車イスのある風景 

左サイドバーから好きなカテゴリーを選んで見てください。
2006年8月開始 福祉=前橋市肢体不自由児者父母の会等

前橋市身体障害者軽スポーツ教室

2010-06-27 19:19:32 | 福祉

まずは、蒸し暑い中での体操です。

Sn370476tai

午前中は、蒸し暑い中でのウォーキング(自由歩行)でした。

午後は、蒸し暑い中での、3班に分けたグラウンドゴルフです。

Sn370479gura

昼食中に念入りに考えた編成をして送り出しました。

みんな楽しめたかな!

後記:私たちの会は26名の参加でした。・・・・・1行事が終わると又、次の行事が待っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1Qを読む

2010-06-24 18:45:25 | 小説

昨日は雨で、本日耕運できず。
午前中は、枝豆の草むしり。
午後に「1Q84」(book2)の読み残し分を読む。
今月は、隣人・二進法の犬・風林火山の4冊を読んだ。
「1Q84」は文学作品特有なのかなァ?  とにかく小難しい内容、 〃 〃言い回し、修飾されすぎる文章、解説も長い、そして夢物語的内容は、何を訴えようとしてるのか?  
このNO2は興味を持って読める内容ではなかった。
短気で単純な私としては、時代小説のような解りやすく、読み始めると一気に最後まで読まずにはいられないような小説が合ってる!
と・・いう訳で、
あえて続きを読みたい気持ち無し!
・・・・しかし、結末を知りたい気持ちも少しある!
アジサイの花が村のアチコチで七変化で咲いてます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

儚い

2010-06-21 20:59:55 | 日記・エッセイ・コラム

1昨日まで、

Hounennebi4020ooo 豊年魚(豊年エビ)が水田一面に泳いでいました。

(エビの仲間で2センチぐらい、逆さに泳ぐ)

昨日、

一発除草剤を播きました。

今日は、

1匹も見当たりませんでした。

・・・・・・・・儚い一生だ・・・・・・

追記:江戸時代から豊年魚と呼ばれ、これが水田に現れるた年は豊作になると喜ばれ、金魚屋が売り歩いたそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

協会の監査に

2010-06-18 18:47:53 | 福祉

県庁へ県肢体不自由児協会の監査に出向く。

協会は、肢体不自由児愛護思想の普及啓発のため絵はがき、クリアファイル(星野富弘さんに依頼したもの)、の頒布事業を行い、肢体不自由児の救護として肢体不自由高校へ奨学金交付、養護学校卒業生へ記念品贈呈、友情の作文・図画募集等々、1千万規模の事業をしています。

JAの監事もしてる事から、いろんな職種の監査業務をする事は「井の中の蛙」にならず、監査の比較が出来て大変勉強になります。

追記:(問)県庁の建物の入口には「桑の木」が植えてあります、なぜ?でしょう。

    (答)本県の「上毛かるた」に(ま)繭と生糸は日本一、(け)県と前橋糸の町と読まれているように、本県は養蚕県で桑が多かった事から、また、今でも養蚕があり蚕糸課の部署もあるので、その象徴として植えてあるの?でしょう。

Sn370474

私の知っている、大島とか、改良鼠返しとかの種類ではなくしだれ桑でした。

桑の実(ドドメ)は、可なり赤くは成ってましたが、ドドメ色にはなってませんでした。・・・・・・・・・・写真では判りにくいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お疲れ気味

2010-06-14 18:33:55 | 日記・エッセイ・コラム

先週は3回、葬儀に参列した。

私の会は毎月、定例役員会をしているが、6月は市の担当者や議員と親睦を兼ねて懇親会を実施している。 

今回は、意見・要望等、何時になく多くの話題(支援法やケアホーム、Gホーム等)が会員から出て、9時閉店にも関わらず締めが出来ない状態ダッタ!

そんな中での田植え

Gn 真っ直ぐに植わったでしょう。

自己満足かな?

乗用ではないですよ!

そんな中での枝豆出荷

Sn370470dd 異常気象のため1週間送れの初だしです。

未だ、極早生の月夜音と言う種類です!

そんな中で八重咲きドクダミが庭に

Sn370471fg 今年も、十字のドクダミより

元気に咲いてました。

今日は、枝豆出荷後に疲労回復のため近所の日帰り温泉に行って来ました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

弔辞をした

2010-06-06 15:50:24 | 福祉

65歳で亡くなった川面さんの告別式に出席し、弔辞を読んだ。

川面さん、先日の前橋市肢体不自由児者父母の会の総会では「また、少し痩せちゃったよ」と言って、笑っていたのに。

突然すぎて、川面さんの死が、何かの錯覚のように思われてなりません。

思えば、二十数年前、私たちの主催する新潟の海で開催していた機能回復訓練の時からの、付き合いでしたね。

あなたは、日頃から「障害があろうと、なかろうと、生きることに意味があるんだ! 本当に苦しいのは、悲しいのは、私達、親より本人なのだから、俺達は、その要望を聞いて一緒に夢を育てようよ」と言っていたことを思い出します。

私に会長を引き継いでからも、副会長として会を引っ張ってくれておりました。

常に元気で、笑顔で、冗談を言って、その場を明るくしてくれた川面さん。

その、思いやりのある行動は、すべての会員の支えでした。そんな、あなたのご逝去が信じられません。   無常です。

ここに父母の会を代表して、心を込めて御霊にささげます。

「さようなら」「ありがとう」「やすらかに」・・・・・・・・・・・・

謹んで哀悼の言葉といたします。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加