ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

日経平均は大幅続落、大発会では3年ぶり下落 一時700円超安

2019-01-04 20:00:00 | 経済ネタ

東京株式市場で日経平均は大幅続落。大発会としては2016年以来、3年ぶりの下落となった。年末年始の国内休場中に米国株が下落。アップルが業績見通しを引き下げたことで世界景気の先行き懸念が広がり、リスク回避ムードが強まった。急速なドル安/円高も加わり、日経平均の下げ幅は一時700円を超えた。
騰落率は日経平均が前営業日比2.26%安、TOPIXが同1.53%安となった。指数は大幅安となったが、業績に安定感のある内需系セクターを物色する動きも見られ、全面安商状には至らなかった。
業種別では電気・ガスが2.73%高。陸運、石油・石炭、小売、銀行、証券が値上がりした。下落率トップは精密機器となり、5%を超す下落。電気機器、機械など景気敏感セクターが続いた。
日経平均は朝方の売り一巡後は安値圏でもみあいを続けたが、中国商務省が米中次官級の通商協議を7─8日に北京で行うと発表すると先物にショートカバーが入り、下げ幅を縮小した。アジア株や米株価指数先物が上昇する中、日銀によるETF(上場投資信託)買いの思惑も相場を下支え要因となった。
証券ジャパン・調査情報部長の大谷正之氏は「休場中の悪材料を織り込みにいったが、1万9500円を下回ると割安感を意識した買いが入りやすい」と指摘。「徐々に落ち着きを取り戻す形となったが、米雇用統計など経済指標の発表が続くほか、10─12月期の米国企業の決算発表もやがて始まるため、再び先行き警戒感が強まる可能性もある」と話す。
個別銘柄では村田製作所<6981.T>や太陽誘電<6976.T>など電子部品株や、SUMCO<3436.T>をはじめとした半導体関連の一角が大幅安。アップルが中国でのスマートフォン販売減速を理由に業績見通し引き下げたことで、受注動向を懸念した売りが膨らんだ。
中国景気の先行きに対する警戒から、ファナック<6954.T>や安川電機<6506.T>といったFA(工場の自動化)関連やコマツ<6301.T>など建機株も軟調だった。2018年11月期の業績予想を上方修正した北興化学工業<4992.T>はストップ高比例配分となった。
東証1部の騰落数は、値上がり598銘柄に対し、値下がりが1475銘柄、変わらずが56銘柄だった。
日経平均<.N225>
終値      19561.96 -452.81
寄り付き    19655.13
安値/高値   19241.37─19692.58
TOPIX<.TOPX>
終値       1471.16 -22.93
寄り付き     1468.42
安値/高値    1446.48─1473.11
東証出来高(万株) 155130
東証売買代金(億円) 27718.11
(https://www.excite.co.jp/news/article/Reuters_newsml_KCN1OY0EC/)


大発会 452円安 
 亥年 大幅下落スタート!


でも円高とNYダウ大幅下落からしたら、がんばったって感じ。
その分月曜にどっか〜んと来るんやろか?

厳しいスタートとなった。
                           4404号
コメント

円急伸、一時104円後半

2019-01-03 21:15:25 | 経済ネタ

 2日夕(日本時間3日朝)の外国為替市場で円相場が急伸し、2018年3月以来の円高ドル安水準となる一時1ドル=104円70銭をつけた。米アップルが中国での販売不振を理由に業績予想を下方修正したことで、世界経済の減速が現実味を帯びたと受け止められた。金融市場は年明けから波乱含みの展開となった。
 ニューヨーク市場が大方の取引を終えた後、円は薄商いの中で4円程度も急上昇した。投資家がリスク回避姿勢を強め、相対的に安全な通貨とされる円を買う取引が優勢となった。その後はドルが買い戻され、1ドル=107円台で取引された。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000017-kyodonews-bus_all)


ぎゃ〜〜〜!
104円?


