あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

ちょこっと 作品 完成・・・ って程のもんじゃなんですけど・・

2010-07-31 18:44:59 | 日記
シャトルに巻き付いた 余り糸を片付けて、シャトルを使えるようにしなきゃ・・って思って、糸の整理をしています。

画像にアップした作品も、そんな感じで、余りの糸を 弄って出来ちゃった作品です。

何となく、小枝に咲いた 花をちょっと 取って来ました・・・ ってな感じしませんかね。

別にどうって事無いですけど、いつも使ってる机の上の隅っこに、チョコン と置いてあるだけなんですけど、ちょっと 気分が休まるような・・ 疲れた時に、ほんわか と気分が和むような、そんな感じの物です。


ネックレスとか、コサージュとか、すごいもの作った訳じゃありませんけど、こんなほんのちょこと作品も、結構、可愛いものですよ・・・

これは、ロングピコをたくさん作って、ピコを繋いで作るんですけど・・・ めんどくさいと言えば、めんどくさい作品ですけど、たまには、いいもんんでしょ・・・

コメント

ココ  アヴァン シャネル

2010-07-30 19:01:27 | 日記
以前、映画館で上映していた映画で、観たかったのに、忙しくて観る事が出来なかった作品も 最近は、すぐにDVDとかになるんで、楽しめます。

画像に アップした 映画 「 ココ アヴァン シャネル 」 もその一つだったんですよね。

シャネルと言えば、 カッチリとした、それでいて上品な、シャネルスーツ をすぐに思い浮かべちゃう私ですけど、シャネルにしろ、ジパンシー にしろ、あの上品さや 貴品はどこから来るんだろうか・・ て 不思議なんですよね・・

映画の 出来不出来は、別として、この 映画、 ココ が、それまでの既成概念に囚われず、着易さを取り入れたと言うところが、革新的なんだろうと思います。

もちろん、下積み生活の貧しい時代もあるんでしょうけど、感性というか、デザイン的な部分に置いては、やはり 秀でた天才と言えるのかもしれません。

映画の中で 出てくる 作品作りで、紳士用ワイシャツを 広げて、しばらく眺めていて、突然、衿の周辺を ざっくりと切ってしまう。 ワイシャツのカフスを 根元から ざっくり、・・ シャツを着て、キチンとネクタイを締めて 鏡の前で、ネクタイを3分の1位の長さにカットしてしまう・・

今でいうと リフォームなのかもしれませんけど、その切り取った部分を、自分の洋服の衿元、袖口に縫いつけてしまう・・ すると、今でいう、小粋なパリジェンヌ になってしまうココ ・・ そんなシーンが、あちこちに出てくるんですよね・・

人台に着せた服を眺めながら、余分な部分を、ザクザク切り落としてしまう・・・あるいは、逆に 生地を縫いつけて行く・・ そんな風に 洋服を仕上げて行くんですよね。 初めから、考えて、製図して生地をカットして・・と言う方法ではなくてね・・・

以前、神田うの さんが、ドレスのデザインをしてる場面でも、同じような事をしている場面を テレビで放映していた何かの番組で見た事があります。
手の込んだ、綺麗なレースも サクサクと ハサミを入れて切り取ってしまう・・ ファッションショーの 数日前でも、気に入らなければ、容赦なくハサミで生地を切ってしまう・・ ( なんて わがままなんだろう・・ ) と思えるほど、思い切りのいい手つきでほぼ完成した作品も、修正してしまうんですよね・・・

こうした事は、多分、机上論でのデザインでは無く、感性からくるデザインなんだろうと思います。

こうした 作り方もあるんだなあ~ って 妙に感心してしまうんですよね・・・・

私も、ミニチュアドレスは、作りながら考えるタイプで、似てるとは言いませんけど、
自分の感覚で、作ってるんですよね・・・ 着た事も無いですし、洋裁する訳でもないんで、それしか作り方知りませんけど・・・

まあ、シャネル や ジパンシー の真似しようなんて 全然 思ってませんけどね・・
ぜ~ったい 無理ですしね・・・

コメント

ちょっとした物 が ・・・・

2010-07-29 23:05:05 | 日記
シャトルに 余った残り糸って、捨てるにはもったいないし、かといって、取っておくには少な過ぎちゃって、シャトルに巻いたままだと、シャトルが無くなっちゃう・・

と言う訳で、時々、指の運動を兼ねて、糸を弄ったりしています。

すごい雨なのに、いろいろ忙しくって、だからと言って、凝った物を作る気分にはならない・・・

そんな時には、お手軽モチーフが、丁度良いんですよね。

たわいもないものですけど、・・・ ちょと 可愛いでしょ・・

今回は、ダブルピコ をアレンジ・・・ シンプルな物でも、じっと見つめてると、何か 話しかけてくるような、 そんな気になりませんんか?


「 わたしは、こんな風に なるんですよ・・・ 良いものを 思いついたら、 私の事を思い出してみて・・・ きっと、素晴らしいものが出来るわよ・・・ 」 そん風に 話しかけてくるような 気になりませんか?

そんな 意味では、いろんな事を 楽しんでみるのって 面白いんですよね。

今、ちょっと 作ってみようかなあ・・ ってものが 有るんですけどね、・・・ 上手く出来れば、とっても綺麗だと思うんですけどねえ~ 

まあ、そのうち・・・・ そのうちに・・・  と言いつつ、実は、試作中 なんですよね・・・
コメント (3)

グリーン サラマンダー

2010-07-28 17:10:19 | 日記
緑色のサラマンダーを作ってみましたので、画像にアップしてみました。

いつもは、部屋の中で撮影するんですけど、今回は 気分を変えて、外の植木にちょこっと乗せて撮影・・・

何となく、リアルじゃありませんか!  ってなわけで、ちょっと気に入ってます。

グリーン系の スワロを一杯使ってるんで、太陽の光の下ですと、思いのほか輝きが 綺麗なんですよね・・・

火の精霊 サラマンダー というより、これじゃあ、ただのトカゲですけど、・・・

まあ、たまにはイイじゃないですか・・こんな楽しみ方もあったって・・・

作品は 何も額に入れて飾っておくばっかりじゃ 面白くないですしね・・ たまには、外に出してあげましょうか・・・

熱中症になる訳じゃありませんし、庭の 植物の精霊 みたいな、感じ、しませんかね・・


このまま、飾っておくと、誰かが、捨てたと思って、持って行っちゃうと困るんで、すぐに片付けちゃいましたけどね・・・・

コメント

そう言えば ・・・・・・

2010-07-27 21:34:08 | 日記
「 そう言えば、あれは、どうなっちゃったの? 」 って言うような、作りかけ作品が多いんですけど、画像にアップした物、ひとまず完成。 

とは言っても、 これは、まだまだ パーツの一つなんですよね。

一応、計算通りのサイズに出来たんですけどね・・・ これと、あれと、それをくっつけて、 最近見付けて 買ってきた物を、こうやって・・・

って、まだまだ お楽しみはこれからです。


吟味した材料も 手元に整って・・・ って、・・大抵のものは 揃ってますけど・・
あとは、プラモデル組み立てるみたいに、組み合わせて行くだけなんですけど、ここまで出来ると、後はいつでもいいや・・ って感じで、なかなか先に進みません。


遠くの観光地には 出かけていくのに、近くの観光地は なかなか行かないのが、人の世の常・・・ って、私だけかもしれませんけど、・・

白クマ ロッシー 君のいる日本平動物園も、等身大ガンダム も、歩いて行ける距離なのに、未だに行っていないんですよね・・・毎日のように、前を通行してるのに・・・

猛暑の この暑さ、極力 クーラーの利いていない所には 出ないようにしています。
我家の 玄関先の、大きな桜の木には、すごいセミ・・・ ちょっと数えただけで、10数匹が 留まって、夏を呼びこんでいます・・

7月も、もうじき終わって、いよいよ 夏本番の 8月 ・・・水着になるには、ちょっと体型調整が間に合わなかったんで、またにして、・・・ どこに行きましょうか・・・って・・  地元に行けよ! ・・・ って言われちゃいそうです。

