あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

大災害

2018-07-09 21:12:40 | 日記
ここ数日、忙しさと疲れと、静岡にいなかったので テレビとか新聞を観る機会もなくて、今日、久しぶりにテレビのニュースで 西日本の大災害を知り、茫然としてしまいました・・・何という事でしょう・・こんなにひどい災害だとは・・・テレビに映し出される、屋根の上で救助を待つ方々・・茫然と立ちすくんで流れを眺めている人・・・災害現場で立ちつくす男性が インタビューに答えるというより・・・ 「 あの一番上が 家なのに・・何も‥何も無くなっちゃっているんです・・・警察に 車のナンバーを聞かれても・・家内の車も、母の車も・・全く ・・ナンバーを知らない自分が・・情けない・・探しようがないんです・・・ 」と嗚咽しながら吐き出すようにつぶやく・・その後かなり時間がたってからでしょうか・・青いビニールシートで覆われた 奥様が運ばれてきて・・その直後の様子はさすがに放映はしなかったですけど・・しばらくして 落ち着かれてでしょうか・・ 「 家族は一緒には居たみたいで・・・それぞれがバラバラになって居なかっただけが・・最後に一緒にいてくれたことだけが・・せめてもの・・・ 」 災害と言うのは なんと恐ろしいものでしょうか・・・逃げる間もなく、想像もしない自然の事態に襲われて・・・ 広島 とか・・倉敷 とか 松山 とか・・ 私にとっては 若い頃 一人で旅した地域・・青春時代の 旅先での人々の温かさを味わった いい思い出の場所が・・・あの場所は‥どこなんだ‥あの人たちは・・・テレビに映し出される 泥の中に 屋根しか見えない広大な場所では・・何も分かりません・・・ 私の感傷など どうでもいい事で、今でも 必死に救助に当たっていらっしゃる方々・・やっとの思いで 命をつないだ方々・・に対して・・何の役にも立ちませんが・・・・頑張ってくださいと・・願うしかありません・・・ 尊い 命をなくされた 多くの方々に お悔やみの気持ちで一杯です・・・
コメント

恋におちた シェイクスピア

2018-07-08 22:06:34 | 日記
東京での連日タテイング教室は、当然 東京に泊まりますけど、普通の時は、新しい材料探しや、新作のアイデア探しに 浅草橋や、銀座を探索していますけど ( 決して遊びまわっている訳ではありません ) 今回は 今月から始まった 劇団四季 の 新作 「 恋におちた シェイクスピア 」 のチケットが 残り1枚 の S席が手に入ったので、久しぶりの 観劇でした。 劇団四季と言えば ミュージカルが得意ですけど、今回の新作は ミュージカルではなく、ストレートプレイ、( 舞台芝居 ) しかも この 「 恋におちた シェークスピア )私の 大好きな演目で、初めて この物語を芝居の進行とともに、知る感動とは違って、時代背景やら 登場人物の人間関係、性格、当然の事ながら、物語の結末や見どころ、いたるところに散りばめられた 様々な人間関係の 伏線等、知り尽くしての 観劇は 格別の感動でした。 偶然手にした 2階のS席も、一番壁際の 残り物のような位置と思っていたら、なんと 舞台の 真正面の ストレートド真ん中、アベックで芝居見物の方達の 隙間のとてもいい場所・・当然の事、古いですけど、私の愛用の オペラグラスを持って行きましたから、俳優の顔の表情もよくわかり、更に 役者のセリフのほとんどが 私の 麗しの唇から流暢に流れ出るほど知っているアセリフ・・大好きな シェイクスピアの 美しい流れるような 言葉の美しさに 芝居の中に 溶け込んでしまい、ラスト近くの とても感動的な場面で、会場が地震により、大きく席が横揺れしても、全く動じず、隣のアベックの男が 一瞬騒ぎ始めようとした対応に 心のロ中で 「 この一番いい場面で 男のくせに、地震くらいで騒ぐんじゃねぞ! jこの親父! 」 とひょっとしたら私よりはるかに年下かもしれない横の男に 舞台に釘づけの顔も動かさずに 心の中で叫んで 感動の涙を流し・・ 私の両脇の 男どもが 無頓着なのに 「 この鈍感野郎! 」 と心の中で下品な言葉を発し、終わった後の拍手では 両手の痛みを忘れるほどの拍手・4回ほどのカーテンコールの後 終了となりました・・・夢中にあると 普段上品な私ですが、無礼な奴には ビックするような下品な言葉を 心の中で叫んでしまう ジギル とハイドのような性格の 私です・・・・

芝居のパンフレットも もちろん買いましたけど、私の思っていたものと違って、シェイクスピアの作品の紹介や、シェイクスピアのゆかりの地の解説やスタッフの座談会の内容が半分以上で、肝心の舞台衣装や 舞台装置の様子の写真もなく、ラフな姿 ノーメイクの俳優たちの練習風景のスナップ者品ばかり・・・まあ 落ち着いて考えれば、始まったばかりの新作で 舞台写真が無いのは当たり前の事で、劇団四季創設65周年の 記念誌のような内容でしたねえ~・・・でもまあ 素晴らしい舞台は 大満足・・ シェイクスピアの作品を 知らない方にとっては ラストシーンの シェイクスピアの 次の 作品のおおおまかな あらすじが、 シェイクスピアの 最後のラブ コメディ 「 十二夜 」 の物語だなんて気が付かないでしょうねえ~・・・
コメント

水 の 抱擁

2018-07-03 22:01:34 | 日記
新作の作品が完成しました。 先日の 教室での作品のいわば応用作品と言ったところでしょうか・・ 基本的には 同じような糸の動きをさせますけど、技法的と言うか テクニックは別格に 難しい手法を使っています・・日本ホビーショーでの特別講習会での作品・・折鶴シリーズや ウミガメの赤ちゃん、シンデレラの靴と同じレベルだと考えて頂ければ 解りやすいかと思います。教材と言うより、展示会用作品 と言ったところでしょうか・・・こうした画像だとわかり難いかもしれませんが、額縁の 丸いガラス部分の直径が 5cm ですから、かなり小さいです・・・メンズのペンダントトップでもいいんじゃないでしょうか・・・自分で言うのもおこがましいかもしれませんけど、 「 クール ( かっこいい ) 」 ですよ・・・今の時期に この言葉を使うと、 「 涼しい 」 って変換する方多いでしょうから・・・・そうそう・この作品の名前は 「 水の抱擁 」 です。
コメント

恋におちた シェークスピア

2018-07-02 21:58:47 | 日記
今朝のNHKの朝の番組の中で 「 劇団四季がミュージカルではなく、芝居を・・・ 」 という特集があって、ミュージカルと言えば 劇団四季のイメージすらありますし、私自身も 中学生の美少年時代、一人で静岡から東京まで、ミュージカルを観るために 帝国劇場や日生劇場に通って、劇団四季のミュージカルはたくさん観ましたけど、ミュージカルだけではなく、芝居や 歌舞伎、オペラ、バレー等、10代の頃は どっぷりと 観ていましたし、思い返せば、当時読んでいた本の多くが、戯曲・・( 今では こういう言い方はしないのかもしれませんが、芝居のセリフが書かれている本です ) とか台本・・映画も好きで見ていましたけど、小説を読み、その映画化された台本を読み、映画を観て、また台本を読み、サンドトラックレコードが発売されれば 映画のセリフの入ったレコードを聴く・・可能な限り 舞台となった場所に行き、普通の人には何のことない 海岸で 映画のセリフを役者と同じしぐさで 言葉に出す・・まあある意味では、かなりの オタク だったかもしれません・・

