見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

ママカリのお刺身

2018-10-20 13:32:08 | グルメ

 今度のベント用にとアジゴ釣りに行ってきました。
 目的のお魚の釣果はかなり厳しく、うーむって感じでしたが、ママカリが次々に掛かるので退屈はしません。
 ただ、ママカリですからね。馬鹿にしちゃいけませんけど~。

 全部リリースしていましたが、お隣のおじさんが、捨てるならくれというので全部あげていましたが、もう一人のおじさんが、知り合いのスナックのママさんが喜んで貰ってくれて、お客さんに刺身とかで出すんだよ、って。

 ほう、スナックのママさんは、お客さんに刺身で出すのか‽それならやってみなくちゃ(^^♪
 ということで、5匹ほど持ち帰ってお刺身に。
 釣りたてで超新鮮だから、まずいわけないと思っていましたが、小骨は多いけど、結構行けるじゃないですか。


 先日は、少しだけ持って帰ってアジゴと一緒に佃煮にしたけど、誰も手を付けようとしないのでこっちに回ってきます。
 贅沢なものだと思いますが、味比べをしたらちょっぴり可愛そうかな?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 美保館でライブ~和洋混成の... | トップ | 今日は芋掘り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何時も楽しく拝見しています (遥か枚方より)
2018-10-22 06:47:51
山陽の某県では おかずが美味し過ぎて ご飯が足りなくなり 隣へご飯を借りに行く ままかり とまで言われる 魚ですが 私は全然そうは 思いません 祖父が七輪で つけ焼きと言って 醤油 味醂で味付けたタレをかけて焼いてくれましたが 小骨が多く 閉口した記憶しか有りません 祖父母 父母はままかりとは 言わず まーかれと呼んでいました 中海の魚の一番はやはり えのはです 次いでゴズ どちらも大阪では食べることが叶いません 遠い昔の 美味体験となりました 
魚のシゴ (管理者)
2018-10-22 11:41:15
ママカリ、アジゴと一緒に佃煮にしましたが、ママカリの方にはなかなか手が伸びません。
お刺身も、小骨が気にならない人だと行けると思いますが、好んで食べたいお魚とは言い難いかも。

エノハ、知っている方は少ないですね。
松江市民でも、聞いてみると大半は知らないようで、寂しい時代ですね。
というゴズも、ゴズという名を知っている松江市民は今や少数派かもしれません。
こんなに美味しいお魚なのに。

今や、学校給食では骨が付いたり頭のあるお魚は出さないようですし、家庭でも、魚のシゴなんてとんでもない、そんな時代ですね。

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事