竹原友徳のさすらいうどん武者修行道中記

香川でのうどん修業の後、2年間の日本一周うどん行脚の武者修行の旅を完遂!現在は京都・綾部での開店目指し奮闘中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三線大会

2008年05月09日 | 沖縄 島めぐり
フェリーの上で三線練習していたら三線大会となりました。

明日は奄美大島で民謡大会があるので徳之島からも大勢の方が参加されるようでフェリーでは三線祭となっております。

奄美と沖縄は三線の弾き方や弦の太さが違います。
奄美民謡もいいですね。

また来るぜ沖縄!

2008年05月09日 | 沖縄 島めぐり
5月9日
旅立つ朝、天気は快晴。太陽も見送ってくれてます。

行ってきます沖縄!

お世話になったみなさまほんとうにありがとうございました。おかげさまで思い出深い日々を過ごさせていただくことができました!
そしてまたいつかチャンスを窺いやってきます。その時はぜひともよろしくお願いします!

那覇を出発し、長くいた沖縄を離れる。
鹿児島まで25時間の船旅。船はヨロン島、沖永良部島良部島、徳之島、奄美大島と寄港し鹿児島に行くため港でお世話になった方に会えるといいなと思ってます。
楽しみです。

船の中で島で感じた事など振り返ってみたいと思っています。

フリーマーケット

2008年05月09日 | 沖縄 島めぐり
どのTシャツも安くしときますよ~。

って?

違います。

洗濯して干してます。この干し方インドみたいですよね。


今夜は沖縄ラストナイト。
最後にお世話になったのは沖縄のやちむん(焼き物)の里、読谷村で陶芸をされている長谷川さん宅です。
コメント (2)

ナビィの恋

2008年05月07日 | 沖縄 島めぐり
粟国島は映画「ナビィの恋」のロケ地でもあります。

港にナビィが来てました。
着物姿の素敵なおばぁは素敵なおじぃを見送っているのだろうか…
コメント (2)

本島の離島

2008年05月07日 | 沖縄 島めぐり
沖縄本島にも渡嘉敷島、久米島、伊平屋島など離島がたくさんある。
どの島にもいってみたいけど予定もあるのでどれか一つにしか行けない。

沖縄最後の離島の旅はどこにしようかな…

決めた「粟国島」にしよう!

理由は粟国島は全国的に有名な「粟国の塩」があるから塩の勉強もできそうなので。


泊港からでるフェリーに乗り込む。
船に乗る時に
「身軽になって乗ってくださいね。」
と、大きな荷物はコンテナに入れて運んでくれました。

那覇から北へ2時間の船旅。
粟国島に到着。
周囲12キロの小さな島でとても素朴なのんびりした島の雰囲気だ。
そして港にはたくさんの人。盛大な出迎えだなと思いきや折り返しで那覇に帰るフェリー待ちの人たちでした。

粟国島ではキャンプ出来るので今回はテントと南風丸を荷物に加えました。
港の地図でキャンプ出来る場所を確認する。

那覇に向かうフェリーがすぐに出て行くようなので知らない人ばかりだけど一緒に見送りする事に。

すると一人のおばぁがやってきて、とっても寂しそうにしながら船を見送っていた。
ふと船に乗っている人達の顔を見てみるとみんなもとても寂しそう。

これまで行った島でここまで見送りの時に寂しさを感じることはなかった気がする。
あまり観光客の来ない島のため、もしかしたら乗客のほとんどが親戚や知人ばかりだったからかもしれないですが、この島には何か不思議な魅力があるんじゃないかと思いました。
一泊二日で楽しみたいです。

おばぁの後ろ姿が印象的でした。
コメント (2)

お袋の味

2008年05月06日 | 沖縄 島めぐり
那覇にやってきました。
大都会の国際通りを散歩中にお昼時となったので沖縄本島前半の時にお世話なったてんぶす那覇ビルにある島料理バイキングのお店「あじまあ」さんに食べにいってきました。

品のある奥様スタッフが作ってくれる島料理は素材の味を生かしたシンプルなものばかりで沖縄の家庭のお袋の味が楽しめました。
お母さんたちの愛情がいっぱいこもった料理です。
食べたら元気がでてきました。
命薬ですね。

ちなみに「あじまあ」とは「交差点」という意味で人が行き交い出会うところ。
またあじまあという響きが「いい味だわぁ!」というような感じがするために名付けたそうです。

いいお店の名前ですよね。自分のうどん屋はなんて名前をつけようかな~。
候補はいくつかあるのですが、それは開店までのお楽しみということで!

