Ceci n'est pas une pipe.

Artを味わうBLOGにしたいと思っています。

Martha Boto Cosmos N°2

2014-04-20 20:44:25 | Female artist 紹介

Artist: Martha Boto
Completion Date: 1976
Style: Op Art
Genre: abstract painting

Martha Boto Galerie NMarino Paris :
Martha Boto wikipainting:
Martha Boto imagoartvideo:
2006年10月に死去している。
確かに70年代の素朴なOp Art作品である。
ふるきを訪ねて新しきを知るの心境でふるきを訪ねてみた。

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Barbara Issa Wagner

2013-11-20 23:33:43 | 作者紹介

Issa Barbara Wagner :Slovacchia:
Barbara Issa Wagner: You Tube-2
私は昔からグリーンとオレンジの組み合わせに弱い。
色だけでまいってしまう。この画家に関しては詳しくはわからない。
PCがほとんど動かなくなってスロヴァキアまで入っていけないのだ。

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Aldo Tambellini 未完

2013-10-01 13:50:52 | Intermedia

Aldo Tambellini: wikipedia:

12 September – 19 October 2013 at James Cohan Gallery, New York:
Aldo Tambellini Interview:



Aldo Tambellini Selected Films:
Aldo Tambellini Diography:
Aldo Tambellini Performance:

Aldo Tambellini NO!art:

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Robert Delaunay La Tour Eiffel

2013-09-18 21:57:54 | とりあえず登場

La Tour Eiffel:

Comment (0) |  Trackback (0) | 

El Suicidio de Dorothy Hale by Frida Kahlo

2013-09-18 11:17:53 | Female artist 紹介

El Suicidio de Dorothy Hale by Frida Kahlo;
Series of Lectures by Myra Bairstow:  
Dorothy Hale -
Frida Kahlo-
親友の死を悲しんだClare Boothe LuceがDorothyの母に贈るためにFrida Kahloに依頼した作品。Clare Boothe Luceが激怒したのは言うまでもない。Clare Boothe Luceを調べる過程でこの作品「The Suicide of Dorothy Hale」に出会った。
Frida Kahloが真実を描きすぎたということだろう。

Comment (0) |  Trackback (0) | 

ISHII SHIGEO1933 - 1962:The Trap

2013-08-18 10:00:22 | 作品:Japan

石井茂雄 &Ishii Shigeo 石井茂雄
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Violence Series: Acrobatics
暴力シリーズ・曲芸 (1956):Oil on canvas

Comment (0) |  Trackback (0) | 

山下菊二 Changing Seasons 1968

2013-08-17 11:43:28 | 作品:Japan

山下菊二 Changing Seasons 1968
山下菊二YAMASHITA KIKUJI :



Comment (0) |  Trackback (0) | 

Jean Carzou

2013-08-17 10:01:47 | 筆者感想

CARZOU Jean, 1907-2000 (France) 
Title : BATEAUX AU PORT Date : 1962
Jean Carzou - Master of Lines : You Tube

Carzouのオレンジ色と速度のある線が好きだ。
前に一度どこかで出したかもしれない。
PCの調子が悪くて、
一番気に入っている作品に
なかなか到達できないでいる。
PCを買い換えてから再度挑戦したい。

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Nanette Scriba : Cape Verde

2013-07-29 09:59:39 | Artist紹介(1)

Ceci n'est pas une pipeとしては珍しい作品を選んだ。
まずNanette Scriba の作品を
Nabette Scriba: You Tube
Nanette Scriba - Unterwegs im Licht:

歌手としての彼女を10年前に知った。ドイツ人歌手でフランスのシャンソンも歌う。何よりBarbaraを歌う歌手として出会った。そのCDも彼女から直接購入している。Barbaraを歌う歌手がフランスでどんどん増えて、100人は軽く超えて、資料収集に追われて、Nanette Scribaのことはすっかり忘れていた。ドイツ人だということ、美人歌手だということだけがかすかに記憶に残っている。
歌手としては以下にリンクを貼っておく。

Nanette Scriba - La Petite Fugue .
Nanette Scriba - Instant Liebe .
Nanette Scriba - Kinocafé .
このwmaファイルの2曲目でBarbaraの「いつ帰ってくるの?」を歌っている。

大急ぎでBiographyを探してみた。
Biography: Nanette Scriba

それはそうと彼女が画家として活動するCape Verdeとはどこにあるのか?
Maio, Cape Verde: wikipedia
英語:  日本語
Cape Verde その他の資料
No.1  &  No.2  :
思ってもみなかったが、Cape Verdeはどうやら国名らしい。
どこにあるのだろう。どんな国なのか。地図で確認してやっとわかった。
何年か前ブルキナファソという国を見つけた時もえぇ!知らなかったー
と驚いたが、カポベルデには、もっと驚いた。
昔から地理は苦手中の苦手だった。
素晴らしいところのようなので、資金と時間に余裕のある方は、行かれてみてはいかがでしょう?Nanetteの絵を見るだけでも、文明化による疲弊を感じさせない、あかるい光の魅力を感じる。
共和国だそうです。 
カーボヴェルデ共和国

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Bram Van Velde : Montrouge, 1948

2013-07-21 12:13:44 | 抽象表現主義 AE

Bram Van Velde : wikipedia
Born: 19 October 1895; Zoeterwoude, Leyden, Netherlands
Died: 28 December 1981; Grimaud, Arles, France
Bram Van Velde : You Tube 1  & You Tube 2 :
・・・・・・・・・
ベケット と ヴァン・ヴェルデ:

Juliette Heymann :Juliette Heymannの番組  France Culture: En attendant Bram
・・・・・・・・・・


 

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Paul Nouge & Rene Magritte

2013-07-09 12:25:05 | surrealism

Portrait of Paul Nouge by Rene Magritte 1927

Paul Nouge & Rene Magritte:
今回はPaul Nougéと関連付けてMagritteを見る
René Magritte: The Menaced Assassin

Magritte Gallery for the Surrealism-Paris Years 1926-1930

私は今の今までMagritteのことをSurrealistと意識したことがなかった、
ということに初めて気づいた。1:1でとらえていた。
彼の絵画はSurrealismの運動のなかから生まれた。
当たり前のことに今頃気づいた。何を考えていたのだろう、今まで。


今回はBarbaraトリヴィアという自分の昔の記事を再読して、
Paul NougeからRene Magritteを検証してみた。

The anonymous career of a Belgian surrealist:


[Sitting from left to right: Irène Hamoir, Marthe Beauvoisin, Georgette Magritte. Standing from left to right: E.L.T. Mesens, René Magritte, Louis Scutenaire, André Souris, Paul Nougé] 1934

Comments (2) |  Trackback (0) | 

Giuseppe Arcimboldo: The Librarian c. 1566

2013-06-12 21:46:21 | 作品 その(2)

Giuseppe Arcimboldo :なるべく気持ちの悪くないものを選んだ。
wikipedia    &    Biography     &     Works :

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Giotto : Presentation in the Temple

2013-06-09 20:04:02 | とりあえず登場

One of Giotto's frescoes from his series on the life and passion of Jesus, in the Arena Chapel in Padua. A priest returns the infant to its mother. Joseph and an unidentified woman are by her side. On the far right, a possible Saint Anna.
Giotto 1  &  Giotto 2  &  Giotto 3  &  Giotto 4:
Giotto di Bondone : wikipedia
radiocourtoisie.fr 31/05/2013: Giotto
Giotto frescoes 'rediscovered' in Florence chapel :
なんだか場違いなものを選んでしまった。とは言え昔々GIOTTOの画集を解体して大きなパネルを制作したことがある。人にプレゼントしたのだけれど、多分もう燃やされてるかも。
その方は余ったお金を家の中に埋蔵しようと、本格的な絵画収集家になられた。
一番高価なものは、レンブラントなのだそうだ。私はまだその方の地下室には入っていない。

 

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Niki de Saint Phalle

2013-05-04 17:13:56 | Female artist 紹介

WikipediaでまずNiki de Saint Phalleの紹介を読む。
ここを丹念によめば
Niki de Saint Phalleについて多くの情報を得ることができる。
まずこのペイジの1〜7をクリック。
こちらは
NikiのHome Pageか。彼女が登場するVideoまで見ることができる。
映画「
ニキ・ド・サン・ファ-ル」日本語紹介ペイジ
Niki 美術館 那須高原:日本語Home Page

Niki de Saint Phalle:
The French Pride--Niki de Saint Phalle:
Niki de Saint Phalleの溢れ出る才能
上記You TubeでShooting Painting
を見ることができる。

2008年3月25日
勁草書房刊「女性と美の比較文化」
第3章「美女とは誰がどのように決めるのか」
1.失われたものの再生、の文章
-筆者は(BruxellesのSiteのDiary)に
Gribouilleの名で登場する私の昔の友人-
に触発されて第1回Niki de Saint Phalleのペイジを作ってみました。

・・・・・・・・・・・・・・・
上は2008年7月16日の記事です
本日2008年7月31日 Harry Mathews
(Nikiの最初の夫)の資料「Living with Niki」を追加します。
こんなところでChanson歌手のBarbara
に繋がるとは思ってもいませんでした!

・・・・・追記:2013年5月4日・・・・・
Entretiens - 14.06.1999 - Niki de Saint-Phalle
Journaliste: Florence Heiniger - 33'42''

Comment (0) |  Trackback (0) | 

Georges Braque(1882-1963)

2013-04-22 18:01:28 | 作品 (1)

WOMAN WITH THE GUITAR,1913- Georges Braque
↑ 私の好みの昔のコートの色使いを思い出して選びました。

Braqueはよく知られている割には日本であまり人気がないような気がする。
Cubismでピカソと共に必ず出てくるのだけれど。今回はYou Tube鑑賞。

Braque1 & Braque2 & Braque3 &
Braque4 & Braque5 & Braque6 しましょう 

Comment (0) |  Trackback (0) |