加地尚武の佐倉新町電気街

「福音の少年 Good News Boy」シリーズ(徳間書店 徳間デュアル文庫)著者による電脳生活と意見。

サイバーマンデーで二万円台のノートPCを買った!

2018年12月16日 22時38分10秒 | パソコン・デジモノ
いやあ、前回の更新から一ヶ月以上空いてしまいました。
近況報告なのですが、
【本日みつけたお買い得商品】Amazon、1kg切りのASUS製11.6型ノートが22,980円に

このリンクにあるように、年末恒例のAmazonのサイバーマンデーセールで久しぶりにノートPCを買ったのです。

ぼくはほとんどの小説をノートPCで書いてきましたので、ほぼ定期的にノートPCを購入してきました。
通算、十数台。
その九割以上はIBM(現Lenovo)のThinkpadです。これはわかる人にはわかるでしょうが、いちど、Thinkpadの赤いポッチとか(機種により優劣はあるけれど)できのいいキーボードなどに慣れるとなかなか離れられません。

今回思わずAsusのノートを買ってしまったのは、サブノートとして五年前に購入して使っていたThinkpad X121eがさすがに遅く思えてきたので、時期サブノートを探していたことと、Asusという名のあるメーカーの製品が、なんと22,980円という値段で買えるという理由から、思わずポチッとしたわけです。

リンク先にスペックがありますが、ドンキホーテの19,800円ノートパソコンと大差ないスペックで、そのかわり小さくて軽いといった感じです。


あくまで「サブノート」なので重たいことは一切させません。
なので、そんなに高くて性能のいいものはいらない。記憶容量が32GBしかなく、小説を書くために使っている一太郎2018とOffice365を入れると残り9ギガ程度になりますが、そんなことは別にどうでもいいのです。
Windowsのメジャーアップデートで10GB以上の空き容量を必要とするときがありますが、それはISOイメージで落として再インストールすればよろしい。
必要最小限のものしか入れないので、いろいろと小回りが利きます。

サブノートでぼくがもっと重要視するのは、「サスペンドさせているときの電池の持ち具合」だったりします。
つまりディスプレイを閉じて放置しているときのバッテリの持ちの良さ。

それで、この一週間、この買ったばかりの23,000円のノートをテストしてみました。
こんな感じです。
ずっと閉じておく。
使うのは一日二十分まで。

それで、どれだけバッテリが持つか?
結果はこの機種はとても良好でした。

なんときっちり一週間、持ちました。先週の日曜日に届いて電源につないでセットアップ。
月曜日からずっと鞄に入れたまま、一日のうちに十分~二十分使うだけ。

それで今日の日曜日の朝、残り30%を切る程度です。

こりゃいい。
ほんとにノート風にメモ取りに使えます。


ペシャペシャいうキーボードは安っぽいですが、メインの仕事はメインのノートやデスクトップでしますから、これでいいのです。

と、そういうわけで、明日から本気だします(笑)
コメント

【スタン・リー追悼】ぼくとマーベル・コミックス

2018年11月13日 17時50分34秒 | 本のこと。

米コミック界の巨匠、スタン・リー氏が死去 「X−メン」などの生みの親

記事のとおり、スタン・リー氏が亡くなられた。

95才という高齢なので、いつかはこんな日がくると思ってはいたけれど、いざ訃報を目にすると、やはり寂しく、悲しい。

ぼくがアメリカのコミックを読み出したのは高校二年のとき。1973年。ぼくはついこの間六十になったところだから、四十五年前になるのだろうか。

実はスタン・リー氏のもっとも重要な仕事、――つまり「スパイダーマン」や「ハルク」「ソー」「ファンタスティック・フォー」「Xメン」といった、今では誰でも知っているようなヒーローたちを創り出したこと――が一段落した後くらいに、ぼくはマーベルコミックスと出会った。

「スパイダーマン」をはじめとするマーベルの悩めるヒーローたちが大きなブームになったのは、六十年代後半から。

ぼくがマーベルコミックスを読み始めたころは、スタン・リー氏はストーリーライターから一歩引いて編集長といった立場だったように思う。もちろん、よく知られているようにアメリカのコミックはタイトル毎に別の雑誌になっているので、いわゆる「少年ジャンプ」の編集長とは違うのだが、それぞれのヒーローが世界を共有するおおきなマーベルユニバースの総監督という立場だったように思う。

