脳卒中をやっつけろ!

脳卒中に関する専門医の本音トーク
 最新情報をやさしく解説します 

脳動脈瘤 その41 脳血管内治療:その11 ステントアシストテクニック 3

2021年09月19日 | 動脈瘤
それではどのようにステントを選択するか、説明します。

まずこの治療においては5ミリ以上のサイズの動脈瘤が適応になります。
これはステントの適応が5−7ミリ以上のためです。

ではまず、まっすぐな血管に大きめのサイズの動脈瘤がある場合を考えてみましょう。(図A)
このような場合にはどのステントでも問題なく治療が可能です。

次に、小さめ目のサイズの動脈瘤ではどうでしょうか?(図B)
この場合にはコイルのサイズも小さくなりますから、ステントの目が大きいとコイルが網目からはみ出してしまいます。
このため目の細かいステントを選ぶ方が有利です。

一方で、実際には血管が曲がっていることもよくあります。
曲がった血管ではステントが血管の壁に密着しにくくなります。(図C)
密着が悪いとステントと血管壁の間に隙間が残り、そこに血のかたまり(血栓)ができやすくなります。
血栓ができると、その部分が詰まったり、脳の血管に流れて行くことで、脳梗塞を起こしてしまいます。
このため、密着しやすいタイプのステントを選ぶことになります。(図D)

以上のように、動脈瘤の大きさや、使用するコイルのサイズによってステントを選んでいるのです。

大まかには以上のような流れになりますが、実際の選択に当たっては血管自体のサイズや枝の位置など様々な要因が影響しますので、専門医はその状況に応じて適切なステントを選ぶことになります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脳動脈瘤 その40 脳血管内治療:その10 ステントアシストテクニック 2

2021年09月15日 | 動脈瘤
前回の続きです。
日本で脳動脈瘤治療に使用できるステントには3種類あって、それぞれ別の会社から提供されています。
それぞれ特徴があります。
まず上二つのステント(Enterprise2とLVIS)はマス目(英語でcell)が閉じた形なので、クローズドセル(Closed cell)型と呼ばれます。
一方、一番下のステント(Neuroform Atlas)はZ型のものが所々繋がっているだけで、マス目が開いているのでオープンセル(Open cell)型です。
また、Enterprise2とNeuroform Atlasはレーザーで切り出して作っていますが、LVISはワイヤーを編み込んで作っています。

以上のように、脳動脈瘤用のステントは構造や作り方が三者三様で、それぞれに特徴も異なっています。
このため、私たちはこれらを状況によって使い分けています。

どのように使い分けるのか?
次回説明しますね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脳動脈瘤 その39 脳血管内治療:その9 ステントアシストテクニック

2021年09月12日 | 動脈瘤
みなさんお久しぶり!
今回はステントアシストテクニックを紹介しますね。
従来治療が難しかった入り口(ネック)の広い動脈瘤も、ステントを併用することで治療できるようになりました。
上の図をご覧ください。
血管の横にできるタイプ(左)ではステントを留置すれば、血管を綺麗に温存して治療が可能です。
血管の分かれ目にできた動脈瘤はやや治療が難しいのですが、2本のステントを組み合わせれば治療が可能です。
このようにステントを使うことで、コイル塞栓術の適応が一気に広がりました。

ただし欠点もあります。
ステントは正常血管に留置するため、それが血管の壁に取り込まれて膜が張るまで血液サラサラの薬(抗血小板薬)を内服する必要があるのです。
また右の図のように2本のステントを組み合わせるような場合には、生涯内服を続ける必要があります。

これらについて、次回もう少し詳しく説明します。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脳動脈瘤 その38 脳血管内治療:その8 バルーンアシストテクニック

2021年08月24日 | 動脈瘤
こんにちは!
今回は脳動脈瘤コイル塞栓術のうち、風船で補助する方法、「バルーンアシストテクニック」を紹介します。

この方法は動脈瘤の入り口(ネック)で風船をふくらませることで、コイルが動脈瘤からはみ出さないようにする方法です。
図をご覧ください。
左のようにコイルだけを入れるとはみ出してきてしまうような場合でも、風船をふくらませて支えながらコイルをいれることでうまく収めることができるのです。
そして右の図のようにしっかりと詰まったら、風船とカテーテルを抜いて終了です。

この方法の利点と欠点は、以下の通りです。
利点:
 1)正常な血管に何も残らない
 2)このため術後の内服が不要
欠点:
 1)風船で血管が傷つくことがある
 2)あまりにも入り口(ネック)が広いと治療できない
 3)再発がやや多い

術後に内服が必要ないことは、もともと出血する病気を持っている方、他の病気で手術などが必要になる方、転倒しやすい方、などにとって有利になります。
また、動脈瘤が破裂してくも膜下出血が起きた場合には、ステントを使用できないので、この方法がよく行われます。

このテクニックで多くの患者さんの治療が可能となりましたが、欠点もあるので、それを克服するためにステントという金属メッシュの筒が用いられるようになりました。
次回紹介しますね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドクターズマガジンの取材記事

2021年08月17日 | 報道・出版関係
いいお医者さんネットのホームページから、ドクターズマガジンの取材記事が読めるようになりました。
お時間があればぜひご覧ください。

http://www.e-oishasan.net/site/yoshimura/images/topics/2021/20210810.pdf

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脳動脈瘤 その37 脳血管内治療:その7 ダブルカテーテルテクニック

2021年08月06日 | 動脈瘤
みなさん、お久しぶりです。ちょっと間が空いてしまいましたm(_ _)m
それでは脳動脈瘤の血管内治療のテクニックを紹介していきますね。
通常は一本のマイクロカテーテルを入れて治療しますが、ネックが広いと難しいことを説明しました。
そこで2本のマイクロカテーテルを入れて治療する方法、ダブルカテーテルテクニックを紹介します。

まず一本めのカテーテルからコイルを入れます。
それで枠(フレーム:frame)のようなものを作ります。
ですから、この操作は「フレーミング(framing)」と呼ばれます。
通常はこのフレーミングコイルを切り離して次のコイルを入れるのですが、入り口が広いとコイルの追加中に最初のコイルがはみ出してきてしまうことがあります。
そうなると大変です。ステントなどでレスキューしないといけません。

ダブルカテーテルテクニックでは、最初のコイルを切り離さないで、別のカテーテルから次のコイルを入れます。
切り離していないと、ややコイルが安定しますし、次のコイルを入れて、もし崩れてしまった場合には両方ともまた引き戻してやり直せるからです。

このテクニックはステントを使わないので、術後の内服が不要なこと、そしてバルーンも使わないので、血管の損傷をきたしにくいことが利点です。
私もよく使う方法です。

次はバルーンを併用したテクニックを紹介しますね。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脳動脈瘤 その36 脳血管内治療:その6 動脈瘤治療のテクニック

2021年07月18日 | その他
前回、動脈瘤に対するコイル塞栓術を紹介しましたが、この治療が行いやすい場合とそうでない場合について説明したいと思います。

この治療に最も大きく影響する要素の一つは、「動脈瘤の入り口の広さ」です。この入り口のことを私たちは「ネック」と呼んでいます。
上の図をご覧ください。同じサイズの動脈瘤であってもネックが狭いとコイルがうまくおさまりますが、ネックが広い場合にはコイルがはみ出だしてしまいます。このため、当初はネックが広い(ワイドネックな)場合には血管内治療の適応外とされ、開頭手術が行われてきました。
しかし、ネックが広い動脈瘤に対しても血管内治療が行えるよう、さまざまな工夫や新機器が編み出されてきました。

その代表的なものを紹介します。

 1. ダブルカテーテルテクニック
 2. バルーン併用コイル塞栓術
 3. ステント併用コイル塞栓術
 4. フローダイバーター留置術
 5. パルスライダー併用コイル塞栓術
 6. W-EB留置術

こんなに色々あるのですよ!

次回からはこれらのテクニックについて説明していきたいと思います。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドクターズマガジン

2021年06月28日 | 報道・出版関係
ドクターズマガジンの特集に載せていただきました!
表紙の写真がアップすぎて恥ずかしいですが、特集では医師になったきっかけや脳神経外科医としての私の取り組みについて紹介されています。
ライターの方はさすがですね。感動的に書かれています。
もし興味がある方がおられたら下記までお知らせください!
shinichiyoshimura@hotmail.com



コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脳動脈瘤 その35 脳血管内治療:その5 コイル塞栓

2021年06月16日 | 動脈瘤
さて今回はいよいよ脳動脈瘤をコイルで塞栓する治療を紹介します。
脳動脈瘤は脳の血管がふくらんだ状態のことです。壁が薄くなっていることが多いため、時に破裂してくも膜下出血を起こします。一度破裂すると再破裂することが多いため、その予防のために動脈瘤内にコイルを詰める治療が行われます。

コイルは主にプラチナ合金で出来ていますが、金属とは思えないほど柔らかいものです(図1)
非常に細い金属繊維を編み込むように巻いて作成してあるので、金属というより糸に近いイメージです。
またこのコイルは自然に丸くなるよう形状記憶加工されています(図2)。
このためそれぞれの動脈瘤に合うサイズや形のものを選んで使用すれば、うまくフィットします。

マイクロカテーテルが動脈瘤の中に入ったら、ゆっくりとコイルを挿入していき、入りきったら通電して切り離します。このようにして次々にコイルを入れていき、しっかりと詰まったら治療は終了です(図3)。

この方法では頭を切る必要がありません。そして、脳に触れずに脳動脈瘤を治せます。足の付け根から管を入れるだけですし、簡単な症例では局所麻酔でも治療可能で、体にやさしい方法です。

従来の開頭手術と比べて利点が多いように思われますが、実際にその効果は科学的に証明されています。次回、その詳細を紹介します。
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

額紫陽花

2021年06月11日 | 閑話休題
紫陽花は花言葉が...ということで調べたところ、ピンク色のものだけは「元気な女性」という花言葉があることを知りました。
今日の朝、マンションの前にピンク色の紫陽花があることに気づきました。
写真を撮ったのですが、これは額紫陽花(ガクアジサイ)で花言葉も本紫陽花とはちがい「謙虚」だそうです。
装飾花の数が少なく、その姿が謙虚に見えるからだそうです。
額紫陽花の中心には小さな蕾のようなものがあります。
これが花びらで、その外側にある大きな花びらのようなものがガクだそうです。
とても綺麗ですね〜。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする