設定・・・ 今までの様に 休憩するところがない・・というご意見を受けてか、4階は 「 クッキングフェア2019 」 「 ハンドメイド、メーカーズ 2019 」 「 共通ワークショップ エリア、」 「 フード関係 」 が 分離された感じですから、まあ、はっきり色分けされた感じがしない訳でもありませんけど・・さてさて・・どこのエリアに 出展しましょうかねえ~・・共通ワークショップに 同時に参加することが出来るエリアもありますけど、ワークショップを 1階と4階では 私は一人しかいませんからねえ~・・ 

それもそうですけお・・・ 「 オンリーワン 」 ・・・ 「 ロマンティック 」 とか 「 ゴージャス 」 とかだと イメージしやすいんですけど・・・ ん・・・ん・・・この際ですから・・・ワタシがやりたい事 やっちゃいましょうかねえ~・・・


そうそう、2020年 のホビーショーの 日程も、早々と 発表 なりました・・・・2020年 4月28日 ( 火 )、29日 ( 水 出休日 ) 30日 ( 木 )  場所は ビッグサイト 西ホール 1~4  2019年と同じ会場です。
コメント

帽子

2018-10-29 22:59:33 | 日記
タティングレースで結んだ 帽子・・・ひとまず完成です・・といっても 仕上げが残っていますけど、今は結び、引き締めた糸が、時間の経過とともに糸自身の力で戻ろうとする力・・というか、「 結ばれた糸が その状態で落ち着く・・ワタシの感覚では、糸は生きている ものですから、こねて形作った年度を いきなり窯に入れて焼くのではなく、時間をかけて 自然乾燥させるように・・あるいは 出来あがったワインを長い年月かけて 熟成させるように、結び合えて科や知の出来た状態で、最後の仕上げをする前に、作品に 呼吸をさせているんです・・「 作品に命を吹き込む・・ 」 M生意気な言い方をしたら、そんな風に なるんじゃないでしょうか・・ 
コメント

クリスマスフェスタ 2018

2018-10-26 20:54:36 | 日記
12月8日(土) と 9日(日) の2日間 静岡にある ツインメッセ静岡 という イベント会場で開催される 「 クリスマスフェスタ 2018 」 の 出展者説明会に 参加してきました。 今年は 10周年・・第1回目から参加していますので、 もう 10年も 出展しているんですねえ~・・今年のブースは なんと 驚いたことに、 第1回目と同じ場所・・広さは違いますけど、なんという偶然でしょうか・・・ 時を経て初心に還る ・・と言う事でしょうか・・ タティングレースも この10年で 本当に環境が変わりましたねえ~・・ でも昔を懐かしむより これからどうするかが 重要・・・新作もほぼ出来上がりましたし、次の作品のデザインも 紙の上では ほぼ完成・・あとは 試作を重ねて 作っていく感じですけど、次から次男へと 新作の アイデアがあって、作りたいけど、教室に追われて 時間が取れない・・といった ありがたい事です。 明日は 浜松と 豊橋の教室 で帰宅は・・ん・・23時かなあ~・・明後日は 静岡ですけど 1日教室 ( 午前と午後 連続の教室 と言う事です ) ですので、時間がないし、 その次は 新しい 金谷という所で の教室がありますので、帰宅は やはり 23時位でしょうか・・・そうそう・・11月に入ったら 過ぎに 日本ホビーショーの 出展者説明会に 東京に行って、戻って過ぎにまた 東京教室2日間・・さてと・・お肌の手入れして早く 休みましょうか・・・なんて 言ってられないですねえ~・・
コメント