それはともかく、劇団四季が 昨日初日を迎えた舞台が・・なんと、「 恋におちた シェークスピア 」 この物語をご存じの方がどの位いるのか知りませんけど、これは 「 ロミオとジュリエット 」 を書いたシェークスピア が 自分とは決して結婚できるはずのない 身分も違う、美しい人妻に恋をし、結ばれない恋を 物語に 出会いの場面、交わした言葉のやり取りなどを込めて台本を仕上げ、舞台で演じる時に、ジュリエット役の少年が、( 当時は舞台に女性が上がる事は 考えられない時代でしたので、女装した男性が女役を演じていますが、) 舞台に出る直前に 声変わりをしてしまい、急遽その代役として、シェークスピア の 愛した人妻である貴婦人が、女装した男性として ジュリエットを演じ、( それまでにいろいろな事があるんですけど・・) 悲劇 「 ロミオとジュリエット 」が劇中劇として 舞台の上で演じられ、地位の差も、身分階級の壁も超えて、人間として 芝居に感動する・・・当時 舞台に女性が上がる事は 違法とされて役人達が 劇場に逮捕に来るものの、お忍びで芝居見物していた エリザベス女王が、その素晴らしい芝居に感動し、ジュリエットを演じた女性を 男性であると言い切り、女王の言う事に間違いは無いと、役人達を納める・・・芝居のあと、去っていくジュリエットを演じた 貴婦人の姿を 想い、シェークスピアは 新しい自分の意思を貫く 強い女性を作品の中で 描いていく・という物語・・・まあ 「 ロミオとジュリエット 」 をテーマに、「ウエストサイド ストーリ 」 が書かれたように、「 恋するシェークスピア 」 は実話ではなく、別の物語ではありますが、とても素晴らしい作品だと私は思っているんですよね・・・ 

その私の大好きな 作品が 舞台で演じているというわけです・・早速 チケットが買えないか調べてみたら、私が今週末 東京教室で東京に泊まる日の 夜の公演チケットが 一枚だけ 空席であるじゃあないですか・・・ 2階席の一番奥ですけど、S席・・( 芝居をご覧にならない方には わかり難いかもしれませんけど、S席、A席、B席 と言うように 劇場の座席に ランク分けされていて、S席が お値段も高いですけど、高いなりに見えやすい席・・と言うわけです・・・ ) 

荷物になりますが着替え用のサマースーツでも持って行きましょうか・・芝居を観るにはそれなりの格好で観る物だと思っています・・一生懸命演じて下さる役者の皆さんに失礼のない様に見る側も きちんとした態度で観るのが礼節と言うものですからね・・俳優さんと直接お会いする訳ではありませんけど・・俳優と観客は 舞台と客席で お互い心を通わせている訳ですからね・・・
コメント

新年度

2018-06-29 23:56:04 | 日記
ライオンズクラブは 新年度が 7月からと言うようになっていて、ここ数か月かけて 7月以降の事についていろいろと準備されてきましたけど、これまでの1年間は 私、なんと 幹事と言うお仕事を担当していたんですよね・ どの職業、その立場でもいろいろ有る訳ですけど、何はともあれ、強で終わりとなりました・・・名刺も少し残りましたが、まあそれなりの仕事は出来たでしょうか・・・明日からは 一会員に戻るわけですけど、‥明日は 東京教室なんです・・ ( 突然 わだいが代わりますけど・・ ) 日本ホビーショー。5月の連休等々関係で、日程変更調整したというわけです・・まあ・・とにかく、ゆっくり休婿とにしましょうか・・明日は 早く出かけますので・・・
コメント

