日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

冬眠生活

2018-01-17 | きいてきいて
寒さもちょっと一休み。束の間
冬眠から首を出して冬枯れの山を見ています。

秋から冬への紅葉パノラマショーも
あっという間に冬バージョンになり、愛想のない
晩秋でした。

木枯らしに木の葉は四方に飛び散りて雑木林の透けて明るし

姉との「短歌交換」も2年近く続き、どちらも
“継続に意義あり”と暗黙の了解なので
言わば、安否確認の場になっています。

昨年後半の不調からまだ脱皮できず、さりとて
弱気は封印しているので心身相反のケッタイな
生活ですが、まぁこれでも生きてますので・・。





コメント (2)