竹原友徳のさすらいうどん武者修行道中記

香川でのうどん修業の後、2年間の日本一周うどん行脚の武者修行の旅を完遂!現在は京都・綾部での開店目指し奮闘中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PizzaとUdonの出会い

2007年04月25日 | 静岡・山梨・長野
四月下旬、猛烈な忙しさのため日記がおろそかになっていたので少しづつですが書いていきます。

4月25 日
下田にて手づくりの石窯で薪を使って焼くピザ屋のいしがまやさんに食べに行きました。

とても雰囲気のいいお店で職人さんも素敵な方でした。

ピザが出来上がるまで時間があったのであれこれと話をさせてもらった。

特に興味をそそられたのはいしがまやさんはさすらいのピザ屋という肩書もあってバスを改造したPIZZABUSにて出張販売もされている点。

さすらい、薪という共通点で話がはずみ発表が遅れましたが明日、明後日19、20日下田黒船祭に出店のPIZZABUS横にてうどんもさせてもらうことになりました。

場所は
下田市街にある南豆製氷所敷地内にて

時間は
11時から玉なくなるまでやります

ドライブで下田はどうでしょうか!
お待ちしてます!

もちろん薪で焼かれたピザは絶品です!

コメント (1)

海月

2007年04月24日 | 静岡・山梨・長野
焼酎とうどんの出会いでした

沼津にある焼酎専門のバー『海月』(くらげ)さんにてうどん会。

和風で気持ちのいい空間の中、うどんをすする。

もちろんうどんに合う焼酎をマスターが選んでくれる。

片付けを終えマスターイチ押しの焼酎『佐藤』をいただいた。

マスター自ら蔵を見学して作り手の気持ちがこもったもの特に事にされている。

作り手の真心

そしてそれを味わう心も大事にしたい
コメント (2)

第三回桃岩うどん会

2007年04月22日 | 静岡・山梨・長野
22日に浜松の天竜川の河川敷にて礼文島桃岩荘で知り合った仲間と野外うどん会。

久しぶりのメンバーも来てくれて、しかも持ち込みトッピングで生桜えびを由比で買ってきてくれた。

それをかき揚げにして頂いた。

感想はやはり

まぁ~~~~る! ○!!

夜はみんなで飲み会。
馬鹿になり、久々にはしゃげたほんとに楽しい一日でした。

翌日浜松は餃子が熱いという噂を耳にし食べに行った。
話によると今現在宇都宮を抜き餃子消費量日本NO1だとか…

My三大好物が餃子だけに見逃せない。

るるぶで有名店を探し、食べてきました。
途中街角でまさかの友人達と再会しびっくりした!

浜松餃子の特徴の野菜たっぷりであっさり食べれる具とカリカリの皮が絶品でした。
浜松餃子は確実にランキング上位に食い込みました。

なかなか充実の週末でした。
コメント (5)

豪風号復帰!

2007年04月20日 | 静岡・山梨・長野
週末浜松でのうどん打ちのため約100キロほどの移動。

故障の修理のときにちょっと気になっていた部分も
チェックしてもらった。

そして心配していた復帰後の走りは全く問題なかった。
むしろ調子が良くなりいい走りしてます!

これを維持できるよう以後気をつけます。

うどんも車も愛が大事ですね。
見てくれだけでなく内側までも…
コメント (6)

富士山でまさか…

2007年04月19日 | 静岡・山梨・長野
人生には大きく三つの坂があると言います。

1つは
「登り坂」
登り坂は確かに苦しい。また登り調子な時もあります。

二つ目は
「下り坂」
ダメな時はダメですよね。
山登りの下りは健脚なら意外と楽!しかし下りほど事故が多く危険。要注意!!


そして三つ目が
「まさか」
良いことも悪いことも思わぬタイミングでやってくる…


そんな「まさか」が起こってしまった。

朝起きると久々に富士山がはっきりと顔を出していた。
しかも昨夜からの雨で空気が澄んでいたので、とても美しかった。

もっと近くで見てみたいと思い、時間もあったので静岡側から五合目までいける無料のドライブウェイへ行ってみることにした。

長い登り坂だが相棒の豪風号も機嫌よくグイグイ登った。

昨夜は冷たい雨だったため道の途中から雪が15cm程積もっていた。
福島以来まさかこうしてに再び4月に雪道を走るなんて…

久々の雪の感触に気持ちも高ぶってきた。

五合目までは行かず途中のパーキングで休憩し来た道を戻る。

長い下り坂が続いた…
こんなとき道路標識には「長い下りエンジンブレーキ使用して!!」
なんて出ている。

そう思いエンジンブレーキを多用しながら下った。
長い下り坂も最後の1つって時に悲劇は起こってしまった…

ブチッ!!

クラッチを踏んでいた左足にはっきり伝わる鈍い音だった。

すると次の瞬間からクラッチは踏んでも

スカスカ!

