白雲去来

蜷川正大の日々是口実

今日は巴里祭か。

2024-07-15 12:56:53 | 日記

7月14日(日)雨のち曇り。

夜は久しぶりに馴染みのイタ飯の「オアジ」へ。佐伯さん夫妻が私の快気祝いと言うことでご招待して頂いた。マスター―の三ちゃんの美味しい料理を堪能。まだ体力が完全ではないのか、ちょっと疲れて8時にお暇した。帰宅後に、ユーチューブで「帝銀事件」を見た。そういえば犯人とされた平沢貞道の弁護人は、野村先生とご縁のあった遠藤誠先生だったことを思い出した。

1789年の今日、政治犯が入れられていたバスチーユ監獄をパリの民衆が襲い、当時の国王ルイ16世の治世に反対していた民衆が決起した、いわゆる「フランス革命記念日」。通称「巴里祭」。この名称は、映画「7月14日祭」を日本で上映するときに「巴里祭」と訳したことから、この言葉が一般的になったとのこと。

パリには、もう32年前の平成4年の9月に野村先生のお供をして訪れたことがある。本当は、ローマ、シチリアの旅だったが、私が無理を言って旅の最後のコースにパリを入れて貰ったのだ。泊まったホテルは、映画「真昼の情事」の舞台になった「オテル・リッツ」。ダイアナさんが亡くなられた折に泊まっていたホテルとしても有名。

旅の記念にと、セーヌにかかる橋、「ポンヌフ」で先生のインタビュービデオを撮った。セーヌ下り、ベルサイユ宮殿、エッフェル塔、バスチーユ監獄・・・。シャンゼリゼに面したナイトクラブ、「リド」で見た素晴らしいショー。その帰りに、クラリネットとアコーディオンでパリの「流し」が演奏した「巴里の空の下」を聞いたことが忘れられない。時折、その曲を聞くと、その時のことが克明に蘇ってくる。そして今年のオリンピックは100年ぶりにパリにて開催される。※写真は、1992年9月、パリのオテル・リッツにて。私は41歳だった。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大騒ぎした割には、あっけなく終わった知事選挙。

2024-07-11 18:39:28 | 日記

7月8日(月)晴れ。

最近ナスがお気に入りである。麻婆ナス、ナスのかば焼き、ナスをレンチンして生姜醤油で食べる、ナスとニンニクのオイスターソース炒めなど。最近食の好みが変わったせいもあり、今まであまり食べなくなった物が、無性に食べたくなったりしている。あれほど好きだったカツオも、今ではほとんど食べたいという欲求がない。それでも酒の好みは変わらないのだから、相変わらず酒とズブズブの関係が続いている。

都知事選挙が終わった。都民ではないので選挙権もなく、政見放送も全く見なかった。しかし、投票の締め切りと同時に小池氏の当確が出たのには驚いた。そして石丸氏の善戦にも驚いた。東京とどんな関係があるかも、また彼の思想信条も全く知らない。蓮舫氏ももう少し頑張るかとも思ったが、あの攻撃的な性格と共産党との共闘にハテと思った人も多かったのではないか。残念だったのは田母神閣下の得票が思いのほか伸びなかったことだ。これでは、次の選挙で保守を標榜する人たちの当選もかなり難しくなったのではないか。しかし、マスコミが大騒ぎした割には、あっけなく終わった。失礼だけど、外野でかなり楽しませて頂いた。そして選挙速報ほど酒の肴になるものはないと思った次第。すみません。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

憧れていたハードルの選手。

2024-07-10 17:26:18 | 日記

7月7日(日)晴れ。

暑い、暑いと言っても涼しくなる訳もないのだが、つい口から出てしまう。修行が足らん。術後に家でのんびりしていた時の楽しみは、何と言っても陸上の日本選手権だった。興味のある種目は尽きないが、驚いたのは、男女の800メートルで高校生が優勝したことだ。ハラハラドキドキしたのは、女子の100メートルハードルの決勝。結果は、昨年四位の雪辱を果たした福部真子さんが優勝、二位は田中佑美さん、3位には、寺田明日香さんが入った。三人とも12秒台というハイレベルなレースだった。

100メートルハードルは、昭和43(1968)年までは、80メートルだった。100メートルとなったのは翌年から。80メートルハードルの名選手と言えば、東京オリンピックで5位に入賞した依田郁子さん。サロメチールを塗り、とんぼ返りをする姿は今でも良く覚えている。結婚し引退後に自裁してしまった。彼女の死をニュースで知った時、とてもショックだった。マラソンの円谷幸吉選手と依田郁子さん。オリンピックと聞くと、そのお二人のことを思い出す。

