あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

道具

2013-05-31 21:33:29 | 日記
最近 私の使っている道具に ちょっとした変化が・・・・って言うほど大袈裟では無いんですけど、画像にアップしたもの・・ ハサミは サジュ―のアンテークレプリカ シャトルは 英国製、かぎ針は使いなれている 12号 0.6mm に加え 最近では 0.35mm ( ブルーの柄のものです ) それに 水性ペン 0.8 0.1 0.05  水性ペンはもちろん 最近頻繁に 結び図を描きますので 良く使います。  0.35mm のかぎ針は 本当に 細いですねェ~ うっかりすると 80番の糸でも 割ってしまいますし、先日は ピコ繋ぎをしようとして 指の皮まで繋いでしまいました・・・ 不思議と 痛くないんですよね・・ ( バイ菌クンとかが入らなきゃいいんですけど、)  有ると便利ですけど、扱いに気を付けないと 作品が 指に繋がってしまいます・・  月末の慌ただしさも なんとかクリア―しましたけど、明日は 東京ですねえ~ 教室もさる事ながら、いろいろな買い物もありますので、夕方の新幹線に また 飛び込みかもしれません・・ あまり遅くならないうちに 戻って ケアホームに預けてある 母親を迎えに行かないと、また深夜に とんでもない事にありますからねェ~ ・・・ 介護してると 介護の道具が壊れやすいとか・・ 確かに いらだつ分 被介護者には当たり散らすわけにはいきませんから、車いすとかの扱いが乱暴になります・・・ おとなしい性格の私でも さすがに深夜、紙おむつを床に投げつけたりするくらい いらだつこともあるんですよね・・・ 知らない人は こういうのを 「 息子の虐待 」 とかいうんでしょうけど・・ 私が虐待するのは 紙おむつですから、大目に見て頂きましょうか・・・ 
コメント (2)

なかなか 難しいですね・・・

2013-05-30 23:37:44 | 日記
最近発売された 〇〇〇〇〇〇〇〇 と言う本に掲載されていた △△△△先生の 作品が とっても綺麗で、作ってみたいと言う 生徒さんもいらっしゃったので、どんな風に作られて居るのか 試作してみようとしましたけど、なかなかどんな風な結び方をしているのか わかりませんねえ~ ・・・ いろいろな技法でやっては見ても 何となく違いますし、同じような形にはなるものの、どうも違いますし、簡単そうに見えて意外と難しい作品ですねェ~ △△△△先生の 実物の作品は もっと綺麗だったように思いますので、何度も作り直しては・・考えて・・・・ ひょっとしたら 複雑に考え過ぎているのでは・・と言う気もしないわけもなく・・・ 気が付いてみると 山のように 試作品が出来あがります・・・結果的には 同じ雰囲気の作品には なるですけど、どんな作品でもそうでしょうけど、制作者に聞かないとわからない事は 多いものです。  でも その試作をするというのが 実は とっても面白い事で、簡単に作品が出来あがってしまうものしか掲載されていないのなら 面白くありませんからねェ~ ・・ そうした意味では 今回の この 〇〇〇〇〇〇〇〇 と言う本は とってもいい作品が掲載されていると言う事ですねェ~  でも 静岡の書店では、発売された直後に 大型店で1冊位見かけただけですから 最近ではではほとんど 見かけなくなってしまいましたので、生徒さん達で 欲しいと言いう方達の為に 私の方でまとめて 注文してるんですよね・・・ □□□□□先生の著書も 私が教室を開催してる近くの書店に □□□□□先生の著書は 教室で勧めてますから沢山入荷しておいて下さいって依頼してあるので、欠かす事は無くなりましたけどね・・・ □□□□□先生の著書のような 素晴らしい本が並んでいないいと、折角 タティングレースに関心を持たれた方が、訳の解ら無い本を手にして 興味を失ってしまうのは 残念ですからねえ~ ・・・ただでさえ 忙しいこの月末に じっくり腰を落ちつけて 結んでいる訳では無いので、出来あがったと思って改めてみたら 絡める方向が逆だったり・・ 改めて 難しい事に気が付きましたねえ~  でも これだけ失敗すれば 本の掲載されている物とは 違っていても 綺麗な作品を作る事が出来るんじゃないかと、 再度 取りかかってみましょうか・・・ と思いつつ、今週の土曜日・・・もう 明後日ですねえ~・・・ 東京での 教室の開催日ですから、教室での準備をしなくっちゃ ならないんでした・・・  土曜日からは また新しい方が 増えると聞いていますので、忙しくなりそうです・・・ 私の教室では その方の進み具合によって やってる内容が違いますので・・・ 