車いすバイク

2018-10-02 20:23:59 | 日記
秋から年末にかけて展示会がありますので、新作の製作に思いのほか時間がかかり、かといって 教室の教材も作っていますので、その作品だけを作っている訳にもいかず、ほんの数分の空き時間も シャトルを動かしている次第で、ブログもインスタも このところ賭けな異常な、今までになく 非常事態・・でも、作品も何とか目鼻が付いたというか、80%完成したような感じでいます・・今度の作品は、ビックリと言うより、レデイの方に 悦んでいただけるような感じではないかと思っておりまして・・個人的には 華麗なるギャツビ― の ギャツビーが愛する デイジー とか 私の好きな女優のひとりである ヴィヴィアン・リー のイメージです・・・ ヴィヴィアン・リー は 映画、風と共に去りぬ で スカーレットを演じた女優です・・

それはそうと、今日 市内を車で走行中に、変ったバイクを発見・・・よく見たら なんと ウンテンされている方・・車いすのままじゃありませんか・・・ 車いすのまま乗れるバイクがある事は 知っていましたけど、実際に見るのは初めて・・しかも実際に走っている姿をみるのは 衝撃的でしたね・・・車いすのかたが、こうして普通にバイクで公道を走っている・・車いすを余儀なくされている方も市民であることは当たり前ですし、乗用車を車椅子から移動して乗用車を運転されている方は よくいらっしゃいますけど、・・・バイクですからねえ~・・・とても 素晴らしことじゃありませんか・・ 今日別の場所で 運転席のドアが跳ね上がる スーパーカー のカウンタックを観ましたけど、カウンタックよりも この車いすのまま乗る事の出来るバイクが走っている姿には・・考え方が変わるような・・ある種の感動を覚えました・・
コメント

ユキ・パリス コレクション展

2018-09-15 21:51:44 | 日記
東京の銀座で開催中の 「 幸せをよぶ手仕事 ユキ・パリス コレクション展 )に行ってきました。 1800年代から 1900年代の 物が こんなにも沢山 観れるのかと驚くくらい・・タテイングレースの物は 一つだけ付けエリがありましたが、じ~っくり見て見貸したから 気概があったら作ってみよかな・・と言う感じでしょうか・・様々な収集が多かったですけど、プチポアンはビックリしましたねえ~・・あんなにも複雑な物観た事なかったです・・もちろん、触ることなど出来ませんけど、観るだけで上等のチュールや モスリンが使われている事が分かります・・質の良い上品なものをふんだん浸かってあるという事は、当然ですがかなり裕福な家柄の方達が作られたんでしょうね~・・ 開場には、雑誌の写真でしか、拝見した事が無い ユキ・パリスさんもおいでになられていて、少しお話させて頂きましたけど、なんと上品なレデイでしょう・・せっかくでしたので、サインを頂戴してしまった ミーハーな私です・・
コメント

北斎と広重

2018-09-14 20:39:43 | 日記
今日は 三島教室の帰りに、以前から見たかった 北斎ト広重の 浮世絵の展示を観てきました。 観る機会があるようで、なかなか 浮世絵は地涌物を観ることが出来なくて、初めて観る 作品も多く、また今回は 東海道五十三次の 各宿場を、北斎と広重がどのように描いているのかを 並べて展示してありましたので、非常に面白い・・ 北斎が 五十三次を 描いていた事は まったく知らなかったので、そういう意味でもよかったですね・・広重が 風景を描いているのに対して、北斎は その宿場の人々の姿を描いている 視点の違いとか、・・北斎の描く 美人画・なぜこんなに美しいんだろうと思って 私なりに見ていたら、北斎の美人画の女性は、八頭身なんですよね・・・最近では八頭身の女性も見かけますけど、1800年代の日本に、八頭身尾女性がいたとは ちょっと考えられませんし、北斎がデフォルメして描いたのか、外国の女性図を参考にしたのか・・むしろ北斎のこの配分が 海外の画家たちが模倣したのか・・なかなか興味深いですけど、私 別に 浮世絵研究してるわけやないので、実際にの所はどうか分かりませんけど。。私的な 感想・・でしょうか・・ 画像の羽子板は、なぜか以前から私が持っている 北斎の浮世絵の図柄を、「 静岡塗 」といういわゆるひな人形の道具に塗る塗りですけど、それで描いた羽子板です。 筒状のものはペン立てで 美術館で手に入れましたけど、観る角度によって遠近感がある 3Dの物です・・なかなk面白いアイデアだと思って、思わず購入してしまいました・・
コメント

ショーメ  時空を超える宝飾芸術の世界

2018-09-02 18:59:55 | 日記
東京での 連日教室を終えて、戻ってきましたけど、土曜日 教室の終わった後、 大急ぎで 三菱一号美術館で開催されている 「 ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 」 と言う展示会を観に行って来ました・・ショーメは パリのジュエラーの中で 最も長い歴史を誇り、ナポレオン1世と皇女 ジョゼフィーヌ のご用達だったんですよね・・ 開場は小雨交じりにも関わらず、入場前には長蛇の列で、時間を置いて、2~3人づつしか入れないので、閉館前に入れるのかと心配するくらいでしたけど、想像を絶する素晴らしさで・・あれなら、入場前に3時間でも5時間でも待たされても満足する展示で、皇帝ナポレオンや皇女 ジョゼフィーヌの 等身大に近い 1800年代の油彩画と共に、そこに描かれている 身に付けていたり 手に持っている ジュエリーの 実物が すぐ近くに展示されているところでは 
息がかかるくらいに距離でも見る事が出来るくらいの 見事な油彩画と実物を見比べることが出来たり、宝飾品はもちろんすべて ガラスケースに入って居ますけど、「 この宝飾品は、土器にどうやって使うんだろかと思ったときに、肖像画をみれば、その使い方がわかるとか・・他の展示筒では 展示品の 首飾りをどうやって身に付けるのか、ネックレスが 使い方によって ティアラ として仕えたる、部分的に外れるようになっていて、ネックレスが、ブレスレットとしても使えたりが、解説動画で、よくわかり、宝飾品の機能性とか工夫とかの素晴らしさも分かるようになっていました。それよりなにより、ダイヤモンドにしろ、オパール、ルビー、サファイヤ、エメラルド、その他数えきれない宝石が、こんなに大きなものもこの世に存在するのかと思うほど、大きさも頬セキの素晴らしさも、圧倒されてしまいます・・画像は 1850年ごろの ジャン バテイスト フォッサン の作品の 「 パンイーの花のティアラ ] ですけど、花の部分は、取り外して ブローチになるようになっているそうです、 「 あなたを想っています。 わたしを想って下さい 」 という花言葉が パンジーにはあり、このティアラを付けて レデイーが現れると言う事は、そういうお気持ちなのか・・。と言う事なのでしょうか・・・なんとも つつましく愛らしい事なのでしょ・・ こうした事が 高貴な方達の 礼節と言うか、優雅さなのでしょうか・・・ 今のレデイの方達が パンジーの鼻のブローチを付けて デートにお出でになったら、そういう想いが込められているのかもしれませんけど・・今の ジェントルマンが、そこまで相手のレデイの想いを 読み取ることが出来るのかどうか・・それはともかく、どんな素晴らしい写真でも、実物のこの輝き、光の美しさ、優雅な空間は 表現する事は出来ないでしょうね・・・ 9月17日まで開催しているとの事・・・終わるまでに また観に行ってみようかとも思ってますけど・・いけるかなあ・・
コメント

新しい 髪型

2018-08-23 20:28:44 | 日記
ここ数か月、ちょっとイメージ変えましょうかと、私、前髪を切らずに伸ばしていたんですよね・・・いつも いろいろ注文付けても いい感じに仕上げてくれる昔から カットをお願いしてる カットサロンの 店長に、前髪は切らないで 「 トップはシャギーにして短めにして、フレアーっぽい感じで、サイドはツーブロック程 短くしないで、ツーブロック風に短めにシャギーいれてよね・・ 」とか、結構 注文の多い客なんですけど・・で、前髪も 目にかかる、ちょっと煩わしい長さを超えて、やっといい感じに収まったものの、サイドとバックが伸びてきたんで、ちょっとカットしてもらおうか・・それとも、 以前やっていたように メンズボブにしちゃおうか・・と思いつつ・・髪の毛を切るとなると、書店のメンズファッション誌が気になるわけで、ふと目に付いたのが画像の雑誌・・( あれ? このカバーボーイ、俺と一緒の髪形してんじゃん、誰だよこいつ・・ ) とか思ってよくよく見たら、なんと キムタク・・木村拓哉じゃないですかあ~・・・ 別に スマップファンでも キムタクファンでもないので、全然無関心でしたけど・・新しい男性モデルがデビューしたのかな・・位に ぼんやり髪形だけ見てたんですけど・・なんか別人みたいな顔になってますねえ=・・ まあそんな事は どうでもいいですけど・・数か月かけて伸ばした髪形が こうやって ファッション誌の表紙を飾っているとなると・・・ まあ トレンドなんだろうから、切るのはやめましょうと、前髪は切らずに、サイドとバックを ツーブロックより長めの短さでカットしてもらいました・・・まさか キムタクが 私の髪形まねてるとは 思いもしませんでしかけど・・これじゃ、私が キムタクヘヤ―を真似したんだって 思われちゃいますよね・・・まあ 彼の方が 若いですけど・・ ( ・・・かなり…ひょっとしたら 息子世代に近い感じですしね・・ ) でも、まあ トレンドヘヤとなった髪形を 数か月前から 考えていたのは 私ですから、悪い気はしませんけど・・・ ん・・・しげしげみると・・・この年代当時の 私にそっくりですねえ~・・( ・・ん?・・違うって?・・当時の私を知らない人は、そう言うんですけど、みててごらんなさい、キムタクが私の年代になったら、私そっくりになりますから・・・ん?? ・・ まあその頃には 私のほうがもっと シブい粋な男になってますけど・・・・・ それにしても、暑くて 目がぼんやりしますねえ~・・・??? )
コメント

緑内障

2018-08-22 21:26:35 | 日記
「 貴方は 緑内障です 」 「 なぜ 緑内障になるんでしょうか 」 「 目の隅に波が流れ出るフイルターのようなものがあって、貴方の場合、生まれた時から、その部分が他の人に比べて狭いので、涙が流れにくくなっていて、それが原因で眼圧が高くなり、緑内障になったんです 」 「 治療すれば治るんでしょうか 」 「 治りません 」「 じゃあこのまま行くと どうなるんでしょうか 」 「 いずれ 見えなくなります 」 「 見えなくなるというのは 失明するという事ですか 」 「 そうです 」 「 どうすればいいんでしょうか 」 「 目薬を差して 進行を遅らせるしかありません 」 ・・・ これは かなり前に 私が 眼科医から言われた事です・・ つまりは、私の目は 生まれた時からの事が原因で、いずれ失明する病気があり、これは治らない・・・ 言葉にならない 唖然とした結論でした・・ しかしながら 元々、悔やむ性格ではありませんでしたので、じゃあ 見えるうちに いろいろなものをみましょう・・好きな映画は なん十回も繰り返し観て、会話を覚えてしまえば、目を閉じても場面が浮かんでくるような位に 見ておこう・・作りたい物があれば、見えるうちに作っておこう・・やって来たい事があれば 見えるうちにやっておこう・・無意識にそんな思いから、芝居でも、映画でも、何でもかんでも見たいものは見て、作りたい作品は作りましょう・・・お教えしたい事は 教えておきましょう・・・と今のような行動になっていたんだと思います・・・失明したらしたで、私の性格では、多分 ピアノに夢中になったり、歌を歌ったり・・きっとじっとしては居ないんだろうとは思いますけど・・・時々、なぜか 目を開けていられないくらい、眼球が痛くなり、両手で目を押さえながら意味もなく 目薬の液体で 目の痛みを洗い流すような事があると、「 エッツ! 今、このまま見えなくなっちゃうのかな・・ 」 と戸惑う事がなんどもありました・・・ 先日 新聞記事で 「 緑内障の最新治療 」と言う本が 発売されたという事を知ったので、すぐに書店に出向いたものの・・なんと 静岡市内の大型書店でも、置いてない・・・取り寄せしかないというのですが、発刊されたばかりでないなんて・・と先日 東京にいた際も、いつも行く書店に行ったのですが、置いていない・・・ところが 昨夜 夜間教室に向かう途中のふと立ち寄って書店で店員に尋ねると、若い男性店員が 「 あ・・これ確か ボク観た記憶あるんで・・まだ売れてなければあると思うので、ちょっと待ってて下さい・・ 」 と 即座の返事で、間もなく この本を持ってきてくれました・・・いかにも田舎の青年みたいな 朴訥とした青年が 天使かと思うほど、ドキドキしました・・( ドキドキしたのは、彼にではなく、手にした本の方にです・・勘違いされないように・・ ) で、ちょっと読み始めると、緑内障が治った人の事が書かれ、正しい目薬の使い方とか、かかれているので、「 緑内障 治ってる人いるじゃん 」 という なんと言えばいいんでしょうか・・心が洗われるような すがすがしい、日の出を見たような気分・・私の緑内障がなおると決まったわけではありませんけど、いずれ失明すると決まっていたものがそうじゃないかも・・しれない・・という望みが出来たという感じでしょうか・・・チョット・どころか・・・とっても嬉しい本との出会いです・・・
コメント

新作 「 妖精 ]

2018-08-03 22:02:00 | 日記
連日の 猛暑の合間をぬって、風邪をひきそうになりながら。冷たいクーラーの風に当たりながら 久しぶりに めちゃくちゃ動きの複雑な結び方をする作品が完成・・ 上着の胸元を飾る、ポケットチーフです・・ 80番の レース糸ですが、ふんわりとした感じを出したくて、エジプト綿のはいった糸なので、軽いというか、指先の感触がいつもと異なり・・思っていた以上に時間がかかってしまいました・・ ここ連日の猛暑になる前の公演で、春の日差しの中で 幼い女の子が、 お母さんと一緒に 花の冠をつくって 頭にのせて喜んでいる姿を 見かけました・・まるで 妖精の戯れのような そんな姿をイメージしながら結んでみました・・・画像のような 黒のタキシードにだって、しっくりと逢うと思うんですけど・・・NHKの朝の ニュースを担当している 男性アナウンサー・・毎朝 洒落たスーツですけど、胸元のポケットチーフも 毎日違いますけど・・気が付いていますかねえ~・・民放の 元タレントとかの 奇抜なスーツと違って、上品な着こなしは 毎朝参考になりますねえ~・・まさに クールビズ ( カッコイイ ビジネススタイル ) と言った感じです。
コメント

大黄金展

2018-07-30 00:05:47 | 日記
浜松教室が丁度 台風の影響があるため、早めに 浜松に行きましたので、多少時間が空いたため、教室の入って居る 遠鉄百貨店で開催中の 「 大黄金展 」 を観てきました・・入り口に展示されているのが 今回は 「 黄金の金将駒 」 高さ約2m で 金箔約1700枚も使ってあるそうです・・会場内はもちろん撮影禁止で 会場内には 500万円もする 黄金の お茶碗で、抹茶を飲める お茶席もありましたが、すごい混雑でしたので、飲むのは諦めました・・・静岡で開催した時には 開場と同時に行きましたので、黄金のお茶席にも参加しようと思えばできたんですけど・・静岡ではお目当ての物がありましたので、参加しなかったんですよね・・ 今回は 24金で作られた トヨタ2000GT というスポーツカーのミニカ―を観たくて 行ったのですけど、 Sサイズ と Lサイズは まだ売れていませんでしたけど、Mサイズは すでに 売約隅・・・ Mサイズのミニカーが なんと 3,024,000円・・・ 作品やお値段もびっくりですけど、お買いになる方が いらっしゃるんですねえ~ やっぱり・・・ 本物の 自動車が帰るお値段ですねえ~・・ 買おうと思って行ったのに。残念でした・・( お金があればですけど・・ 、

