ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

日銀、0.2%の利下げ 年0.3%に

2008-10-31 22:41:48 | 経済ネタ

 日本銀行は2008年10月31日に開催した政策委員会・金融政策決定会合で、政策金利の指標である無担保コールレート翌日もの金利の誘導目標を現行の0.5%から0.2%引き下げて年0.3%にすることを決めた。米国発の金融危機による景気悪化の懸念を受けて、金融を緩和して景気を下支えする。
 世界的な金融危機に対応するため、米連邦準備制度理事会(FRB)が29日に政策金利を0.5%引き下げるなど、世界各国の中央銀行が利下げに足並みを揃えようとしていることから、日銀も協調した。
 利下げは2001年3月に、いわゆる「ゼロ金利」に誘導する量的緩和策を導入して以来、約7年半ぶり。
(http://www.excite.co.jp/News/economy/20081031/JCast_29628.html)



利下げの幅は0.5か、0.25か、はたまた利下げなしか・・・
どきどきしていたら14時過ぎに 0.2%利下げ のニュース速報が入った。

0.5なら0となり、のりしろはなくなり、今後利下げのカードがなくなる。でもやらないと、マーケットは利下げを織り込んでいるので、円高は一気に進んでしまう。

4対4の賛否同数、最後は総裁の1票で決まった。


0.2%は低いような感じがしたが、今更0.5も0.25も0.2もそないに変わらんのでは?

ようは 利下げした!ということが大事。

とにかく強調利下げをしてよかったと思う。



インフレ、デフレ、減税、増税、財政健全化、プライマリーバランス、円高、円安、協調介入・・・、経済の舵取り、難しいな。

専門家でも意見が分かれるのに、素人なら当り前か。
                      604号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

<麻生首相>3年後に消費税引き上げ 衆院選は年内見送り

2008-10-31 00:03:52 | 時事ネタ

 麻生太郎首相は30日、首相官邸で記者会見し、世界的な金融危機や景気悪化に対応するため、全世帯を対象とした総額2兆円規模の給付金支給などを柱とした追加経済対策を発表した。首相は経済状況を踏まえたうえで、3年後の消費税の引き上げを明言。「11月30日投票」が有力視されてきた衆院選については、年内見送りを事実上認めた。
 追加経済対策は30日午後、首相官邸で開かれた政府・与党と経済閣僚の合同会議で正式決定した。首相はこの後、早期解散を強く求めてきた公明党の太田昭宏代表と会談し、経済対策推進への協力を要請、太田氏も了承した。太田氏は会談終了後、記者団に当面の解散先送りを了承したことを明らかにした。
 首相は記者会見の冒頭、経済情勢について「100年に1度の暴風雨が荒れている」とし、
(1)生活者の暮らしの不安を取り除く
(2)金融安定化のための国際協調
を進める考えを表明。そのうえで、「景気回復期間中は減税を時限的に実施する」と強調する一方、「経済状況が好転した後に、消費税を含む税制抜本改革を速やかに開始する」と明言。「大胆な行政改革を行い、経済状況を見た上で3年後に消費税引き上げをお願いしたい」と述べた。
 追加経済対策の裏づけとなる第2次補正予算案の提出時期については、「今後の国会運営の中で考えていく。臨時国会中に出すか、出さないかを今の段階で決めているわけではない」と述べるにとどめた。解散についても「補正予算が通るか通らないか、国会の対応を見たうえでのこと。解散の時期はそれに関連してくる」と語り、第2次補正予算案への民主党の対応を見極める考えを示した。
 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は「できるだけ早く国民の信を問うことが肝要」と解散見送りを批判。30日の社民、国民新両党との国対委員長会談では、首相を予算委員会の徹底審議で追い込む方針で一致した。首相は第2次補正の成立を目指し来年1月までの大幅な会期延長も視野に入れ、今後の国会対策にあたるとみられる。
(http://www.excite.co.jp/News/politics/20081030/20081031M10.070.html)                  




解散は先送り、これで来年早々の解散か、予算が通っての解散か、はたまた任期満了解散か、混沌としてきた。

第2次補正予算案は臨時国会中に出すか、出さないか決めていないと言う。追加経済対策を早急にやらねばならないのなら年内に成立させないといけないと思うのだが・・・。

全世帯を対象とした給付金支給は公明党がだだをこねて 追加経済対策に入ったはものだが、自民党にしろTVのコメンテーターにしろ効果は疑問 としている。団子3兄弟が流行った頃に地域振興券をばらまいたことがあったが(これも公明党の政策)、この時も効果は全く?なかった。
効果がないと分かっているものをやる程、財政は健全でない、 というより財政は悪化 している。声を大にして自民党は反対すべきじゃなかったの?公明党の選挙対策に付き合う程、国に金はないで! 不安ばかり増す中、やはり給付金の大半は貯金に回るだろうな。


3年後に消費税が引き上げられる。

じゃあ今のうちに消費財を買うとこかとなるのは、引き上げ直前のこと。今はこんなに経済が悪いし消費税の引き上げが見えてきたら財布のひもは余計に固くなる。景気の好転はまだまだ遠くなるような気がする。

では民主党になったら景気が良くなるのか?
追加経済対策のうち給付金支給以外は民主党に近い政策である。消費税の引き上げも民主党もいずれ言うだろう。どっちに転んでも同じようなもの何だろうか?

とにかく今回の追加経済対策ーばらまきで景気が好転するようには思えん のだけれどもどうかなぁ。
やらんよりはましかな?
                      603号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サイゼリヤ、ピザ代返金は1000万円

2008-10-30 21:55:13 | 時事ネタ

  イタリアンレストランチェーン・サイゼリヤで販売していたピザに微量の有害物質メラミンが検出された問題で、ピザを食べていた客への返金が2008年10月21日から10月28日までの合計で1000万円強に上ることが明らかになった。
同社は08年9月25日~10月2日の期間に542店舗でピザを食べた客に、レシートがない場合でもピザ代の返金に応じていた。レシートを持っている客への返金には引き続き応じる。同社は当初、返金額が最大で8000万円になると見込んでいたが、それを大幅に下回ったかたち。同社は「レシートを持っていても自主的に返金を求めない方や、レシートを持っていなくて申告しづらかった方が多かったのではないか」と見ている。
(http://www.excite.co.jp/News/economy/20081030/JCast_29557.html)



うわっ!1,000万も払たん?  食べてないくせに返金求めて儲けてる奴もおるんやろなって思ったら、8,000万用意してたんか……、食べたのに請求してへん人が多いということか……。

偶然「秘密のケンミンSHOW」見てたら、サイゼリヤって千葉が発祥の地でチェーン店の7分の1が千葉にあるって言ってた。
なるほど、これが大阪中心にあったら8,000万以上払わなアカンかったんとちゃうやろか?いやいや、いやいや、大阪人もそんなせこいことせえへん・・・かな?


実はサイゼリヤって知らん。
調べてみたら大阪にも、、、大阪市内にもあるみたい。
リーズナブルな店みたいやから一度行ってみるかな。
                      602号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2009年度 阪神タイガース監督・コーチ

2008-10-29 21:50:19 | スポーツ
第1次真弓阪神の顔ぶれです。

2009年度 阪神タイガース監督・コーチ
■一軍
監督       72 真弓明信(55)〈解説者から〉
ヘッドコーチ   91 木戸克彦(47)〈作戦兼バッテリー
                  コーチから〉
野手チーフコーチ 82 岡 義朗(54)〈広島カープから〉
投手コーチ    84 久保康生(50)
投手コーチ    85 山口高志(58)〈スカウトから〉
打撃コーチ    86 和田 豊(46)〈守備走塁コーチから〉
打撃コーチ    87 中村 豊(35)〈ファーム守備走塁
                  コーチから〉
守備走塁コーチ  89 山脇光治(46)
守備走塁コーチ  92 久慈照嘉(39)〈解説者から〉
バッテリーコーチ 81 吉田康夫(47)
トレーニングコーチ74 伊藤敦規(45)〈ファームから〉

■ファーム
監督       78 平田勝男(49)
投手コーチ    71 中西清起(46)〈1軍投手コーチから〉
投手コーチ    70 星野伸之(42)
打撃コーチ    76 八木 裕(43)〈解説者から〉
打撃コーチ    73 町田公二郎(38)
守備走塁コーチ  88 立石充男(50)〈野手総合兼
                  打撃コーチから〉
守備走塁コーチ  79 筒井 壮(33)
バッテリーコーチ 83 嶋田宗彦(46)
トレーニングコーチ90 続木敏之(50)〈1軍から〉

■育成0
育成コーチ    75 遠山奬志(41)
育成コーチ    97 加藤安雄(58)

(阪神タイガース公式ファンクラブより
http://hanshintigers.jp/news/topics/info_1121a.html)




懐かしい名前が並んだねぇ……
真弓、木戸、和田、中村豊、山脇、久慈、平田、中西、星野、八木、嶋田、遠山・・・


これは来年は今年よりももっと応援しなきゃならんわ!
いやでも期待してしまいます、真弓阪神!!
がんばってください。
                      601号
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東証 一時7,000円割れも、終値459円高と反発

2008-10-28 20:50:32 | 経済ネタ
26年ぶり。東証、一時7000円割れ

 28日午前の東京株式市場では日経平均株価が一時、7000円の大台を割り込んだ。日経平均の7000円割れは、1982年10月以来26年ぶり。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081028-00000006-jijp-bus_all.view-000)