参加者の薄いところを狙われたんかな。
年の初めから非常にこわい。

明日は大発会、ため息スタートかな。
                           4402号
コメント

日本などTPP発効 5億人経済圏誕生へ

2018-12-30 15:00:00 | 経済ネタ

 日本など11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が30日発効した。世界の経済成長をけん引するアジア太平洋地域に域内人口5億人超の巨大な自由貿易圏が誕生する。加盟国産の農畜産物の関税が撤廃または引き下げられるため、消費者には小売価格の低下を通じて、より安価に食料品が手に入ることになる。
 加盟国全体で99%の品目の関税が最終的に撤廃される。日本の関税撤廃率は農林水産品で約82%、全品目ベースで約95%となる。当初は米国を含む12カ国が合意・署名したが、2017年1月に米国が離脱。日本が主導して今年3月に11カ国で新協定の署名にこぎ着け、国内手続きを終えた6カ国でまず発効した。
 6カ国は日本、メキシコ、シンガポール、ニュージーランド、カナダ、オーストラリア。ベトナムは来年1月14日の発効が決まっており、残るマレーシア、チリ、ペルー、ブルネイも早期の発効を目指す。
 発効に伴い、牛肉や豚肉のほか、チーズや果実など幅広い農畜産物の関税が引き下げられる。一方、加盟各国が工業製品の関税を引き下げるため、自動車・部品などの輸出増が見込まれるほか、外資規制緩和や電子商取引などのルール整備も行われ、日本企業が海外展開しやすくなりそうだ。
 国内農業は生産減が懸念される。TPPと、来年2月1日に発効する欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)対策として、政府は農家の経営支援策を実施する。
 茂木敏充経済再生担当相は28日の記者会見で「世界的に保護主義が台頭する中、日本がリーダーシップを発揮して自由で公正なルールを確立するとともに巨大な経済圏を作る」と語った。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000000-mai-bus_all)


6カ国での発効となった。
これで生活がちょっと変わるんかな。

いつまでも「トランプ大統領」が続くわけではない。
次の大統領はTPPに入って来るんやろか?
                           4399号
コメント

大納会、7年ぶり株価前年割れ

2018-12-28 23:45:00 | 経済ネタ

 今年最後の取引である大納会を迎えた東京株式市場は28日、日経平均株価(225種)が前年末に比べて2750円17銭安い2万0014円77銭で取引を終えた。前年末終値を下回るのは7年ぶりで、第2次安倍政権以降では初めて。リーマン・ショックがあった2008年以来の下落幅となった。辛うじて2万円台を維持したものの、米国と中国の対立激化に世界中の投資家が動揺し、経済の先行きに再び暗い影がさした1年だった。
 28日の平均株価は利益確定の売りが優勢となり、終値は前日比62円85銭安で取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は7.54ポイント安の1494.09。
(https://this.kiji.is/451265765140874337)


最後の最後にガッと買いが入って、かろうじて2万円死守で平成31年を終了となった。
とはいえ、7年ぶり、政権交代以降初の年足陰線となり、不気味な感じ。
11月12月とため息の年末となり、特にクリスマスの暴落は痛過ぎたけど、この状態が来年も続く?
早くも来年の年足陰線を予想する声が聞かれるし、、、。
勘弁して〜〜!

2万円死守が大きな明るさに育ちますように、、。
                           4396号
コメント

NYダウ急反発、1086ドル高=上げ幅は史上最大/東証終値、2年ぶり上げ幅

2018-12-27 22:23:32 | 経済ネタ
NYダウ急反発、1086ドル高=上げ幅は史上最大

 26日のニューヨーク株式相場は、4営業日にわたる株価急落で値ごろ感の出た銘柄に買い戻しが入り、急反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前営業日終値比1086.25ドル高の2万2878.45ドルで終了。1日の上げ幅としては史上最大となった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同361.44ポイント高の6554.36で終わった。
 ダウは24日までの4営業日で1800ドル超下落。26日のダウは取引序盤にマイナス圏で推移する場面もあったが、買い戻しの動きが広がり、上げ幅を拡大した。
 投資家心理を和らげたのは、好調な米年末商戦を示す統計。米クレジットカード大手マスターカードが発表した調査によると、米国の今年の年末商戦の売上高は前年比5.1%増の8500億ドル(約94兆円)と増加率は過去6年で最大となった。これを受け、アマゾン・ドット・コムが急伸したほか、ウォルマートなど小売り大手株が軒並み上昇し、相場をけん引した。 
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000008-jij-n_ame)

東証終値、2年ぶり上げ幅

 27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)終値は前日比750円56銭高の2万0077円62銭と、3営業日ぶりに2万円の大台を回復した。上げ幅は今年最大を記録し、約2年1カ月ぶりの大きさだった。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000089-kyodonews-bus_all)


総悲観で売られ過ぎやった。
しかし一方的に動き過ぎる。システムトレードの弊害?

明日は大納会。
回復した2万円を維持して終わりたいところやけど、さて?
少しの明るさを年末におくれやす。
                           4395号





コメント

東証5日続落、終値1010円安

2018-12-25 23:59:59 | 経済ネタ

 連休明け25日の東京株式市場は、世界経済の鈍化を警戒する売り注文が広がり、日経平均株価(225種)は急落。終値は前週末比1010円45銭安の1万9155円74銭となり、節目の2万円を割り込んだ。売り一色の米国市場を発端とする世界同時株安が深刻化し、下落に歯止めがかからなかった。平均株価の値下がりは5営業日連続で、1年8カ月ぶりの安値を付けた。市場関係者によると、直近の高値からの下落率は2割を超え、悲観的な見方が優勢になる「弱気相場」入りした。
 平均株価終値の1営業日での下げ幅は、今年2月6日以来の大きさとなった。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000098-kyodonews-bus_all)