新教室 開催決定

2018-06-27 22:45:17 | 日記
今の時期は 秋からの 教室開催の準備が始まっていて、日程調整、募集チラシ印刷となるわけで、私のようなところにも 教室開催のご依頼があって、今でも、東京、三島、清水、静岡、藤枝、島田、浜松、豊橋 と 15講座あるのに、10月から、茨木県取手市、愛知県一宮市、岐阜市 と3講座も 一度に 増える事になりました・・・茨木県取手市も、愛知県一宮市も、岐阜市 も 行った事全くないんですけど・・・来年1月からは、 茨木県取手市の翌日 東京で2日間、東京教室が終わったら、我が家の有る静岡を通過して、愛知県一宮で、午前中教室を終えたら、岐阜に移動して 午後から岐阜市で教室・・・ん・・その間 お昼取ってる時間もないですけど・・で、夕方 静岡へ・・その後で、・・これまでのように 静岡県内各地と言う具合になりそうです・・・去年 台湾教室の オファーがあって 今年保留にしてましたけど・・ちょっとこの様子だと 台湾は難しいですねえ~・・台湾では いくつかの教室開催と言う事で、行った時に一気に回るプランでしたが、連続で離れた地区の教室となると 調整が難しく、通訳の方の調整やら考えると 簡単に じゃあ台湾で開催しましょうというわけにはいかないんですよね・・・ 2時間教室行うために 毎月飛行機で往復するのは、いかにせよ難しいですけど、日本ホビーショーでは体験で私のブースで、受講して下さる 台湾、韓国、中国のレディ・・確かに多いですからねえ~・・ 海外は いずれと言うことで、取り急ぎ、新しい教室、茨木県取手市 取手カルチャースクール、、愛知県一宮市、一宮中日文化センター、岐阜県岐阜市 ぎふ中日文化センター  開催決定です・・ 募集開始は 9月14日からですので、近隣の方は、それぞれのカルチャーに お問い合わせくださいませ・・ 画像は、 一宮中日文化センターの入って居る、尾張一宮駅ビル・・・だと思います・・まだ行ってないんで・・ 10月8日、一宮と 岐阜で 展示会を兼ねた 体験講習会を開催の予定です・・・今 製作を始めた作品・・それまでに完成するかなあ~・・ 作品名は決まっているんですけど・・ って、もったいぶった言い方するのも 嫌味ですから・・作品名は 私の 大好きな映画、「 華麗なるギャツビー 」 より 『 デイジーの愛を呼び戻すために 』 です・・・ レオナルド・ディカプリオ がギャツビーを演じた映画ではなく、「 ギャツビーを演じるには 彼ではハンサムすぎる 」と プロデューサーが 言った ロバート・レッドフォード が ギャツビー・・そして ミア・ファロー がデイジーを演じた、映画の方です・・・
コメント

9月

2018-06-25 23:34:16 | 日記
私の タティング教室の 中身は、本当に様々で、いろいろな事をしますけど、 今日の 某教室では 今までにない、手法でやってみました・・普通なら レッスンの結び図を用意して、それを作るんでしょうけど、 今回は 何もなし、・・結び図もなければ、講師である私が何をするかも 全くの準備無し、・・それでどうやってレッスンするの・・と思われるかもしれませんが、教室で指導されている方は、そんなこと考えられない・・ってきっと思うんでしょうねえ~・・・( サボってて準備していなかったわけではありません・・何を求められても、対応できる自信がなければ、こんな風なレッスンは出来ませんよ・・受講生が集まってから、「 さてと 今日は 何にします? 」 「 先生 9月に合わせてなにか・・・ 」 とのやりとりで始まって、 「 9月ですね・・じゃあ9月って言ったら、何浮かびます? 」 ・・当然 9月で思い浮かぶものは 色々出てくるわけです・・ お月見・落葉・・彼岸花・・キキョウ・・・そうした中から、じゃあ 〇〇〇〇 にしましょうか・・・ と言う事で、 私がホワイトボードに向かって、「 ん~・・・ ここから始めて・・こうなって ここにピコ作って、ここにこれを繋いで・・ 」 と 図を描き、適当に結び目の数を記入して、「 じゃあ シャトルにこれを撒いて準備して下さい・・ 」 と言いながら シャカシャカ シャトルを動かして、適当に記入した 結び目の数を 作りながら修正・・ 「 OK! いいね、これにしましょう‥目数は これで結んで下さい・・ 」 と言う感じで、手を動かしながら、 「 いやいや そうじゃなくて、そこは リングじゃなくて モックリングで、ほら、これをコウやってここに繋いで・・ 」 とご指導・・「 まったくウ~・・お題を頂いてから 作ってるなんて、芸人みたいじゃないですかあ~・・こんな 綺麗な顔の 芸人いないよね・・ 」とか 冗談じゃないホントの事 言いながら、 サンプルを 完成・・ 「 こんな感じで、描いた絵の通りになったでしょ・・ 」 「 先生、でもここに △△△ があったら もと雰囲気でないですか? 」 「 おっと、そう来ましたか・・じゃあ ちょっと待ってね・・ 」 と チェック 入った部分を 追加して完成・・ まったく・・ お題頂いてから 話しながらハサミ動かして お題の切り絵をつくっちゃう 切り絵芸人 みたい・・作品の画像鳥までもなく、修了となり、どなたかが お持ち帰りになしましたけど・・ 帰りの車を運転しながら、更に 凝ったバージョンのデザインを 頭の中で描きましたので、夏までに作りましょうかね・・・ 
コメント