なんせ、ガンダム観に、全国から人が来るんですからね・・・
コメント

新作  サラマンダー

2010-07-26 21:23:28 | 日記
新作が完成しました。

『 火の精霊 』 サラマンダー です。

サラマンダー と言うのは、中世の錬金術師 パラケルスス が、著書 「 妖精の書 」 で取り上げた精霊で、 「 地 」 「 水 」 「 火 」 「 風 」 のうち 「 火 」 をつかさどっていて、 「 四大精霊 」 の一つなんですよね。

炎の中で、自由に動く事が出来るんですけど、逆に 炎から離れて生きる事が出来なくて、時には、「 火トカゲ 」 と呼ばれる事もありますけど、トカゲでは無くて、元々は 山椒魚を指していたようです。

サラマンダー と言う名前も、ラテン語で 「 山椒魚 」を意味している サラマンドラに由来しているようで、 この動物は、古代ローマ時代には、氷のように冷たくて、火に触れるだけで解けると考えられていて、同じ頃 存在していたと言われる 火トカゲ 「 ピュラリス 」 のイメージと ごちゃまぜにされて、火に強いトカゲ と考えられるようになったようです。

その為に、この動物は、錬金術に欠かせない 「 火 」 を司る事から、錬金術そのものの象徴とみなされて、錬金術師の間では、この サラマンダーを 奉り、その存在を信じて来たようです。

火トカゲは 時には、人にたとえられ、情熱的な女性は、死ぬと、サラマンダーになる・・なんて伝説もあるんですよね・・・

時々 芝居や 映画とかにでてくる 「 サラマンダー 」 という名前の由来は、こんな所にあるんですよね・・・


前回 作った時には、ブルー系の糸で、ブルーの目に 全身には、クリスタルオーロラのスワロで作ったので、今回は、赤系スワロを使ってみたんですよね・・

自分で言うのは 変ですけど、やっぱり 前回よりも今回の作品の方が、しっかり出来てるんですよね・・・・

同じ作品でも、仕上がりを比べると、どの位、糸に触ってるのかが、よく解りますね・・


この作品、まあ 前回の物もそうですけど、光の中に置くと、輝いていて すごく綺麗なんですよね・・・・
コメント (2)

暑い日の 休日の過ごし方

2010-07-25 21:22:33 | 日記
メチャクチャ暑い 日曜日。 こんな日は、クーラーガンガン掛けて タティングしてるのが 一番! って事で、制作続行・・・

とは言う物の、厄介のものは、慌てても、失敗するだけ、と勝手な理由を付けて DVDも見ながら、休み休みの制作・・・

「 ダ・ヴィンチ コード 」 の続編で、トム・ハンクス主演の 「 天使と悪魔 」 映画館で上映していたのを 見逃してしまったんですよね・・・

アメリカン・コミックの 実写版映画 「 アイアンマン 」 スーパーマンとか、スパイダーマン とかのヒーロ物なんですけどね・・・

そして 私の好きな ミュージカルからは、久しぶりに 「 ウエスト サイド ストーリ 」 とまあ、ジャンルの違う物を、立て続けに 見ながらの 制作・・・


結局は、DVD見てるのか、タティングしてるのか わからなくなっちゃいましたけど、画像にアップ した所まで は何とか進みました。

ビーズを入れてって・・結構 面倒なんですよね・・ というより、この作り方が そものそ めんどくさいんですよね・・・ だから面白いんですけどね・・

作り始めて、この 色違いも作っちゃおうかなあ~ て ふと思って、気分転換に 近くの手芸店へ・・・ スワロをまた 買ってきちゃいました。 もちろん、他にも、いろいろ・・

家に帰って、箱を開けたら、買ってきた スワロ・・・同じ物 いっぱい ありました・・

まあ、いいじゃん! 気分転換なんだから・・・ フゥ~ ・・・ 暑くて ぼんやりしてるんでしょかね・・・ それとも のんきなんでしょうかね・・・ 別に、人様に ご迷惑かけてる訳じゃないから、いいでしょ・・・ 夏だし・・・( 夏は、・・関係無いかも・・ )
コメント

新作 の 制作開始

2010-07-25 08:24:29 | 日記
新作の制作開始・・・ 本当に久しぶりのモチーフなんですけど、昨日 入手した スワロを使って、作っちゃおうかな、って思って、作り始めましたけど、どうでしょうかね・・

