竹原友徳のさすらいうどん武者修行道中記

香川でのうどん修業の後、2年間の日本一周うどん行脚の武者修行の旅を完遂!現在は京都・綾部での開店目指し奮闘中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大感謝祭開催

2008年09月30日 | 北海道
25日に礼文島に到着し、26~29日は民宿「きりり」さんにて大変お世話になりうどん販売させていただきました!

2年前に食べに来て下さった方々が今回も来て下さり「おかえり、待ってたよ~」と笑顔で声を掛けてもらえてうれしく思いました。

おかげさまで連日大盛況でした!

しかし…

まだ…ゴールではありません!!

始まりの地、礼文島。
そしてたくさんの出会いで繋げてくれた桃岩荘。

この旅の区切りとして最後の最後に感謝の気持ちを込めて本日お昼に振る舞いうどんさせていただきます!!

さぁ桃岩荘に急げ~!!!
コメント (3)

きたぁ~

2008年09月25日 | 北海道
9月25日
とうとう礼文島に帰って参りました。

日本一周達成!!やった~という実感はあまりないです。
でも、戻ってきたなぁ~という感じです。

この旅で1番最初にお世話になった民宿「あっとほーむきりり」の本吉さんと再会。
「待っていたぞ~」と温かく迎えていただきました。
明日からきりりにてさっそくうどんやらせていただく事になりました。
ぜひうどん食べに来て下さい~。
コメント (6)

もりは木と水と土

2008年09月25日 | 北海道
9月24日
お世話になった知床倶楽部を出発しオホーツク海沿岸を北上。

紋別市から内陸に入った滝上町にある「木水土(もり)の子どもの村」へ行ってきました。

お世話になった徳村さんご夫妻は「おじじ」と「おばば」と呼ばれ、とても温かく親しみやすい方。

ここは7月25日から9月25日までの間、日本各地から子どもや大人がやってきて豊かで厳しい自然の中で電気やガスもなく「なんでも自分でやる」という体験を通して森の生命力を体で感じる場所です。
24日はキャンプ生活最終日。そんな夜に薪でうどんを茹で皆さんと釜揚げで食べました。
風が冷たい中食べるうどんも温まりおいしかった。

おじじは「もりという漢字は森とは書かないで木と水と土書く。木、水、土の間に命と愛が輝き、育まれている。生き物は木水土(もり)に守られているんだよ」と言われてました。
一日ではまだまだわからないけど大切な事を学ばせていただきました。

おじじは木水土(もり)の事を伝える講演活動も各地でされています。
11月には綾部にも来られそうなのでぜひ再会したい!
コメント (2)

うどん修業中

2008年09月22日 | 北海道
お世話になっている知床倶楽部のマスターが熱心にうどん修業中です。

羅臼うどんが食べられる日も近いはずです!!
コメント (2)

チィラシ~

2008年09月22日 | 北海道
今日明日(22、23日)知床羅臼の知床倶楽部の横「たべ処いわみ」にてお昼にうどんやってます。

前回やってきた時にお会いした絵本画家の関屋敏隆さんが今回も作品展のため来られていて再会しました。


ななな、なんと!
ありがたいことに関屋さんがチラシを描いて下さいました~。

素敵なチラシです。北島三郎似の印象だったらしいです!

右側は原案です。
むかしのマンガにこんなタッチありましたよね。

ぜひぜひ知床へお越し下さい!
コメント (3)

おぉ~知床よ!

2008年09月21日 | 北海道
知床半島へやって来た!

この山々の存在感は素晴らしく感動的だ。

目の前の海には泳いで行けそうな距離に北方領土国後島がある。
あんなに近いのにロシア領か~。
ムムム~、無念だ。
いつか戻って来たら行ってみたいものだ。

知床羅臼の発信基地の知床倶楽部の石見さんと再会し、お世話になります。

21日は羅臼の漁火まつりのお手伝いです。

北海道上陸とお願い

2008年09月20日 | 北海道
9月19日
北海道苫小牧に到着。
約2年ぶりに北海道に上陸しました。

東へ東へ走り釧路までやってきました。
釧路湿原には雄大な大地が広がってます。

今後の予定は今週末は知床羅臼に行き、22、23日と以前お世話になった知床倶楽部さんでうどん販売、24日紋別を経由し北上。25日に礼文島入り。10月1日に島を出て札幌方面へ、そして10月中旬に小樽からフェリーで京都府舞鶴に渡り綾部に帰ります。