東京株式市場・大引け=買い戻しで急反発、下値不安の払しょくには至らず

 東京株式市場では日経平均が急反発。上げ幅は400円を超え、7600円台を回復した。ヘッジファンドの換金売りでいったんは7000円を割り込んだが、空売り規制強化が前倒しされたことで株安に歯止めをかけようとする政策当局の強い姿勢が示され、ショート筋が先物に買い戻しを入れたほか、年金の買いが入ったとの見方もでている。ただ、悪化する世界景気などファンダメンタルズが変わったわけではなく、下値不安の払拭には至っていない。
 東証1部の騰落は値上がり1356銘柄に対し値下がり300銘柄、変わらずが54銘柄となった。
 ヘッジファンドの換金売りが続き、日経平均は前場に一時、26年ぶりの7000円割れとなった。売り込まれてきた輸出関連株などの一角には実需筋の打診買いが入り、売り買いが交錯する局面もあったが、換金売りに押し切られた。
 しかし、バブル後安値に続いて7000円の大台も割り込んだことで「ファンダメンタルズからかい離ししている」(投信)と売られ過ぎ感も広がった。
 これと前後して、中川昭一財務相兼金融担当相が記者会見で、株の手当てのないままの空売り(ネーキッド・ショート・セリング)禁止をきょうから前倒しで実施すると発表し「買い戻しのきっかけを待っていた市場が反応した」(三菱UFJ証券投資情報部部長代理、山岸永幸氏)という。
 市場では「ネーキッド・ショート・セリング禁止自体のインパクトは乏しいが、株価の下げに歯止めをかけようとする当局の強い姿勢が示されたことで、ショート筋がさらなる規制強化を警戒して先物を買い戻した。主力株には年金の買いも入った」(準大手証券)との見方が出ている。
 アジア株の上昇も追い風になり、後場に入って日経平均は急速に戻りに転じて一気に7600円台を回復した。業績予想を下方修正して売られていたキヤノン<7751.T>が切り返し、トヨタ自動車<7203.T>やソニー<6758.T>、新日本製鉄<5401.T>など軒並み大きく買い上げられた。
 市場では「パニック的な弱気心理はいったん和らいだ。ただ、これで完全に安心できるわけではない。きょうの上昇はリバウンドの域を出ない」(準大手証券)との声が上がっている。悪化する世界景気や不安定な為替などの外部環境が変わったわけではなく、下値不安は払しょくされていない。
 大手銀行株は引き続き軟調。三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>はストップ安で取引を終えた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>の増資が他行にも広がるリスクが警戒されている。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081028-00000746-reu-bus_all)




7,000円割れの前場から一変、明るさが見えた。
ほんの少し安心感が広がったかな??

でもまだまだ分からん。

乱高下。

これを繰り返し回復していけばいいんだがなぁ。
                      記念600号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日経平均は26年ぶり安値、下げ幅486円と4連敗に全面安=東京市場・27日後場

2008-10-27 22:42:58 | 経済ネタ
 
 27日後場の東京株式市場で日経平均株価は前週末比486円18銭安の7162円90銭と4連敗。1982年10月以来、約26年ぶりの7200円割れとなった。東証1部の出来高は30億9554万株。売買代金は2兆2323億円。値下がり銘柄数は1556銘柄(値上がり126銘柄)と全体の90%強に達し、全面安。
 7600円台でもみ合っていた日経平均株価は、GLOBEX(シカゴ先物取引システム)で米株価指数先物が下げ基調を強めたことをきっかけに一段安。先物への大口売りが裁定解消売りにつながり、下げ幅を507円に拡大。「売りが売りを呼び、フシ目だった7600円を簡単に割り込んできた。次は心理的フシ目の7000円だが、すでに何が起こってもおかしくない相場」(マネックス証券 フィナンシャル・インテリジェンス部・金山敏之氏)との指摘が聞かれた。
 東証業種別株価指数では、全33業種が下落。三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行がそろってストップ安まで売られた。あいおい、T&DHDなど保険株にもストップ安銘柄が目立ち、野村、大和証Gも連日の年初来安値更新となるなど証券株も大きく値を崩した。トヨタ、いすゞなど自動車株や、キヤノン、アドバンテスなどハイテク株にも新安値銘柄が続出した。09年3月期連結業績予想を下方修正した商船三井や川崎汽が下げに転じるなど海運株も安い。
(http://www.excite.co.jp/News/economy/20081027/kabu_20081027132633.html)



パニック売り

底なし沼                     

阿鼻叫喚 


もうそろそろ許して!
下げ止まって!
コツンって音して!


チャンスなんだろうけど、恐い。
                        599号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フィギュアスケート 19歳の小塚、逆転で初V

2008-10-26 23:43:50 | スポーツ
 
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦、スケートアメリカは25日、米ワシントン州エバレットで第2日の男子フリーが行われ、ショートプログラムで3位だった小塚崇彦(トヨタ自動車)が逆転で初優勝を飾った。
抜粋
(http://www.excite.co.jp/News/sports/20081026/20081027M50.053.html)           



おめでとう!

といってもTVをつけたらフィニッシュのところだった。解説の佐野稔氏が「失敗したけどよく頑張りました」って言っており
転倒のシーンは見た。


最終滑走、フリ-1位のライサチェクを見ていると、会場はどんどん盛り上がっていき思わず釘付けになった。いい演技だったけど、失敗もあった。またところどころ素人の私でも「ん?」と思うようなところもあった。それが点が延びなかった理由かな?引きつける力はすごかったけれども・・・


ショート3位からの逆転優勝。まだ始まったところだけれども、今のところグランプリファイナル出場に一番近くにいる。

次もがんばってグランプリファイナル出場できますように。

日本には高橋、それに織田がいる、そして小塚もいる。
女子同様、男子も強くなったなぁ。
                        598号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドラゴンズ散る!

2008-10-25 22:11:54 | スポーツ
CS第2ステージは3勝1敗1分でにっくき巨人が日本シリーズ進出を決めた。


がっっっかり・・・

にっくき巨人が勝つなんて・・・
阪神ファンなのに中日を応援したのに・・・
やっぱり昨日引き分けたのが痛かったなぁ。


株価は暴落するわ、
    な~~んもえ~ことないわ。


暗い話ばっかりやな。


日本シリーズは西武対巨人となった。
でもまっっったく興味ない、関係ない、おもろない、情けない。

ない、ない、ずくし~、ないずくしや!

世も末かな・・・
                        597号
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

<東証>終値は811円安7649円 バブル後の最安値目前

2008-10-24 21:48:19 | 経済ネタ

 24日の東京株式市場は、外国為替市場の急激な円高を嫌気して全面安の展開となり、日経平均株価は3日続落し、一時、前日終値比813円91銭安の7647円07銭まで値を下げた。03年4月28日につけたバブル経済後の最安値(終値7607円88銭)を割り込むまで約40円まで迫った。終値は同811円90銭安の7649円08銭で、バブル経済後の最安値以来約5年半ぶりの安値水準まで落ち込んだ。
 終値で8000円を割ったのは03年5月2日以来。終値での下落率は9.60%で、過去5番目の大きさ。
 TOPIX(東証株価指数)も3日続落し、同65.59ポイント安の806.11で取引を終えた。東証1部の出来高は26億3600万株。
(http://www.excite.co.jp/News/economy/20081024/20081024E20.095.html)




バブル崩壊後の最安値に接近?何で?
あの頃と今は同じ状況?


そんなことはないと思う。
あの頃の方がもっともっとひどかったように思う。


今回の株価暴落は円が95円台に急騰したことによる。
ドルを売って、ユーロを売って、円が買われる。

ん?ドルを売って原油が買われる・・・
原油価格がどんどん上がっていったのが今は下落に転じた。


投機資金、、これが円に向っている?
政府・日銀が動いて対策を打ってほしい。
麻生内閣に期待したい、、けど・・・

土日のTVでまた不安を煽って煽って煽って、またムードが悪くなって、月曜日はまた下落・・・かな。
ムードを少しでも明るくしてくれるコメンテーターいないかな?

こんなに安い時に買わなくていつ買うの?
なんて言うコメンテーターいないかな?
                        596号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

阪神「真弓新監督」誕生へ CS後に正式に発表

2008-10-23 20:58:00 | スポーツ

 阪神は23日、大阪市内のホテルで、坂井信也オーナーがOBで野球解説者の真弓明信(まゆみ・あきのぶ)氏(55)に監督就任を要請し、同氏もその場で受諾の意向を伝えた。セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2ステージ終了後に正式発表となり「真弓新監督」が誕生する。真弓氏は「要請を内諾しました。毎年毎年、結果を求められる。今は、これからだなという気持ちです」と話した。
(http://www.excite.co.jp/News/sports/20081023/Kyodo_SP_CO2008102301000260.html)



前にも書いた通り(参照10/17 589号)、

真弓監督、大歓迎です!

CS第2ステージ終了後に正式発表だから、今週末か来週初めに新監督が誕生です。


それしても岡田監督の辞意表明は、CS、日本シリーズ終了後にしてほしかった。CS第1ステージ敗戦の責任は岡田監督にあるんじゃないかな?潔いんだけれども少し早かった。


とにかく真弓監督、期待してます!
                        595号
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする