ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

1月が終了!

2009-01-31 23:21:48 | Weblog
去年の1/31(423号)に書いた事。


あっという間の1ヶ月。
まだだらだらしていてこれはいけない、計画的にやっていかないと思っているんやけど、、、
1日1日大事にしていかんと!

                       
今年も同じ感想。いやそれ以上。
明日から気を引き締めてやっていかんと!!
                        698号
コメント

<大相撲大麻>十両・若麒麟、所持容疑で逮捕

2009-01-30 23:19:44 | スポーツ

 神奈川県警薬物銃器対策課などは30日、大麻を所持したとして、東京都江東区清澄2、大相撲尾車部屋の十両力士、若麒麟(わかきりん)真一(本名・鈴川真一)容疑者(25)を大麻取締法違反(共同所持)の疑いで現行犯逮捕した。幕内経験のある日本人力士が大麻事件で逮捕されたのは初めて。
 逮捕容疑は、鈴川容疑者が同日午後0時50分ごろ、東京都港区六本木4のCD販売会社事務所で、渋谷区元代々木町2のミュージシャン、平野力容疑者(30)=同法違反容疑で現行犯逮捕=とともに、ティッシュにくるまれた乾燥大麻16グラムを共同で所持していたとしている。
 県警によると、2人は友達同士で、鈴川容疑者は大麻を「自分のもの。(普段から)葉巻に混ぜて吸っていた」と容疑を認め、平野容疑者は「僕のじゃない」と否認しているという。
 逮捕現場は、県警が別の大麻譲渡事件で事情を聴いていた品川区西五反田3、アルバイト、川中嶋達樹容疑者(21)=同法違反(譲渡)容疑で同日逮捕=の職場。県警の捜査員が家宅捜索に入ったところ、鈴川容疑者がソファに座り、その前のテーブル上に大麻があった。平野容疑者は隣室におり、事務所内は他に誰もいなかった。2人とも大麻を吸ってはいなかったという。
 鈴川容疑者は兵庫県川西市出身で、99年春場所で初土俵。07年九州場所で新入幕し、08年初場所では自己最高位の前頭9枚目につけた。今月の初場所は東十両3枚目で9勝6敗だった。
(http://www.excite.co.jp/News/society/20090130/20090131M40.075.html)



朝青龍の復活優勝で盛り上がった初場所だったのに水が差されてしまった。


この大麻事件。今後どう広がっていくのか・・・。
武蔵川理事長も頭の痛いところやなぁ。

でも膿はこの際、全部出さないといけない。
膿を出し切ってクリーンの大相撲を見たい。
                        697号
コメント   トラックバック (17)

4人の刑執行=母娘殺傷の牧野死刑囚ら-森法相下で2度目・法務省

2009-01-29 20:00:10 | 時事ネタ

 法務省は29日、仮釈放中に北九州市で母娘ら3人を殺傷した牧野正死刑囚(58)ら4人の刑を執行したと発表した。執行は昨年10月28日以来で、森英介法相の下では2度目。これで未執行の死刑確定囚は95人になった。
 森法相は記者会見し、「身勝手に尊い人命を奪った残忍な事件。被害者、遺族にとって無念この上ない。慎重に検討を加え、執行を命令した」と述べた。
 ほかに執行されたのは、名古屋市の女性2人をドラム缶で焼殺した川村幸也(44)、野村(現姓佐藤)哲也(39)両死刑囚、長野、愛知両県で高齢者ら4人を殺害した西本正二郎死刑囚(32)。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090129-00000065-jij-soci)



大体2ヶ月に1度の執行ですな。
死刑確定囚は95人か、、。50人 ぐらいまでは減らさないとな。
そのためには毎月5人以上の執行 が必要かな。


政権が民主党に移った場合は執行しないかもしれない。
だから今のうちにさっさと執行してもらわないと!!

