Yukoの日記

趣味・・・着付 パソコン 詩吟 カラオケ 盆踊り 旅行        

桃の節句の日

2015-02-28 08:03:49 | 日記
友のお誕生会        2015.3.3

 お歳は聞かないことに! Mさんのお誕生日3月1日が2日遅れの今日、桃の節句にお祝いとなりました。橋本市在住のTさんの車で「いざ~出発」。今日は宜しくお願いします。



少々肌寒く先日よりの暖かさはどこえやら、それでも春の息吹が感じられ気分は盛り上がります。
まずは文化園に立ち寄り、知り合いのボランティア活動をされている(元教師)Hさんに、小一時間園内を案内して頂く事となりました。深い知識に三人はただただ感心するばかりです。
梅もちらほらとほころびかけ、梅園のコタツ(コタツに入ってヌクヌク梅見物は3月15日まで)でお弁当を広げている人たちもいて、しっくりと良い風情です。



豊富な話を入れながら、素晴らしい案内に知らなかった花や木々が身近に感じられ、見方が変わったように思います。しかし、いざ思い返して見るとシクラメンの別名が「かがりび」としか浮かんで来ないのが実情で何とも恥ずかしい限りです。
H先生に丁重にお礼を申し上げ、文化園を後にした私たちでした。



次はいつものコース、毎回場所は違いますが食事とプレゼントのショッピングとなり、今回は和泉市の「ララポート」になりました。
色々なお店に詳しいTさんの案内で、今日の主人公 Mさんの好物「和食の店」に直行~、お店の名前は「おうちごはん」だったように思います。時間はお昼をとっくに過ぎていて、お腹がグゥ~。お誕生会なのに食事が遅くなり申し訳ないですぅ。お茶で乾杯~「おめでとう」ゆったりした気分で「4月には白浜に行きたいね」とか会話も弾み、優しい和食は身体中に沁みこみます。
幾つになっても、お祝いはする方もされる方も嬉しいものですよね。プレゼントの品も歩き回った末、欲しい物にめぐり合い、桃の節句で賑わっているお誕生会に大満足の彼女でした。
こうして、情報交換も交えながら三人の付き合いは、子供たちが中学生の父兄という関係から30年近く続いており、共に感謝をしています。「お疲れさま~」これからも宜しくお願い致します。
さあ次は私の番、3月末が楽しみです。


コメント (4)

食事会

2015-02-26 10:25:27 | グルメ
ダイニングカフェ ノンノン        2015.02.09

 素敵な雰囲気のお店が河内長野市南花台4丁目にあります。美味しいフレンチとこだわりコーヒーのおうちカフェで、普通のお宅がお洒落なレストランです。
趣味を通じての友達6人で予約、どの顔も元気はつらつ~。知り合いのお家にお邪魔して団欒している感じが
リラックス出来、また観葉植物も、色々な飾りも器も見事に調和しています。
わが家もこんな風にしてお客様を迎えられたら、どんなにか主婦の顔が上がることでしょうね。
勿論食事も有機野菜、前菜から最後のコーヒーまで舌鼓しながら、話題豊富の主婦の集まりを満喫したのです。「ご馳走さま~」寒い一日が心の隅まで温かくなりました。

   
 


Cafe.Yu 2015.02.25

からだがよろこぶ、ほっこりごはんあり。  
 地元の食材を利用した一汁五菜ランチ(1000円)からだにやさしいデザート、ジュース、モーニングメニューなど。
健康への願いを込めた心豊かになる料理と、閑静な住宅街にたたずむ居心地よい落ち着いた空間で、ランチタイムです。

今日のメンバーは旅行、歌、グルメ大好き11名で、新聞の折込チラシにこのお店の紹介があり、Nさんが気に入りいち早く皆に声をかけ、予約をしてくれたのです。場所は富田林市寺池台3丁目、定休日は(月)(火)。

今日の私達の注文は一汁五菜ランチ、メインのおかず、ごはん、お味噌汁、サラダ、小鉢3品
お米は大阪エコ農産物東條ほんわか米「ひのちゃん米」を使用しているそうです。

デザートセット(650円)はコーヒ又は紅茶、そして豆乳レアチーズケーキ、おからとくるみのブラウニー、黒みつとろとろ豆乳プリン、この内の一種類を注文し、ランチを食べると割引価格になります。

午前中にそれぞれ(趣味、家事、仕事)をこなし、空腹感全開~。からだがよろこぶやさしい食事を、風邪から喉にきている私も大満足です。3台の車に分乗、2時間は瞬く間に過ぎ、ブラウンに統一された落ち着いた雰囲気が、優しく私たちを見送ってくれました。
「さようなら~」また、誰かさんと来ます。

 
一汁五菜                   コーヒー・おからとくるみのブラウニー

コメント (6)

カラオケ懇親会

2015-02-20 19:21:04 | カラオケ
カラオケ藤本教室    2015.2

金剛駅近くの「piyo-piyo」カラオケスタジオで懇親会、先生が企画してくださったのです。
出席者12名スタジオは貸切です。美味しいお弁当は注文して貰い、カラオケが始まるまではまず乾杯と食事タイムです。挨拶を交わしながら和気あいあいと、それでも皆初めての場所で緊張が走ります。

素敵なスタジオで、案内によりますと収容人数25名、本格的舞台、舞台照明あり、6スピーカによる音響効果、ビング用ソファー、60インチフルハイビジョンモニターテレビが設置されていてとても豪華です。
昼の部は1時~5時、夜の部は7時~11時、定休日は毎週火曜日となっています。


   スタジオ内部                     オーナーご夫妻

そして、びっくりなのはオーナーが元カメラマンという事で、初めての方には舞台での写真を歌っている間に撮ってくださって、席に着いたらプロマイドのように仕上がっているのです。感激~歌手みたいねえ。
嬉し恥ずかしですが、写真を見せ合いっこして楽しんでいる様子に笑みがこぼれます。

    
上の4枚の写真は懇親会の数日前に練習不足解消の為、行った時に撮って頂いたものです。なので今回は2
回目、声がないのでラッキー。

平日の昼間は「人数も歌唱力のある人も多い」と言うことなんですが、今回は貸切で今迄経験した事のない楽しい雰囲気を味わせて頂き、皆大喜びでした。カラオケは人を元気にさせ活力を生み出し、人との交流の中で楽しめる健康に良いものだとされています。
初回の日曜日の夜は偶然空いていて、目の充血を気にしながら久し振りの舞台でした。興味のある方は是非如何でしょうか。
藤本先生有難うございました。これからも歌を忘れないよう、少しは努力しなければと思っています。
オーナーご夫妻には色々お世話をおかけしました。また友達と一緒に行かせて頂きます。
コメント (4)

読書  2015.2

2015-02-12 19:22:14 | 日記
銀行仕置人

著者    池井戸 潤

通称「座敷牢」。関東シティ銀行・人事部付、黒部一石の現在の職場だ。五百億円もの巨額融資が焦げ付き、黒部はその責任を一身に負わされた格好で、エリートコースから外された。
やがて黒部は、自分を罠に嵌めた一派の存在と、その陰謀に気付く。嘆いていても始まらない。身内の不正を暴くこと・・・それしか復権への道はない。メガバンクの巨悪にひとり立ち向かう、孤独な復讐劇が始まった!

★ここしばらくは池井戸潤さんの銀行シリーズにはまっています。
人事部付の出向待ちからの逆転次長ポストへの返り咲き、安心して読み進められます。
銀行の大変な中、このシリーズは本当に面白いです。


民王
著者    池井戸 潤

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ!」漢字の読めない政治家、酔っ払い大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!?
一気読み間違いなしの政治エンタメ!              解説・村上貴史

夢かうつつか、新手のテロか?  少年よ、総理(オヤジ)をめざせ!
総理と息子の非常事態・・・。 謎が謎をよぶ、痛快政治コメディ。

★物語は日本の二人の首相が、相次いで任期半ばで職務を放り出して辞任するという話から始まります。
総理大臣に就任したばかりの武藤泰山と、大学生の息子・翔と、体はそのまま、脳みそだけ入れ替わってしまうのです。
頭の中からっぽの留年大学生、おやじのほうも立派な内閣総理大臣でもないのですが・・・。
単なるドタバタで終始するのではなく、政党、認可、農業、政策、その他色々なことに対して問題点を訴えているようで、痛快に真剣に一気読みでした。


村上海賊の娘  (上巻)      2014年 本屋大賞   大賞受賞作 

著者    和田 竜

ならば海しかない。頼るのさ、天下一の海賊に。
     ☆
こんな面白いこと、他の奴にやらせてたまるか。
     ☆
動揺する難波と瀬戸内海、景はむかう、
波濤の先に何が待ち構えていようとも。

難波の海にたちはだかるのは、戦国最強の信長軍。 

和睦が崩れ、信長に攻め立てられる大坂本願寺。海路からの支援を乞われた毛利家は、「海賊王」こと村上武吉を頼ろうとした。
その娘、景は海賊働きに明け暮れ、地元では嫁のもらい手のない姦婦で醜女だった・・・。

木津川合戦の忠実に基づく歴史巨編


村上海賊の娘  (下巻)  

オレならできる。
     ☆
この木津川を通りたいちゅうんやったら、
束になって掛かって来んかい。
死んでも通さへんど!
     ☆
それぞれに迫られる決断、
そして自分はどうありたいか、という問い。

人ひとりの性根を見くびるな。 

織田方の猛攻を雑賀衆の火縄が食い止め、本願寺門徒の反転攻勢を京より急襲した信長が粉砕する。
村上・毛利の連合軍もついに難波海へ。
村上海賊は毛利も知らぬ禁じ手と秘策を携えていた・・・。

★日本最大の海賊王と言われた村上水軍の最盛期を作った武将・村上武吉。村上海賊の当主の家に生まれた勇猛な女性「景(きょう)」。彼女を主人公に、大活劇が繰り広げられる。
海賊船同士の逆転に次ぐ逆転の合戦場面には引き込まれる。 
景が大の大人の男と対等に渡り合う姿、また媚びることも愛に溺れることもなく容赦ないのが、魅力的また感動的でもありました。
海賊や武士の心情や立場が細かく描かれ、歴史ファンならずとも楽しめること間違いなしです。

終章に近いある日、機会があって千早赤阪村にあるスイセンの丘に行って来ました。この寒空に見事に咲き誇っています。展望台からの遙か彼方には、まるで傷だらけの「景」が乗っているであろう海賊船が一瞬浮かんだ気がしたのでした。
  
コメント (4)

カラオケ

2015-02-06 08:49:06 | カラオケ
カラオケレッスン      2015.02.03

 久し振りにカラオケ教室へ予約を入れレッスンです。
新曲のテープを貰っても練習をしないまま、いたずらに日が過ぎてしまい、たまに友達同士でのカラオケでは随分前の曲ばかり歌っています。
専用のノートにはこれまで習った115曲を記していますが、普段歌うことの少ない私は何とか歌えるのは1割あるかないか程度なんです。
それが、2月・3月と立て続けに歌う機会が急にやって来、驚いたのは言うまでもなく、とにかく今の歌唱力では「少々恥ずかしい」と言うことで、千代田にある10年来のカラオケの先生にお願いしたのです。



実は私の親、姉妹、たぶん歌は全員下手なはず。また、夫、子供たちもあまり上手ではなく、つくづく遺伝的素質を感じてしまいます。
そんな中、一念発起10年前に遡りますが、素敵な声をお持ちの先生に巡りあったのです。
月1回のペースではなかなか上手くなるわけではないですが、適格に指導してくださいます。根気強く、楽しく雑談を交えながら、波長の合う先生との個人レッスンは、いつか皆の前で「堂々と歌いたい」と言う目標を掲げ、緩やかに時は流れて行ったのでした。
最初ほどの熱も萎みかけて、他の忙しいことも重なり次第に新曲も覚えることが困難になって来たところへ、今回のカラオケ大会出場の話が上がって来たのです。初心の気持ちがムクムクと湧いて来るのが分かります。
とにかく、「出来るだけのことはしよう」と心に誓ったのでした。また報告しま~す。
机の上には、ラジカセ・テープ・CD・楽譜がずらり~所狭しと並びました。

★教室では、まず発声練習・テープをよく聴く(家でも聴く)・伴奏だけで歌う・ここで指導が入る ・何回もマイクなしで練習、OKサインを貰いマイクを持たせて貰う(とても嬉しい)・その後やっと画像を見ながらの熱唱となっていくのです。  本当になかなか難しい~。
先生の言われるのは、聴くも100回、歌うも100回、そして歌詞は出来るだけ暗記する。
言われても言われても無理難題ですが、声を出すのは健康にも良いし、上達する喜びを味わう為にも努力しかないのですね。 出来れば楽しみながらの努力を・・・。
コメント (4)