札幌、道南方面でお待ちいただいている方々へは申し訳ありませんがもうしばらくのお待ちをお願い致します。
お会い出来る日を楽しみにしてます。

今日20日は2年前に旅に出た日。1年前は関西でした。スピードアップ出来てよかった~。おかげさまで今月中に礼文に辿り着けそうです。
残りの日々を楽しみつつ無事に帰れるように気をつけます。

ハッシャゲニア

2008年09月20日 | 青森・岩手・宮城
9月17日
南部町福田にあるギャラリー「ハッシャゲニア」さんにて田中さんお世話になりうどん作りさせていただきました。

田中さん宅は国の有形文化財に指定されている明治時代の建物。文化財を使わせてもらってのうどんは初めてだ。とても立派な建物で中も広くてびっくりでした。庭園を眺めて食べている贅沢なうどんでした。

名前の「ハッシャゲニア」というのはアラスカの先住民族の言葉で「永遠なるもの」という意味。
先日までここで作品展をされていた福岡県うきはの木工作家山口和宏さんと今回田中さんを紹介していただいた岩手の佐惣さんの所でたまたまお会いして作品を見せてもらった時にシンプルで品があり飽きのこない使い勝手のいいものでした。山口さんが「どんどん使って下さい」と言われていているのを聞き、佐惣さんのお店で何年も使われていた山口の作品を見た時に味わいが増してかっこよくなっていた。

永遠ではないかもしれないけれど、たくさん使われ年を重ねる事に味がでてさらに良くなっていく作品ってすごいなと思いました。


翌日は田中さんに弘前にドライブに連れていっていただきギャラリーや陶芸家さんを紹介していただきました。

まじかで見た八甲田山と津軽富士と呼ばれる岩木山は迫力満天でした。

夜八戸からフェリーに乗り苫小牧に渡った。

食べ物のちから

2008年09月20日 | ○○とさぬきの出会い 
9月16日大西ハーブ農園滞在二日目。

今日も昼食にうどんをさせていただいた。
しかしただのうどん作りではなく、ここは探究心強い大西ハーブ農園ゆえ、うどんの新たな可能性を探るべくハーブとのコラボレーションとなった。

前回はハーブを生地に練り込むうどんに挑戦したのですが今回はうどんはそのままで食べ方の研究。
大西さんのパートナーゆりさんに協力していただき挑戦した。

一杯を少量にしてたくさんのバリエーションに挑戦した。

一品目
ホタテだしのスープをレモンバーベナで香りつけしたうどんスープ。

爽やかな香りでしたがうどんには合わない感じだった。

二品目
細かく刻んだねぎとコリアンダーを醤油と胡麻油で味付けし冷たいうどんにのせて混ぜて食べるしょうゆうどんに一工夫したようなうどん。

ねぎと胡麻油の香りが日本人が苦手なコリアンダーの強い独特の香りをマイルドにしてくれて食べ易い。
胡麻油のおかげで麺もさらにツルッと食べれて皆さんに好評だった。

三品目
豚肉スープをフェンネルで香りづけしたうどんスープ。

フェンネルの甘味を感じあっさりしたスープでしたがうどんには少し味が薄いかな思う。

四品目
うどんジェノベーゼ

釜揚げのうどんをジェノベーゼ(バジルペーストの事をいうのかな)で絡めて食べる。釜揚げだったせいかうどんがベトベトし過ぎて食べにくかった。つるりと食べれたら美味しいはず。

五品目
コリアンダーうどん

大西さんがシルクロードを旅した時に中国のトンコウの薄暗い屋台で食べたかけうどんのようなものにコリアンダー山盛りでてきた思い出の味をうどんで再現してみようという事でかけうどんにコリアンダーをトッピング。コリアンダー好きにはたまらない一杯。

当日大西さんはまだコリアンダーの事は知らず「なんだこの臭くて美味しくない葉?」と思ったそうです。そして日本に戻りハーブの事を勉強した時にコリアンダーの事を知り「あの時の屋台で麺にのっていたのはこれだったのか~!」と理解できたそうです。