教室の方は、欠席される方も多く、また 帰りの電車が 本数が無いとの事で 早退される方もおいでで、私も 終わったとたんに、大急ぎで 高速道路で帰宅・・・ 普通なら、浜松教室の後は 豊橋教室の夜間があるんですけど、台風直撃の恐れがあるため、周辺のカルチャースクールも、夜間幸田はすべて休校になったんですよね・・・・帰りの東名高速道路・・サービスエリアなど、ガラガラでしたね・・台風の影響で、横風も強くて、ときどき強風でハンドルを取られるくらいでしたし、静岡市に入ってからは、どしゃ降り・・でもまあ無事に帰ってきましたので、良しとしましょう・・・
コメント

大災害

2018-07-09 21:12:40 | 日記
ここ数日、忙しさと疲れと、静岡にいなかったので テレビとか新聞を観る機会もなくて、今日、久しぶりにテレビのニュースで 西日本の大災害を知り、茫然としてしまいました・・・何という事でしょう・・こんなにひどい災害だとは・・・テレビに映し出される、屋根の上で救助を待つ方々・・茫然と立ちすくんで流れを眺めている人・・・災害現場で立ちつくす男性が インタビューに答えるというより・・・ 「 あの一番上が 家なのに・・何も‥何も無くなっちゃっているんです・・・警察に 車のナンバーを聞かれても・・家内の車も、母の車も・・全く ・・ナンバーを知らない自分が・・情けない・・探しようがないんです・・・ 」と嗚咽しながら吐き出すようにつぶやく・・その後かなり時間がたってからでしょうか・・青いビニールシートで覆われた 奥様が運ばれてきて・・その直後の様子はさすがに放映はしなかったですけど・・しばらくして 落ち着かれてでしょうか・・ 「 家族は一緒には居たみたいで・・・それぞれがバラバラになって居なかっただけが・・最後に一緒にいてくれたことだけが・・せめてもの・・・ 」 災害と言うのは なんと恐ろしいものでしょうか・・・逃げる間もなく、想像もしない自然の事態に襲われて・・・ 広島 とか・・倉敷 とか 松山 とか・・ 私にとっては 若い頃 一人で旅した地域・・青春時代の 旅先での人々の温かさを味わった いい思い出の場所が・・・あの場所は‥どこなんだ‥あの人たちは・・・テレビに映し出される 泥の中に 屋根しか見えない広大な場所では・・何も分かりません・・・ 私の感傷など どうでもいい事で、今でも 必死に救助に当たっていらっしゃる方々・・やっとの思いで 命をつないだ方々・・に対して・・何の役にも立ちませんが・・・・頑張ってくださいと・・願うしかありません・・・ 尊い 命をなくされた 多くの方々に お悔やみの気持ちで一杯です・・・
コメント