いや、法により裁かれて確定した刑を執行するのは当然の事。         
政権交代した場合でも確定刑の執行は必ずしてもらいたい。


死刑廃止についてはどんどん議論すればいい。
改憲阻止派みたいに憲法改正の議論すらしてはいけないとは思わない。
何事も活発な議論が必要である。
                        696号
コメント

<楳図さん宅訴訟>「景観乱さぬ」地裁が近隣住民の請求棄却

2009-01-28 22:45:48 | Weblog

 「まことちゃん」などの作品で知られる漫画家の楳図(うめず)かずおさん(72)が東京都武蔵野市に新築した自宅を巡り、近隣住民2人が赤白横じま模様の外壁の撤去などを求めた訴訟で、東京地裁は28日、住民側の請求を棄却した。畠山稔裁判長は「周囲の目を引く配色だが、景観の調和を乱すとまでは認めがたい」と述べた。
 自宅は井の頭公園に近い住宅街。住民側は「周囲から突出して目立つ配色で、静かな住宅街の景観を破壊する」として、景観利益(景観の恩恵を受ける利益)を侵害されていると主張していた。
 判決は「外壁の色彩に法規制や住民間の取り決めはなく、周辺にはさまざまな色の建物が存在するなど、良好な風景として文化的環境を形作っているとはいえない」と述べ、居住者に景観利益はないと判断。「建物の配色が不快を抱かせるとしても私生活の平穏を受忍限度を超えて侵害しない」と結論付けた。
 住民側は07年10月に提訴したが建物は08年3月に完成。壁は赤白の横じま(幅約48センチ)を基調に一部緑色で、屋根には作品のキャラクター「マッチョメマン」をイメージした赤色の円塔がある。
 景観利益を巡っては東京・国立マンション訴訟の最高裁判決(06年3月)が「法的保護に値する」との初判断を示し、生命や健康、財産を侵害しなくても著しく景観を乱す行為が違法となる余地を認めている。

 楳図さん「いい結果」
 トレードマークの赤白横じまのネクタイで判決を聞いた楳図さんは「いい結果をいただき春をちょっと先に感じさせていただいた」と笑顔をみせ、住民との関係について「気を配りながら生活させていただく。時間が解決してくれると思う」と語った。

 住民側は「判決を検討し控訴するか決めたい。話し合いをお願いしてきたが応じてもらえず、心ならずも裁判の形を取った。残念に思っています」とのコメントを出した。
(http://www.excite.co.jp/News/society/20090128/20090128E40.083.html)



井の頭公園に近い住宅街というのがどんな所か知らない。
それでもこの判決は妥当じゃないかな。
これが奈良とか京都とか鎌倉とかなら訴えも分かるけど……。


原告にとっては堪え難い判決なんだろうな。
そこには後からやって来てやりたい放題やりやがって……、いや何か上品そうな所だから、やりたい放題おやりになって許さないざますっ!! てなところかな。


何にしろ近所なんだからこれから仲良くやっていってや!
ムリ?

これからは後から入った方が下手に出なアカンで!
ムリ?



やっぱり控訴するんやろな。
ますますこじれそう……。
                        695号
コメント   トラックバック (3)

<2次補正予算>成立 両院協不一致、衆院優越規定で

2009-01-27 22:41:15 | 時事ネタ

 総額2兆円の定額給付金を盛り込んだ08年度第2次補正予算が、27日夕、憲法60条の衆院優越規定に基づき、成立した。両院協議会が本会議に先立って開かれ、与野党の意見が一致しないことが確認されたため、憲法60条の規定で衆院の議決が優先された。河野洋平衆院議長が衆院本会議で、「衆院の議決が国会の議決とする」と宣告した。これを受け、与党は、同日に実施する構えを示していた麻生太郎首相の施政方針演説など政府4演説を28日午後に先送りした。2次補正の成立で、与野党攻防の焦点は09年度予算案に移る。
 27日の国会は、河野衆院議長と江田五月参院議長が仲裁に入ったことをきっかけに正常化に向け動き出した。午後に2回開かれた両院協は民主党が抵抗せず、計2時間強で終了した。
 その後、両院協の報告を受けた河野議長は、自民党の大島理森国対委員長らを呼び、「09年度予算案の審議を円満な形で始めてもらいたい」と政府4演説の延期を要請。大島氏と民主党の山岡賢次国対委員長の会談を経て、28日への延期が正式に決まった。民主党が、両院協終了と2次補正成立を容認するかわりに、与党が4演説を延期することで妥協が成立した形だ。
 また、大島氏と山岡氏は、(1)28日の4演説実施(2)29、30両日と2月2日の衆参両院での代表質問??を「いかなることがあっても誠実に実現する」とした確認書に署名。2月3日からの衆院予算委員会開催でも合意した。
 民主党は29日の衆院代表質問に、鳩山由紀夫幹事長と、統一会派を組む田中真紀子元外相の2人を起用する。田中氏の「破壊力」(国対幹部)に期待して麻生政権との対決色を強める。予算審議では(1)消費税(2)天下り(3)道路特定財源の一般財源化(4)雇用問題を重点的に追及。特に官僚OBが天下りを繰り返す「渡り」では、自民党内での反対論も強まっており、政府の提出資料を分析して実態を解明し、自民党内の亀裂を深める材料を探す。
 また、定額給付金の財源を確保するための関連法案の参院での採決は保留し続け、与党を揺さぶるカードを温存する構えだ。
 麻生首相は2次補正成立を受け、「雇用対策、生活支援という生活に直結したものが通ったのは大変良かった」とした上で、「定額給付金を早く配れるよう、関連法案の成立が気になる。民主党の反対で60日間かかりかねない」と参院での早期採決を求めた。官邸で記者団に語った。
(http://www.excite.co.jp/News/politics/20090127/20090128M10.082.html)                          



セレモニーもいい加減にしてほしい。


100年の1度の経済危機の割に何とのんびりとしている事か・・・
雇用問題でどえらい事になっているのに政治は何をしているのか?
政党政治で本当にいいんかな?これが戦前だったらクーデターが起きていてもおかしくない状態じゃないの?

自民党、民主党共に信頼できない。


台湾では消費券(日本円で10,000円程度)を配った。
旧正月=春節と時期が重なり国民も歓迎ということ。
アホウ総理も、どうせ何をするにせよ批判噴出するんだから……。さっさとやってしまえばよかった。


とろとろとろとろしているから、
  どんどんどんどん話がおかしくなっていく。


関連法案が通るのは3月末らしい。
国民の手に来るのは5月の連休の前後ぐらい。
って、せめて連休前には配布終了しといてや!!
                        694号
コメント   トラックバック (5)

旧正月

2009-01-26 13:00:00 | 季節ネタ
今日は旧暦の1月1日、旧正月。
毎年思うんだけれどもやっぱり日本も旧正月をしたらええんとちゃうかなって。
アメリカなど欧米諸国は正月よりもクリスマスの方がウェートが高く、クリスマス休暇があるけど、正月休みは1日だけで2日から仕事。もちろん旧正月は祝わない。


中国初めアジアの国では旧正月を祝う国が多い。
日本もアジアの一員として旧正月をしたらええのに……なんて思う。

旧正月は立春の前後に来る。1月1日よりも日は長くなっているので、寒くても何か明るい感じがする。
お正月にはいいと思うんだけれど。
                        693号
コメント