納得できないので

2008年05月06日 | 沖縄 島めぐり
南風丸に助手席とられちゃったら本当の運命の人を乗せられないじゃないですか~。それでは納得できませんよ~。

という訳であなたの場所を作ります。
このスペースのない豪風号の中に!


とりあえずホームセンターに行き金物コーナーへ。

様々な品物をみながらイメージを膨らます。
これまで出会った方々の工夫を思い出しながら…
シンプルにシンプルに出来る方法はないか…

ポクポクポク!




チンッ!


これや~!!

北海道の日曜大工の横須賀師匠に協力していただき作ったコンパネの棚にアウトドア用のギュッと縛れるナイロンテープを金具で固定して三線を天井に固定する。

完成し南風丸を固定してみる。ぐらつきもなく完璧のはずです。
車走らせてもびくともしなかったです。

材料費600円。

上等よ!(沖縄ではいいもの、満足できた時によく言われてます)
こんなのやってる時ってほんと楽しい。
日曜大工には男の浪漫がありますね。

南風丸よ居場所が出来てよかったなぁ~。

運命の人

2008年05月06日 | 沖縄 島めぐり
この旅が始まってから豪風号の助手席はいつも空けて運命の人を待ってました。

とうとう現れました!まさかあなただったとは夢にも思っていなかったよ。

座り心地どうですか?

「ペンペン!(硬いけどいい感じだよ)」

気に入ってもらえてよかったわ~。

って、なんでやね~ん!



そして5月5日ごどもの日、三線に命名しました海と風の宿で買った海風三線。一文字だけ変えちょっと付け加えさせていただき…

発表します!!

ダダダダダダダ~


ダンッ!


「南風(ぱいかじ)丸」

沖縄では南風はぱいかじと読みます。
レミオロメンの南風って歌も好きなのでこれにしました!

旅のお供をよろしくたのむぜ南風丸!!

出会った方の心に南風を感じてもらえるように力を合わせて頑張りま~す!
なんちゃって。

弟子入り、そして…

2008年05月05日 | 沖縄 島めぐり
金城繁さんの演奏、心意気に感動したわたくしは弟子入りしました。

繁師匠~!よろしくお願いします。
まずは三線の持ち方、弾き方、姿勢の稽古をつけていただきました。

演奏の方は今回大変お世話になったたぐちさんに第二師匠になっていただき、童謡から練習してます。
チューリップ、カエルの歌、海が弾けるようになりました。
楽しいです。

そしてさらにお世話になった海と風の宿には海風三線という職人気質の某三線店から繁師匠が最終チェックを入れた信頼の本物の三線が販売されていて、ずっ~と欲しかったので大奮発して買っちゃいました。

値段は秘密です。
これから出会った方音を聞いて予想して下さい。

みなさんにいつもうどんをたくさん食べていただいているおかげで、この度本物の三線を手にすることができました。
心からありがとうございます。
大事に使います。
これからも美味しいうどん目指して頑張りますのでよろしくお願いします。
そして、いっぱい食べて下さい(いっぱい食べたくなるものを作らないといけないですね…)。

またこれから出会うた方々、わたくしは熱しやすく冷めやすい人間ゆえ出会った時には「三線聞きたいな~」ってお願いします。そうすればきっと上達できるはずなので…。

これからの北上は右手に麺棒、左手に三線持って楽しんでいきますよ~。
今後ともよろしくお願いします。

沖縄民謡ライブ!

2008年05月04日 | 沖縄 島めぐり
5月3日憲法記念日
名護市大浦の「海と風の宿」にて行われたやんばるの三線名人「金城繁」さんのライブにうどん作りさせていただきました。

繁さんの三線歴60年の記念ライブに光栄にも参加させてもらい感動でした。

うどんをしていてライブに集中できなかったのですが、今日もライブがあるので本日はお客さんでゆっくり聞かせてもらいます!
コメント (2)