1010円安

今年が終わろうとしているこの時期に勘弁してや〜〜!
もう弱気一色、出てくる話は悪い話、不安を煽る話ばっかり。

こわい。
とんだクリスマスプレゼントとなった。
                           4392号
コメント

消費税対策で首相「還元率5%・9か月間」

2018-11-22 23:59:59 | 経済ネタ

 来年の消費税率引き上げに伴う景気対策として、安倍総理はクレジットカードなどでの支払いの際のポイント還元率を5%とし、2020年の東京オリンピックまで9か月間実施したいという考えを明らかにしました。
 「思い切った対策をしっかり行いたいという言葉が(首相から)まずありました」(自民党 岸田文雄政調会長)
 自民党の岸田政調会長らとの会談で安倍総理は、来年10月に予定される消費税率の10%への引き上げに伴う景気対策として、クレジットカードなどでの支払いの際、ポイントでの還元率を購入額の5%とし、2020年の東京オリンピックまでの9か月間、実施したいとの考えを示したということです。
 また、菅官房長官は「経済に変動を及ぼさないよう万全を期していくことが重要」と強調しました。
(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181122-00000054-jnn-pol)


クレジットカードは高額決済、、というのはもう過去の話なんやろうな。
1000円以下でもたとえ200円でもクレカ決済したらええんやな。ちょっとカルチャーショック。

で、5%還元対策やけど、そもそもほんまに増税するん?
延期した方がええと思うけど、、。
でも増税した時のために少額クレカ決済に慣れておこう。
                           4363号
コメント

日産のカルロス・ゴーン会長を逮捕 報酬過少申告の疑い

2018-11-19 23:59:00 | 経済ネタ

 日産自動車(本社・横浜市)のカルロス・ゴーン会長(64)が自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑でゴーン氏を逮捕した。過少申告した金額は億単位にのぼるとみられる。
 特捜部は同日夕、日産の本社など関係先の捜索を始めた。
 ゴーン氏は、経営危機に陥った日産にルノーから派遣され、1999年に最高執行責任者(COO)、2000年に社長に就任。01年6月から社長兼CEOとなり、日産の再建を進めた。05年にはルノー社長にも就いた。16年には、燃費不正問題の発覚をきっかけとした三菱自動車との提携を主導し、16年12月に三菱自会長にも就任した。
(https://www.asahi.com/articles/ASLCM5QBXLCMUTIL02C.html?iref=comtop_8_01)


今年もあと1ヶ月ちょっとになったのに、どえらいどでかいニュースが入ってきた。
日産、三菱自動車はどうなるんやろ?

ゴーンさんといえば救世主として英雄視されていたのに、梯子を外されてしもうたなぁ。
さてさて今後どうなるか、、。
株価も、、。
                           4357号
コメント

安倍首相:来年10月の消費税10%への引き上げ表明-菅官房長官

2018-10-15 23:59:50 | 経済ネタ

 安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、来年10月に消費税を10%へ引き上げると表明した。前回増税後の景気落ち込みの経験を生かし、あらゆる政策を総動員し、経済に影響を及ぼさないよう全力で対応する考えも示した。菅義偉官房長官が閣議後の会見で発言を報告した。
 安倍首相は消費増税によって全世代型の社会保障に転換し、財政健全化を進めると述べる一方で、来年度から2年間の予算は経済への悪影響を確実に平準化できる規模で編成する方針も明らかにした。菅官房長官は会見で、リーマン・ショック級の経済危機が起こらない限り消費増税を実施するとの考えを重ねて強調した。
 政府は消費増税に向けた具体的な対策として、飲食料品を8%に据え置く軽減税率の導入に加え、来年10月以降の大型耐久消費財の購入にメリットが出るような税制・予算措置を講じる。また、自動車保有にかかる税負担の軽減、住宅購入を促す施策も検討。ポイント還元などによる中小小売業の支援も行う。
(https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-15/PGMRAF6TTDS201)


これは、、う〜ん、反対やな。
アメリカ、トランプは減税をやって絶好調中。
日本はまだデフレ脱却とはいっていない。
減税をやるならまだしもその反対をやるというのは、これはアカンな。
増税をしたい財務省の力が勝った?

いや、まだまだ増税延期の道も閉ざされたわけではない。
アベちゃん、よく考えて!
                           4340号
コメント

株主総会 ダイセル

2018-06-23 23:59:59 | 経済ネタ
昨日22日グランフロント大阪北館タワーC インターコンチネンタルホテル大阪 2階「HINOKI」で行われてた株主総会に行ってきた。
しゃんしゃん総会といえども、たくさんの質問があり、それも建設的な意見が多く、とても良い株主総会だった。

お土産はダイセル商品とお菓子(バームクーヘン)だった。
大部屋出てすぐに飲み物とお菓子の振る舞いー意見交換会があった。

来年も行きたいな、、。
                           4248号
コメント