カルチャー展示

2018-06-24 08:49:12 | 日記
連日 教室が開催されてますが、昨日は、浜松で、SBSカルチャー その後 豊橋で中日文化センターでの夜間講習を終えて帰宅、今日ははこれから静岡の朝日テレビカルチャーで 1日教室です。浜松の教室は 浜松駅から歩いて1~2分の 遠鉄百貨店の中にあって とても綺麗な教室で、待ち合わせロビーも広く、壁際には 講座の紹介作品も たくさん並んでいて、画像にアップした物は 今回、私の教室の紹介と言う事で、スペースの関係もあって、少しだけ展示してあります。鍵のかかった ガラスケーズの中ですので、誇りにまみれて、作品が横れる心配もありません。 今年の 日本ホビーショーの 特別講習の 「 シンデレラの靴 」 は現在この場所で展示されています。
今の時期は、もう秋からの 講座編成に時期で、日本ホビーショー依頼、教室開催のご依頼も多くあり、日程とは未定ですが、秋から 別のカルチャーでの 教室開催決定しましたが、昨日、今度は別の 教室開催のお申し出も頂き、また 増えそうな感じです・・ありがたい事ですねえ~・・・、
コメント

幼少

2018-06-18 06:02:59 | 日記
この写真は、多分私が持っている自分お写真で一番古いものだと思います。過去にはもっとたくさん、観た記憶がありますけど、知らないうちに すでに赤い舌母親が すべて処分してしまったようです。認知症は始まったころなのでしょうか、自分の身辺整理をしようとでも思ったのでしょうか、自分がもう不要と思えば、他の家族には関係ないと思う人でしたから、すぐ捨ててしまう人でしたから、子供の想いなど考えようともしなかったんでしょうねえ~・・まあ 早く気が付かない私の方が悪かった供えばいい事ですけど、しかし、あんなにあったものが 1枚しかないというのは、寂しいものです。

多分この写真は、私が5歳でしょうかね・・母親の実家の前でしょうか、この当時の家は大抵が こうした板張り・・着てる服も・・もっといい服着てた写真もたくさんあったのに、なんか、物のない時代の 子供の服装なような感じですねえ~・・まあそんなこんあも、子供のあどけなさがすべてカバーしていますけど、皆様も お子様の写真は 役さん残しておきましょうねえ~・・・
コメント

タッチングレース

2018-06-18 00:34:20 | 日記
私は タティングに関する書籍は 当然ですけど、かなりの物を持っていて、あらためて数えてはいないのですが、多分100冊以上ははるかに越える物を持っていますけど、画像にアップした物は 昭和42年に発行された 手芸の本の中の一部ですが、当時はこんな風に 指導していたのかと思うと結構参考になります。古い本は 意味が無いと 誤った考え方をされてる方も 時々いらっしゃいますけど、ご覧になってから言ってもらいたいものだと思ったりします・・・ まあ 私の美少年時代に 発行されていますから、あの時代、どちらかと言うと、ニットによる編み物が 盛んでしたから、ぺ^レースの部分は、ページ数でいうと 8ページくらいですけど、道具の使い方など、正しい形で描かれていますねえ~・・もちろん私がご指導させている指使いと一緒でした・・最近では ビックリ仰天、ひっくり返って トンボ帰りでもしそうなびっくるする動かし方で デモンストレーションされてる方もいて ・・・まあ 批判はしませんけど・・ この本の 掲載作品を観ていたら、「 あれ? 」って 思って、で、どなたが監修しているのだろうと思って確認したら、なんと、私が何度もお逢いして、タティングレースを ご一緒させていただいて 親しくしていただいている 〇〇〇〇 先生でした・・ 以前 ブログに、その先生以外の方も含めて、名前を掲載したら お怒りになって、クレーム付けて来られた、某女史がいまでも ご健在かもしれませんので、一応実名は掲載しませんけど・・掲載作品観た記憶ありましたので、なるほどね・・と言った感じです・・

この当時は 「 タッチングレース 」 って翻訳されてしまっているんですよね・・・先般 あるイベントで 「 タデイングレース 」 って大きな文字で看板書いてた方いましたけど。どう読んだら、 タデイングレースになるのか 不思議でした・・・でも 50年ほどまえになる この本の値段、 2,000円だそうです・・・当時 2,000円と言えば どうでしょう・・今で考えれば 1万円位になるでしょうかね・・かなりお高いですねえ~・・この当時と言えば、冷蔵庫と言えば 氷を入れて冷やす木の箱、洗濯機と言えば、洗濯槽の横に ハンドルで回して絞る部分が付いていたり テレビももっている家も珍しく、白黒テレビがカラーになったくらい・・・ たまたま その前位の時の 私の写真が デスクのとこrにあったので、後でちょっと画像アップしてみましょうかね・・写真を観れば時代が良くわかるでしょうから・・・、
コメント (1)

アンティーク 扇子

2018-06-17 05:59:40 | 日記
今日は 愛知県豊橋での教室、車で 3時間かけて行くので、当然、往復6時間かかるので、大変だと思う方が多いんですけど、私としては、ドライブ気分で、皆さんが思うほど、大変じゃないんですよね・・東京に行くように 1週間位 海外旅行するような大型スーツケースを引きずていくわけではないので、愛車メルセデスのトランクに積み込んでおけば、ハンドルを握って行くだけですから・・いつもアクセル踏み込み過ぎは、ちょっと気にはなりますけど・・このところ、教材としては 「 アンティーク扇子 」を使っています・・18世紀、貴婦人たちの 3種の持ち物と言えば、「 パラソル 」「 扇子 」「 タティングシャトル 」 と言われていた位、扇子は大事なアクセサリーですから、当然 扇子のモチーフは沢山あるわけで、この作品も、そうした 18世紀のタテングの本に掲載されている物を 復元した物で、観ているだけでも 時間の空間を越えて、ヴィクトリア時代に 引き戻してくれます・・とは言っても、私が当時 生きていたわけではありませんけど、・・( ・・でも、思えば、当時の優雅な貴婦人たちに ウワサされていた 優雅な それはそれは美しい、伯爵の生まれかわりかも知れませんが・・・ ) ともかく 夢の世界への 鍵である事には違いありません・・生徒のみなさんは とても綺麗な指使いでシャトルを動かしていますから、作品も とても綺麗に仕上がります・・きっと とてもいい先生について 学ばれたんでしょうねえ~・・  