高校生だったぼくは、この人の全盛のころの作品を読みたくて、当時は珍しかったハードカバー版のマーベルヒーローやヴィランのオリジン集を取り寄せたりしていた。

「コミックブック界のシェイクスピア」

複数のコミックのストーリーを書いていたころの氏を評した当時の言葉である。

なんとなく、わかる。グローブ座の座付き作者として観客に喜ばれるような芝居を書くうちにとんでもない高みにのぼりつめてしまった劇作家と、弱小コミック会社で複数の優れたシリーズを書きまくって一大潮流を生み出したコミック脚本家とは、似ているではないか。

登場人物の喜怒哀楽の振幅も似ている。

今はどうか知らないが、マーベルコミックの吹き出しの台詞の文末には「.(ピリオド)」は使わない方針だったそうだ。必ず「!」か「・・・」のどちらかを使うことにしていたとか。それで台詞のやりとりに勢いとリズム感が出るという。ずっと昔、それこそリー編集長の「編集後記」にそう書いてあったような気がする。

ああ、面白かったコミックの思い出が次々にわいてくる。

いまごろ、天国で、先に行っている漫画家のジャック”キング”・カービーさんや、スパイダーマンの初代絵師だったスティーブ・ディッコ氏らとともに、退屈しきった天国の住人向けに、とびきり面白いコミック作りを始められたにちがいない。

Excelsior!

コメント

【追記】「ロレンソの物語 琵琶法師吉利支丹秘録」無料キャンペーンのお知らせ

2018年10月17日 18時06分29秒 | House of Stories

ひさしぶりの更新になりました。※追記があります。文末まで見てください。

6月に「ロレンソの物語」をKDPで発表してから、いろいろとご意見をいただきました。

いちばん応えたのは、「題名がとっつきにくい」ということでした。

たしかに「ロレンソの物語」と聞いて、ああ、歴史上の人物ね、と思う人はそんなにいないかな、と。

表紙もなんとなく宗教的過ぎて、なんだかメンドクサイ感じの小説に見えていた、のかもしれません。

なので、表紙を替え、副題もつけました。「ロレンソの物語 琵琶法師吉利支丹秘録」という題名になります。

それだけではありません。最初の個人的な電子出版ということで、いろいろと手探りの部分があり、今回手を入れています。具体的には登場人物や歴史上の人物、用語、当用漢字外の漢字にルビを振りました。

ぐっと読みやすくなったのではないか、と思います。

あと改行がきちんとできていない箇所があり、修正をしました。

 

読書の秋、変わった時代小説を読みたい方に。よければどうぞ。

それから、いま見て気がついたのですが、レビュー投稿してくださった方、本当にありがとうございます!

おまけに☆5つ。本当に感謝します。

副題をつけさせていただき、ルビを振ってありますが、内容はまったく変わりません。

【2018年10月17日追記】

紙の本なら「第二版」出版を記念して無料キャンペーンを行います。

10月20日(土曜日)17:00~10月21日(日曜日)16:59

まで無料にいたします!

「初版」をお持ちの方も、お手数ですが差し替えをお願いします。

 

 

コメント

【House of Stories】書き下ろし長編小説新連載予告!

2018年09月29日 20時09分47秒 | House of Stories

台風来てますね~。被害が最小限でありますように。

さて、唐突ですが、いや唐突でもないんですが、「加地尚武のThe House of Stories」において、長編小説の連載を始めようと思います。

まったくの書き下ろしです。

だって、今から書くんですから(笑)

まだ一行も書けていません。

ただ題名と表紙のビジュアルだけはアタマにこびりついていて、他のものになりそうにないので、ちょっとだけ先行して公開します。

こんな感じ。

表紙(暫定版)のとおり、「魔法少女もの」だと思ってください。

「錬金術師ゲンドウ新装版」epub3 editonの色が気に入って、とりあえず使ってますが、色やロゴや魔女っ子など変更する可能性が大です。いわゆる「ティーザー広告」だと思ってください(暫定版ともいう)。

右上の「ま」はもちろん「いろはかるた」を模しています。

小説の舞台は現代の日本、主人公の女の子が魔女として頑張る話です。

となると「福音の少年シリーズ」やその「プロトタイプ」である「錬金術師ゲンドウ」との関係がどうなるか、ですが、それは始まってみてからのお楽しみということで。

台風も二個近づいていますし、10月はいろいろと忙しいのでいつになるかわかりませんが、できれば11月までには第一回目を掲載したいと思っています。

では!