5mmスワロをはめ込んで、3mmスワロを ピコッて・・・簡単そうですけど、結構 細かい部分に 裏技テクを使ってるんですよね・・・・

単純に作ってる訳じゃないんですよね・・・ 裏技は、言わなきゃ判らない部分で、言わない方が 「 粋 」 なんですけどね・・・・

特別セールで入手した材料なので、特別に裏技使ってる事、公表しちゃってます。 どんな裏技かは 言わない方が、「 粋 」 ですから、不思議に思ってくれていればいいんです。

「 粋な男 」 ですからね・・・

結構、色合いも綺麗でしょ。 組み合わせはかなり考えてあるんですけどね・・・ この作品のテーマに沿って・・・

どんな作品かは、完成してからのお楽しみですけど、この作品が、どういう歴史的な意味を持ったモチーフで、どんな風に人々の心をとらえて来たのか、前回制作した時に、いろいろ調べてあるんですよね。

私としては、また作りたかった作品だったんですけど、・・・面倒なので、ちょっとね・・

前回は、モチーフが面白くて、一気に 1日 で作ってしまいましたけど、改めて振り返ると・・ というか、それ以後、沢山 作品作ってると、荒が見えちゃってますので、今回は、そうした 荒削りな部分が無いように、自分でも、かなり丁寧に作っています。

シンプルな、パピオンシリーズ ばっかり作ってると、繊細なテクニック 忘れちゃいそうですんで、たまには、腰を据えて 丁寧に作らないとね・・・

腰を据え過ぎて、あんまり動かないんで・・ 服がちじんじゃって ちょっと困惑してるんですけどね・・・


コメント

大変!

2010-07-24 20:41:36 | 日記
思っていた以上に、このモチーフ、厄介じゃん!  チョ~ めんどくさい!  


でも、昨日、真夏の海岸線を走っていると、真っ青な太平洋の海 が見えて、こんな詩を 思いだしちゃったんです・・・



あいつは寄せる小波  俺は岸辺   あいつと俺 ・・・・

知り合ったのは18  一緒に生きていければ まあまあの人生かと 暮らし始め

喧嘩しない日が続くと気味が悪くて  大きな声では言えないけれど 一人ぼっちに帰った夢を  また見たいと思いつつ 眠りに付いた事もあるさ  でも 悪く無かった・・・

もしも 君に逢えずにいたら・・・
永遠に駅に付く事を拒絶された地下鉄の乗客  きしむ悲鳴の不協和音  暗黒の旅


いつか 俺が死んで  あいつが淋しそうにしていたら  淋しそうにしていたら  伝えておくれ 君達   あいつはわかっていないんだ  半分も俺の事を


生まれ変わっても  もう一度  やさしい言葉を口にする事もない 料理の下手な あいつと  同じ人生を 繰り返す事が出来たら  俺はいつも  そう願っていたと

・・・・ もしも 君に逢えずにいたら ・・・・


これは 池田 淳 さんの 詩を デビューして間もない頃の 近藤正臣さん が朗読したレコードの タイトルとなった  「 もしも 君に逢えずにいたら 」 という 詩です。

詩 を どう感じるかは 人それぞれで良いと思いますけど、輝く海の 小波をみていたら ふと 海を感じる 作品を作りたくなってしまって・・・ 柔らかな 小波の様な さざめく波の粒を ピコで表現して・・・ なんて 思ったんですけど・・ こんなにも めんどくさいとは・・・・

DMC の 80番 私の一番好きな 糸なんですけど・・ シャトル 2個 同時に使かってるんで、糸が絡み合っちゃって、さざ波に揉まれて、溺れちゃいそうな気分・・・



や~との事で、ここまで作ったら・・・・

突然、新しい作品を 作りたくなっちゃって・・・ また 同時進行作品が 増えちゃいました・・・

だって、夏のセールで 行きつけの手芸屋さん、20%~30%割引セール やってたんで・・  目に付いた スワロ、手当たり次第に 買い込んじゃったんで・・・

ついこの前、極小ビーズと 琥珀ビーズ 10ケースづつ買い込んだばっかりなのに、・・
スワロも 引き出しあけると、値札が付いたまま、まだ いっぱいあるのに・・・どうしても 手が伸びちゃうんですよね・・・ 