そうそう、昨日はちょっとびっくりした事があって、 このところ、私のブログが、私の体調不良と、多忙なためにブログを開く時間もなかったので、更新できないでいたんですけど、1日の閲覧数が、2692回もあって、ブログランキングで 1124番だったんですねえ~・・驚きです・・この場を借りて、御礼申し上げます。
コメント

銀の鈴

2018-06-16 22:54:04 | 日記
このところ、仕事がめちゃくちゃ忙しく、その上、健康極まりない体質のこの私が、体調不良・・・風邪なのか、アレルギーなのか、痛くなると 薬を飲むせいか フラフラ状態で、酒を飲んでも 二日酔いみたいな感じ・・・滅多に アルコールは飲まないんですけど、ビールをコップに2敗ほど飲むと、掘ろ容器分を通り越して・・ウッ!‥ヤバイ! ・・って気分・・まあ、もともと顔も、身体も上品に出来てるので、か弱い性格は、何度踏みにじられてもずうずう敷く生えてくる 雑草のような性格で・・ ( ン?‥って事は か弱いわけじゃないってことかなあ~・・ 」 まあ 体調不良の戯言と聞いてくだされば、いいんですけど・・そんな中、きょうは東京教室・・・ 毎回 東京に行くときには、転んでもただじゃ起きない性格ですから、なにかないかなあ~と 動き回って、東京駅八重洲儀地地下の 待ち合わせ場所として 昔から 知られて居る 「 銀の鈴 」 周辺をうろうる・・今年は 銀の鈴が設置されて 50年たつという事で、歴代の 銀の鈴が 並んでいるんですよね・・どんな経緯で 設置されるようになったのか、なぜ 銀の鈴なのか・・解説と共に、実物も展示してあって、その写真を取ればよかったんですけど・・なにせ 待ち合わせ場所ですから 人も多くて、小心者のか弱い私は、恥ずかしくて、とても写真なんか撮れない・・事は 全くないんですけど・・単に 撮影しないだけ・・それはともかく、この瓶の鈴50周年記念として 東京駅限定発売、100枚限定 東京手ぬぐいが すぐそばのとくせつ会場で 販売していましたので、しばらく。かなり長い時間 どうしようか迷いながらも 結局 限定品に弱い私ですので、やっぱり購入・・・ついでに、これとこれと、あれとそれとって感じで レジの方に 「 お土産様にお包みしますか・・て聞かれてしまいました・・・選んでいるとき、鍵まで持ってきましたから・・なぜか 手ぬぐい も 私、いっぱい持ってるんですよね・・一度も広げてないものも・・・まあ コレクションと思って下さい・・

今回、手ぬぐいばかり、新しいデザインのヒントも一杯 得ることが出来ましたし・・私にぴったりの 本も見つけちゃいました・・ 「 暮らしの中にあるある 『 宮中ことば 』  雅な表現から知る 言葉に込められた想い 」 という本・・いやはや。。おもしろいですよ・・ 例えば 私の今日の状態は、。。。 「 ここもじは、がいきけで おぬるもあり うつうつしゅう おらしゃいます 」 と言う感じでしょうか・・なんと 雅な 言葉でしょうか・・・ 何言ってるか ・・最近、発売された 自動翻訳機でも 翻訳出来ないんじやないでしょうかねえ~  「 私は 風邪気味で 熱もあり、うっとおしくございます 」・・・ああ、そんなんですよね・・・だんだん 身体がだるくなってきましたし、明日は 豊橋教室ですから、さっさと寝るとすっか・・( 失礼しました・・おあ、なんとお下品な物言いで おはもじゅうあらっしゃいます・・・ 
コメント

