竹原友徳のさすらいうどん武者修行道中記

香川でのうどん修業の後、2年間の日本一周うどん行脚の武者修行の旅を完遂!現在は京都・綾部での開店目指し奮闘中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雑木林窯

2008年08月04日 | 岐阜・愛知・三重
お久しぶりです。
7月27日
岐阜県中津川市にある炭焼き小屋「雑木林窯」にて田口さんという方にお世話になり夏休みの学童保育で山遊びやピザ作り体験で集まったこどもたちや保護者の方たちにうどんを食べていただきました。

雑木林窯では山遊びや川遊びなど様々体験できるやんちゃ冒険学校や森のコンサートなどの活動の場となっている。
たくさんある建物も全て手作りで今後のお店作りに向けてアドバイスをたくさんいただきました。

最後はお世話になっているたぐちおさむさんのギター演奏によりみんなで岐阜出身のフォークシンガー笠木透さんの歌「あなたが夜明けをつげる子どもたち」を歌いました。こどもたちの手話のふり付きで心に響くいい歌でした。

夏まつり

2008年07月27日 | 岐阜・愛知・三重
岐阜県恵那市の恵那特別支援学校の夏まつりに呼んでいただきうどん屋台させていもらいました。

盆踊りから始まり、ヒップホップダンス、花火大会など行われ盛り上がりました。
昼間はかなり暑かったですが夕暮れと共に過ごし易くなりました。
夏まつりは昼間暑い方が雰囲気が出るようですね。

夏の始まり感じた一日でした。
コメント (2)

岐阜にやってきた

2008年07月26日 | 岐阜・愛知・三重
綾部を出発し岐阜県恵那市にやってきた。
今後は福井県に抜けて石川、富山と北上の予定。

以前沖縄でお会いした三線の師匠田口さんにお世話になり今週末は恵那周辺でうどんツアー!

昨日(25日)は中津川市にある手作り五平餅の「かんのん屋」さんにお世話になりうどん作りさせていただきました。

米をこねて作る五平餅はクルミだれ、ねぎみそ、チーズなどいろいろ。
手作りを大切にされていて、米をつける木から作られています。

今日は恵那市の特別支援学校の夏祭りでうどんを作らせていただきます。
明日は中津川市にある山遊びの体験学校などされている炭焼き小屋の「雑木林窯」さんにてお世話になります。
週明けに福井に移動です。
コメント (3)

天女座

2007年08月04日 | 岐阜・愛知・三重
八月四日
熊野にある音楽ホール「天女座」さんにてうどん打ち。

天女座はシンセサイザー奏者の矢吹紫帆さんとご主人で4オクターブのボイスパフォーマンスの矢中鷹光さんがされている海の見える音楽ホール。
観客から好きな言葉をいただき瞬時にその言葉のイメージし自由自在に演奏する『即興』のライブをされている。

お二人は天女座をされる以前一人でも多くの人と出会いたいと「10万人とふれあうコンサート」開始。海外、国内のべ500回以上のコンサートを行われ10万人を達成された。

そして夢であった海のみえる音楽ホールを熊野の過疎化の進む地域にあった車の修理工場を改装され数々の困難や奇跡的な出会いがあり、今はとてもすばらしいホールが出来ています。

ちなみにカフェもされていて窓から見える熊野の海は抜群で一日眺めていても飽きない景色です。

話を伺い、夢を実現するためのイメージを持ってあきらめず行動すれば叶うんだなと感じた。
コメント (2)

熊野

2007年08月02日 | 岐阜・愛知・三重
8月2日
三重県南部御浜町で「御浜天地」という農場をされいる山本さん、田口さんにお世話になり熊野地方の若手農業チーム「熊野どいらいファーマーズ」のメンバーさんにうどんをたべてもらった。

山本さんは熊野で鬼城太鼓という和太鼓されていて、翌日講演に招待してもらい
体の中まで響いてくるような迫力の音を聞かせてもらった。
男らしい日本伝統の和太鼓もかっこいい。

コメント (3)

コンポストマイスター

2007年07月28日 | 岐阜・愛知・三重
7月28日
津市白山町にてコンポスト(堆肥)作りの研究をされている橋本力男さんの所でコンポストマイスター(堆肥作り職人)課程を受講されている方々の昼食にうどん打ちをさせてもらった。

橋本さんは30年以上堆肥、育土の研究をされているスペシャリスト。
農業において土は1番大事でその土がどんな栄養をもっているかで作物の品質が変わる。
そのために用途に応じた栄養のバランスのいい堆肥を今は5種類作られている。その一つには生ごみから作る堆肥もある。

受講者の亀井さんは生ごみリサイクルとして近所の100件くらいの生ごみを堆肥にし畑やガーデニングなどに利用されている。

上質の堆肥には土壌改善、環境改善の力もあるらしくおもしろい分野だと感じた。

愛農会

2007年07月27日 | 岐阜・愛知・三重
7月26日
伊賀市ある全国愛農会本部にてうどん会をさせてもらった。

愛農会さんは農業を愛し、農業に生きる仲間が自立し、平和で明るい農村や社会を実現しようと全国で活動されていています。

本部の横には愛農学園農業高校があり、野菜、作物、果樹、養豚、養鶏、酪農の6部門あり、百姓がスキでスキでたまらない愛農青年を育てられておられます。

また農業集中講座の開催、有機農産物の流通など様々な活動をされています。

敷地内にはかわいいこぶたが歩いて散歩していた。

やはりブゥブゥって鳴いていた。

翌日は愛農会さんの紹介で近くで有機農業されている中さんを紹介してもらいお世話になりうどん会させていただいた。

夏休みで子供さんもたくさん食べに来てくれて賑やかな会でした。

コメント (2)

伊賀にて

2007年07月26日 | 岐阜・愛知・三重
ご無沙汰してます
ただいま三重県熊野市にきてます。
台風が接近しているようで風が強く、波が暴れてます。

7月24日
伊賀市上阿波で農家民宿「甚九」をされている東さんにお世話になりうどん会。

東さんの所では農業体験やこんにゃく作りなど様々希望に応じて体験できます。

翌日すぐ近くにあるさるびの温泉へ行った。
ぬるりとしたいいお湯でした。


7月25日
伊賀市下阿波にあるイベントスペース「風庵」の小川さんにお世話になりうどん会。

風庵さんでは落語会など楽しいイベントをよくされています。

そして今、全国落語武者修行ツアーをしている桂三若さんという方がいるという話を聞いた。
桂三枝さんのお弟子さんでバイクにてまわってるそうです。

どこかでの町で会えるかもしれない。

月の庭&而今禾

2007年07月25日 | 岐阜・愛知・三重
7月19日
亀山市にあるオーガニックレストラン「月の庭」さんにいった。
以前、月の庭スタッフとして働いている学さんを紹介してもらっていて、おもしろい所だからぜひ立ち寄って下さいということで今回お邪魔させてもらった。

月の庭のオーナーの岡田さんご夫妻にお世話になり、お店が忙しい時期だったのですがうどん打ちさせてもらった。

それもなんと朝一番うどん会。
五時半から仕込み、朝食にうどんを食べてもらった。
岡田さんご夫妻、スタッフの方もうどんの仕込みからみたいと勉強熱心で朝から参加されていた。
朝一からの仕事は修業時代を思いだしました。

お昼には月の庭のランチをいただき、「未来食」という名の雑穀を中心とした料理で味、食感など様々あり美味しかった。

また月の庭では頻繁にライブやイベントをされていて、人が集まり地域の活性化にも貢献されているすばらしいお店です。

さらにこの日の夜には隣町の関にある月の庭の奥さんのお姉さんのお店ギャラリー+カフェ「而今禾」(JIKONKA)さんを紹介してもらいうどん会。
久しぶりに一日二回のうどん打ちでした。

この関という町は岐阜の刃物で有名なところではなく、江戸の宿場町情緒の溢れれる場所だ。
そんな町並みの中にある而今禾さんもとてもすばらしい空間で陶器や服など古い家具に巧みに展示されてました。

またうどんがきっかけとなり翌日に而今禾さんで行われるおいしいコーヒーの入れかたやエッセーなど書かれている中川ちえさんの出版記念イベント、夜には「えま&慧奏」さんのライブがあり人が集まるという事でうどんの販売をさせてもらう事になった。

7月21日
夕方ライブ前にうどんの販売をさせてもらった。
「えま&慧奏」さんのライブが始まるとそちらの方に参加させてもらい楽しみました。
ジャンルはワールドミュージックって感じなんでしょうか、とにかくえまさんの澄んだ歌声と慧奏さんの情熱の演奏が良かったです。

将来うどん屋でもたまには小さなライブイベントも出来るお店にしたいと思っております
トラックバック (1)

三重県入り

2007年07月22日 | 岐阜・愛知・三重
7月18日
とうとう紀伊半島の入口三重県にやってきた。

四日市市にあるギャラリー&雑貨&カフェの「花花道具」にてオーナーの辻さんや石川さんにお世話になりうどん会をさせてもらった。

お店の周りには茶畑が一面に広がっていてあまり知られていないが日本有数のお茶処で伊勢茶というブランドとして販売している。

お客さんの話声が関西弁で聞こえてくる。
あぁだいぶ戻ってきたなと感じました。
コメント (4)