ビーズだけじゃ無くて・・・ エミーグランデのレース糸玉も 8個も買っちゃたんですよね・・・ エミーグランデだけで、もう40個位あるんですよね・・・ DMCは・・・ちょと言えない位・・・

生地も また2種類買い込んじゃって・・・ 家内にそれとなく言われちゃいました・・ 「 貴方、作るもの決めてから、材料買ったらどう? 」 って・・・・

まあ、それも一理あるんですけどね・・・ 何作るか考えもしないで、材料ばっかり買って・・・  作りたい物を思い付いた時に、手元にすぐ材料がある方が、いいじゃんね!・・ 

でも、買った材料、あちこちにしまいこんじゃうんで、どこにあるのか・・よく解らないんですけどね・・・ 見つからなかったら、まあ買えばいいしね・・???
コメント

夏 の 色

2010-07-23 20:58:24 | 日記
作ろうかなって 思っていたものの、いざ初めて見ると、訳が解らなくて、・・・

熱中症になりそうな 暑さの中で、頭も、ぼんやり状態で、 ( ・・暑くなくても ぼんやりしてる事が多いですけどね・・・ ) 解らない物を いくら考えても、先に進まないので、これは、秋になってから・・・ 

と言う訳で、シンプル な 作品に取り掛かりました。

画像にアップしたものですけど、最近では、私の 得意分野の作品です・・ かね・・

今回は、 真夏と言う事で、サックスブルー の 糸で、さわやかに、 私の様な・・・

とっても爽やか、コーラみたいな 爽快な私ですけど、鏡を見ると、 暑苦しいのは なぜ? ・・・ 腹筋周辺が、なぜか ポニョ 気味 ・・・ 

これは きっと 悪夢のような 暑さのせいです・・・ クーラーガンガンかけて 涼しい部屋で、タティング トレーニングして、鍛えましょう! ・・・ ( これって、・・・とっても 健康的な、それでいて、肉体的には 不健康かも・・・ )


でも、今からこれを作り始めたら、出来上がりは・・・秋頃 かな~

秋色で 作ればよかったかも・・・ まあ、いいや・・
コメント

ナ ・・・ なんじゃこりゃ! ・・・

2010-07-22 21:41:43 | 日記
ちょっと昔の本で、すごく上品な作品を見つけて、こいういう上品な作品なら、私に合いそう・・・ って 勝手に思い込んで、作ろうかなあ~ って まず初めの 一歩に 取りかかってはみたんですけど・・・・

シャトル2個を使って、まずは、Aシャトルで リングを作って、 Bシャトルの糸と絡めてブリッジにして、・・ ピコの代わりにリングにして、・・こっちのピコに引っかけて・・  と 実際にやってみると、 「 スッゲ~ 大変! 大変! 大変! ・・・ 」 こんなに厄介だとは思わなかった・・・・

美しいものには、刺がある・・・上品な物には、上品さの裏に、とてつもない、高度な技術が ふんだんに使われている・・って事でしょうか・・・

昔の本は、作り方とか、解説とかも 「 本を見れば解る 」 と言う物ではなく、 「 本を見ながら、先生のご指導を受けて解る 」 というような構成のようで、見ただけじゃすぐには、わからないんですよね・・・

よっぽど作り慣れてるとか、いろいろな技術を持った人なら、すぐに解るんでしょうけど、・・ もともと、本だけをみたんじゃ わからないんですよね・・

しかも、表記方法も、今のものとはだいぶ違っているし、・・・ なんせ・・ タッチング・・ なんて堂々と書かれてるんですからね・・・タティングじゃないんですよね・・ 

それはともかく、画像な様な 失敗策は、他の作品でも、沢山作ってるんで、ぜんぜん 気にしてませんけど、失敗するのは、多い方が 勉強になるでしょ! 最初から上手に出来るんだったら、本なんか参考にしなくて、自分で本を作ればいいんです! ・・・

な~んて、 開き直りの精神で、失敗した事は、悪いなんて思っていません。 

「 ここの所が、何で違ったんだろうか・・・ これをこうすれば、いいんだよな・・・ 」 って、失敗した事よりも、失敗した場所や、理由が理解出来る方が、すごいとおもいませんか?  

どこを失敗したのか、なぜ、失敗したのか・・が解らないようなら、・・・ 「 顔を洗って 出直しておいで! 」 って、自分に言い聞かせています。


この作品の 失敗の場所や、理由は 自分ではちゃんと解ってるんですよね・・・

ですから、失敗を繰り返して、少しづつ直していけばいいんです。 

本当に、ポジティブな考え方をする私です・・・ ( 誰?  ノー天気 何て言ってる人は! )
コメント

ラ ・ パピオン

2010-07-21 20:58:24 | 日記
試作品の パピオンが 完成。 今までの 蝶シリーズと比べると、タティングレースっぽさが出てると思うんで、フランス風 に 「 ラ ・ パピオン 」 と 名付けました。

意味は、あんまり深く考えないように・・・ フランス語は、全然 解りませんけど・・( 日本語しか解りません・・・ )

こうした レース風の物が良いとか悪いとかという理論は、  よこっちょに 置いといて、 まあ、一応、完成です。

お試し制作の 試作品ですので、かなり荒っぽですけど、 こうした、試作品を作るって事は、と~ても、大切なんですよね・・・

だって、この糸で、この目数で作ったら、出来上がりが どの位の大きさになるのか、実際に 作ってみなきゃ 解りませんからね~

「 この辺を もうちょっと ふくよかな感じにしたいなあ~ 」 って思ったら、その部分の目数を 増やせばいいし、 「 この辺は、メリハリ付けたいから、目数 減らしてみようかな・・ 」 なんて具合にいろいろ調整 出来るでしょ・・・

お腹回りの贅肉を減らすより、ず~と簡単・・ ( 誰の事?・・・ )  プロポーション自由自在です。 

これだけを 画像にアップすると、大きさのイメージ付き難いですけど、概略 8cm四方位の大きさなんですよね・・・

アゲハ蝶 位の大きさって感じでしょうか・・・・


今日 有る方から 突然 お電話を頂き、「 高木さんがやってる、って言うもの、見たいんだけど、いいかなあ~ 」 とか仰って、昼間、わざわざ 来て下さった方がいたんです。

男性の方で、某会社の社長さんで、「 へ~ 」 とか 「 ふ~ん 」 って感じでしたけど、いろいろ過去の作品とか、興味深そうに、観て行って下さいました。

私のとこって いろいろ置いてあるんで、私が作ったシャツとか ジャケットとかも 興味深そうに、観てました。

「 ミシンは、奥様とは別々なんですか? 僕も昔は、スラックス細身にしたりとかしてましたけど、ジャケットまでは、作らなかったなあ~ 」 とか・・・・

けっこう、居るんですよね・・ 「 クラフト男子 」・・・どこかで 観た記憶があるんですけど、私も作っちゃいましょうかね・・・ 「 男 の 手芸教室 」 ・・・

もちろん、 女性も大歓迎・・・

以前、知り合いの方が、 「 オヤジ の 会 」 っていうグループ作ってましたけど、会員の方、男性だけじゃ無く、女性の方も、少年、少女も参加ましたからね・・・

ま、そのうち のんびり考えましょうか・・・
コメント

ニュー  バージョン  

2010-07-20 19:29:35 | 日記
連休疲れとでも 申しましょうか・・・ 何となく 「 シャキ! 」 って気分になれませんです・・・

ひょっとしたら、子供達は、もう 夏休み? なんでしょうか、・・気のせいか 子供の姿が よくみられます。

ちょっと 気分を変えて、時間の 合い間に チョっとづつ タティング・・・

今回は エミーグランデの糸で、シャトルも クローバー の物・・・
まあ、なんと申しましょうか・・・途中経過ですけど、何が出来るかは お楽しみに・・

作り始めて 気が付いたんですが、思っていた以上に 大きくなりそうです。

デザインが 洒落ていたので、一度 作ってみようかなって思ってたんですけど、何でもそうですけど、 「 きっかけ 」 が無いと、始めないんですよね・・・

今回は、本に掲載されていた 作り方と、全く異なる方法で、作っているんです。

手段が違っても、完成した印象は、同じような感じになると思いますけど、私の手法だと

テキストのような、ふんわり感は 出ません。 

あえて、 「 シャープ 」 な感じに仕上げようかと思いまして・・・ ( 音楽の 記号の 「 ♯ 」 じゃありませんから・・・ 切れ長の シャープな印象が 似てますから・・・・誰と?・・・ )  


画像だと 解り難いかもしれませんけど、この糸は、虹色ボカシになっています。 あえて 今回は、このボカシにしてみたんですけど、 パステル調の いい 色合いです。


完成してからでないと、正確には言えませんけど、この作品の場合は、 80番位の 糸の方が 私的には、好きなんですけど、・・ 取りあえず、試作品として、完成させてみましょうかね・・・・  そのうち、出来るでしょ・・・・


コメント

海 蝶

2010-07-19 15:34:01 | 日記
今日は、「 海の日 」 との事。  「 海の日 」 は 四方を海に囲まれた日本が、海の恩恵で、栄え、 海の恩恵に感謝する日 ・・ と言う事で、明治時代に制定された 「 海の記念日 」が、後になって、「 海の日 」になったんですよね・・・

海で遊ぶ日 ・・・ ではありませんけど、海に行きたくなっちゃうほど 暑い~ ・・・

しかしながら、先日の雨と、その後の好天で、我家の庭も、畑も雑草が、草原のようになってしまい、芝生の庭も、芝刈り機が使えないほど伸びてしまったために、手作業で、ジョキジョキ・・ジョキジョキ・・・ まあ、シャトル位しか、最近は持たない私ですので、かつての バーベルを持ちあげ、ガンガンスクワットしてた 頃を 思い出しつつ、励んだものの、・・・一見 逞しい太股は、筋肉がブルブル震え、あれだけ重い バーベルを持ち上げていた逞しい肉体は、あっちこっち、 「 痛テテテ・・・ 」 その上、あまりの好天に大がかりな 掃除を家内が始めちゃったもんだから、もう・・たいへん・・・

知らん顔も出来ないんで、エアコン、や風呂掃除・・ フゥ~ ・・・

「 海の日 」 なのに、海に感謝する事も出来ないので、 海の色の糸で、大分慣れた パピオンを 1羽 誕生させちゃいました。

シンプルな方が、やっぱ 良い感じ・・・  海に感謝しながら、作ったんで、 「 海 蝶 」 と名付けちゃいました・・・ 読み方ですか? ・・・・ 何て読むんでしょうね・・・ 別に、なんて呼んでくれてもいいんです・・・ 読み方、解らないから・・・

海は、広くて 大きいんで、そんな 読み方がどうのこうのという、小さい事は 気にしませんから・・・・

それにしても・・・ 身体が・・痛いですね・・・ 
コメント

ブルー パピオン

2010-07-18 16:47:37 | 日記
夏の陽気になったんで、 「 夏色 の 蝶  ブルー パピオン 」 を作ってみました。

英語と、フランス語の ごちゃまぜ造語ですけど・・・ その辺は あんまり気にしないようにして下さい。  なんせ・・ 雰囲気ですから・・・

今回は、新しく出ていた、「 ボタン型 」 というビーズを使ってみました。 球体を押しつぶしたような感じなんですけど、光方が綺麗だったんで、使って見たんですけど、4mm が一番 小さいサイズだったのに、この作品じゃ、大きいみたいですね・・・

スワロも 4mm なんですけど、ソロバン型 と ボタン型の違いでしょうか・・・

比べちゃうと、やっぱり スワロの方が 綺麗な輝き方ですけど、ビーズが目立ち過ぎてしまいますよね・・・・ タティングが・・目立たなくなっちゃいます・・・


ビーズの使い方も、いろいろ試してみないと、解らないですよね・・・


この パピオン のデザインは、あんまり ビーズとか使わない方が、良いみたいですね・・

タティング自体が、面白い形ですからね・・・ ビーズに 惑わされそう・・・

コメント