私が高校生の頃に、活躍していたのは三ツ沢陸上競技場のすぐ近くの高校の神奈川学園の陸上選手の夏目綾子さん。日本選手権でも三回優勝している。私は、その夏目さんに密かに憧れていた。たまに三ツ沢の競技場で練習する機会があると、偶然神奈川学園の陸上部の人達も練習に来ていて、その中に夏目さんを見つけるとドキドキしたものだ。確か私よりも2級上だったと記憶している。彼女は、日大に進学して陸上を続けていたが、私の方が陸上から遠ざかってしまい、其の後の夏目さんの活躍は知らない。

残念ながら夏目さんの写真も、活躍していた当時の『陸上競技マガジン』も手元にないが、今年の日本選手権の100メートルハードルを見ていて、ふと半世紀以上前の胸のときめきが蘇ってきた。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

都知事選挙もフランスの選挙も目が離せない。

2024-07-08 15:21:49 | 日記

7月6日(土)晴れ。というか猛暑。

朝食は、抜いた。昼は、昔ながらのナポリタン、コンソメを使ったオニオンスープ。夜は、すき焼き、ミョウガの甘酢漬け、梅ニンニク。お供は、ノンアルコールビール。

毎日家でボーっとしていても始まらないので、涼しいうちにと午前中に一時間ほど歩いた。帽子をかぶって、水を補給しながらの一時間だったが、暑くてヘロヘロになった。商店街には七夕飾りが幾つかあった。子供が小学生の低学年の頃までは、我が家でも作って飾ったが、段々そういう季節の行事も、子供が大きくなるにつれてやらなくなった。

フランス国民議会(下院、定数577)選挙の決選投票を7日に控えるなか、マクロン大統領の与党連合や左派連合の候補者200人余りが選挙戦から撤退した。これは、第1回投票で躍進した右翼「国民連合(RN)」に過半数を獲得させないことを狙ったもの。与党連合や左派連合は両者の違いを脇に置き、RNに過半数の289議席を獲得させないという共通の目標を念頭に置いている。現在の情勢では、RNは289議席の獲得も視野に入っている。6月30日に行われた第1回投票では、得票率の首位はRN。2位が左派連合「新人民戦線(NFP)」で、与党連合は3位にとどまった。

国民連合を「極右」とレッテルを貼ったり、フランスのサッカー選手が国民連合に投票しないように呼び掛ける。これって選挙妨害ではないのか。国民連合がクーデターや独裁による政権奪取なら反対しても良いのだろうが、あくまでフランス人の民意なのである。一度、国民連合が政権の座に就くのを見たいと思うのは、少数意見なのか。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アイポッド・ミニを頂いた。

2024-07-07 17:11:09 | 日記

7月5日(金)晴れ。

朝八時、家にある温度計がすでに29度にもなっている。子供が出がけに「遠慮なくクーラーを使ってね。今日は、私が帰るまでお父さん一人なので、倒れていても分からないから、涼しくしていてね」。むむむ、老いては子に従えか。朝食は、煮カツ、野菜スープ。昼は抜いた。夜は、ケンタのチキン2個、「尾島」のチャーシューを湯煎してネギと和えた「ネギチャーシュー」、マグロのみそ漬け。恐る恐る、ドライビールの350m缶を一本飲んだ。

お世話になっている盟友から、アップルのアイポッド・ミニを頂いた。それは、最近とみに目が悪くなって、電車の中などで文庫本が読めなくなった。そこでそろそろ電子書籍に挑戦しようと思っていると伝えた所、「使ってないアイポッドが一台あります」とのことで、頂いた。家族の羨ましがることったらなかった。しかし、ほとんど使いこなせない。毎日少しづつ練習をしてている。早く、人差し指を駆してサクサクとやりたいものだ。

そういえば、20年ぶりにお札のデザインが変わった。ニュースを見ていて、アホだなぁーと思うのは、このクソ熱い中で新券を交換してもらうために一時間も二時間も並んだという話。新券発行の当日に、先着何名かの人たちに、千円割り引きなどの特典があるのかと思えば、そんなことはない。ただ新しいお金と交換するだけなのだ。後2,3カ月もすれば、普通に手に入るのだろうに、並んでまで欲しいのか・・・。世の中には色々な人がいるものだ。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする