Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

ラーメンかん@作草部 昔ながらの屋台風「支那そば」がここにある! 

2018-06-10 23:43:43 | 千葉市 中央区

またまた、やってきました。

二度目の訪問となります作草部~東寺山の新店(移転)、

ラーメンかん

であります!

前回のレポはこちら

何気に、僕、このお店気に入っちゃいました。

二人のお若い中国人が切り盛りする90年代のラーメン店風のお店。

「ラーメンかん」自体が、なんとも90年代テイストのお店なんですよね。

おそらく、日本人のラーメン好きのおっちゃんが考案したんだろうな、的な。

前回は、豚骨スープ系のラーメンを頂いたので、、、

今回は、、、

トリガラスープ系の「支那そば」(600円)を頂くことにしました。

って、中国人の若いお二人のお店なのに、「支那」って使っちゃっていいの?

もしかしたら、若い人にとっては、もう「どうでもいい話」なのかも!?

(でも、どうなんだろう!?…)

日本人も、「卑弥呼」の卑という字を見ても、何とも思わなくなっているし、

そういうのも、全部「時代精神」なのかもしれない…

それはともかく、、、

ジャジャーン!!

こちらが、ラーメンかんの支那そばです!!

もちろん、チャーシュー丼セットで♪

(こちらの支那そばの場合、+100円で、計1050円になります!)

(なんで、あっさりの方が高いんだろう!?(;´・ω・))

まずは、支那そばの方から♪

見た感じは、ラーメン・醤油とそんなに変わらないかな!?

いや、どこか、70年代~80年代を感じるレトロな中華そばという感じか…

その理由は、ラーメンにはなかった「小松菜トッピング」にあるかな!?

昔ながらの中華そばには、必ず緑の野菜が少しだけのりますよね!?

それゆえに、なんか「昔ながらのレトロな中華そば」って感じがするんでしょうね。

お味は、もう、、、なんといいますか、、、

昔のジャンクな屋台風レトロな中華そば

ですね!!!!

屋台の中華そばに似た感じです!!

トリガラであっさりでただの昔ながらの中華そばかと思ったら、違いました。

素朴だけど、ジャンクで屋台風。

なので、あっさり醤油なのに、パンチもあるし、パワーもあるし、荒々しくもある。

なんだ、この魅力は!?!?

いや、普通に考えれば、普通の平凡な「ラーメン」。

でも、平凡の中に非凡がある。

豚骨系で使われている背脂は一切なしなので、そのコントラストもお見事。

麺は、こんな感じです。

使うお店が千葉県内でどんどん増えている気がする、山田食品の麺。

この麺がまた、やっぱりいいんです。

素朴で、ノスタルジックだけど、しっかりしている麺です。

ポツポツと切れる縮れ麺がホント、たまりません。

量も適量というか、一般的な一人前の量かな、と。

チャーシューも、素朴ですが、普通に美味しいチャーシューでした。

この支那そばを考案したのは、きっと中年のおじちゃんなんだろうなぁ~、と。

うん、こっちもこっちでとってもよかった!!

で、、、

こちらが、僕が今とってもカンゲキしているミニチャーシュー丼!

このヴィジュアルは、ホント、圧巻です。

チャーシューの上に添えられたおろし醤油がとっても印象的。

みりんやゴマ油で和えた醤油味の大根おろし。

これが、チャーシューと重なって、さっぱりでジャンキーに。

ご飯の底にもタレが入っていて、最後まで美味しくいただけました。

ご飯の量もわりと多めで、CPもとってもよいです。

お腹いっぱい!!

みなさまも是非!!!

漫画もなぜか、いっぱいありますよー!!!

のんびりできるのも、いいところですね☆

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« バーデンバーデン@稲毛 お... | TOP | A Bar Caveriche@成田 ABC... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉市 中央区