ギアが入らなくなってしまった。

故障だ…
とうとう初の故障…

とりあえずそのまま下りだったので惰性に任せ走らせ、広い道の脇に停車。

あぁ…まさかこんなことが起こるなんて。
振り返るとちょっと調子に乗ってたよなって反省する。

と言うのも、ここ一週間ほど仕事のスケジュールが組めなくてへこたれてて、なんとか最近ようやく紹介もあり仕事が入って「うどん久々に打てるなぁ」なんて思ってテンション上がってきていた…

しかもよりによって下りの時に久々にウルフルズ聞こうと思ってベスト版をかけながら走ってました。
そして故障の瞬間は

『ガッツだぜ!』

ノリノリでした…

その矢先のこれですよ…

やっぱり人間は常にどこか気を引き締め、緊張感もってないといけないですね。
こんな体験を通して身を持って痛いほど知る事ができました。

その後、知り合いの方の紹介の修理工場に運ばれ夜遅くまで懸命に作業していただき直してもらうことが出来ました。
どうやら半クラ状態の時の摩擦で熱くなりすぎてクラッチ部分が焼けてしまったようです。
今後はもっと大事に乗ります。
しかし大きな事故やトラブルにならなくて良かったと思います。

1つ心配なのはこれがキッカケに車の調子が悪くなりそうな事。
たのむ相棒よ、機嫌よく走ってくれ!


人生の三つの坂…
皆さんもお忘れなく…

コメント (3)

駿河湾

2007年04月17日 | ご当地ぐるめ
CMでお馴染の静岡県由比町にて桜えびのかき揚げ丼を食べました。

お味はもちろん

まぁ~~る○


うどんにトッピングしたい一品でした。

今週は静岡にて活動して来週は山梨に行こうと思ってます。

紹介していただける方もしおられたらお願いします。

コメント (2)

葉山海洋倶楽部

2007年04月13日 | 埼玉・東京・千葉・神奈川・小笠原諸島
8日に子どもから大人まで幅広い年代の方に海の体験活動をされている葉山海洋倶楽部の海野さんにお世話になりうどんの会。

海野さんはもともとは三宅島で海の自然学校という島の自然の美しさを子どもたちに伝える活動をされていた。

しかし三宅島の噴火で島から避難され、今は神奈川県の葉山で地元の子どもたちに海の体験を通じて自然のすばらしさを伝え、環境を大事にしていける子どもを育てる活動を中心にされている。

そんな海野さんの話を聞き、その後数日間お世話になってしまい海の体験をさせて頂きました。

磯の生物観察や打ち上げられた海草のおいしい食べ方やシーカヤックに乗らせてもらったり…

また海野さんは山も詳しい。
近くの裏山につれていってもらい普段から見慣れてる野草(タンポポ、カラスノエンドウ等)をいろいろ収穫し天ぷらやおひたしにして食べた。
どれもおいしく頂けました。今後はその薬効性なんかも勉強していければと思った。


海や山の自然で遊び、学ぶ事でその地球環境の貴重さや大事さ、頭でなく心で感じる事が大切という海野さんの言葉がグッときました。

そして長くいた関東を離れ静岡方面に入りました。
コメント (4)

BE‐PAL

2007年04月10日 | お知らせ
BE‐PAL5月号とうとう発売されました。

良い記念になる内容で思わずにやけちゃいました。

友人トミーのイラストは棚田の田んぼ作りのページに載ってます。
とてもあたたかい絵です。

今後はこれを励みにより気合い入れて頑張ります。

コメント (3)

半農半Xという生き方

2007年04月08日 | メッセージ
7日に東京の府中にあるcafe slowで行われた半農半Xの種をまくというイベントのアースマーケットで生うどんの販売で参加させてもらった。

半農半Xとは地元綾部在住の塩見直樹さんが提唱されている生活の中で自分が食べる分くらいの小さな農業と大好きな仕事X(エックス)で生活をなりたたせようという生き方。

まず暮らしの中での小さな農業は田舎の畑でなくてもかまわない。都会の家の庭でもマンションのベランダでプランターでも大丈夫。
自分たちが食べる野菜の少しでも育てるという事が非常に大事だからだ。
そうすることによって大地の恵みや本当の野菜の味、育てる楽しみ等を感じる事が出来る。

それは食糧問題への解決の第一歩となるし、スーパーで野菜を買う必要がなくなってくるので パッケージなどのゴミを減らす事にもなり環境問題にも繋がる。


そしてもう一つの大好きな仕事で食べていく半X。
この暮らしであれば農によってある程度自給はできるので凄い収入を望まずスローライフでいけばやりたかった仕事に挑戦できる。
それは何でもいい。
ケーキ屋、大工、アートなど。

私は半農半うどん屋で行きます。

この日はその塩見さんと加藤登紀子さんとYaeさんたちが半農半Xの種をまこうと講演やトークショー、ライブがあった。

ライブで歌ってくれたYaeさんは半農半歌手。
種まき大作戦実行委員長をされていて土のある暮らしを伝えるため日本各地の農山漁村を巡る「種まきライブツアー」をされている。

そんなYaeさんの歌声は母の登紀子さんともまた違ってすばらしい。
いつも聞くたびに心にしみる。

「食」の不安、「農」の危機、それを支える「環境」の破壊、広がる「格差」そんな今こそ「わたしたちの未来」のために自然の中で四季を体で感じながらおいしい野菜を育て大切な家族と食卓を囲み食べて本当の幸せを感じるそんな暮らしがいいと思った。
コメント (4)   トラックバック (1)

緊急告知

2007年04月07日 | お知らせ
はずかしながら来週10日発売のアウトドア情報誌BEーPAL(ビーパル)の5月号にて紹介して頂くことになりました。

どのように紹介されているかは読んでみてのお楽しみで…。

お求め、立ち読みは本屋、コンビニで。

ちなみにこの五月号には友人で旅する本屋&イラストレーターの放浪書房のトミーさんのイラストも初めて掲載される記念の一冊です。
どうやら野菜のイラストを描いたらしいです。

皆さん要チェックでお願いします!


BEーPAL5月号

DON’T
MISS
IT!!
コメント (4)