今夜のコリアンダーうどんを食べて当日の旅の事がたくさん蘇ってきたようで「食べ物には記憶を思い出させるような力があるんだね。今日それに気が付きました。」と言われました。
確かにそうかもしれない。京都に落ち着いていつかどこかの郷土料理を作って食べたら料理の事だけでなく出会いや風景が頭に浮かび涙ながらに食べるのかも…

食べた人の思い出に残る忘れられないうどんになれるようやっていきたい。


夜の第二部はゆりさんたちとうどんのワークショップ。青森で栽培されている「ねばりごし」という小麦粉も使って挑戦。
ねばりごしは名前の如く粘りがあり、食感もいいうどんになりました。
トラックバック (1)

パスタ対うどん

2008年09月19日 | ○○とさぬきの出会い 
9月15日
06年11月中旬から約一ヶ月間というこの旅で1番長い期間滞在し、研修生として働かせていただきハーブの事だけでなく様々な事を学ばせてもらった青森県六戸町にある大西ハーブ農園さんを再び訪ねて来ました。

久しぶり大西ハーブ農園は進化していた。
東京や関西のシェフの間で口コミにより評判を呼び、出荷量は増え、それに対応するために畑も進化し、また事務所の中にはワークショップが出来る立派な厨房も出来ていた。

到着すると
「待ってたのよ。今夜さっそくうどん作ってもらえるのかしら?」とありがたいお言葉。

挨拶もそこそこにうどんの仕込み。
仕込みしながら農園の様子を見ていると忙しさは増しているけれど雰囲気は全く変わっていなくて、そう!そう!こんな感じだったな~と懐かしくなった。

夕方に八戸のイタリアンレストランのシェフの滝沢さんがやってきた。滝沢さんには以前もお会いしていて八戸の山で美味しいリゾットやピッツアをごちそうになりました。

がっちり握手の再会!
そして滝沢さんが手元にもっていたのは…

なんと…

生パスタ~!!

前回パスタはご馳走できなかったので今回は食べてもらいたいとわざわざ仕込んで持って来て下さったのです!

熱過ぎです、滝沢さん!

そんな訳で今夜はパスタとうどんの対決!!

というよりも自分にとっては夢のような共演でした。
しかしそれがわかった瞬間緊張してしまった。

シェフに喜んでもらえるうどんが作れるのかと…

いかん、いかん!
つい弱気になってしまった。
いつも通りやればいいだけじゃないか!
大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせる。

夜7時共演はスタート。

まずは滝沢シェフによる煮込み鴨肉のトマトソース平麺パスタ。
煮込んで溶けた鴨肉とトマトソースがパスタによく馴染んでハーブの香りもよくて…

クゥ~。

続いて竹原職人によるしょうゆうどん。

茹でたてうどんにしょうゆと薬味にねぎとしょうが。
極めてシンプル。

オープンキッチンになっているため茹でているときにシェフにまじまじと見られなんか緊張してしまう。

出来上がり、食べてもらった。
これだよこれ!と喜んでもらえペロッと食べて下さいました。
よかった~。

交代し滝沢シェフによる二皿目。
うどんを細くしたような四角い断面のパスタを使ったじゃがいもとインゲンのジェノベーゼ。
歯ごたえのあるパスタと特製ジェノベーゼが…

またまたクゥ~。

さらに滝沢シェフによる三皿目に突入。

最後はカルボナーラ。一皿目と似た平麺パスタだが粉の配合を変えてあるので食感、味わいが少し違うように感じた。
パスタによって粉の配合も考えるなんてすごい。

お味も大変おいしゅうございます。

通!!って感じです。

幸せだ~。

最後の締めは竹原職人によるかけうどん。
皆さん「もうお腹いっぱい」と言いつつも「うどんは不思議と入っちゃうね」と完食。

麺文化万歳!!


夢の共演を終え滝沢シェフの真剣な姿勢、丁寧な手つき、火加減、探究心などたくさんの事を学ばせていただきました。

滝沢さんの粋な心意気と大西さんに感謝です。ありがとうございます。

いつも思わぬ刺激を与えてくれる大西ハーブ農園はやっぱりすごい!
食後はあの日々と変わらないお酒を飲みながらの語らいの時間。
旅の話をつまみに夜は更けていきました。