毎月 あちらこちらで 教室を開催していますので、どの教室が今度 何をする予定か、その中でも 進み具合によって 初めての方達は 確か あそこまでやったから 今度は この技法だし・・と メモはしてあるものの 複雑になっています・・ですから 私の移動する荷物、いつでも いろんな物に対応出来るようにと 資料を一杯持ち歩いてるので、毎回 「 凄い荷物ですねえ~ 」 とスタッフの方達に言われてしまいます・・・ 生徒の方々は 慣れて下さったみたいですけどね・・ あちらこちらの教室を合わせると 毎月 100人前後の生徒さん達と タティングしてる感じですねェ~ ・・・ 右手が 痛くなるはずです・・・・
コメント (2)

展示会場

2013-05-29 21:56:11 | 日記
画像にアップした建物は 静岡市の中心地、 駿府城公園のお堀の所にある 静岡市役所で、左隅にチョット写っている市役所本館と通路で繋がって、市議会とかの会議室になってるんですよね・・・ この右側1階が 静岡市民ギャラリーになっているんですよね・・ 歴史のある建物で 建物の中も 風格のある造りになっていますけど、ここで 現在 クラフト展が開催されているんです。  今日からと言う事なので、昼にちょっと どんな風な展示になっているか気になりましたので 観に行って来ましたら、プロの方が展示されたんでしょうか、なかなか見やすい配置で 綺麗に展示してあり、素人が飾ったものとは 大分違っているように感じました。 

私が出展した作品も 一か所ではなく 周囲の雰囲気に合わせて 数か所に分けて展示されていて、ふと気が付くと、そのうちの一つが 入選作品に選ばれていました・・ あらま・・ 入選作品の中から 市長賞とか 市教育長賞とか 入賞作品が選ばれる訳ですけど、 一応、その対象作品には選ばれたと言う事ですねェ~ ・・・市長賞を受賞されたのは 2mx2m位のパッチワーク作品で パッチワークの事は あまり詳しくはありませんけど、あまり見かけない 南国風?というか・・明るい感じの作品でした。 その横には、 静岡ユネスコ協会賞となっていた作品は 様々な形のハートを配置した絵? アート? のような作品で いかにも ユネスコ・・といった雰囲気・・そのまま ユネスコのポスターにでも使用できるような作品でした・・・ ゆっくり観てまわった訳ではありませんけど、なんとか賞を受賞してあったのが 60~70cmの大きさの 鎧兜の武者人形を焼き物のような物で制作したものとか、 地元の昔からある工芸の技術を生かした現代風な置き物のようなものでした・・・ 

まあ 種類の多い、作品の中で、直径15cm程の 小さな作品が 入選しただけでも、審査された方々の目に 留まったと言う事ですから、ありがたい事ですねェ・・・  作品は 100番の糸で制作した ドーリで、以前 私の家の庭で飼っていた 白孔雀をイメージして作った作品なんですよね・・・  逝去した私の父親の道楽でしたから もう30年以上も前の事ですけどね・・・ 庭と言うより 空き地のような場所に 大きな鳥小屋を 3~5も建てて、日本キジ、高麗キジ200羽づつ、ホロホロ鳥40~50羽、金鶏、銀鶏やら 沢山飼っていて、白孔雀も 3つがい程 その辺をウロウロしていましたねえ~・・・  私は 中学時代に、学校で カエルの解剖じゃなくて、ニワトリの解剖をさせれて以来、鳥に対しては 気味悪い印象がありましたので、孵卵器の中で ピヨピヨしてる ヒナ鳥をみても 可愛いとは全然思いませんでしたねえ・・・ ( ヒナが 50も 100も 一杯いると 可愛いなんて・・・ ) ですから 鳥には 近寄りもしませんでしたけど、さすがに白孔雀は 離れて観てるには綺麗な鳥でしたねェ・・ 大きな鳥ですけど・・・孔雀は 檻から出ていても 夜になると檻に戻る性格なんですよね・・キジ科なのに変ってます・・ 
コメント (3)