コメント

【錬金術師ゲンドウ新装版】電子書籍フォーマットの対応状況をまとめてみる。

2018年09月27日 18時10分31秒 | House of Stories

一昨日昨日の投稿に引き続き、拙作「錬金術師ゲンドウ(新装版)」に関する記事です。三日連続で投稿するなんて10年ぶりのような気がします。

現在、Dropboxの共有リンクにより二種類の電子書籍フォーマットで「錬金術師ゲンドウ(新装版)」を配布しているのはお知らせした通り。

今日はそのデバイス・アプリごとの対応状況について、ぼくの環境で検証できたものを発表します。

まず、kindle/mobiフォーマット。フォルダ内のgendoh_kindle.mobiというファイルです。表紙でいうと下の色。

【全デバイス共通】(Amazonの提供するkindleあるいはFireというタブレット以外)

kindleというアプリを用意してください。iOS、Android、Windowsそれぞれあります。ファイルをダウンロードする前にインストールしておくこと。

【Android】

ブラウザからダウンロードしたら、ファイルを操作できるアプリを使ってダウンロードしたフォルダからkindleのフォルダに移動してください。kindleアプリのドキュメントを表示させると上にある表紙の本が出てくるはずです。縦書きや開く方向もちゃんと再現できていますがなぜかフォントが変更できません。ゴシック体のままです

【iOS(iPhone/ipad)】

ブラウザからダウンロードしたら、ファイルをタップしたときに出てくるエクスポートというメニューから「kindleへコピー」を選択してください。完了したらkindleアプリを立ち上げてみると、ライブラリに本が出てくるはずです。なぜか縦書きになりませんし、開く方向が違います。

これどうやってもうまくいきません。ご存じの方がいたら解決策を教えてください。

【Windows】

先にkindle for Windowsがインストールできていれば、ファイルをダブルクリックしたらそのアプリが起動しますが、本は出てきません。ダウンロードしたファイルを次のフォルダに移動すれば出てきます。

C:¥Users¥ユーザー名¥Documents¥My Kindle Content

再現性はバッチリです。

【kindle/fireタブレット】

すみません、ぼくのkindle paperwhiteは故障中なので、検証できませんでした。fireの8インチではファイラーアプリで移動するか、パソコンにUSBでつないで内部ストレージのbooksというフォルダに移動すれば読めるはずです。しかしなぜかフォントがゴシック体のままです。

次は、epubフォーマット。昨日公開したえんじ色の表紙の方です。

【iOS(iPhone/ipad)】

ibooksというアップル製のアプリが入っていることを確認して、gendoh_epub3.epubをダウンロードして、「エクスポート」「ibooksにコピー」と進んでください。

ibooksの本棚にこの本が並んでいるはずです。再現性はバッチリです。icloudを利用する設定にしておくと、iphoneで読んでいた続きをipadで読んだり、ということができます。

【Android】

事前にGoogle playで「epub」で検索し、「【EPUB電子書籍・青空文庫】Copper Reader」など、適当なアプリをインストールします。このソフトだとファイラーを内蔵しているので、ダウンロードしたファイルがどこにあろうと開いて読むことができるので便利です。再現性は良好。ちなみにこのアプリを推奨しているわけではありません。せっかく弄れるAndroid端末なので、いろいろなリーダーアプリを試してみて自分にあったのを選んでください。

【Windows】

前日にも書いたように、epubファイルはMicrosoft EdgeというWindows10の標準アプリに関連付けされているので、ダブルクリックしただけで、このブラウザで読めます。

ですが読書をするにはどんくさいソフトです。これはおすすめはChormeのアプリです。

Chromeのウェブストアに行き、ReadiumというアプリをChromeにインストールしてください。

Windows10でない人もこれがいいでしょう。フォントはWindowsのスクリーンフォントになりますので、あまりきれいではありませんが、これはこれで使えます。

【KOBO】

楽天KOBOを所有していないので検証していません。どなたかお願いします。

【Mac】

起動するMacを所有していません。きっとibooksでよめるんじゃないかな(適当)。

【総括】

いろいろ検証してみましたが、結論としては、epubフォーマットの方がよいようです。

やはりiOS端末のibooksというアプリのできのよさ、というのも大きいです。おすすめします。

Androidでも選択肢が多いというのはいいですね。

kindleはやはりAmazonを通して電子出版するものですね。「錬金術師ゲンドウ」は二次創作なので当然Amazonで売るわけにはいきません。

というか、無償で公開するつもりなのに、kindle editionなんか作らないでもよかったなあ。でも表紙のロゴかっこいいしなあ(笑)

そのうち「加地尚武のThe House of Stories」でまた小説を連載しようと思っているのですが、フォーマットはepub一択でいいかなと思っています。もしご意見があれば聴かせてください。

では。

※2018年9月27日追記

iOS12へのバージョンアップで、iBooksはApple Booksというアプリに差し変わります。しかし再現性に問題なし。むしろページめくりの感覚がよくなっています。電子書籍読むならiPadがベストかもしれません(新型iPhoneは縦に長すぎるみたい)。

 

 

コメント