パワーレンジャー

2018-05-12 23:32:07 | 日記
5月の連休中は、想定外に忙しく、いろいろな用事があるために、シャトルを動かす時間が ほとんど取れない状態で、私的には珍しい状況で。やっと今日の夜に少し時間が空いた次第・・・タテイングレースを結ぶときは、大抵 DVDの映画を観長良という事が多いんですけど、今回 偶然見つけた新作・・ 「 パワーレンジャー 」 という アメリカ映画・・よく日本で いろいろなバージョンで テレビで放映されている 丸まるレンジャー という、いわゆる 戦隊物なんですけど、アメリカで 撮影すると どうしえこんなに違うんだろうと思う位 迫力ありますねえ~‥今の時代 CGは当たり前でしょうから 映像もすごいですけど、・・最近 テレビで放映されているのは・・確か 「 ルパンレンジャー 」 でしたかねえ~・・・私の 幼い頃、こうした類の ドラマは 「 七色仮面 」でししたけど・・・もう ご存知の方も少ないかもしれませんねえ~・・・まあ、洗濯機と 冷蔵庫ととテレビが 庶民の あこがれの電化製品でしたから、白黒テレビがあっただけ、それなりに 恵まれていた環境だったのかもしれません・・・それはともかく、教材用の作品、仕上げないといけませんので、大変です・・・私の教室の場合、 新しい方には、過去の教材を使う事も ありますけど、長く 教室に通って来てくださっている方のいらっしゃる 教室では、毎回 新作を教材にしますので・・・・・ そうそう・・今に時期はもう カルチャ教室は 秋の準備が始まっていて、先日の 日本ホビーショーでも、教室開校の ご要望をいただき、10月から 新しい教室がまた開校します・・・今度は・・なんと・・・ 茨木県 取手市 という所です・・・まだ 行った事ない ところですけど・・・・
コメント

アートクレイシルバー

2018-05-10 23:28:08 | 日記
今日は、アートクレイシルバー ・・・ 銀の粉を粘土状にしたもので形を使って、高温で焼くと 99.9% の 銀になるるというもので、アクセササリーパーツを作ってみました。 一つに およそ 5g使いますので、小さいものですけど、かなり 重厚な感じに出来ています。
初めて作ったというわけではありませんけど、どんな手芸も工芸の、突き詰めていけば、奥が深いのでのめり込んでいきそうになりますけど、どの程度までするのかを 決めてかからないと、いけないかもしれませんねえ・・ 
コメント

キット販売

2018-05-08 07:31:09 | 日記
日本ホビーショーも無事終わり、なんと 来年の日程も決まりました。 来年は2019年、4月25日、26日、27日、会場は 今年と同じ、東京ビッグサイト という事で、来年に向けて、何か考えましょうか・・・・今年の 入場者数は、3日間で 137,244名 との事、およそ 14万人という事ですが、昨年度に比べると、7.1%程少ないようです・・・私のブースでは、今年、特別講習を受けて頂く席を 2席ほど増やした関係で、逢う意味では 落ち着いて受講して頂いたのではないでしょうか・・・ 今年は、特別講習と別に、これまでの 特別講習のキットを 復刻版という事で 販売させて頂きましたところ、「 折鶴 」は完売、 「 願い鶴 」 「 ウミガメの赤ちゃん 」も予想以上のご希望をいただき、昨年度、手に入れなかった方が、多かったんだと 実感しました。今年の 「 シンデレラの靴 」「 武者兜 」 のキットも これから ご希望の方に お分けできる準備が出来ましたので、もし、ご希望される方がお出ででしたら、メールにてご連絡下されば、順次、対応させて頂きたいと思っています。 「 武者兜 」は 端午の節句を過ぎてしまいましたが、慌てて作って頂くより、時間をかけて丁寧に作って頂いた方が、作品に 思いが込めることが出来ると思いますので、良いのではないかと、自負しております。 今回 「武者兜 」は DMCのディアマンテの糸を使いましたので、丁度、近くでDMCのブースもあった事から、DMCの社長や社員の方達にも、観て頂きました。
キットご希望の方は、詳細は メールでお話させて頂きたいと思いますので、ご連絡下さい。
 
メールアドレス k-taka@fa2.so-net.ne.jp です。
コメント