<京品ホテル>従業員立ち入り禁止の強制執行 東京・品川

2009-01-25 23:59:59 | 時事ネタ

 東京・品川駅前の老舗「京品(けいひん)ホテル」(港区)廃業に反対する従業員労働組合が自主営業を続けていた問題で、東京地裁は25日、従業員らをホテル施設から退去させ、立ち入り禁止とする強制執行を行った。今月15日の仮処分決定に伴うもので、執行の際に労組と警官らが激しいもみ合いとなり、組合側によると3人がけがをし、うち1人が救急車で病院に運ばれた。
 前夜からの徹夜組も含め組合員や支援者約300人が午前5時ごろ、強制執行を止めるためホテル入り口の歩道でスクラムを組むと、間もなく警視庁のパトカーなどが到着。前を通る第一京浜国道の3車線のうちホテル側2車線が交通規制される中、午前7時過ぎに地裁の執行官らが立ち退きを求めたが、組合側が拒否した。
 このため、午前9時過ぎに警視庁の機動隊員ら約200人が組合員らを次々と列から引き離した。「暴力反対」「帰れ」などの怒号が飛び交い騒然となったが、約30分でほぼ全員がホテルから退去させられた。
 その後会見した東京ユニオンの渡辺秀雄委員長は「私たちが(反対の)旗を降ろさない限り問題は絶対解決しない。解雇を撤回させる」と闘争継続を表明。従業員が加入する同ユニオン京品支部の金本正道支部長は「こんな悔しい思いのまま終わらせる訳にはいかない。必ず、必ず戻ってきます」と涙ながらに訴えた。
 一方、ホテルの日本料理店で9年間働いた佐藤光子さん(75)は、約3カ月間自主営業を続けた仲間が目の前で手荒く排除されていくのが悔しかった。自主営業中は連日満員。存続を求める署名も7万人分集まった。「これほど愛されたのになぜ廃業するのか」。
 会社側は「裁判所の力で違法状態は是正された。世間をお騒がせし、深くおわびする」との談話を出した。
 この問題は、ホテルを経営していた「京品実業」が昨年10月20日、多額の債務による経営悪化などを理由に廃業、131人の従業員のうち正社員39人とパート社員30人を解雇したのがきっかけ。債権者が破たんした米証券大手のリーマン・ブラザーズの日本法人の子会社だったため、従業員らは「ホテルは赤字でなく、土地転売を目的とした不当解雇だ」と反発し、24日までホテルと飲食店の自主営業を続けた。
 しかし、京品実業側が立ち入り禁止などの仮処分を申請し、東京地裁が15日に認めた。組合側は執行停止などを申し立てたが、却下された。
(http://www.excite.co.jp/News/society/20090125/20090126M40.078.html)



裁判所としては至極当然、仕方ない判決&措置やね。
どうする事もできない。
粛々と手続を進めるしかないといった所。


従業員の人たちの気持ちは分かるけど、不法占拠といわれたらどうしようもない。持ち主は変わってしまったんだし、気の毒とは思うけれども、う~~~ん、、、しゃ~ないな。


経営者がしょうもない人間やったと諦めるしかないんとちゃうやろか?

ただそんなに黒字が出てるんやったら、同業者のどこかが手を差し出してけ~へんねんやろか?
不景気やからダメかな・・・。
                        692号
コメント

<大相撲初場所>朝青龍5場所ぶりV 白鵬とのV決定戦制す

2009-01-25 22:10:47 | スポーツ

 東京・両国国技館で行われていた大相撲初場所は千秋楽の25日、3場所連続休場から復活出場した西横綱の朝青龍(28)=モンゴル・ウランバートル市出身、高砂部屋=が東横綱・白鵬との優勝決定戦を制し、昨年春場所以来5場所ぶり23回目の優勝を果たした。通算優勝回数は元横綱・貴乃花を抜き、歴代単独4位となった。
 左ひじを痛めていた朝青龍は、直近の九州場所を全休。今場所前も調整不足が目立ち、出場するか注目された。全休明けの横綱の優勝は90年九州場所の千代の富士以来。前回優勝から5場所を要し、自身最長ブランクでの制覇となった。
 朝青龍はこの日、本割では白鵬に寄り倒されて1敗に並ばれたが、決定戦に寄り切りで勝った。
(http://www.excite.co.jp/News/sports/20090125/20090126M50.013.html)                           



本割で白鵬が勝ち、優勝決定戦へ!

東西両横綱の激突!!

そして朝青龍復活!!

相撲協会もにんまりやね!