恋におちた シェイクスピア

2018-07-08 22:06:34 | 日記
東京での連日タテイング教室は、当然 東京に泊まりますけど、普通の時は、新しい材料探しや、新作のアイデア探しに 浅草橋や、銀座を探索していますけど ( 決して遊びまわっている訳ではありません ) 今回は 今月から始まった 劇団四季 の 新作 「 恋におちた シェイクスピア 」 のチケットが 残り1枚 の S席が手に入ったので、久しぶりの 観劇でした。 劇団四季と言えば ミュージカルが得意ですけど、今回の新作は ミュージカルではなく、ストレートプレイ、( 舞台芝居 ) しかも この 「 恋におちた シェークスピア )私の 大好きな演目で、初めて この物語を芝居の進行とともに、知る感動とは違って、時代背景やら 登場人物の人間関係、性格、当然の事ながら、物語の結末や見どころ、いたるところに散りばめられた 様々な人間関係の 伏線等、知り尽くしての 観劇は 格別の感動でした。 偶然手にした 2階のS席も、一番壁際の 残り物のような位置と思っていたら、なんと 舞台の 真正面の ストレートド真ん中、アベックで芝居見物の方達の 隙間のとてもいい場所・・当然の事、古いですけど、私の愛用の オペラグラスを持って行きましたから、俳優の顔の表情もよくわかり、更に 役者のセリフのほとんどが 私の 麗しの唇から流暢に流れ出るほど知っているアセリフ・・大好きな シェイクスピアの 美しい流れるような 言葉の美しさに 芝居の中に 溶け込んでしまい、ラスト近くの とても感動的な場面で、会場が地震により、大きく席が横揺れしても、全く動じず、隣のアベックの男が 一瞬騒ぎ始めようとした対応に 心のロ中で 「 この一番いい場面で 男のくせに、地震くらいで騒ぐんじゃねぞ! jこの親父! 」 とひょっとしたら私よりはるかに年下かもしれない横の男に 舞台に釘づけの顔も動かさずに 心の中で叫んで 感動の涙を流し・・ 私の両脇の 男どもが 無頓着なのに 「 この鈍感野郎! 」 と心の中で下品な言葉を発し、終わった後の拍手では 両手の痛みを忘れるほどの拍手・4回ほどのカーテンコールの後 終了となりました・・・夢中にあると 普段上品な私ですが、無礼な奴には ビックするような下品な言葉を 心の中で叫んでしまう ジギル とハイドのような性格の 私です・・・・

芝居のパンフレットも もちろん買いましたけど、私の思っていたものと違って、シェイクスピアの作品の紹介や、シェイクスピアのゆかりの地の解説やスタッフの座談会の内容が半分以上で、肝心の舞台衣装や 舞台装置の様子の写真もなく、ラフな姿 ノーメイクの俳優たちの練習風景のスナップ者品ばかり・・・まあ 落ち着いて考えれば、始まったばかりの新作で 舞台写真が無いのは当たり前の事で、劇団四季創設65周年の 記念誌のような内容でしたねえ~・・・でもまあ 素晴らしい舞台は 大満足・・ シェイクスピアの作品を 知らない方にとっては ラストシーンの シェイクスピアの 次の 作品のおおおまかな あらすじが、 シェイクスピアの 最後のラブ コメディ 「 十二夜 」 の物語だなんて気が付かないでしょうねえ~・・・
コメント

水 の 抱擁

2018-07-03 22:01:34 | 日記
新作の作品が完成しました。 先日の 教室での作品のいわば応用作品と言ったところでしょうか・・ 基本的には 同じような糸の動きをさせますけど、技法的と言うか テクニックは別格に 難しい手法を使っています・・日本ホビーショーでの特別講習会での作品・・折鶴シリーズや ウミガメの赤ちゃん、シンデレラの靴と同じレベルだと考えて頂ければ 解りやすいかと思います。教材と言うより、展示会用作品 と言ったところでしょうか・・・こうした画像だとわかり難いかもしれませんが、額縁の 丸いガラス部分の直径が 5cm ですから、かなり小さいです・・・メンズのペンダントトップでもいいんじゃないでしょうか・・・自分で言うのもおこがましいかもしれませんけど、 「 クール ( かっこいい ) 」 ですよ・・・今の時期に この言葉を使うと、 「 涼しい 」 って変換する方多いでしょうから・・・・そうそう・この作品の名前は 「 水の抱擁 」 です。
コメント