詩集「2N世代」

詩作品、短編、評論、エッセイ他: Blogタイトルと内容がこの数年異なってきた。タイトルを変えたほうがいいかもしれない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Linda Hoaglund : Movie ANPO

2013年02月09日 19時39分00秒 | Art & Literature & Movie & Music

1960年6月18日・大阪難波 ↑

ANPO 作品紹介
Artists, Filmmakers and Historians featured in ANPO:
ドキュメンタリー「ANPO」を語る(1) :
ドキュメンタリー「ANPO」を語る(2) :
ドキュメンタリー「ANPO」を語る(3) :
ドキュメンタリー「ANPO」を語る(4) :
ANPO : アメリカ人監督が描く"日米安保" :
『ANPO』 予告編  : 
Interview with Linda Hoaglund:
KNOW YOUR ENEMY: ANPO:
ANPO 公式サイトLinda Hoaglund 公式サイト
監督リンダ・ホーグランドと映画にも
出演した中村宏、石内都が自身の作品そして『ANPO』について語った
『ANPO』公開記念・池田龍雄
リンダ・ホーグランド監督とのトークショーを行った。
John Dower Teaching Guide to ANPO:

ナレーションを入れず日本のArtist とその作品
に表現を託して60年安保を映画化した
日本育ちの米人リンダ・ホーグランド監督。
謙虚で広角的な視点を可能にした。
半世紀を経てこうして振り返ると
違う側面が見えてきて当然だ。
左派の行動が半世紀を経て半周し
真性保守を名乗る反米右派の視点に
重なってくるようにも思えるが
そう単純なものでもない。
解釈の回転や揺れの原因は
ソ連の崩壊と冷戦の終了にあることは間違いない。
実際半世紀前の安保は
中ソの若く純情かつ善良に見える
浸透力のある共産主義の勢いに対抗するために
その誕生を必要とした条約であった。
左派の行動が今となっては
右派の熱情に支えられていたようにみえるのは
歴史のマジックだと言えよう。

参照:中村宏と現代詩手帖
・・・・・・・・・・・・・・・・・

Marukoさんの2007年の「フランスの歴史教科書
の記事に今年5月に出会ってコメントをいれました。
トラックバックに入れようとしたのは
以下のAnne Sylvestre & Marie Chaix

1~5の中の(1)と(2)です。
30年以上昔に遠藤周作の「フランスの大学生」
と言う本を読んでから、フランスのパリ解放後
レジスタンスの人たちがコラボに向けた
憎悪と殺意に気づいていました。
そして数年前にAnne Sylvestre & Marie Chaix
の記事に出会い深く考えさせられました。
その時レジスタンスがロンドンにいたドゴール一派による
ものだけではなく、統一感がなく複雑で
 

教科書に書かれたものとは
随分イメージが違うことにも気づきました。
ここにMarukoさんのblogに入れた自分のコメントを
持ち出したのは、以上のこととは全然関係がありません。
コメントに無意識に書き込んだ自分の一行に
自分自身で驚いているからです。その一行は
「日本だって占領下GHQに協力した人たちは言ってみれば
コラボなわけで(ほとんど全員!) 」です。
フランスは敗北しドイツ占領下にヴェルダンの英雄を担ぎ出し
国家としての息を繋ぎますが、その後パリは解放され、戦後は一転
耐え忍んだご褒美に戦勝国と認知されます。
日本は解放されることもなく、戦勝国となる筈もなく
長い間被占領国となりそしてその後もずっと
(憲法やら安保やら、国連の敵国条項やら歴史歪曲やらで)
事実上も精神的にも非独立国のままで今日に至っています。
それを考えると「占領下GHQに協力した人たち」だけでなく
今に至るまで(ほとんど全員!)が積極的消極的の違いはあれ
占領国アメリカのコラボである、
日本と言う国のあり方は政治的・経済的にも
お上から下々までコラボからなる丁稚・番頭国家である、
といっても間違いではないと、このコメントを入れた後に気付いたのでした。
どう思われます?
ただVichy政府、 Petainの判断は国土
の荒廃を免れるためには、
ある意味正しかったと、状況における最善であったと
思わないことも無い。そして戦後の日本の急激な
経済復興を思い、時代の緊張と地勢を考えるならば
コラボ日本の妾policyもある意味また聡明であったと
言わなければならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・