優勝23回は貴乃花を抜き、大鵬、千代の富士、北の湖に次ぎ単独4位。押しも押されもせぬ 大横綱


横綱、優勝本当におめでとう。
来場所もがんばってや!見に行くから!!
                        691号
コメント   トラックバック (18)

<大相撲初場所>両横綱安泰 V争い両横綱による楽日決戦へ

2009-01-24 21:20:30 | スポーツ

 大相撲初場所(東京・両国国技館)は14日目の24日、全勝の朝青龍、1敗の白鵬がともに大関を退け、昨年春場所以来の横綱楽日決戦に持ち込んだ。結びで朝青龍が勝てば5場所ぶりの幕内制覇で、通算回数は貴乃花を抜いて歴代単独4位の23回目。白鵬が勝てば決定戦となる。新大関の日馬富士は5連勝で給金を直し、関脇・把瑠都は三役で3場所連続勝ち越しを決めた。千代大海は4連敗で7勝7敗となり、千秋楽は豪栄道の挑戦を受ける。
(http://www.excite.co.jp/News/sports/20090124/20090125M50.041.html)



面白くなった。
相撲協会としてもほくほくかな。

ただし優勝は白鵬に……、なんて思ってんじゃないかな。
稽古もそこそこで優勝、しかも全勝なんてされたら面目丸つぶれ。

朝青龍の引退を予言していたコメンテーターも白鵬の優勝を祈ってるんだろうな。
だから朝青龍、明日は全勝 の姿を見せてください。


日馬富士は5連勝で勝越しか。がんばったね!
千代大海は4連敗で7勝7敗……。がんばってや!
                        690号
コメント   トラックバック (1)

<H2Aロケット>「いぶき」や公募衛星搭載、打ち上げ成功

2009-01-23 23:48:30 | Weblog
 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午後0時54分、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」を搭載したH2Aロケット15号機を、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。「いぶき」は約16分後、高度671キロで分離され、予定の軌道を順調に周回している。また、東大阪市の中小企業などが作った雷観測衛星「まいど1号」など初の公募衛星6基を含む小型副衛星7基が「相乗り」したが、6基の予定軌道投入が確認された。残りの1基でも引き続き衛星からの電波受信を試みる。
 地球温暖化の予測は世界283カ所の地上観測に基づくが、途上国にはほとんど観測点がない。陸上、洋上を問わず、約5万6000カ所を観測する「いぶき」の登場で、温暖化の将来予測が正確になると期待される。9月にもデータの無償提供を始める予定で、開発費を負担した環境省は、温暖化対策における「日本の貢献」を訴える絶好の手段と位置づけている。
 一方、打ち上げは7号機(05年2月)以降、9機連続の成功となった。打ち上げ業務が民間移管され3機目だが、費用は14号機より24億円安く過去最低の約85億円という。12日には三菱重工業が初の海外衛星打ち上げを韓国政府系の韓国航空宇宙研究院から受注したと発表し、打ち上げビジネスの足がかりが広がった。同社の前村孝志・打ち上げ執行責任者は「受注直後で、相乗り衛星への期待も大きく、それに応えたいという気持ちが強かった」と打ち明けた。
 だが、商業打ち上げの一層の加速に結びつけるには多くの課題がある。発射場のある種子島の空港は滑走路が短く、衛星を空路で搬入できない。周辺海域の漁期のため打ち上げ時期の制約もある。打ち上げの商談は約90件あるが、成約に至らないケースが大半という。
(http://www.excite.co.jp/News/society/20090123/20090123E40.079.html)                         



種子島宇宙センターからロケットを打ち上げと聞くと、失敗の連続で、もう打ち上げなんてやめたらええのにとか、税金のムダ使いとか思っていたけれども、今ではそうではないんやねぇ。
「7号機(05年2月)以降、9機連続の成功」ってすごい。
認識を改めねばならない。


東大阪市の中小企業などが作った話題の「まいど1号」も軌道投入に成功ということで本当に喜ばしい。
明日以降のニュースが待ち遠しい。
                        689号
コメント   トラックバック (8)