横浜川崎近郊にて地域密着で地デジアンテナ工事BSアンテナ工事エアコン工事LAN工事をこなす、あいあいグループ

地デジアンテナ工事BSアンテナ工事、エアコン工事、LAN工事を主に生活をサポートする匠の集団です。

CATVの撤去作業って最近は配線は残しておくのか??これタダでTV見れちゃうんですけど

2021年09月26日 19時51分45秒 | アンテナ工事
今日は朝一で横浜市港北区樽町にてマンションのCS放送の特定のチャンネルが映らないとの事で伺うこちら1か月前に伺いブースターの利得調整で直した所
伺うとブースターの所では全く異常なし。部屋に入りTV見せられると確かに受信感度が安定してない(70から急に20に下がったり)ふとTVの配線見ると!!
3C2Vの配線でしかも2分配器も直付けの1340mhz止まりの物!!原因はこれでした。配線を5CFBに交換し2分波器に交換、ばっちり95で安定しました。他の部屋の方もそうだとの事だったがおそらく20年以上住んでるとの事で同じ現象だろう。あっ、数値はあくまでAQUOSの測定値なのでdbでゆうと65前後です。

その後、横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘にてTVが映らなくなったとの事で伺う。

伺い、すぐ目についたのが配線のジョイント部分、外で垂れ下がってる。原因はそこだろうと予測は付いてはいたが、ちょっと気になる??通常、白い配線で屋根上転がしてると劣化しそこから水が浸み込みジョイント部分でショートするのだが、配線は黒で支線に絡めてるし見た目傷んでない。そしてジョイント部分もエフコテープではなくブチルテープを何重にもしていてビニールテープで被覆している。意味もなく頑丈にしているが開けてみるとやはりジョイント部分が黒くショートしている。念のため配線交換し、ジョイント部分を防水カバーの中に収めようとし、ほとんど垂直な梯子掛け収めようとして原因が解りました!!
  
前のアンテナ業者は梯子掛けられず全てベランダで作業したとの事。その時、家側の配線引っ張り、配線の被覆が剥けっぱなしになってました。これはベランダ側からじゃ見えないし、ジョイント部分がブランブランしてる理由も解りました。要は技術が無くできなかった施工不備です。取りあえず命がけで梯子登り、ジョイント部分は防水カバーの中に収め、雨が入ることは無くなりました。

ちょっとした手間ですがこれがやはり施工には大事なことです。言わゆる手間暇かけた施工とでも言いましょうか、技術力が違います。

その後、横浜市磯子区杉田にてUHFアンテナ工事。立派な和風のお宅でケーブルTVからの乗り換えです。伺い電波測定し全く問題ないのですがケーブルTVの配線がちょっとおかしい??
何故か2本家の中に入っているのだが1本だけ引っこ抜かれてる。お客さんに詳しく事情を聴くと「TV視聴はやめたが電話と電気はそのまま使ってる」との事。そして解約工事でこな間、業者が来て工事していったとの事??はて??電話だけでTV解約??そんなことできるのか??そこで電波測ってみた!!そしたら何の事は無い電波やっぱり来てる!!厳密にいうとケーブルTVで電話だけで地デジの電波来なくするにはフィルター付ければそうなるのだが、それすら知らないのか2本あるうちの配線1本だけ抜いてった模様(おそらく2Fの配線)
取りあえず、ケーブル会社はTVは解約しましたと言ってるのだから現状でTV見放題にしときました。アンテナ付ける意味もないし。お客さんは料金安くなった分ラッキーと言ってました
  
実は昨日の家もそうだったのだが現在ケーブル会社は解約しても配線はそのままにしてるところが多く、昨日は保安器のところにフィルターの芯線折って取付てました。ご丁寧にビニールテープでフィルターであること解らない様にして。これ実は外してそのまま取り付ければ、これまたタダ見出来ちゃいます。委託業者がやってるのか経費削減なのか昔はちゃんと解約したら配線も撤去してたはずだが・・・

ケーブルTV会社に疎いので何とも言えませんがこおゆうお宅いっぱいあるのでは・・・

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日もせっせとアンテナ工事 | トップ | LAN配線、いろんな経路が有り... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンテナ工事」カテゴリの最新記事