60年安保はまだ小学生で、ラジオのニュースの記憶しかない。
68年~70年にかけての政治闘争のように
真っ只中で時代を生きたわけではない。
さて話はLinda Hoaglund氏のANPOに戻るが
この元気さは何なんだろう。この明るさは何なんだろう。
60年安保は子供時代の「Give me Chocolate!」と
大人たちの涙、「負けた国の子供」の鬱憤が
妾国家と成り果てているコラボ祖国に向かった
そう、レジスタンスだったのだと思った。
戦後の敗戦国家にべったりとまとわりつく
胡散臭さ、欺瞞が放つ異臭
そして自分を養うために妾となった「かあさん=日本」に
対するかなり複雑化した(しかし屈曲した愛のある)
安保占領下のレジスタンスなのだと気づいた。
寺山修司がシンボル的に繰り返し提示した
「母親殺し」のイメージは、つまり70年安保のような
国家否定・国家解体の最終目的は、ここではまだ見られない。 

この記事は2012年6月6日のものです。
本日2013年2月9日、上に引っ張り上げます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Wendell Willkie | TOP | Things Left Behind by Linda... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まるこ)
2012-06-07 05:29:14
トラックバックありがとうございます。

個人的なことですが、私、高校生の時大江健三郎の短編小説を読みました。タイトルは失念。たしか在日米兵が日本人に暴力をふるったのを少年が見ている…とかそういった感じの内容だったと思います。それで、自分がもしその立場になったらその被害者を助けることができるだろうか?と相当考えていました。お話みたくいいところで誰かが助けてくれるなんてこともないでしょうし、女の身ですし…それで「神様、どうか私を、そんな自分の卑怯な本性を見てしまうような場面に遭遇させないでください。もしそんな自分の卑怯さ醜さを見てしまったらその先どう生きていけばいいのでしょう」と。

シベリア抑留捕虜日本人も多くの人が同じ日本人を裏切ったと聞きます。でも非難することはできない。自分もそういう極限状態にあればたぶんやるんじゃないかと思うからです。自分の狡さをしっているからこそもしそういう場面になったら意識して毅然としたいと思いますが…。

だからもしそういう汚い行為をしてしまったら、たぶんその後死ぬまで自責の念に苦しめられ、でも生きていかなければならなくはあるのでそこから目をそらし自分自身を騙しながら…となるのでしょう。…それが戦後日本ということでしょうか? あの時誰かが「(裏切ったのは)仕方がなかったんだよ。みんな許してゼロからやり直そう」と言ってくれればこんな戦後にはならなかったのかも。

日本は長い歴史がある、ということは(小さな戦いを除いて)負けたことがなかったということですね。つまりは負け方を知らなかった。負けたらどんなにみじめな極限状態に置かれるか知らなかった。人間がどれだけ卑屈になるか。武士道を誇っていた分余計に屈折してしまったのではないでしょうか?

Maruko様、コメント有難う御座います (Bruxelles)
2012-06-07 12:26:37
最近札幌浪人さんの「大江健三郎は偉大な作家か」
http://sapporo-ronin.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-0fda.html
を見て、思わずコメントを入れました。ご一読いただけたら嬉しいです。で、今日大江健三郎を少し客観的に見ようと思って探してみました。
大江氏による「罪の巨塊」の変な説明
http://blog.goo.ne.jp/lazybones9/e/658ebd8e5e76f4984ccf53fbfc0ea3ef
大江健三郎は卑怯だなァ
http://ameblo.jp/hidemasahououji/entry-10871892291.html
沖縄戦、県民疎開に尽力した知事
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2009/08/06/
要約すると、自虐史観強力拡散者で、東京裁判ひとり判事になったつもりで、立派な日本人個人を(自分の作品に価値を付加するために)社会的精神的に屈辱にまみれさせ抹殺しようとしている姿が浮かび上がってきました。
60年安保が「そう単純なものでもない」のは、「自分だけは社会正義の座布団に座って」戦争関係者を特定し個人的犯罪者に仕立て上げる、大江及びそれに類する一世を風靡した進歩的文化人の存在がその背後にあるからです。
Linda Hoaglund 監督は、ナレーションを排することによってこの連中に唆される愚を排斥しています。日本育ちの米人監督の「謙虚で広角的な視点」あればこそです。目を瞠るばかりの「日本人のレジスタンス性」を60年安保の中から浮き上がらせた。これは、例外的、というより、奇跡的な価値を内在する稀有な日本映画だと思います。
戦後の日本をコラボ国家とみることによって、初めて日本人のレジスタンス性が見えてきたので、この記事をMaruko様のあのペイジにトラックバックさせていただきました。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Art & Literature & Movie & Music

Similar Entries