静岡市民文化祭

2013-05-28 20:53:13 | 日記
静岡では 今月 連休明けから 静岡市内各地で 市民文化祭 というのが開催されていて、静岡市主催、静岡市文化協会 運営 と言う事で、「 花展 」 「 写真展 」 「 川柳大会 」 「 書道展 」 「 日本舞踊 」 「 茶道大会 」 などが 既に開催され、明日からは 「 クラフト展 」 「 華道展 」 「 合唱 」 「 室内オーケストラ 」 等など・・ 6月に入ったら 「 書道展 」 「 静岡フィルハ―モニ―演奏会 」 「 美術展 」 「 親子映画会 」 「いけ花展 」 と続いて行くんですよね・・ 静岡市内の 大きな6施設を使って、開催されるんですけど、明日から開催の 「 クラフト展 」 に 実は私も参加しているんです。 沢山の 市民が参加していますので、出展作品は ひとり 5作品以内 という条件付きですけど、今日、納入に 会場にいったら ビックリするほどの人数、しかも 「 クラフト 」 という かなり大きな くくりですので、出展作品も 凄い種類・・・油絵、イラスト、地元の伝統工芸の竹細工、粘土の人形、木彫り、ステンドグラス、縮緬細工、パッチワーク、造花、 リボンフラワー、ヒョウタンを磨き上げて装飾を施したものから、陶芸作品、・・・ 他に何があったでしょうか・・・ 五月人形の兜や お雛様もありましたねえ~・・ 受付間もない頃に 行きましたので、そのあと どんな種類の作品が 集まって来たのかわかりませんけど・・ とにかくすごい数の種類です・・・ 私の タティングレース作品と テネリ―フレース、ヘアピンレース のような作品は見かけませんでしたけど、これほどの数の クラフト の中で、タティングレースは 一体 どのような感じで 市民の皆様に受け入れられるのでしょうか・・・ タティングレース展 と言えば 当然 同種の作品が一堂に会する訳で、観に来られる方も それを目的としている訳ですけど、今回のこうした 様々な 手芸・クラフトの中での出展は、観に来て下さった方々に どんな 思いで 伝わるのでしょうか・・・ ただ見過ごされるだけかもしれません・・・ 多くの種類の中に 埋もれて気が付かないのか、そうした多くの種類の中でも 気が付いて関心を持って ご覧くださる方がおいでになるのか・・ 受付では 大勢の女性の方がたが 様々な作品を 手際良く受付 受け渡し等されていましたけど、私の作品を 「 これですが・・ 」 と並べた時には びっくりしたような表情で 他の場所にいた方も 来て下さったり・・ 作品にビックリしたのか、制作者が 男なのでびっくりしのか わかりませんけど・・・ でも まあ どんな 反応であれ、 明日からの展示が 楽しみですねェ~ ・・・ 草の根運動の 第一歩 ・・・みたいな気がしないわけでもありませんけど・・・ 明日 5月22日~ 6月2日 まで、 静岡市民ギャラリー の 第1~3のどこかの展示室で 飾られているはずです・・・ 他の 展示室は 「 華道展 」を開催してるはずです・・・ 
コメント

華麗なるギャツビー

2013-05-27 22:08:13 | 日記
来月 いよいよ 映画「 華麗なるギャツビー 」 が リメイクされて 映画封切りになるとか・・・ 今回の ギャツビーは レオナルド ディカプリオ ・・・文句無しの二枚目には違いありませんけど、どんな風な ギャツビーになるんでしょうねえ・・ 映画 「 ロミオとジュリエット 」 のリメイクで ディカプリオ が ロミオを演じましたけど、ちょっと 引いてしまいましたねえ・・・ アレンジし過ぎていて・・ オリビア ハッシー と レナード ホワイティング の ロミオとジュリエットの方が 私的には 好みですし、 「 華麗なるギャツビー 」 も 画像にアップした、ミア ファロー と ロバート レッドフォード しか 考えられませんねえ~ ・・・ 1974年 もう 37年前になるんですねえ~ ・・ 画像の映画パンフレットは 中古を購入した物ではなくて 私が映画館で観て購入したものです・・・痛んで見えるのは 実は しょっちゅうこのパンフレットは 開いて見ているんですよね・・ なんと価格 250円 ・・ 最近の映画パンフレットは 幾ら位するんでしょうか・・2000円位するんでしょうねェ~ ・・・こんなに若い私でも、さすがに 時代を感じてしまいます・・ 

世の中の景気も良い時代で、私もスポーツカーの フェアレディーZ を乗りまわして、洋服もお洒落しまくりで、贅沢な時代でしたねえ~  この映画をご存じな方も多いのかも知れませんけど・・当時、この映画は 莫大な金額がかかっていて、登場するギャツビー邸は 大富豪ハーマン・オーリックの ローズクリフ ( ルイ王朝時代、王妃マリ―・アントワネット が恋人との密会の場にしたと言われる、ベルサイユ宮殿の小宮殿をモデルにした建物 ) をメインに、台所は 大財閥 バンダ―ビルト家が所有している ブレイカ―ズ邸、映画の中で使われる家も、 ジャックリ―ン・オナシスの母親の夏の別荘、ヨットの船着き場は ケネディ大統領のヨットが停められていた所、 また パーティーで登場するエキストラは、本物の社交会の人々で、すべて本物の宝石を身にまとい、アメリカ屈指の 大企業の重役や令嬢の方々・・ 撮影に用意された衣装は 1900着、そのうち、ミア・ファローが 30着、レッドフォードが20着を着ているんですよね・・しかもデザイナーは ラルフ・ローレン・・ 登場する自動車も アメリカ全土にある クラッシックカ―がすべて集められた・・・とまあ 豪華絢爛・・ 今の時代、これだけの 事をして映画を作るなんて考えられませんからねェ~ ・・・登場する エキストラもすべて 本物の 宝石や社交会の人種に属する人々で、どの場面を見ても 小さなアクセサリーも 美術館や博物館レベルなんて、ビックリしませんか・ その上、この原作 F・スコット・フィッツジェラルド の 「 グレート ギャツビー 」 も私の大好きな小説の一つなんですよね・・でも、まあ リメイクされるのは、こうした素晴らしい作品にめぐり合う いい機会じゃないでしょうか・・ レースだって アンティークなモチーフが 復元される事によって、再び 過去の素晴らしい歴史的な価値のあるものに 注目される・・ということだってあるんじゃないでしょうか・・・ 
コメント (2)

左手に シャトル

2013-05-26 19:28:16 | 日記
今日は 静岡での 日曜日1日コースの教室、 月1回開催なんですけど、一体、私の教室では どんな物を制作しているんだろう・・ と思われている方も多いんじゃないでしょうか・・ ( 居るかな? ) あまり公開はしたくはありませんけど、特別に公開すると、今日は 画像にアップしたようなモチーフ制作 ( といっても、もうひとつのモチーフを制作して 組み合わせて ブローチにするんですけど・・ )  けっこう ハイレベルの事をやっていると思っています・・・ なぜって?・・・ このクラス、まだ初心者ですから・・ このブローチの前には ちょっと凝った ネックレスを制作して、今回は これ・・・ 良く見かける物かもしれんけど・・・気が付きました? ・・ 大きさ・・・ 横のシャトル 7cm ですから、このモチーフは 約3cmなんですよね・・・ 初心者だからって言って、簡単なものばっかり作っていても 技術が進歩しないでしょ・・・ 

今日のクラスには、他にはお出でにならないタイプの 生徒さんがお出でになります・・・ ご指導させていただく上でも、私にとっては 貴重な経験となる 生徒さんで、タティングレースを 左手で制作してお出でになります。 始めた当初、ご本人も 「 右手での ご指導でいいですよ 」 と 仰っておいででしたけど、この方は 本来 左利きのかたですので、「 左利きは決して悪いことではなくて、 左手が自由に使えるなんてすばらしい事ですから、左手でやりましょう 」 と言う事で、左手にシャトルを持って頂いて タティングレースをして頂いています。 ( だって 基本的に考えて、左利きの方にとっては 左手で動かした方が 綺麗に出来るはずでしょ・・ と言うのが、私の考えなんです ) 他の教室でも 最初に 「 左利きの方は お出でですか? 」 とお聞きしていますけど、実際に左手にシャトルを持っておいでの方は 今日の お一人と言う訳です。 実際に、右利きの私が 左利きの方に お教えするのは 容易な事ではありませんけど、実際にぎこちないながらも、自分で 左手にシャトルを持って、右指に糸をかけて タティングレースを結んでみて、どうご指導すればいいか考えに考えて、理解したうえで ご指導させて頂いております・・・ 人それぞれ、性格が違う、技術のレベルが違うのと同じように、左利きだから 余計に良く解らないと 諦めてしまう方が お出でになるとしたら、それは とても悲しい事だと思うんですよね・・ 実際に、前回の 初心者には難しいレベルの ネックレスも 綺麗に制作して下さいましたし、今回はまたちょっと違った意味で 難しい点が 沢山ありますけど、「 なぜ、他の方に比べて この方が 左手でシャトルを動かす事で、この技法が上手くできないのか・・ 」 と言う事が マンツーマンで 対応していれば 見えて来るもの・・・ いろいろなアドバイスをして差し上げれば スムーズに 動くのが 当然の結果です・・・ 
コメント

浜松

2013-05-25 23:59:17 | 日記
今日は 浜松での教室・・ 画像は 入口付近の様子です・・ 明るくて 綺麗で 広々とした感じ・・いつも 使用させていただく部屋は 画面の右の奥にある部屋ですけど、今日は 皆さま お忙しいのか 参加される人数が少なくて、10人前後・・ ( これだけいて少ないと感じるのは 贅沢なんですけど、いつもは 倍以上参加される訳ですから、やけに少ないような印象になります・・・ あまり先に進んでしまうと、他の方との差が広がり過ぎてしまいますので、用意した課題では無く、急遽 変更・・ ネックレス制作の続きをされる方と、始めたばかりの方達には ピコ繋ぎ・・・ 「 わからない・・・ 私には 無理だわ・・ 」 と仰る割には ご自宅で 結ばれた作品・・とまで行きませんけど・・結んだものを 見せて頂くと、 ご本人が仰るよりも 前回の課題、はちゃんと出来ているんですよね・・ただ あと、 〇〇〇さえすれば 綺麗に仕上がる訳で、まだ お伝えしていないので、出来ていないのは当たり前・・・でも いつも 折に触れて言わせて頂く事ですけど、たくさん失敗した方が、次の段階に進む時に いろいろな事が 理解出来るようになって とても言い事なんですよね・・・ 私が結んだ 見本と比べて まだまだ 出来ていない・・・と 悲感されてもねえ~ 「 ・・・そりゃ まだ無理ですよ・・ 私が綺麗なのは、当然として、私が綺麗に結べるから お教え出来るんです! 」 と ジョークを飛ばしても ニコニコを受け止めて頂ける雰囲気になって居ますから とても やり易い時間です・・

でも 終わった後、帰ってくるのが とっても大変・・・ 急いで帰る必要が今日は無いので、休憩しながらなんとか 帰宅・・・ なんと 今日は 5目結んだだけ・・・ビックリです・・・・  明日は 静岡で 1日コースの教室ですから 早く就寝したほうがいいのは、解ってますけど・・ 帰宅途中の 道の駅で、トラック運ちゃん達に混ざって、ディナーを食してから、仮眠して戻りましたので・・全然 眠くないんです・・・ 今日の デイナー というか・・いつもの 道の駅で この時間に 食する事が出来るのは 「 カレー丼 」 だけですから・・・ フゥ・・ 初めての時、びっくりしましたよね・・ どんぶりにカレーが入っていて、注文するとまず聞かれるのが、「 ご飯 大盛りですか? 」で、 「 並みでお願いします 」と ご返事させて頂きますけど・・・ このか細い私が 大盛りなんて食するように見えるんでしょうか・・・ 確かに 服は すぐにちじむので、 最近流行の ピチピチスーツですけど・・・ ( 拘束着みたいな 服で運転してるので 疲れるんでしょうか・・・ )   さてさて、 そろそろ 母親のオムツを替えて、風呂に入ってから、 コンビニに行って 軽く ポテトチップか何か買って来て ちょっと タティングでもしましょうか・・・  ( ん~ これだから 大盛りですか? って聞かれるんでしょうか ・・・ )
コメント

シャトル

2013-05-23 23:44:30 | 日記
新しいシャトルを 入手・・・ 持っているシャトルと同じ物ですけど、追加で入手と言う訳です・・ 扱い難い事に代わりありませんけど まあそれなりに 癖になりそうな感じがしない訳でもありません・・・ たまには 変わったシャトルで 結んでみるのも いいものです・・・ でも・・・ お茶会の時等に 和菓子に添えられて 出て来るものに、似て無くは無いから、ちょっと妙な感じですけど・・・・ 
コメント

新作

2013-05-22 23:55:26 | 日記
新作が完成です・・・と言っても、画像にアップしたものではありません・・( 画像は糸ですから・・ ) 今回の作品に使用した糸は、30番のレース糸 「 葵 」 この春の 新色なんですよね・・・ 展示会で見かけて とってもいい色合いなので気に入っていたんですが、あまり30番は 使う事無かったので、迷ってはいたのですけど、色の魅力に引き寄せられて・・・ この色合いって、私のとても好きな色なんですよね・・・お茶の産地、静岡に似合う色です・・・そうそう、お茶葉に 湯を通して飲むようになったのは、静岡が初めてだつたと言う事は ご存じでしょうか・・( 私も聞いた話ですけどね・・ ) それまでは 「 茶 」 は 飲む物じゃ無くて、食べるものだったそうで、食べるものを入れる器を 「 お茶碗 」 って言うでしょ・・ 飲む物を入れるのは 「 湯のみ茶碗 」 って言いますよね・・・ 現在の 茶葉とは違うみたいですけど・・・・とまあ 長くなるので、この話題は いずれまた・・ 

新作の件は、年末の展示会で 公開しましょうか・・・ 決して大げさな物じゃありませんけど、 多分・・・ 観た事無いような物でしょうねェ~・・・  展示会が終わったら、教室でのテーマに取り上げようと思って 30番の糸にしたんですよね・・・ 展示会でいつも同じ物出す訳にはいきませんからねえ~  ・・・ いろいろな アイデアがありますので 「 新作コーナー 」 でも設置するくらいに 作っちゃいましょうか、・・・

そうそう、夕方、ご依頼されていた 結び図の修正の打ちあわせ・・・ なんでも、手芸店限定配布結び図になるようです・・・すべての手芸店で・・とまでは行かないようですので、見付けた方は ラッキー かもしれません・・・ 私の名前もちゃんと記載して下さると言う事ですから、すぐにわかると思いますけど ・・・ 本名で出るそうですから・・・
コメント

結び図

2013-05-21 23:42:19 | 日記
つい先ほど 三島での 夜間教室を終えて やっと帰宅した所・・・日付が変わる前になんとか到着・・・家人はみんな夢の中で、泥棒みたいに 静かに家に入るんです・・( なんて優しい ご主人でしょう・・ ) と考える余裕はなく、疲れ切った状態で デスクの前・・ 行く時は 余裕を持って ゆっくり道の駅とかで休憩しながら行くんですけど、終わった後は、走りっぱなし・・・ 仕事の都合で 22時までに戻らなきゃならない時は 新東名高速道路を ロケットのように アンティ―クカ―をぶっ飛ばして帰ってくるんですけど・・ ( 新東名高速道路って 本当にそのまま 飛んで行っちゃいそうに 真っすぐなんですよね・・滑走路見たいな感じ・・・ ) 高速なために 結構神経ピリピリ状態で、疲れるんですよね、精神的に・・・ ですので、トコトコ 国道を止まりそうなスピードで ゆっくり走っているんです・・( 居眠り運転風で あぶなっかしいいですけど、ちゃんと起きてます・・・でも後で ふと思い返すと、どこを通ってきたのか 記憶に残っていないのは、なぜでしょう・・ ) 大型トラックがビュンビュン 横を追いこしていくは、道の駅は 仮眠中のトラックで一杯ですし、野郎どもがウロウロしてるのは あんまり混ざりたくない感じ・・ ( すぐに環境に溶け込んでしまう性格ですので、土方仕事のバイトしてた ガテン時代に戻りそう・・ ) 今は こんなに優雅で 麗しい私も 苦学生の頃は ( と言っても 二人乗りの フェアレディZ という 新車のスポーツカーで 現場に通ってましたけど・・・ ) トラックを運転するは、 シャベルカーで土砂動かすは、コンクリートを ハンマーでたたき壊すは、・・ 荒っぽいガテン時代も ありましたので、不思議と 野郎どもの中にいると ガテン風な歩きかたになっちゃうんですよね・・

まあ 無事に付きましたけど、明日は 静岡で教室ですので、明日の 結び図・・描かなくっちゃ・・・ 私の場合、手書きなんですよね・・・・ これから 描くので まだ 画像にアップできません・・・ 
コメント

ミックス系

2013-05-20 23:13:00 | 日記
ちょっと 面白い事を 思い付きました・・・・ 糸はいろいろ使用しますけど、なかなか 手が出せないのが 「 ミックス 」 なんですよね・・・ 「 段染め 」 とか 「 ぼかし 」 とかは 抵抗有りませんけど、ミックス系 となると 薄い色目のミックスならば まだしも、濃い目の ミックス系となると・・・ 今の方達は ご存じないと思いますけど・・ ( 私も 今の方達の ひとりですけど・・ 昔を知っている今の人 ・・です ・・)  1966年頃 アメリカ西海岸で ヒッピー が ブームとなって、( 1970年代後半には もう衰退して居なくなっちゃいましたけど ) まあ、ビートルズ も サイケデリック・ロック として いろいろ曲を発表していますし、「 イエロー・サブマリン 」 と言う曲も好きですけど・・ 日本の 横尾忠則さんも アーチストとして影響受けていますので、悪い文化ではありませんけど、本来の意味が、 LSDのような 幻覚剤によって現れて来る、様々な幻覚症状や、極彩色の渦巻きイメージが特徴の 視覚、聴覚における感覚の表現ですから、 なんとなく、私とは 違和感のある感じで・・・( まあ、保護司という立場では 薬物乱用に 無知と言う訳ではありませんけど・・ ) ・・でも この 幻覚剤に影響を受けて現れる 視覚的パターンって、幾何学的なフラクタル として、コンピュータで、再現する事が出来き、名前は忘れましたけど、何人かが、サイケデリックな幻覚の数学に基づく 幾何学的形態に関する理論を 学会で発表されているんですよね・・・ 

それは ともかく、いろんな濃い色が ゴチャマゼ になった 物って、個人的に何となく、この 「 サイケデリック 」 に繋がってしまって、落ち着かないんですよね・・・ もちろん 覚醒剤を使用経験の無い私には ( 当たり前ですけど! ) 幻覚症状の 渦巻き模様を観た事はありませんけど、イメージ的に 繋がってしまうんですよね・・・ でも、今回は ちょっと その 無意味な私のイメージを打ち破る為に、ちょっと この糸でなければ 出来ない物を 作ってみようと思った訳です・・・ いろいろな ミックス糸で 試作を結んでみましたけど、最終的に 糸は 画像にアップした 糸を使う事にしました・・・確かに 強い色合い、組み合わせは 清楚で たおやかで フェミニンな私には ( 誰?! 図々しくて、いい加減な 太目 なんて言う人は! ・・・ それは 私の 一面です・・・ん? ・・・ )  しっくりこない 色合いですけど・・・でもでも、よ~く観察したら、これが一番 いいんです! 今回は・・・・ どんなものかって? ・・・・フフフフフ・・・ それは 秘密の 七色仮面です・・・ ( 七色仮面は 私が 幼稚園時代の おボッチャまだった頃、テレビで放映されていた特撮テレビ番組の主人公で 確か 夜店で買ってもらった 七色仮面のお面を被って 遊んでいた記憶がありますねえ~ ・・なんて 記憶が良いんでしょう・・・ そういえば 幼稚園でのお遊戯会では 「 したきりすずめ 」 の お爺さん役でしたねェ~ )  
コメント (2)

往復 6時間

2013-05-19 23:55:31 | 日記
今日は 片道3時間かけて ( 往復で 6時間 なんです・・当たり前ですけど ) 豊橋で 講師を務めて来ました・・・ 今日は 15名の方達で、みなさん 全く始めてという方達ですので 2時間、部屋の中を動きっぱなし・・・ 「 あ~ 出来ないわ 私 やっぱ 諦める! 」 という 悲痛な叫びの方も、横で観ていて差し上げると ちゃんと出来るのに ・・・ 大勢の方を みていると、初めは 悲痛な叫びをあげて居られても 動かせるようにはなるんですよね・・・ 他の教室ですけど、最高齢のレディも、シャトルはちゃんと動かせるようにはなりましたから・・ ( 作品を作るのはちょっと 困難ですけど、簡単なモチーフを作るのでも 面白く感じて下さっているようで、ケアホームでも シャトルを動かして居られるとか・・・ それはそれで イイと思うんですよね ) とにかく タティングレースを 楽しんで下されば 私的には 嬉しいです・・・ 悲痛な叫びをあげて居られたレディも 帰りには 笑顔でお帰りになりましたから・・・・

帰りの車中で 雨の中 運転しながら、いろいろと思い付く事が多くて・・・ 年末の 展示会には ちょっと今までと違った感じにしましょうか・・と アイデアが・・・

最近は 教室での指導させていただく 資料作りや サンプル作りに忙しくなってしまって、なかなか自分の作りたい物に 手が回らなくなってしまい、面白そう・・と思ったサンプルも 教室での サンプルになってしまいますので・・・ ちょっと 教室では 使わない作品を いろいろと作ってみようかと・・・ 年末に来て下さった方が、生徒さんで、教室でやった事ばかりじゃ 面白くないでしょうから、・・・・  どんな事かって? ・・それは ナイショ です・・・ でも 今 制作 開始しています・・・ の前に、明日は 島田で教室があるんでした・・・ 島田教室は 前回 どこまで進んだんでしたっけ・・最近、混乱するのは 認知症の兆候ではなくて、 講座が多すぎるからかもしれません・・・ 月曜日が 島田、 火曜日が 三島、 水曜日が 静岡、木曜日は ライオンズクラブがあって、 土曜日が 浜松、 日曜日が 静岡・・・ 空いてるのは、金曜日だけッですねェ~ ・・・ 作品作る前に、本業の仕事・・どこでしましょう・・・ て、それって やばいじゃんね・・・ でも、なんとかなっちゃうのが 私の性格なんですよね・・・
コメント

明日の準備

2013-05-17 23:43:25 | 日記
明日は いよいよ 東京での タティングレース教室の開講です。 カルチャースクールと違いますので、今までと 形態がチョット違いますので、資料作りは これまでとは かなり違う感じで、かなり手間がかかる作業です。 でも まあ いろいろな形態での 教室はある意味では 面白いもの・・ と何でも面白がる性格の 私ですけど、 午前と午後教室ですので 夕方 出来れば いろいろ回りたい所もあるんですが、 回りきれるでしょうか・・・ 東京には 良く行くのに、なんだかんだと 忙しくて 行きたい所に行けないのが実情で・・・ 東京、静岡は 近いといえば近いですけど・・・ 明後日の 日曜日は 今度は 豊橋での 教室で、こちらは 車で トコトコ走って行きますので、こちらも 1日かかり・・・ 東京に行くと、夕方 介護施設に預けている 母親の迎えに行かなければならないでの、 帰りには、新幹線に、まさに 時間差の駆け込み乗車みたいな感じなんですけど、明日、明後日と 遠くですので、今回は 施設に泊りでお願いしてますので、そう言う意味では 帰りをあまり気にする必要もないので、幾分 気は楽なんですけどね・・・・ 自宅介護は 深夜にバタバタ いろんな事がありますので、大変ですけど、泊らせてしまえば、それが無いだけ 多少楽が出来るもの・・・ 泊りの後の数日が たいへんですけど・・・  ともかく、なんとか 準備が 日付が変わる前に 終わりましたけど・・・ そういえば、今日は タティング関連とは言いながらも 書いてる事が多くて、シャトルをほとんど触っていませんねえ~ ・・・・ 画像の物は、シャトルに糸を巻き付けたもの・・・ 明日、新幹線、時間調整等々で 手早く シャトルを動かせるように 準備です・・ 東京は 人ごみにまぎれてしまうと、男の私が シャトルを動かしていても、全く 気になりません・・・不思議な街ですねえ~ ・・・ 人の事にはあまり関心を持たないのか、関わり合いをもたないのか、見知らぬ人は 見知らぬ関係・・なのかもしれませんねえ・・・ 静岡だと、お知り合いに出会う事が 非常に多いですから・・・ というか どこかで お知り合いに見られている事も 多いですからねえ・・・  まあ、イイ男は目立つものですけど、東京は イイ男が多すぎて、私が イイ男にまぎれて 目立たないって事でしょうかね・・・・ 雨が降らなきゃいいですけど・・・
コメント

あらま、全然 知りませんでした ・・・

2013-05-16 23:14:35 | 日記
新しい タティングレースの本が いろいろ出版されてますけど、( もちろん全部 購入済み ) ごく最近 発売された 「 小さくてかわいい タティングレースのアクセサリー 」 レディースブックシリーズから 出てる sumie さんの 本ですけど、中身をみたら 先日 新作糸展示会場 で 並んでいた作品も掲載されていて、私の作った 桜と一緒に並んでいた作品ですから、もちろん 本物は みている訳ですから、当然 購入して パラパラと 中身を拝見・・・ふと 裏表紙をみたら・・あらま、ダルマレース糸の広告で、私の デザインして制作させて頂いた 「 桜 」 が 掲載されているじゃありませんか・・ 全然 知りませんでしたので、ビックリしましたけど、こうやってみると なかなか 良い出来じゃありませんかねェ~ ・・・ と 自分で言うのも 生意気ですけど、嬉しい事には違いありません。 手元にはありませんけど、また作りましょうか・・ 作ったから宣伝する訳じゃありませんけど、外国の有名な糸に比べて エジプト綿を使用しているせいか 仕上りが ツンツンした感じでは無くて ふんわり柔らかい表情になりますので、日本風の淡い色合いと共に 良い感じの作品に仕上がるんですよね・・・・ 教室の生徒さんも この糸で綺麗にいろいろ作ってますけど、細いから出来ないわ・・・と言う前に、まずは 作ってみるのが一番です・・・
コメント

喪失

2013-05-15 23:58:08 | 日記
妙にけだるい陽気のせいか、あちこち動き回って疲れたせいか、睡眠不足のせいか椅子に腰かけていると、激しい脱力感と重力の法則に従って、椅子にすら座っている事が出来ずに、無意識に板張りの床の上に 倒れこんで、つい今しがた 意識を取り戻したところです・・・とは言っても、やけに体中が痛い・・・ 天使の羽根のように 軽いはずの体重が いつのまにか、漬物石のようになっていたみたいです・・・
コメント